1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXは海外で使える?おすすめレンタルWiFiや料金を比較

WiMAXは海外で使える?おすすめレンタルWiFiや料金を比較

更新日:2020.03.25

海外でWiMAXは使えるのでしょうか?海外でインターネットを使う方法を紹介します。おすすめのWi-Fiサービスをはじめ、国際ローミングや海外用プリペイドSIMについて解説しているので参考にしてください。

海外旅行では地図を使ったり、観光地やお店を調べたりとインターネットを使う場面は多いもの。しかし、何も考えずに海外でネットに接続すると、高額な料金を請求されてしまいます。

日本で使っているWiMAXを海外でも利用できないかと考えている方もいるかもしれません。 この記事では、海外でもWiMAXでも使えるのか解説していきます。

また、WiMAX以外で海外で安全かつリーズナブルにインターネットを使う方法を紹介します。おすすめのサービスのほか、国際ローミングや海外プリペイドSIMについても解説するので参考にしてください。

カシモWiMAX

海外でWiMAXは使えるのか?

そもそも普段使っているWiMAXを海外でも使えるのでしょうか。

海外ではWiMAXは使えない

結論から言うとWiMAXは海外では使えません。WiMAXは提供元のUQコミュニケーションズ日本だけで提供しているサービスだからです。

そのため、日本を出た瞬間にWiMAXは利用できなくなります。以前はアメリカと韓国では利用できたWiMAXですが、2015年にアメリカでのサービスを停止しました。

韓国では「WORLD WiMAX」というサービスを提供していますが、日本で提供しているルーターでは利用できません。WiMAXが内蔵されている限られたPCでしか利用できず、手続きも面倒なので利用するメリットはないでしょう。

海外でネットを利用する海外用レンタルWiFiルーター

WiMAXが使えない海外でおすすめなのが、海外用のレンタルWiFiルーターです。その名の通り、海外で利用できるWiFiルーターを貸してくれるサービスです。

今では10社以上の会社がサービスを提供しており、自分に合ったサービスを見つけるのは容易ではありません。海外用WiFiルーターを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

海外用WiFiルーターを選ぶポイント

国内で使うWiFiルーターを選ぶのは、さほど難しくありません。どの会社も通信速度やサービスの質が大差ないため、とにかく安いプロバイダを選べば大丈夫です。

しかし、海外用WiFiルーターは会社によって対応している国が異なれば、サービスの質も大きく変わります。どんな点をチェックして選べばいいのか見ていきましょう。

カシモWiMAX

渡航先で使えるか

まずチェックしなければならないのが、渡航先で使えるWiFiルーターを提供しているかどうかです。

大手の会社であればほとんどの国と地域をカバーしていますが、会社によっては渡航先で使えるルーターを提供していない場合もあります渡航先によって料金も異なるため料金も必ずチェックしましょう。

受け渡し方法

海外WiFiレンタルの場合、端末の受け渡し方法はいくつかあります。基本的には家に郵送してもらいますが、空港での受け渡し店舗で直接受け渡しが可能なサービスもあります。

空港での受け渡しに対応していてもどの空港で対応しているか異なるため、自分が使う空港での受け渡しに対応しているかもチェックしましょう。

空港での受取が可能な場合、「当日申し込み」も可能ですが割高になったり、在庫がない可能性もあります。できれば事前に予約しておきましょう。

容量

サービスによって1日に使える容量の範囲は異なります。無制限に使える会社もあれば、1GBまでしか使えない会社もあります。

200MBの小容量から用意している会社もあれば、最低でも500MBからしか使えず、その分割高の会社もあります。渡航先でどのようなインターネットを使うのかを想定して、必要な容量を計算してみましょう

海外用レンタルWiFiの料金比較

海外用レンタルWiFi5社を比較してみましょう。

料金比較

比較する5社は「GLOBAL WiFi」「イモトのWiFi」「Wi-Ho!」「ジャパエモ」「Fast-Fi」の5つです。料金だけで対応国数や1日に使える容量についても見ていきましょう。

サービス
対応国容量/日料金/日
GLOBAL WiFi263国300MB~無制限3G:670~770円
4G:570~1,470円
イモトのWiFi200カ国以上500MB~1GB3G:540~1,260円
4G:540~1,580円
Wi-Ho!200カ国以上500MB~無制限3G:1,380円~
4G:980~1,880円
ジャパエモ208カ国150MB~500MB3G:290円
4G:430円
Fast-Fi100カ国以上350MB~1GB4G:410~1,580円

グローバルWiFi

出典:グローバルWiFi

最もおすすめの海外用レンタルWiFiサービスです。その大きな理由は対応国の多さと料金の低さで、数ある海外用レンタルWiFiの中でも、対応している国の数は最多クラスを誇ります。

どの国に行くとしても、グローバルWiFiを選んでおけば大きな損をすることはないでしょう。また、受け取り可能な空港の数も多いため、どこに行くにも端末を受け取りやすく返却しやすいです。

ただし、他社が半額キャンペーンなどを行っているのに比べ、グローバルWiFiのキャンペーンのキャンペーンは20%OFF程度とキャンペーンの値引率はあまり高くありません。逆に言えば、普段から安いのでキャンペーンを気にしないで利用できるともいえます。

GLOBAL WiFiを契約する!

イモトのWiFi

出典:イモトのWiFi

グローバルWiFiと並んでおすすめなイモトのWiFiは、テレビCMや広告も積極的に打っているので名前を聞いたことのある方も多いでしょう。そんなイモトのWiFiの最大のメリットはプランの選択肢が多いこと。

4Gと3Gでそれぞれ500MB・1GBのプランがある他、無制限プランも取り扱っています。プランが多ければ、それだけ自分の渡航に合わせた使い方を選ぶことが可能です。

サービス内容は多少複雑になりますが、イモトのWiFiは公式HPが初心者でも分かりやすいように設計されているので、安心してサービスを使えるでしょう。

料金に関しては少し割高で、1GBで比較すると最安クラスよりもだいたい200円くらい高くなります。キャンセル料も1台につき2,100円と決して安くないので、計画的に借りなければなりません。

ただし、イモトのWiFiでは「早割り」を実施しており、最大20%OFFとなるため料金の高さをカバーしてくれます。早割以外にも不定期にキャンペーンも行っており、時に50%OFFになるので賢く使えばお得に利用できます。

イモトのWiFiを契約する!

Wi-Ho!(ワイホー)

出典:NEXT mobile

知名度が低いながらも、ユーザーの満足度が高いWi-Ho!。一番の特徴は良心的な価格設定で業界最安値クラスの価格で利用できる上に、キャンペーンで30%OFFになることもあるのでお得に利用できます。

また、受け取り当日の30分前までWeb予約が可能な「直前予約サービス」もあるため、急に海外に行く用事ができたり、WiFiの用意を忘れていた場合も大丈夫です。

ただし、受け渡しに対応している空港は6空港しかありません。利用する空港に対応していない可能性もあるため気をつけてください。

また、空港では専用の受け取りBOXがなく、カウンターでの手続きが必要なので手間と時間がかかります。空港で受け取る場合には時間に余裕をもって空港に向かいましょう。

Wi-Ho!を契約する

ジャパエモ

ジャパエモは業界トップクラスの安さを誇るWiFiレンタルサービスです。先に紹介したおすすめサービスよりも低価格でレンタルできます。

また、追加で容量チャージもできます。2,560円と高額にはなりますが、大手のサービスでも追加チャージができないことは多いので、いざという時に安心です。

ただし、安さにつられて安易に選ぶと後悔しかねないので気をつけましょう。ジャパエモは通信速度が遅かったり、最低5日からのレンタルしかできないなどの制約もあります。

無制限プランもないので、大量に通信が必要な時は追加チャージするしかありません。これらのデメリットが受け入れられる方のみおすすめします。

ジャパエモを契約する!

カシモWiMAX

Fast-Fi

Fast-Fiの特徴は「G3」という少し大きめのルーターを貸してくれることです。モバイルバッテリーとしても使えて、容量が5,350mAhなので一般的なスマホなら約1.5回充電できます。

さらに500MBプラン以上であれば、端末の翻訳アプリを無料で使えるため重宝します。また、日本国内でも通信費無料で利用できるため、自宅に届いたらその日から利用できるのもお得な点です。

オプション「ポータブルWiFi電話」を加えれば、「モバイルWiFi」「翻訳機」「モバイルバッテリー」「電話機能」と1台4役の活躍を見せてくれるでしょう。

デメリットとして挙げられるのは端末の重さ。多機能を備えている代わりにサイズも大きく、重量もあるのでコンパクトさを求めている人には向きません。

また、受け渡しに対応している空港が3空港しかなく、返却ボックスがないことも覚えておきましょう。

Fast-Fiを契約する!

海外用レンタルWiFiルーター以外に海外でインターネットを使う方法

海外用のWiFiルーターをレンタルする以外にも、海外でインターネットを使う方法があるので見ていきましょう。

国際ローミングサービスを利用する(キャリア契約の場合)

auソフトバンクドコモを利用している方であれば、キャリアが提供している国際ローミングサービスというオプションを利用するという選択肢があります。しかし、事前にオプションに加入しておく必要があり、料金も割高なので安さを求める方にはおすすめできません。

モバイルWiFiのように機器の受け取りや返却、持ち運びが不要なので、多少高額でも荷物を減らしたい方は検討してみてもいいでしょう。

海外用のプリペイドSIMを利用する(格安SIM契約の場合)

格安SIMを利用している方はスマホがSIMフリーになっているので、海外用のプリペイドSIMが利用できます。プリペイドSIMは1日いくらといった料金体系ではなく、通信容量ごとに金額が決まっています。

渡航先についてから現地のプリペイドSIMを購入することもできますが、出国前に購入して設定することも可能です。

海外では空港に自動販売機があるほどポピュラーなので手軽に購入できますが、現地のお金がなければ買えないことや現地についてすぐにネットが使えないデメリットもあります。日本にいる間に設定しておけば、飛行機を降りた瞬間から使えるので安心でしょう。

まとめ

海外旅行を最大限楽しむならネット環境を用意しておくのは不可欠といってもいいでしょう。現地のフリーWiFiを利用する手もありますが、慣れない土地でフリーWiFiを探すのは大変ですし、セキュリティ的にも不安があります。

プリペイドSIMやWiFiルーターを用意しておけば、気兼ねなくネットを利用できるでしょう。一人旅であればプリペイドSIMでもいいですが、複数人で旅行する時はみんなで使えるWiFiルーターを1台用意していくのがおすすめです。

SHARE!!

あわせて読みたい