1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの機種変更方法【損しないためには?】|乗り換え手順やおすすめプロバイダを紹介

WiMAXの機種変更方法【損しないためには?】|乗り換え手順やおすすめプロバイダを紹介

更新日:2020.03.03

WiMAX2+の契約から数年が経過し「そろそろ新しい機種に変えたいなあ」と考えている方に向けて、まずWiMAXとWiMAX2+との違いから機種変更のオススメ方法までご紹介します。WiMAX2の機種変更をお考えの方や、通信速度、通信エリアに不満をお持ちの方は必読です!

WiMAXを契約して回線を開通させるためには、専用のルーターが必要です。

機種によって性能は異なり、近年ではスピーディーな通信速度を実現した機種も続々と登場しています。

バッテリーの持ちが悪かったり通信速度が遅いと、他の機種への変更を検討する人も多いのではないでしょうか。

場合によってはプロバイダも変更する必要があるため、機種変更の手続きをきちんと把握しておくことが大切です。

この記事では、WiMAXの機種変更の方法やおすすめの機種などを解説していきます。これからWiMAXの機種変更を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

SIMチェンジWIFI

WiMAXの機種変更の方法は3つ

WiMAXの機種変更は、以下のような3つの方法から選択できます。プロバイダの変更も必要な場合は手続きが多いため、あらかじめ確認しておくと安心です。

プロバイダはそのままで機種だけ変更する方法

WiMAXを機種変更する場合、プロバイダを変更せずに機種だけを変更するのも1つの手段です。

契約先のプロバイダによって手続き方法が異なるものの、概ね以下の手順で進めていきます。

まずは現在利用している端末と、端末に挿してあるSIMカードを準備してWebの専用フォームなどに必要事項を記入します。

希望の機種を選んでルーターが届いたら、SIMを差し替えて機種変更は完了です。

ただし、同じプロバイダ内の機種変更の場合、契約内容は変更にならずに延長となるので覚えておきましょう。

機種変更にかかる費用

最新機種に変更する際には、少なからず費用がかかるので注意が必要です。

例えばUQ WiMAXでは、ギガ放題3年プランで契約した場合には19ヶ月以上の継続利用だと6,000円(税抜)で最新機種に変更できます。

さらに22ヶ月以上の継続利用なら、最新端末がなんと0円で手に入るのでお得です。

ただし、プロバイダによって機種変更にかかる費用が異なるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

UQ WiMAXを契約する!

プロバイダを乗り換える方法

WiMAXを機種変更する場合、機種変更と同時にプロバイダを乗り換えるのも選択肢の1つです。

なぜなら多くのプロバイダでは、お得な新規契約キャンペーンを打ち出しているからです。

回線をスムーズに移行するためには、先に現在利用中のプロバイダを解約した後、新たなプロバイダに乗り換える手続きを行う必要があります。

乗り換えにかかる費用

プロバイダを乗り換える場合でも、場合によっては高額な解約金が発生する可能性があるので注意が必要です。

なぜなら多くのプロバイダでは、契約期間が2年縛りになっているからです。

解約金を支払いたくない場合は、更新月を狙って乗り換えると解約金がかかりません。

例えばGMOとくとくBBでは、更新月以外に解約すると以下のようなか違約金が発生します。

2年以内24,800円(税抜)
更新月以外9,500円(税抜)

UQ WiMAX及びBIGLOBE WiMAXの解約金は、以下の通りです。

課金開始日を含む13ヶ月目まで19,000円(税抜)
14ヶ月目~25ヶ月目14,000円(税抜)
26ヶ月目以降の契約更新月以外9,500円(税抜)

このようにプロバイダによって解約金が発生するタイミングや金額は異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

SIMチェンジWIFI

白ロムを購入するという方法

WiMAXを機種変更する際の3つめの手段として、白ロムを購入する方法が挙げられます。

白ロムという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、WiMAXを機種変更する際の手段として確認しておきましょう。

白ロムとは

白ロムとはSIMカードが入っていない端末のことで、SIMフリー端末とも呼ばれています。

白ロムは、プロバイダの縛りを受けないことがメリットです。白ロムの端末にSIMを差し込むことで、どのプロバイダでも使用できます。

手順と費用

白ロムを入手する方法は、次の2種類があります。

中古のルーターを購入する際は、型番の末尾で白ロムかどうかを判断できます。

この場合、どの機種を選ぶかにもよりますが、4,000円~10,000円程度が目安です。

WiMAX機種変更のポイント

機種変更の際には、最適なタイミングで手続きしないと高額な解約金を支払わなければなりません。

また、他のプロバイダに乗り換える場合はプロバイダごとに特徴やキャンペーンが異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

同じプロバイダ内での機種変更が可能か確認する

現在利用中のプロバイダはそのままで機種変更したい場合、それができるプロバイダであるかどうか確認しておきましょう。

なぜならプロバイダによってサービスの条件が異なり、機種変更が難しいケースがあるからです。

例えばGMOとくとくBB WiMAXやBroad WiMAXの場合、機種変更に関して独自の条件を設けています。

その条件とは機種変更すると契約が振り出しに戻ったり、月額料金がお得にならないというものです。

なお、以下の表で示すプロバイダでは、元の料金プランのまま機種変更できます。

プロバイダ特徴やキャンペーンWiMAX利用価格
UQWiMAX
  • 公衆無線LANが無料で利用できるなどサービス・サポートが充実。
  • キャッシュバックキャンペーンあり。
月額3,880円(税抜)
So-net
  • 月額割引プランに対応。
  • オプションを12ヶ月無料で利用できる。
  • 1年目月額3,380円(税抜)
  • 13ヶ月以降4,379円(税抜)
BIGLOBE WiMAX2+
  • キャッシュバックプランと月額割引プランに対応。
  • サポートの評価は高く、口座振替にも対応。
  • 1~3ヶ月目2,980円(税抜)
  • それ以降3,980円(税抜)
ASAHIネット
  • 4ヶ月分の月額無料キャンペーンやキャッシュバックあり。
  • キャンペーンには違約金があるので注意。
  • サポートの評価は高め。
4ヶ月目以降4,290円(税抜)
  • EDION WiMAX
  • ヨドバシWiMAX
  • BIC WiMAX
  • 最短申し込みの日からネットを使える。
  • 月額料金は高め。
月額3,880円(税抜)~

乗り換えがお得なプロバイダを選ぶ

WiMAXのプロバイダは数多く、利用者数を増やすために各社は競うように独自のキャンペーンを打ち出しています。

機種変更を機に乗り換えし、キャッシュバックや各種割引といったお得なキャンペーンを受けるのも選択肢の1つです。

ただし、以下のような点には注意が必要です。

  • 1年契約の縛り
  • 過去に利用歴のあるプロバイダではキャンペーンの適用外となる

契約更新月を確認しておく

機種変更を機に乗り換えを検討している場合、現在利用中のプロバイダの更新月を見逃さないことが大切です。

なぜなら更新月以外に解約すると、少なからず解約金が発生するケースがほとんどだからです。

解約金は契約期間が長いほど安くなるケースが多いため、どのタイミングなら安く解約できるかあらかじめ調べておきましょう。

ちなみに一部のプロバイダでは、解約金を一部負担してくれるキャンペーンを行っている場合もあります。

WiMAXの寿命は?最適な乗り換えタイミングは?

ルーターの種類は数多く、性能は機種によって異なります。できるだけ長く使いたいと考えていても、劣化していくのが現状です。

ここでは、ルーターの寿命や乗り換えの適切なタイミングについて解説していきます。

WiMAXルーターの寿命

機種変更や乗り換えを検討するタイミングは、ルーターの寿命をきっかけとするのも選択肢の1つです。

なぜなら、WiMAXのルーターはホームルーターと同様に遅かれ早かれ寿命を迎えるからです。

例えば1日1回の充電と放電を行う場合、ルーターの寿命は約1年半から2年だと考えられています。

しかし、毎日同じ頻度で充電や放電を行うとは限らないため、寿命を見極めるのは難しいかもしれません。

端末の寿命を見極めるには、バッテリーの膨張や持ちが悪くなったタイミングを目安にするとよいでしょう。

乗り換えのタイミング

現在利用中のプロバイダに不満があるなど、他のプロバイダに魅力を感じることもあるのではないでしょうか。

機種変更を機に乗り換えを検討している場合は、以下のようなタイミングを目安にするとよいでしょう。

速度をより速くしたい

パソコンやスマホといった電子機器が時と共に進化するのと同様に、WiMAXのルーターも進化しています。

しかし、スマホやタブレットを使って動画を視聴する際に、スムーズに視聴できないといった経験がある人も多いのではないでしょうか。

通信速度が遅いのは、以下のような原因が考えられます。

このような場合、通信速度の速い機種に変更すると改善される可能性があります。

多くの電子機器と同様に、WiMAXのルーターは最新のものほど高いスペックを期待できます。

そのため、通信速度やパフォーマンスに不満を感じたら乗り換えを検討してみましょう。

バッテリーの寿命がきたとき

「WiMAXルーターの寿命」でもご紹介したように、WiMAXのルーターは遅かれ早かれ寿命がくるのが現状です。

充電や放電を繰り返すごとにバッテリーが消耗され、以下のような支障をきたします。

ルーターの持ちが悪くなったら交換のタイミングでもあるため、機種変更や乗り換えを検討するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

契約の更新月がベスト

プロバイダの乗り換えを検討している場合、現在利用中のプロバイダの更新月を確認しておくことが大切です。

なぜなら更新月に解約しなければ、高額な解約金が発生する可能性があるからです。

プロバイダごとに解約金が発生する条件や金額が異なり、利用期間が短いほど高くなる傾向にあります。

そのためプロバイダを乗り換える際には、更新月を狙うのがベストです。

WiMAXのルーターを比較

WiMAXのルーターは数多くありますが、最新機種であるほど高い性能が期待できます。

2020年1月14日には最新機種の発売が発表されているため、スペックを確認しておきましょう。

モバイルルーターでは最新のWX06

WiMAXのルーターは、主にコンパクトなモバイルルーターと据え置きタイプのホームルーターの2種類です。モバイルルーターの場合、以下のような特徴があります。

  • 外出先にも持ち運べる
  • サイズがコンパクト

ここでは、最新のモバイルルーターとしてNECプラットフォームズの「Speed Wi-Fi NEXT WX06」を紹介していきます。

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」の気になるスペックは、以下の通りです。

重さ約127g
寸法約111×62×13.3mm
通信速度(ハイスピードモード)下り最大558Mbps/上り最大30Mbps
通信速度(ハイスピードプラスエリアモード)下り最大1,237Mbps/上り最大75Mbps
Wi-Fi規格
  • IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
  • IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
カラーバリエーション
  • ライムグリーン
  • クラウドホワイト

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、WiMAXのモバイルルーターとして初のWi-Fi同時通信をサポートする機能が装備されています。

USBケーブルを接続すれば通信速度は上りで最大1.2Gbps、下り558Mbps、さらにLTE利用で867Mbpsと最速です。

繋がりやすさも向上し、バッテリーは連続駆動で最大9時間持つので安心です。

据え置き型ではHOME L02

ホームルーターには、モバイルルーターとは異なる以下のような特徴があります。

  • 自宅やオフィス向き
  • 電波を受診しやすい
  • 多くの端末を同時に利用できる

ここでは、最新のモバイルルーターとしてファーウェイ社の「Speed Wi-Fi HOME L02」を紹介していきます。

「Speed Wi-Fi HOME L02」の気になるスペックは、以下の通りです。

重さ約436g
寸法約93×178×93mm
通信速度(ハイスピードモード)下り最大558Mbps/上り最大30Mbps
通信速度(ハイスピードプラスエリアモード)下り最大1,000Mbps/上り最大75Mbps
Wi-Fi規格
  • IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
  • 11n/11g/11b(2.4GHz帯)
カラーバリエーションホワイトのみ

「Speed Wi-Fi HOME L02」は据え置きタイプであるため、自宅やオフィスといった屋内での使用が多い人におすすめです。

通信速度は最大1Gbpsで、光回線並みの速度を実現しています。

モバイルルーターほど持ち運びしやすいとは言えないものの、コンセントがある場所なら持ち運びできるのが魅力の1つです。

おすすめのWiMAXプロバイダ

ルーターの最新機種を確認したところで、次におすすめのプロバイダを紹介します。

  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • UQWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX2+

機種変更を機に乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

プロバイダカシモWiMAXGMOとくとくBBUQWiMAXBIGLOBE WiMAX2+
初期費用0円~3,000円(税抜)~3,000円(税抜)3,000円(税抜)
月額料金
  • 初月:1,380円(税抜)
  • 24ヶ月以内:3,580円(税抜)、4,079円(税抜)
3,609円(税抜)~
  • 初月、2ヶ月目:3,696円(税抜)
  • 3ヶ月目以降:4,380円(税抜)
3,980円(税抜)~
解約金
  • 12ヶ月以内:19,000円(税抜)
  • 24ヶ月以内:14,000円(税抜)
  • 25ヶ月以降:9,500円(税抜)
  • 12ヶ月以内:19,000円(税抜)
  • 24ヶ月以内:14,000円(税抜)
  • 12ヶ月以内:19,000円(税抜)
  • 24ヶ月以内:14,000円(税抜)
  • 12ヶ月以内:1,000円(税抜)
  • 13ヶ月以降:0円
キャッシュバック最大13,000円最大31,500円最大3,000円7,000円

カシモWiMAX

カシモWiMAX
は、月額料金が1,380円(税抜)という低料金が魅力的なプロバイダです。

今契約すると、以下のような特典が受けられます。

  • 初月の月額料金が無料
  • 端末代金が無料
  • 送料が無料

最安級のプランに加入した場合、3年間で62,755円相当の割引が受けられます。

最新のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、発売に先駆けて予約を受け付けている状況です。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

SIMチェンジWIFI

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは申し込み手続き後、最短即日でモバイルルーターを発送してくれることが魅力の1つです。

そのため、インターネットをすぐに使いたい人に向いているプロバイダだといえます。

キャッシュバックの金額は最大31,500円と、ここでご紹介するプロバイダの中では最も高額です。

さらに今契約すると、以下のような特典が受けられます。

  • 月額料金3,609円(税抜)~
  • 端末代金0円
  • 送料0円

契約後に満足しなかった場合、申し込みから20日以内であれば無料でキャンセルできます。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

UQWiMAX

UQWiMAXは月間のデータ量に上限を設けていないプランを打ちだしているため、動画の視聴が多い人にもおすすめのプロバイダです。

Webの専用ページから申し込みすると、3,000円のキャッシュバックが受けられます。

ただし、キャッシュバックを受けるためには契約する料金プランが指定されているので気をつけましょう。

また、auスマートバリューmineに加入中の場合、LTEオプション月額1,000円(税抜)が永年無料で利用できるキャンペーンも行っています。

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+では、モバイルルーターなどの端末を購入すると7,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを打ちだしています。

さらに利用開始月から3ヶ月にわたって、月額料金から1,000円(税抜)割引きされるのでお得です。

ただし、キャッシュバックを受けるためには、所定の手続きをしなければならないので注意しましょう。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

よりお得なプロバイダを選んでWiMAXの最新機種に変更しよう

WiMAXのルーターには寿命があり、そのまま使い続けるとバッテリーの持ちが悪くなる可能性があります。

さらに現在利用中のプロバイダに不満がある場合は、これを機に乗り換えを検討するのも選択肢の1つです。

どのプロバイダでも最新機種の申し込みはできるものの、受けられるキャッシュバックなどの特典は異なります。

自分にとってメリットの大きいプロバイダを選んで、お得に最新機種を手に入れましょう。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

SHARE!!