1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【WiMAX vs ワイモバイルのポケットWiFi】料金・通信速度などを徹底比較!おすすめはどっち?

【WiMAX vs ワイモバイルのポケットWiFi】料金・通信速度などを徹底比較!おすすめはどっち?

ポケットWi-Fiの普及により、自宅以外に外出先でも手軽にインターネットが楽しめるようになりました。ここではワイモバイルの「ポケットWi-Fi」とUQコミュニケーションズが提供する「WiMAX」の料金や通信速度を表で比較しながら詳しく解説していきます。

最近ではポケットに入れて持ち運びのできる便利な「ポケットWi-Fi」が発売されており、自宅だけではなく外出先でも手軽にインターネットが利用できるようになりました。

ポケットWi-Fiという名称は本来「ワイモバイルの登録商標」のことを指しており、ワイモバイルWi-Fiルーターを指す用語です。しかし、現在ではモバイルWi-Fiルーターと同じように一般用語として使用されています。

このモバイルWi-Fiルーターには「ポケットWi-Fi」と「WiMAX」がありますが、どちらを選べば良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここではそれぞれの「料金プラン」や「通信速度」について詳しく解説していきます。モバイルWi-Fiルーター選びの際には、ぜひ参考にしてみてください。

カシモWiMAX

ワイモバイルのポケットWiFiとWiMAXについて

ポケットWi-Fiをワイモバイルの商品として紹介していきます。同じ小型Wi-Fiルーターの「WiMAX」と比較してどちらがおすすめなのか見ていきましょう。

なお、WiMAXはプロバイダが複数ありキャッシュバックや月額利用料が異なるため、その中でも月額料金割引がある「カシモWiMAX」と比較しながら詳しく解説していきます。

無制限のモバイルWi-Fiのプランがあるのは2社のみ

通信量を無制限で利用できるのはワイモバイルのポケットWiFiとUQコミュニケーションズが提供するWiMAXのみです。

どちらもデータ容量が無制限の使い放題を利用できますが「完全無制限」というわけではなく、短期間で一定の通信量を使いすぎると速度制限がかかる「実質無制限」が適用されています。

そのため、家族で共有して利用したり高画質の動画を見続けたりして一定の制限を超えて利用すると、速度制限がかけられてしまう可能性があるので注意しましょう。

ワイモバイルとWiMAXの料金を比較

「ワイモバイル」と「WiMAX」には、いったいどのような料金プランがあるのか見ていきましょう。

また、月々の料金以外にモバイルWi-Fiを利用するために必要なルーター端末の料金、および途中で解約した場合にかかる契約解除料についてもあわせて解説していきます。

料金プランについて

ワイモバイルのポケットWi-FiとカシモWiMAXは「無制限」と「7GB」の料金プランのどちらかを選択できますが、月額料金はそれぞれ異なります。

【ワイモバイルPoket WiFi2(7GB)の場合】

プラン初月~1ヶ月目2~24ヶ月目25ヶ月目以降

ワイモバイル
Poket WiFi2(7GB)

3,696円

カシモWiMAX
ライトプラン(7GB)

1,380円2,980円3,379円

【ワイモバイルPoket WiFi2+アドバンスオプション(無制限)の場合】

プラン初月~1ケ月目2~24ヶ月目25ヶ月目
以降
3年間の総額

ワイモバイルPoket WiFi2+
アドバンスオプション(無制限)

4,380円16万6,440円

カシモWiMAX
ギガ放題プラン(無制限)

1,380円3,580円4,079円13万3,510円

ワイモバイルのポケットWi-Fiの場合は通常、7GBプランのみですが「アドバンスオプション」を追加することで無制限プランが利用できます。

無制限プランを3年以上利用した場合の月額料金の総計額は、ポケットWi-FiよりもカシモWiMAXの方が30,000円ほど安くなるという計算結果となりました。

月々の支払いを安く抑えたいという人はWiMAXがおすすめです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

アドバンスモード圏外では無制限にならないので注意

アドバンスモードとは月間データの容量制限なしでWi-Fiを利用できる「ワイモバイルのオプション」のことで、このオプションに加入しなければ無制限プランを利用できません。

ワイモバイルのアドバンスモードは対象エリアが限定されていて、ポケットWi-Fiを使っている場所が圏外の場合は、無制限モードとはならないので注意が必要です。

アドバンスモードは基本的に都市部などの主要地域では対応していますが、少し離れるとエリア外となってしまうことがあるので下記のエリアマップで確認しておくことをおすすめします。

カシモWiMAX

ルーター端末の料金について

WiMAXのルーター端末料金は契約するプロバイダやプランによって異なりますが、基本的にどのプロバイダで申し込んでも無料となります。

カシモWiMAXはルーター端末の料金が無料で、かつ契約から2ヶ月間は1,380円となっているため、初期費用が安く抑えられます。

これに対し、ワイモバイルではルーター端末を無料提供していません。機種代金はモデルにもよりますが、定価で28,000円ほどかかります。

契約解除料・解約金について

カシモWiMAXとワイモバイルは契約期間中に途中で解約すると契約解除料が発生します。

0~12ヶ月目13~14ヶ月目25ヶ月目以降
ワイモバイル9,500円
カシモWiMAX19,000円14,000円9,500円

ワイモバイルは基本的にどのタイミングで契約を解除しても一律9,800円かかるのに対し、カシモWiMAXは1年未満で解約すると最大19,000円の契約解除料が発生します。

ただし、カシモWiMAXのルーター端末は無料で提供されるため、途中で解約しても料金を支払いや返却の義務はありません。

ワイモバイルの場合、ルーター端末を分割購入している途中で解約すると、残っている代金を一括で支払う必要があります。

そのため、解約する時期が早いほどワイモバイルの方が、トータル的には解約する際の費用がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

ワイモバイルとWiMAXの通信対応エリアを比較

ワイモバイルとWiMAXは経由している回線が異なっていますが、通信の対応エリアにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

このほか、日本国内だけではなく海外でもモバイルWi-Fiが使えるのか詳しく解説していきますので、海外に出かける機会が多い人はチェックしてみてください。

首都圏エリアはほとんど同じ範囲

ワイモバイルの通信回線はソフトバンク、WiMAXはauの提供する回線を経由していますが、首都圏エリアで比較すると利用できる範囲にほとんど差はありません。

しかし、WiMAXの電波は建物や障害物に影響されやすく、首都圏でも利用している周辺環境によっては、同じ屋内でも繋がりにくい場所に違いがあります。

都市部以外の地域ではワイモバイルと比べてWiMAXの方が山間部など一部つながりにくい場所もあります。しかし、人口カバー率は99%以上を超えているので、それほど気にする必要はないでしょう。

念のため、自分が住んでいる地域の通信回線の状況を確認しておきたい場合はそれぞれの公式サイトで調べることができます。

ワイモバイルのアドバンスモード対応エリアは狭い

無制限で使用できるワイモバイルのアドバンスモードを利用するには、月額648円の「アドバンスオプション」に加入する必要があります。

アドバンスモードは実際に利用できる範囲が狭く、オプション料金を支払っているにもかかわらず使い放題とはならない可能性があります。

一方でカシモWiMAXの「ギガ放題」はWiMAX2+回線を使用しており、ワイモバイルと比べて無制限のエリアに広く対応しています。

さらに、WiMAXには高速通信が利用できる「ハイプラスエリアモード」というオプションがあり、WiMAX2+回線と組み合わせることで、より快適にインターネットが楽しめるでしょう。

ハイプラスエリアモードは「3年契約にすれば無料」で利用できますが、それ以外は1度使うと月額料金とは別に1,005円の追加料金が発生するので注意が必要です。

ワイモバイルは海外でも使用できるプランがある

カシモWiMAXの「WiMAX2+」は基本的に国内に限定したサービスとなっているため、海外で利用できません。

これに対し、ワイモバイルのポケットWi-Fiは世界中でインターネットが利用できる「海外データ定額」プランがあります。

海外データ定額プランの利用料金は、ベーシックプラン3,696円と海外データ定額料284円を合わせた、月額基本料3,980円に1日90円の海外利用料金がかかります。

しかも国内で利用する通信量とは別に、7GBのデータ通信量を世界100カ国で使えるので、とくに海外出張や旅行に出かける機会が多い人にはおすすめのプランです。

海外プランには高速ポケットWiFiルーターはない

海外データ定額プランを利用するには、専用のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 701UC」を購入する必要があります。

そのため、ポケットWi-Fiの海外データ定額プランでは、通信速度が速い高速のポケットWi-Fiルーターは利用できません。

そこで、ワイモバイルで利用できる高速のポケットWi-Fiルーター「801HW」と「 701UC」の通信速度を比較して紹介します。

使用ルーター機種通信速度
801HW下り最大速度866Mbps
上り最大速度37.5Mbps
701UC下り最大速度72Mbps
上り最大速度37.5Mbps

海外データ定額プランは世界約100ヵ国で使える便利なプランですが、使用する「701UC」の通信速度が最大でも72Mbpsとなっているため、通信速度にはあまり期待しないほうがよいでしょう。

ワイモバイルとWiMAXの通信速度を比較

インターネットで快適にゲームをしたり動画をみたりするには通信速度はとても重要です。ワイモバイルとWiMAXの通信速度について比較していきます。

最高通信速度について

ワイモバイルまたはWiMAXで使用する端末の通信速度を比較するため、それぞれの「下り最大通信速度」について解説します。

使用ルーター機種下り最大通信速度
Speed Wi-Fi NEXTW06
(カシモWiMAX)
1237Mbps
Pocket WiFi 803ZT
(ワイモバイル)
988Mbps

その結果、下り最大通信速度を見る限りはカシモWiMAXで使用するルーターの方が速いです。

下り最大通信速度とはダウンロードする速度のことで、インターネットを使ってサイトを閲覧したり画像や動画を見たりする通信速度に影響します。

結論として下りは50Mbpsほどあれば十分な速度と言われています。どちらのルーターを利用しても十分に快適なインターネットが楽しめるでしょう。

カシモWiMAX

通信制限のルールについて

通信制限のルールはどちらも同じで7GBプランの通信量を超えて利用した場合、128Kbpsの速度制限がかかってしまいます。

もしも128Kbpsに制限されると通信速度が遅くなってしまい、インターネットを快適に利用できなくなるでしょう。

ワイモバイルではデータ通信量を500円で500MB分を追加購入すれば通信速度が戻りますが、WiMAXには追加購入の制度がありません。

そのため、WiMAXでは月末まで制限を解除する方法がないので、制限がかからないよう対策を取ることが必要となります。

無制限プランでも通信制限はある

WiMAXとワイモバイルの無制限プランはデータ容量制限が全くない「完全無制限」ではなく、一定の制限がある「実質無制限」のプランです。

基本的には月間使用データ容量は無制限ですが、3日で10GB以上使用すると約1Mpsの通信制限がかけられます。

理由として一部のユーザーが無制限だからと言って過剰にデータ通信を行うと、帯域が占有されすぎることによって他のユーザーが混雑の影響を受けてしまうからです。

ただし、速度制限がかかったとしても通常の動画やサイトの閲覧程度なら問題なく見ることができます。

速度制限も「制限を超えた翌日の18時~翌々日の2時までの8時間」に限定されていることから、あまり気にする必要はないでしょう。

トータルで比較した場合WiMAXがおすすめ

利用料金や通信速度などを比較すると、ワイモバイルよりもWiMAXを選ぶのがおすすめです。

しかし、住んでいる地域や利用状況によっては個人差があり、場合によってはワイモバイルの方が最適なこともあるので、どちらが自分に合うかチェックしてみましょう。

ワイモバイルのポケットWiFiをおすすめできる人

出典:ワイモバイル

月額料金はWiMAXに比べて高くなりますが、以下のような状況に該当する場合は、ワイモバイルのポケットWiFiのほうがおすすめです。

  • WiMAX2+のエリア外の地域に住んでいる
  • 海外での利用が多い
  • 室内や地下など遮蔽物が多い場所で使う機会が多い

WiMAX2+は山間部など一部の地域では利用できない場所がありますが、ワイモバイルは建物内でもほとんどの場所でつながります。

また、WiMAXは海外には対応していないので海外の出先機関や旅行先で使う機会が多い人は、ワイモバイルを選ぶとよいでしょう。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

WiMAXをおすすめできる人

出典:カシモWiMAX

WiMAXはワイモバイルのポケットWiFiと比較して次のようなメリットがあります。

  • 月額料金を安く抑えたい
  • 高画質な動画やゲームをする機会が多い
  • 速度を重視する人

ワイモバイルに比べて月額料金が安いことや、モバイルルーター端末はWiMAXで取り扱っている製品の方がスペックは高いので、動画やゲームで使用する機会が多いヘビーユーザーにはWiMAXがおすすめです。

また、WiMAXの契約はプロバイダの利用がおすすめです。WiMAXのキャンペーンとプロバイダ独自のキャンペーンを併用できる場合もあり、よりお得に契約できます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

WiMAXの中でもとくにおすすめのプロバイダ「カシモWiMAX」について、料金やプラン、最新キャンペーンを解説しています。メリットや実際のユーザーの口コミも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

まずは対応エリアをチェックしてみよう

料金プランや使用するモバイルルーター端末などを比較すると、ワイモバイルよりもWiMAXを利用することをおすすめします。

しかし、海外で使用する場合や住んでいる地域によっては、WiMAXよりもワイモバイルを利用したほうがよいケースもあります。

まずは使う機会が多い場所の対応エリアを確認しながら、どちらのモバイルWi-Fiが自分に最適なのか調べることから始めてみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい