1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAX2+とWiMAXの違いは何?特徴とおすすめプロバイダを比較

WiMAX2+とWiMAXの違いは何?特徴とおすすめプロバイダを比較

更新日:2020.06.25

高速ネット通信のWiMAXを契約したい!そんな時に必ず出てくる選択肢、WiMAX2+。WiMAXとWiMAX2+の違いって何!?この記事ではその違い・メリットなどについて解説しています。2つの違いを知って、ぜひWiMAXを契約してみてください!

WiMAX2+は、データ通信使い放題、工事不要で使えることで人気の通信サービスです。人気女優を起用したテレビコマーシャルなどで目にする機会も多く、認知度も浸透しています。

その一方で、よく耳にする「WiMAX」と「WiMAX2+」の違いがよくわからない、どういったサービスなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、WiMAX2+について説明します。

カシモWiMAX

WiMAX2+とは?|WiMAXとの違いやエリアを紹介

2009年2月、WiMAXの提供が開始され、2020年3月31日をもって終了し、現在、WiMAXの受付は終了しています。2015年10月より、「WiMAX2+」が開始され、現行サービス提供中です。

現行の「WiMAX2+」と旧回線の「WiMAX」の最大の違いは通信速度です。

WiMAXは旧回線、WiMAX2+は新回線

「WiMAX」は旧回線の名称で、「WiMAX2+」は2015年から提供が始まった回線です。現在、申し込みをすると回線の正式名称は「WiMAX2+」です。

プロバイダによっては「WiMAX」や「WiMAX2+」と表記される場合もありますが、どちらも同じサービスのことなので「WiMAX2+」の回線で間違いありません。

速度の比較

WiMAX(旧)WiMAX2+(新)
下り(Download)13.3Mbps588Mbps
上り(Upload)15.4Mbps30Mbps
通信制限なし月額無制限(ギガ放題プラン)ただし、3日で10GB使用すると通信制限がかかる。

旧回線WiMAXより、現行回線のWiMAX2+は通信速度がパワーアップしているのが大きな特徴です。

WiMAX2+の対応エリアは日本全国です。どのプロバイダを利用してもWiMAX2+回線なら同じですが、エリア判定をして確認しましょう。

WiMAX2+のメリット・デメリット

WiMAX2+を利用する前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

メリット1:エリア範囲内なら家でも外でも快適に使用できる

WiMAX2+は、エリア範囲内なら、自宅でも外出先でも簡単な設定をするだけで、手軽に高速インターネットが楽しめる通信端末です。

メリット2:工事が要らない

WiMAX2+は、無線を使用する通信サービスです。サービス利用開始時や転居、解約のときにも回線工事は不要です。

端末1つでインターネットができるので、配線も必要ありません。

カシモWiMAX

メリット3:WiFi機器を複数同時に使える

WiMAX2+1台で複数の台のWiFi機器を同時に利用できます。スマートフォンやiPadなどのタブレット、パソコンなど様々な機器に対応しています。

メリット4:データ容量上限なしで定額制のプランがある

WiMAX2+の特徴は、容量無制限で定額制のプランがあることです。どこでも使えて速度も速く、容量制限もなく、いくら使っても定額なので安心して使えます。

ただし、ネットワーク混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

デメリット1:プロバイダ経由で買わないと損

公式サイトが独自で顧客にサービスを広げるのは、なかなか難しいです。

公式サイトがプロバイダよりも安く売ると、プロバイダは販売することが難しくなってしまい、結果、代理店事業から撤退してしまうかもしれません。

公式サイトの作戦としてプロバイダが代理販売することで、いろいろなユーザー層にアピールできるという仕組みをとっています。

そのため、WiMAXのプロバイダが値下げをしたり、キャッシュバックやキャンペーンなどを行い、顧客獲得の競争をしています。

また顧客にとっても、公式サイトで契約するよりもプロバイダで購入したほうが、お得なキャンペーンを利用できます。

つまり、公式サイトで直接契約すると損をするので、プロバイダ経由で購入したほうがお得ということです。

WiMAXのキャッシュバック情報を紹介している記事もあるので、ぜひご参考ください。

WiMAX2+対応のプロバイダを紹介

プロバイダ別に表で比較してみましょう。

プロバイダ名ギガ放題契約年数端末代キャッシュバック特典
カシモ WiMAX
  • 1,380円 (税抜)翌月のみ
  • 2ヶ月~24ヶ月目3,480円
  • 25ヶ月目以降4,079円
3年無料なし

開始月無料

UQ WiMAX3,880円(税抜)2年無料3,000円(翌々月)なし
BIGLOBE WiMAX2+
  • 2,980円(税抜)翌月から3ヶ月目
  • 4ヶ月目以降3,980円(税抜)
1年19,200円7,000円(端末同時申し込み)

開始月無料

GMOとくとくBBWiMAX2+
  • 初月は3,609円(税抜)を日割り
  • 1から2ヶ月目3,609円(税抜)
  • 3ヶ月以降4,263円(税抜)
3年無料34,500円(2020年1月31日まで)購入後11ヶ月目にキャッシュバックキャンペーン内容による

カシモ WiMAX

  • ギガ放題プランは3年契約自動更新、初月月額料金、端末代金(Speed WiFi NEXTW05)、送料が無料
  • 月額料金は初月無料、1ヶ月目1,380円(税抜)、2ヶ月~24ヶ月目3,480円、25ヶ月目以降4,079円
  • ギガ放題とライトプラン(7GB)間でプラン変更手数料なしで変更可能

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX

  • ギガ放題プランは、月額料金3,880円(税抜)がずっと続き、契約年数2年自動更新
  • データ量無制限
  • LTEは使った月だけ使用料が1,005円(税抜)

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX2+

  • ギガ放題プランは1年契約自動更新なし
  • 特典は、端末代19,200円(税抜)同時申し込みで、サービス開始月の翌月にキャッシュバッグ7,000円
  • 初月月額料無料、翌月から3ヶ月目まで2,980円(税抜)、4ヶ月目以降3,980円(税抜)
  • ハイスピードエリアオプション料1,005円(税抜)、契約解除料1,000円(税抜)、BIGLOBE会員なら月額料金200円引き

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

GMOとくとくBBWiMAX2+

  • ギガ放題プランは3年自動契約
  • 初月は3,609円(税抜)を日割り、1から2ヶ月目3,609円(税抜)3ヶ月以降4,263円(税抜)
  • 最大34,500円(2020年1月31日まで)キャッシュバック(キャンペーンによって金額が違う)
  • 端末代金無料
  • LTEオプションは利用料がかからない
  • 購入後11ヶ月目にキャッシュバック振込指定口座の確認メールが届くので、キャッシュバック受け取りの手続きを忘れずに行うこと

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

WiMAX2+のおすすめ・人気端末を紹介|モバイルルーター・ホームルーター

WiMAXを利用する上で、ルーターの機種選びは非常に重要なポイントです。今回はWiMAX2+のおすすめルーターを紹介します。

新発売のNEXTWX06

「WiMAX」シリーズのモバイルWiFiルーターでは、初の2.4GHz/5GHzと5GHzを同時利用ができ、定期的に周囲の電波環境を判断し、自動で快適な周波数を選択し高速で安定したWiFi通信を行います。

WiFi接続は、画面に表示したQRコードをスマートフォンのカメラで読み取るだけの便利さです。

ホーム画面は、3日間の「日次データ通信量」、ハイスピードプラスエリアモードでの「月次データ通信量」を数字とグラフが同時に表示し、使用したデータ通信量が簡単に見ることができます。

Speed WiFi NEXT W06

有線接続時は下り最大1.2Gbpsの高速通信対応で、無線接続時は下り最大867Mbpsです。高性能ハイモードアンテナ搭載され、アンテナの性能が向上し、繋がりにくかった場所でも電波が届きます。

WiFi TXビームフォーミング対応で通信の安定性が向上し、受信速度が約20%アップしました。最大接続可能台数は16台です。バッテリー容量は、3,000mAhで電池容量も十分に使えます。

Speed WiFi NEXT W06を部屋に置いたままでも、離れた部屋まで電波が届くので、自宅の利用でも便利です。

カシモWiMAX

新発売のWiMAXHOME02

内部アンテナの性能を強化したWiFi性能で、水平方向の電波を拾いやすくなりました。バンドステアリング機能で自動で最適な周波数を選択して安定した通信を実現します。

スマホアプリを使えばデータ通信量や電波インジゲータで電波状態を確認できます。データ通信量が設定値を超えるとポップアップで知らせてくれます。

最大20台まで同時に利用可能で、WX06と同じく2.4GHzと5GHzを同時利用できます。また、Alexa搭載のスピーカーに話しかけるとデータ量や設定情報の確認もできます。

Speed WiFi HOME L02

無線接続時シリーズ最速の下り最大で867Mbps、指向性をもった4本の高感度アンテナを4方向に配置することで、360度全方位カバーモバイルルーターよりも受信感度が優れています。

同時接続数最大42台で、スマホなどのWiFi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するTXビームフォーミング機能に対応し、安定性と通信速度が20%向上しました。

WiMAX2+の申し込み方法

WiMAX2+の申し込みは2種類あります。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

店舗で申し込む

UQスポットや近くの店舗で申し込みができます。お店で、ルーターを触って確認してみましょう。自分に合ったルーターや料金プランを相談しながら決めることができます。

申し込むときは、本人確認書類が必要になるので、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなど顔写真があるのものを持参しましょう。

契約のとき、事務手数料3,000円(税抜)などが発生するので、クレジットカードか現金の支払いになります。また、月々の支払いは、クレジットカードか口座振替が選べます。

口座振替の場合は金融機関のキャッシュカードが必要なので、忘れずに持参しましょう。

その場で受け取れるので、面倒な回線手続きがなくすぐに利用できる手軽さです。

オンラインショップで申し込む

オンラインショップで申し込む手順は、オンラインショップにアクセスし、WiFiルーターを選択します。料金プランを確認し、支払い方法を選択して申し込みボタンをクリックするだけです。

支払い方法選び、申し込み手続きを完了させれば、最短でWiFiルーターが自宅へ届きます。

商品代金の支払いはクレジットカードか代引き支払いです。

店舗での申込みのメリット・デメリット

即日ですぐに使えるのは、メリットです。

デメリットは、店舗で契約してしまうと基本的に定価での販売なので、料金がまったくお得ではないということです。

オンラインショップでの申込みのメリット・デメリット

24時間受付しているので、いつでもどこでも申し込めます。

メリットは「サービスの大元からのサポートを受けられる」ということです。サポートセンターへの問い合わせはフリーダイヤルで携帯電話からかけることができ、午前9時から午後9時まで年中無休で対応をしてくれます。

デメリットは、「UQ WiMAX公式サイト」で申し込むと、定価の販売をしているのでお得にはならないことです。

前述にもあるようにプロバイダ経由で申し込むのがお得です。WiMAX2+の速度やサービス自体は一切変わらないため、プロバイダをどこにするのかが重要になります。

プロバイダによってはキャッシュバックがあるので、それも含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安くなるのか比較してみることです。

また、キャッシュバックを受け取るための手続きは、プロバイダによって違いますので注意が必要です。

契約して半年以上もたってから、メールでキャッシュバッグのお知らせが届く場合もあるので、見落とさないように注意が必要です。

期限を過ぎてしまうとキャッシュバッグが受けられないということもあるので、気をつけましょう。

WiMAX2+は、プロバイダ経由で購入するのが最良でしょう。受けられる特典やキャッシュバックの金額が大きいので、結果として契約期間にかかる総額費用を下げることができます。

プロバイダを比較し、WiMAXをお得に申し込もう

申し込み方ひとつで、得をするか損をするかが決まってしまうので、損をしないように賢くプロバイダを選んで申し込みをしましょう。

通信費用は目に見えないので、スマホの請求書を見て料金にびっくりするという人も多いです。スマホも定期的に契約を見直して不要な契約は解約しましょう。

キャッシュバックはその場で受けられないものが多く、忘れた頃にキャッシュバック登録のお知らせがメールでくるので、損をしないように気をつけてください。

お得にWiMAX2+を手に入れて、快適なネット環境にしましょう。

SHARE!!