1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Try WiMAXは15日間無料で使用できる!申し込み方法や返却の注意を解説

Try WiMAXは15日間無料で使用できる!申し込み方法や返却の注意を解説

「ネット環境を整えるために、モバイルルーターの導入を検討している」という人は、契約前に「Try WiMAX」を利用してみませんか。このページでは、Try WiMAXを利用する方法やメリット、利用時の4つの注意点などを取り上げます。

スマホをUQモバイルと契約し、モバイルルーターの導入を検討している人は、「Try WiMAX」を活用してみませんか。

Try WiMAXは、本契約する前に15日間無料でWiMAXを体験できるサービスです。

この記事では、そんなTry WiMAXのサービス内容について詳しく紹介します。あわせて、Try WiMAXのお得な活用方法や利用時の4つの注意ポイント、本契約の手続きなども取り上げました。

UQモバイルと契約している人やモバイルルーターの導入を検討している人などは、ぜひ参考にしてください。

SIMチェンジWIFI

Try WiMAXを申し込む2つのメリット

Try WiMAXは、WiMAXの体験が15日間無料のため実際の使用感を確認できます。

WiMAXの体験が15日間無料

Try WiMAXは、15日間費用をかけることなく、WiMAXを体験できるサービスです。電波のつながり具合や通信速度、端末との接続状況などを契約前にチェックできます。

レンタルでWiMAXを試すことも可能ですが、基本的には1日当たり数百円かかります。一切費用がかからないTry WiMAXは、大変お得だといえるでしょう。

使用感を確認できて本契約で後悔しない

UQ WiMAXと本契約した場合、2年や3年の最低利用期間が設定されます。

そのため、住んでいる地域で使い勝手が悪くても、契約満了月以外だと最大19,000円(税抜)の契約解除料がかかってしまうリスクがあります。

Try WiMAXを利用すれば、電波がつながるのか試せるため、無駄に契約解除料を支払う必要はありません。

また、モバイルルーターだけではなく、ホームルーターも試せるメリットがあります。

SIMチェンジWIFI

Try WiMAXを利用する方法

Try WiMAXを利用するために、条件や申し込み~返却までの流れ、試せるルーターなどについて理解を深めておきましょう。

Try WiMAXを申し込める条件

Try WiMAXを申し込める条件は、日本に在住している20歳以上の人です。それだけではなく、過去180日以内にTry WiMAXの利用履歴がなく、過去に利用して貸出機器の未返却履歴がない人です。

本人名義のクレジットカードも登録しなければなりません。クレジットカードに似たデビットカードは、NGです。

また、連絡先メールアドレス、SMS対応の電話番号、あるいはキャリアメールアドレスも必要です。

しかしながら、SMS対応の電話番号、キャリアメールアドレスを持っていない場合は、書面で申し込みできます。

申込みから返却までの流れ

Try WiMAXを申し込む際は、専用ページから仮登録を行い、申し込みフォームにて必要事項を入力します。

申し込み後、WiMAXが届いて15日間の無料サービスを利用できます。サービス期間が終了した後は、機器を返却するだけです。

試せるルーター一覧

Try WiMAXで試せるルーターは、次の6種類です。

タイプ商品名特徴
ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L02
  • ギガスピードの高速ホームルーター
  • 360度全方位をカバーする高感度アンテナ など
ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01/L01s
  • 下り最大440Mbpsのパフォーマンス
  • シンプルデザインでどんな部屋にも合う など
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W06
  • USB接続で受信最大1.2Gbps
  • 安定性と通信速度が向上したWi-Fi TXビームフォーミング対応 など
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W05
  • 下り最大758Mbps
  • すぐに設定できるWi-Fiお引越し機能あり など
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT WX04
  • 4G LTE対応
  • 長時間使用できる大容量電池 など
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT WX05
  • Wi-Fiビジュアルステータスで混み具合をチェック可能
  • WiMAXハイパワー対応 など

このようにルーターによって特徴が大きく異なります。また、ホームルーターは部屋の中以外で使えませんが、モバイルルーターは、持ち運びできるため、屋内でも屋外でも利用可能です。

届いたルーターの設定は3ステップ

届いたルーターを設定する方法は、次の通りです。

  1. SIMを入れて電源オン
  2. 初期化する
  3. SSIDパスワードを確認して入力
  4. 設定完了

「電源オン」にしてからSIMを入れると、SIMを正しく認識しない可能性があります。また、端末や接続機器によって設定方法が異なりますので、公式ホームページにて事前に詳しいやり方を確認しておきましょう。

Try WiMAXを契約する!

Try WiMAX利用の4つの注意点

Try WiMAXを利用する際、次の4つの注意ポイントがあります。

  • 返却期限は出荷日からカウント
  • 一時的にクレジットカードから料金を引かれる
  • 返却で不備があると違約金
  • 通信量は少ないのに制限がかかる可能性

返却期限は出荷日からカウント

Try WiMAXは、15日間無料でWiMAXを体験できるサービスですが、端末が出荷された日からカウントされ、端末が提供先であるUQモバイルに戻ってくるまでの期間です。

そのため、実際に試せる期間は15日より短いです。実質10日間程度使えると認識しておきましょう。また、うっかり期限を過ぎると延滞料を請求されるかもしれませんので、返却期限を必ず守りましょう。

14:30までに申し込めば、最短当日で発送できます。さらに、年末年始を除くものの、時間帯指定も可能です。また、借りたルーターをそのまま契約することは不可ですので、返却することは必須です。

一時的にクレジットカードから料金を引かれる

Try WiMAXに申し込みをすると、クレジットカードのショッピング枠から、一時的に機器購入代金相当額を引かれます。

その金額は後日戻ってきますが、それまではショッピング枠が減ってしまうことも注意ポイントです。

返却で不備があると違約金

返却で不備があった場合、違約金が発生します。クレードル無しのレンタル機器であれば、20,000円(税抜)請求されます。

クレードル有りの場合、22,750円(税抜)の違約金がかかり、それなりに高い金額です。無駄な出費を減らすためにも、返却忘れに注意しましょう。

通信量は少ないのに制限がかかる可能性

Try WiMAXを利用した場合、ルーターはギガ放題プランと同様の通信量制限・速度制限があります。

またレンタルのため、同月内で別の人が使った分も通信量としてカウントされます。だからこそ、自身の通信量は少なくても制限がかかる可能性があるでしょう。

Try WiMAXのお得な活用方法

Try WiMAXをお得に活用する方法は、次の通りです。

  • 利用は2回目でも無料になる
  • UQモバイルと同時に利用する

利用は2回目でも無料になる

「過去180日以内にTry WiMAXの利用履歴がない」という利用条件がありますが、前回レンタルしてから180日あければ、利用条件をクリアできます。

そのため、本契約前のお試しではなく、必要になったときの無料レンタルとして使うことも可能です。

UQモバイルと同時に利用する

出典:UQモバイル

Try WiMAXだけではなく、UQモバイルを15日間無料で利用できるサービスがあります。キャンペーン期間中であれば、QUOカードPayも当たるため、お得に利用できるでしょう。

UQモバイルの15日間無料サービスは、通信速度や最新スマホを試せるだけではなく、SIMも現状使っているスマホに対応しているのかチェック可能です。

店舗でもネットでも受け付け可能で、店舗で申し込めば、即日で利用できる可能性があるでしょう。ネットは24時間受付しているため、店舗に通っている時間を作れない人におすすめです。

利用条件は、店舗とネットで異なります。店舗での利用条件は、日本に住んでいる18歳以上の人です。ネットは、Try WiMAXと同様に20歳以上の人を対象にし、クレジットカードの登録も求められます。

UQモバイルを契約する!

Try WiMAXの契約方法

Try WiMAXを試してみて、気に入った人は本契約を進めましょう。

ここでは、UQ WiMAXの料金プランやつけられるオプション、申し込み方法を紹介します。

SIMチェンジWIFI

UQ WiMAXの料金プラン

出典:UQWiMAX

「ギガ放題」は、月3,880円(税抜)で月間データ量の上限なく利用できるプランです。契約年数は2年と定められていますが、ネットをたくさん使いたい人にはおすすめです。

機種によっては、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替え、地下エリアで使いやすい「au 4G LTE通信」も利用可能です。

「ウルトラギガMAX」というプランもあり、これはネットとスマホをセットで月5,560円~(税抜)で利用できます。快適なネット環境かつ毎月300円割引されているため、非常にお得なプランだと言えるでしょう。

注意点は、3日間で10GBを超えた場合、速度制限が発生することです。

UQ WiMAXにつけられるオプション

UQ WiMAXには、様々なオプションがあり、それぞれに特徴があります。

オプション名月額料金内容
端末補償サービス380円(税抜)WiMAX機器の故障時などを補償してくれる
端末あんしん補償500円(税抜)故障修理代金をお見舞金として最大30,000円支払い
  • WEBROOT
  • カスペルスキー
  • マカフィー
500円(税抜)ウイルスやスパイウェアを対策してくれる
グローバルIPアドレスオプション96円(税抜)グローバルIPアドレス割り当てサービス
おまかせサポート350円(税抜)リモートでトラブルサポート
U-NEXT1,990円(税抜)動画見放題サービス
RecMusic891円(税抜)音楽聴き放題サービス
パソコンソフト使い放題500円(税抜)50種類以上のソフトウェアが使い放題
HANGAME200円(税抜)オンラインゲームポータル

こうしたオプションは、「my UQ WiMAX」もしくは「エンタメマーケット」から申し込み可能です。自分のネット生活に合ったオプションを加入しても損はありませんので、検討しましょう。

UQ WiMAXの申込み方

UQ WiMAXを新規で申し込む際は、「UQ WiMAX オンラインショップ」にてお目当てのルーターを選び、あわせて料金プランやオプションサービスなども選択します。

続いて、必要情報や支払い方法を入力して、手順に従い、申し込み手続きを完了させます。最短2~3日でWi-Fiルーターが届き、UIMカードを差し込んで利用スタートです。

支払い方法によって、申し込み手順が異なり、口座振替であれば、本人確認書類の提出が求められます。クレジットカード決済の場合、SMS(ショートメッセージサービス)が携帯電話に届きます。

オンラインだけではなく、店舗でも申し込み可能です。店舗では、直接スタッフに相談できますので、ルーターや料金プランを相談しながら決めたい人におすすめです。

店舗のUQスポットでは、新規申し込み以外にも、機種変更や修理受付など、幅広いサービスを提供しています。UQスポットは全国にありますので、最寄りの店舗に通いましょう。

UQ WiMAXを契約する!

Try WiMAXで快適なネットを体感

15日間無料でWiMAXを体験できる「Try WiMAX」を、本契約前に利用することをおすすめします。そうすれば、電波がつながるのか試せたり、無駄に契約解除料を支払ってしまったりするリスクを減らせます。

そんなTry WiMAXを利用する条件は、20歳以上の人と定められています。クレジットカードの登録があったり、メールアドレスを求められたり、いくつか必要なものもあります。

Try WiMAXを利用する際、返却期限は出荷日からカウントされ、一時的にクレジットカードから料金を引かれます。返却で不備があると違約金もかかりますので、注意が必要です。

利用は2回目でも無料になり、キャンペーン期間中であれば、QUOカードPayも当たるTry WiMAXで、快適なネットを体感しませんか。

Try WiMAXを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい