1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAX(ワイマックス)は、タブレットにも接続して通信することができる!

WiMAX(ワイマックス)は、タブレットにも接続して通信することができる!

WiMAX

いわゆるポケットWi-Fiの一つである、WiMAX。WiMAXといえば、スマホやパソコンなどに接続するというイメージをお持ちの方も多いでしょう。 しかし、実はタブレットでも接続することができます。 この記事では、WiMAXとタブレットの連携について解説していきたいと思います。

いわゆるポケットWi-Fiの一つである、WiMAX(ワイマックス)。WiMAXといえば、スマホやパソコンなどに接続するというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、実はタブレットでも接続することができます。

この記事では、WiMAX(ワイマックス)とタブレットの連携について解説していきたいと思います。

pixta_17260604_M (1)

WiMAX(ワイマックス)は、タブレットにも接続できる

WiMAX(ワイマックス)は、タブレットにも接続することができます。
現在日本で販売されているタブレットのほぼ全ては、Wi-Fiに対応しています。そのため、WiMAX(ワイマックス)に接続し、通信を行うことが可能です。

通信を行えば、アプリのダウンロードや使用ができたり、ブラウザの閲覧や動画、音楽などをストリーミング再生することができたりします。

続いて、タブレットをWiMAX(ワイマックス)で使用するにあたってのポイントをチェックしていきましょう。

タブレットが5GHz帯に対応していると、WiMAX(ワイマックス)と高速で通信することができる

タブレットを購入する場合、WiMAX(ワイマックス)でより快適な通信を行うために、チェックするべきポイントがあります。
それは、5GHz帯に対応しているかどうかを確認するということです。

WiMAX(ワイマックス)は、Wi-Fi通信を行うためのモバイルルーター。モバイルルーターには、次のような二つの周波数があります。

  • 2.4GHz帯
  • 5GHz帯

2.4GHz帯は、通信できる範囲が広く、遠くまで電波が届きます。

5GHz帯は2.4GHz帯よりも使用できる範囲は狭まりますが、代わりに通信速度が速いという特徴があります。

WiMAX(ワイマックス)の場合は、端末で設定をすることで、2.4GHz帯と5GHz帯を切り替えることができるようになっています。

2.4GHz帯の周波数での通信機能は多くのタブレットに採用されていますが、5GHz帯は一部の最新の端末で採用されています。
5GHz帯の周波数を使用すると、より高速で通信を行うことができるというメリットがありますので、対応しているタブレットには、5GHz帯で接続しましょう。

しかし、5GHz帯に対応しているかはどう確認すればいいのかわからない、そしてどうすれば5GHz帯で接続できるのかもわからないという方も多いはず。

次項では詳しく、その接続までの要点を確認していきたいと思います。

WiMAX(ワイマックス)の5GHz帯は、a、n、ac

5GHz帯に接続するにあたってタブレットの使用で確認するべきポイントは、

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac
  • この三つのいずれかの通信規格に対応しているかどうかです。

    どれかに対応していれば5GHz帯での高速通信は可能ですが、この中でも11acに対応していれば、現時点における最も速いスピードでWiMAX(ワイマックス)と通信を行うことができます。

    ただし、契約するWiMAX(ワイマックス)も11ac規格に対応している必要があります。現在購入できる端末ならば基本的には大丈夫ですが、契約時には確認しておきましょう。

    タブレットとWiMAX(ワイマックス)を接続するメリットは?

    タブレットを、WiMAX(ワイマックス)を利用してWi-Fi接続するメリットは、次のようなことが挙げられます。

    • 外出先でタブレットが使用できる

    なんといっても、自宅以外でタブレットを、スマホでのテザリングをせずに使用できるという点は便利です。

    スマホとタブレットを接続して通信を行う場合は、スマホの通信量をどんどん消費していってしまうため、使い方にかなり注意が必要となってきてしまいます。

    しかし、WiMAX(ワイマックス)ならばスマホと別回線になりますので、ある程度自由な通信ができ、便利です。

    公式サイト:BIGLOBE WiMAX 2+

    WiMAX(ワイマックス)でタブレットに接続するときの注意点は?

    pixta_12829199_M

    WiMAX(ワイマックス)でタブレットに接続する場合、いくつか注意するべきポイントがあります。
    ここからは、WiMAX(ワイマックス)でタブレットを利用するにあたっての注意点について解説していきたいと思います。

    動画を見すぎると速度制限がかかるかも

    WiMAX(ワイマックス)は、使い放題ではありません

    厳密に言うとWiMAX(ワイマックス)は使い放題なのですが、現在展開されているWiMAX2+は使い放題ではなく、3日で3GBまでという通信量の制限があります。それ以上使うと、翌日より速度制限がかかります。

    WiMAX(ワイマックス)をこれから契約する場合は、通信量に気をつける必要があるということを覚えておきましょう。

    特にタブレットでの使用の際は、動画を見ることも多いですよね。

    WiMAX(ワイマックス)は高速で通信を行うことができますので、フルHDやHDの動画も簡単に視聴できます。
    しかし、だからといって延々何時間も動画を見ていると、すぐに速度制限がかかってしまいます。

    WiMAX(ワイマックス)の速度制限には注意しましょう。
    ただし、速度制限がかかったとしても、格安SIMや携帯電話のキャリアにおける速度制限時の通信速度に比べれば、快適に通信ができるとされています。

    モバイルルーターのバッテリー切れには注意

    モバイルルーターは携帯できる端末。どこでも通信を行えるため、タブレットを外出先で使用する際にも大変便利な端末です。

    しかし、何時間も使用しているとバッテリー切れに陥ってしまう場合がありますので、注意しましょう。

    外出先でWiMAX(ワイマックス)の電波が届かないこともある

    WiMAX(ワイマックス)は、外出先でも高速通信を利用できる便利なモバイルルーターです。しかし、電波が届かずに利用できない場所もあります。

    例えば、建物の上の方の階では通信が行えないということがありますし、エリア外の場所も全国にたくさんあります。

    そういったリスクがあるということも、覚えておきましょう。また、引っ越し先の家で電波が届かないということも起こる可能性がありますので、注意が必要です。

    自分の行動範囲内に、WiMAX(ワイマックス)のエリア外となっている場所が多い場合は、WiMAXではなく格安SIMや、PocketWi-Fiの契約をおすすめします。

    WiMAX(ワイマックス)は、タブレットにも接続して通信することができる!のまとめ

    WiMAX(ワイマックス)は、タブレットに接続して通信することも可能です。
    同時に複数の機器を接続して通信することもできますので、契約を検討している方は、ぜひ契約してみることをおすすめします。

    タブレットに接続するときは、使いすぎに注意しましょう。

    公式サイト:BIGLOBE WiMAX 2+