1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの支払い方法変更手順!口座振替・デビットカード・コンビニ払いも可能?

WiMAXの支払い方法変更手順!口座振替・デビットカード・コンビニ払いも可能?

WiMAXの料金の支払方法変更手順についてまとめました。口座振替とクレジットカード払いそれぞれのメリット・デメリット、デビットカードの利用可否など、WiMAXの支払方法の詳細を網羅しています。WiMAXの料金支払方法で迷っている人は参考にしてください。

WiMAXは、モバイルルーターを使った安定した高速通信が使い放題で利用できることから、多くのモバイルPCユーザーや複数台のデジタルガジェットユーザーから人気を集めています。

今回は、WiMAXを契約している方向けに「料金の支払方法の変更手順」について紹介します。また、料金の支払いにデビットカードが使えるのかどうかについても調べました。

WiMAXにはいくつかの支払方法が用意されています。それぞれのメリット・デメリットをよりよい選択をしていきましょう。

SIMチェンジWIFI

WiMAXの支払い方法とメリット・デメリット

WiMAXはauの子会社、UQコミュニケーションズ株式会社が手掛けています。

しかし、WiMAXの回線サービスの提供自体は、UQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)以外の会社も行っています。この記事では、これらの会社を「WiMAXプロバイダ」と総称することにします。

WiMAXの月々の料金の支払い方法は、WiMAXプロバイダによって変わってきます。

主要なWiMAXプロバイダの支払い方法

WiMAXプロバイダコンビニ払い口座振替クレジットカード払い
UQ WiMAX
カシモWiMAX
Broad WiMAX
So-net WiMAX
GMOとくとくBB
BIGLOBE WiMAX 2+

「コンビニ払い」とは、自宅に送られてくるバーコード付きの請求書を使ってコンビニ等で支払う方法です。コンビニ払いで支払いができるWiMAXプロバイダはありません

そのため、支払い方法は、指定した銀行口座から月々の利用料金が引き落とされる「口座振替」と、登録したクレジットカード宛に請求が来る「クレジットカード払い」の2つになります。

このうちクレジットカード払いは、ほぼすべてのWiMAXプロバイダで利用できます。しかし、口座振替は一部のWiMAXプロバイダでしか利用できません

クレジットカードを持っていない、あるいはクレジットカードをWiMAXの料金の支払いに使いたくない人は、事前に口座振替が使用できるWiMAXプロバイダを探す必要があります。

クレジットカードのメリット

クレジットカード払いのメリット

  • クレジットカードのポイントやマイルが貯まる
  • クレジットヒストリー(クレヒス)が蓄積する

WiMAXの料金の支払方法にクレジットカードを利用するメリットとして、最も大きいのは「クレジットカードのポイントやマイルが貯まる」です。

毎月必ず一定額以上の料金を支払うので、クレジットカードの利用代金によってポイントやマイルが貯まるタイプのクレジットカードを持っている人は、ポイントやマイルが非常に貯まりやすくなります。また、「いつ、どのくらい貯まるのか」の計算がしやすいです。

もう1つのメリットとしては「クレジットヒストリー(クレヒス)が蓄積する」も考えられます。

クレヒスとは、そのクレジットカードを使った履歴のことです。クレヒスが蓄積するということは「この人はクレジットカードの利用料金をきちんと支払える人だ」という評価につながります。

そのため、後々クレジットカードの限度額が上がる別のクレジットカードが作りやすくなる各種ローンの審査が通りやすくなる、といった可能性があります。

ある程度の年齢になると、クレヒスは「(信用度を判断するために)ないよりあった方がよい」とも言われているので、支払遅延などを起こさない限りはメリットといえるでしょう。

クレジットカードのデメリット

クレジットカード払いのデメリット

  • 何らかの事情でクレジットカードを持てない人は使えない
  • クレジットカードを作る必要がある
  • クレジットカードの利用枠が圧迫される

多くのクレジットカードが18歳以上でないと作れないので、18歳未満の人が自分の名義で契約しようとする場合、クレジットカード払いを利用できない場合があります。

また、過去にクレジットカードやローンの支払遅延などを起こしたことが理由でクレジットカードが作れない人も、クレジットカード払いを利用できません。

その他のデメリットとしては「クレジットカードの(ショッピング)利用枠が圧迫される」ことが考えられます。

クレジットカードにはキャッシングとショッピングにそれぞれ利用限度額が設定されています。WiMAXの支払方法にクレジットカードを使うと、毎月一定以上の金額で必ずこの利用枠を圧迫することになります。

一般的に学生や若い人は利用枠が低いので、クレジットカードの利用頻度が高い人は少し注意が必要です。

口座振替のメリット

口座振替のメリット

  • クレジットカードを持っていなくても契約できる

さまざまな事情でクレジットカードを持つことができなかったり、クレジットカードを持つのが嫌だ、作りたくない、という人でも、口座振替があればWiMAXを使えます。

口座振替のデメリット

口座振替のデメリット

  • 口座振替に対応しているWiMAXプロバイダが少ない
  • 口座振替手数料がかかる場合がある
  • 手続きが面倒

口座振替が使えないWiMAXプロバイダは意外に多く、「このWiMAXプロバイダと契約したい!」と思っても、口座振替が使えないために泣く泣く契約を諦めざるを得ないことも考えられます。

また、一部のWiMAXプロバイダで口座振替を利用する際は、毎月「口座振替手数料」が発生するのもデメリットです。たとえば、BIGLOBEWiMAXの場合、毎回200円の口座振替手数料がかかってしまいます。

そして、口座振替を利用する場合は、オンラインの契約であっても別途口座振替利用申込書をダウンロード→必要事項を記入して郵送する手続きを踏む必要がある場合があります。

この手続きにも時間がかかるため、最初の1、2カ月は郵送されてくるバーコード付きの請求書を使ってコンビニ等で支払わなくてはなりません。

デビットカードは使用できない

「デビットカード」とは、 銀行の預金口座と紐づけられた決済用のカードで、支払いと同時に銀行口座から利用代金(料金)が引き落とされます。

VISAやMaster、JCBなどの決済機能が付帯されているため、これらが使えるショップやオンラインサービスでは、クレジットカードと同じように使うことができます。

デビットカードの多くが15歳以上であれば作ることができ、審査もほぼなし、あっても簡単な審査のみなので、何らかの事情でクレジットカードを作ることができない人でも「ほぼクレジットカード」を持つことができ、とても便利です。

しかし、WiMAXプロバイダでは、このデビットカードをクレジットカード払いに利用できません。

これは「サービスを利用した時期」と「料金請求の時期」がどうしてもずれてしまうことにより、WiMAXプロバイダ側が「サービスを提供したにも関わらず料金を受け取れない」という可能性があるからでしょう。

クレジットカードを持っていなくても、口座振替を使えば他にも契約できるWiMAXプロバイダはあるので、デビットカードにこだわる必要はそれほどないでしょう。

WiMAXの支払い方法変更手順

WiMAXの料金の支払い方法を変更するための手順を、UQ WiMAXを例にとって紹介します。

UQ WiMAXの料金支払方法は口座振替とクレジットカードの2つあります。

料金支払い方法の変更

  • 口座振替からクレジットカードに変更する
  • クレジットカードから口座振替に変更する
  • 口座振替に指定している金融機関や口座を変更する
  • クレジットカードを変更する

これらすべての変更手続きは、webの「my UQ WiMAX」もしくはコールセンター(UQお客様センター)でできます。

コールセンターは混雑していて電話がつながりにくいので、24時間365日受付をしているmy UQ WiMAXの利用がおすすめです。

以下、それぞれの手続きをmy UQ WiMAXで行う際の流れを紹介します。

口座振替からクレジットカードに変更する

口座振替→クレジットカードへの変更

  1. my UQ WiMAXへログイン
  2. 「契約内容の確認・変更」をクリック
  3. 「ご契約案内サブメニュー」の「請求先情報照会/変更」をクリック
  4. 「請求先情報照会/変更」の「お支払い方法の変更」をクリック
  5. 「お支払い方法照会/変更」の「変更希望支払方法」で「クレジットカード」を選択して「次へ」をクリック
  6. クレジットカード番号等を入力する

支払方法を口座振替からクレジットカードに変更すると、引き落とし日が変わることに注意してください。

UQ WiMAXからクレジットカード会社への請求自体は毎月15日頃(利用月の翌月15日頃)になりますが、クレジットカード会社から契約者の口座に請求が行き、引き落とされる日はクレジットカード会社ごとに異なります。

クレジットカードから口座振替に変更する

クレジットカード→口座振替への変更

  1. my UQ WiMAXへログイン
  2. 「契約内容の確認・変更」をクリック
  3. 「ご契約案内サブメニュー」の「請求先情報照会/変更」をクリック
  4. 「請求先情報照会/変更」の「お支払い方法の変更」をクリック
  5. 「お支払い方法照会/変更」の「変更希望支払方法」で「口座振替」を選択
  6. 「口座振替の手続き方法」で、利用する金融機関によって「Web申込」「口座振替依頼書」のいずれかをクリック
  7. Web申込が可能な金融機関はその後画面に従って必要情報を入力、口座振替依頼書が必要な金融機関は別途口座振替依頼書をダウンロードし、必要事項を記入の上郵送

UQ WiMAXで口座振替のWeb申込が可能な金融機関は以下の通りです。

Web申込が可能な金融機関

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 一部の地方銀行
  • 一部を除く信用金庫

UQ WiMAXの口座振替の引き落とし日は、原則として毎月26日(利用月の翌月26日)です(金融機関によって異なる場合あり)。口座振替手数料は200円かかります。

なお、UQ WiMAXの口座振替は、Web申込が可能な金融機関は月末までに手続きが完了すれば翌月から、口座振替依頼書の郵送が必要な金融機関は返送から1~2カ月後から使うことができます。

手続きが完了するまでの間は、郵送されるバーコード付きの請求書を使ってコンビニ等で料金を支払います。

口座振替に指定している金融機関や口座を変更する

口座振替に指定している金融機関や口座を変更する場合の流れは、以下の通りです。

口座振替の金融機関や口座の変更

  1. my UQ WiMAXへログイン
  2. 「契約内容の確認・変更」をクリック
  3. 「ご契約案内サブメニュー」の「請求先情報照会/変更」をクリック
  4. 「請求先情報照会/変更」の「お支払い方法の変更」をクリック
  5. 「お支払い方法照会/変更」の「変更希望支払方法」で「口座振替」を選択
  6. 「口座振替の手続き方法」で、利用する金融機関によって「Web申込」「口座振替依頼書」のいずれかをクリック
  7. Web申込が可能な金融機関はその後画面に従って必要情報を入力、口座振替依頼書が必要な金融機関は別途口座振替依頼書をダウンロードし、必要事項を記入の上郵送
SIMチェンジWIFI

クレジットカードを変更する

クレジットカードのカード番号などを変更する場合の流れは、以下の通りです。

クレジットカードのカード番号などの変更

  1. my UQ WiMAXへログイン
  2. 「契約内容の確認・変更」をクリック
  3. 「ご契約案内サブメニュー」の「請求先情報照会/変更」をクリック
  4. 「請求先情報照会/変更」の「お支払い方法の変更」をクリック
  5. 「お支払い方法照会/変更」の「変更希望支払方法」で「クレジットカード」を選択して「次へ」をクリック
  6. クレジットカード番号等を入力する

WiMAXの支払い方法のQ&A

WiMAXの料金の支払方法について、よくあるQ&Aを紹介します。

なお、回答はすべてUQ WiMAXでの例です。WiMAXプロバイダは各社ごとに異なる可能性があるので、詳細は必ず各社に問い合わせてください。

Q.残高不足で引き落としできなかったらどうする?

A.翌月に「利用停止予告コンビニ払込請求書」(ハガキ)が送られてくるので、コンビニ等で料金の支払いをしてください。

口座振替の設定自体は有効なままですので、引き落としができなかった翌月の分はそのうちまた口座振替されます。コンビニで支払った料金とは別に、必ず口座には十分なお金を入れておくようにしてください。

Q.コンビニ払いの支払い期限が過ぎたらどうする?

A.「請求当月コンビニ払込請求書」「利用停止予告コンビニ払込請求書」共に、仮に支払期限が切れても翌々月の月初まで利用が可能です。

切れたことに気付いた時点で、請求書を持ってコンビニ等で料金を支払ってください。

Q.登録したクレジットカードは変更できる?

A.はい、できます

変更方法は前章の「クレジットカードを変更する」を確認してください。

口座振替ができるおすすめWiMAX

口座振替ができるおすすめのWiMAXプロバイダを3つ紹介します。

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

UQ WiMAXは、WiMAXを展開している本家本元、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するブランドです。何よりも「安心と信頼」を重視する人は、何も考えずにUQ WiMAXを選びましょう。

UQ WiMAXの料金プランは、現在のところ「ギガ放題」のみです。月額料金はずっと3,880円で、月間データ量の上限はなく、使い放題です(auのLTE回線への接続は月7GBまで)。

この料金は他のWiMAXプロバイダに比べると、決して安い料金ではありません。そのため、料金にこだわる人にUQ WiMAXはあまりおすすめできません。

また、他のWiMAXプロバイダのように、UQ WiMAXでは新規契約にあたってキャッシュバック等の特典が受けられるキャンペーンが原則として行われません。

ギガ放題プラン
3,880円

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX2+

出典:BIGLOBEWiMAX

BIGLOBE WiMAX 2+はその名が示す通り、インターネットプロバイダとしては老舗のビッグローブ株式会社が運営しています。

BIGLOBE WiMAX 2+の料金プランは「ギガ放題(1年)」のみで、月額料金は3,980円です。

料金はUQ WiMAXよりも100円高いですが、2020年6月現在、WiMAXルーターと同時申し込みでサービス開始翌月に15,000円のキャッシュバックを受けることができます。

一般的にキャッシュバックは、契約から1年後など時間が経ってから受け取れることが多いですが、BIGLOBE WiMAX 2+はサービス開始翌月という短期間で受け取れるのが嬉しいところです。

ギガ放題(1年)
3,980円

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは光回線事業などを手掛ける株式会社リンクライフが運営しています。

Broad WiMAX最大の魅力は、WiMAXプロバイダとしては月額料金が最安値級であるということです。

現在提供している料金プランは、月間データ量が使い放題の「ギガ放題プラン」と、月7GBまでの「ライトプラン」の2つがあります。

ギガ放題プランは月額4,011円のところを最大3カ月間2,726円で、その後24カ月目までは3,411円で使うことができます。ライトプランは月額3,326円のところを最大25カ月間2,726円で使うことができます。

ギガ放題プランをUQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX 2+と比べた場合、25カ月目以降の料金はBroad WiMAXが最も高くなりますが、それまでの間の料金は低く抑えることができます。

そのため、3年目以降は他社に乗り換える前提で2年間使う契約がおすすめです。

なお、2020年6月現在、専用のwebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申し込み、指定オプションに初回加入した場合、初期費用から18,857円が割引になるキャンペーンや、すべてのWiMAXルーターが0円になるキャンペーン、他社ネットサービスからの乗り換えの際の違約金を上限19,000円に負担してくれるキャンペーンなどが行われています。

多彩なキャンペーンが行われているのもBroad WiMAXの特徴といえます。

ギガ放題プランライトプラン(月7GB)
初月2,726円の日割り初月2,726円の日割り
1~2カ月目2,726円1~24カ月目2,726円
3~24カ月目3,411円
25カ月目以降4,011円25カ月目以降3,326円

Broad WiMAXを契約する!

SIMチェンジWIFI

WiMAXの料金支払方法の変更は簡単!手順を確認して気軽に変更しよう

WiMAXの料金の支払方法は、簡単に変更できます。変更方法はWiMAXプロバイダによって異なりますが、webとコールセンターの両方で対応している場合は、webを使った方が簡単かつ短時間で手続きが終了します。

それぞれの支払方法のメリット・デメリットを把握した上で、自分により合った支払方法を選ぶようにしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい