1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXレンタルサービスおすすめ7選|料金・通信速度は?何泊まで利用可能?

WiMAXレンタルサービスおすすめ7選|料金・通信速度は?何泊まで利用可能?

更新日:2020.03.10

WiMAXのレンタルでエリアや電波状況などを試せます。WiMAXのレンタルの便利な利用方法や、無料で15日間利用できるTry WiMAXの申し込み条件、申し込み方法、注意事項をまとめました。WiMAXを短期で利用したい、試したい人はぜひ使ってみましょう。

旅行・引っ越し・海外出張など、様々なシーンで役立つのがWi-Fiのレンタルサービスです。数多くの企業が提供しているだけに、何を選べばよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、サービスの特徴が大きく異なる、おすすめの5社を選出しました。それぞれの特徴・申し込み方法・返却方法について詳しく解説します。

SIMチェンジWIFI

おすすめWi-Fiレンタルプロバイダ5選|サービスやキャンペーン

ここでは、おすすめのWi-Fiレンタルプロバイダ、TryWiMAX・ReReレンタルWiFi・WiFiレンタルどっとこむ・FUJI WiFi・SPACE WiFiの5選について紹介します。

Wi-Fiレンタルサービス比較早見表

まずは5つのサービス内容を比較表にまとめました。

サービス名レンタル期間料金レンタルキャンセル可否延滞料金
TryWiMAX

15日間

無料返却期日までに返却しない場合は機器相当
ReReレンタルWiFi3泊4日4,680円(税込)発送前までキャンセル可能1日あたり100円
WiFiレンタルどっとこむ1日~長期350円~利用開始4日前まで無料でキャンセル可能自動延長になりレンタル機種の1日分が追加される
FUJI WiFi1ヶ月~2,480円~申し込み後24時間以内かつ発送前であればキャンセル可能返却期日の消印までに返却しない場合は利用料金1ヶ月分が追加される
SPACE WiFi1ヶ月~3,680円~1ヶ月レンタル後キャンセルが可能になる解約月の翌月5日以降に機器到着の場合1ヶ月分の利用料金が追加される

TryWiMAXの特徴

Wi-Fi大手、UQ WiMAXが提供するサービスで、契約前に15日間試用できるサービスです。今後Wi-Fiを導入するか検討中の方向けのサービスなので、期間終了までに機器を返却する必要があります。

ホームルーター・モバイルルーターのどちらも試せますが、利用したいときに毎回使えるサービスではありません。

TryWiMAXのレンタル利用規約には、過去にサービスの提供を受けている場合の申し込みを承諾しないことがある、と記載されています。また、海外での使用は不可です。

TryWiMAXの申し込み方法と返却方法

UQ WiMAXの店舗またはホームページから手続きします。申し込みに必要なものは、本人のクレジットカード・メールアドレス・SMS対応の電話番号またはキャリアメールアドレスです。

仮登録・必要事項の記入で申し込みが完了すると、WiMAX機器が発送されます。

なお、トライアル可能な15日間の起算日は出荷日です。気を付けなければならないのは、返却が出荷日から15日後までに行う必要がある点です。返送料はUQ WiMAXが負担してくれます。

ただし、不注意による破損や故障が生じた場合は、機器代金相当額が請求されますので、注意しましょう。

SIMチェンジWIFI

ReReレンタルWiFiの特徴

ReReレンタルは、家電・楽器・スーツケースなど幅広い商品のレンタルを行うサービスです。その1つとして、ソフトバンクのポケットWi-Fiが展開されています。

2020年1月27日時点での提供機種は、「ソフトバンク ポケットWiFi 801ZT Wi-Fi モバイルデータ通信」のみとなっており、価格は3泊4日で4,680円(税込)です。海外使用はできません。

なお、利用制限は7GBに設定されています。延長料金は1日あたり100円で、送料・返送料は無料です。

また、ReReレンタルには補償サービスがあるのも特徴です。レンタル基本料金が20,000円未満の商品については、1商品あたり1日200円の補償料金を支払うことで、免責金額が最大5,000円までとなります。

当該のポケットWi-Fiの参考販売価格は18,700円となっており、不注意による故障時に、この金額を支払う可能性があることを考えると、補償サービスを使うことで負担を軽減できます。

ReReレンタルWiFiの申し込み方法と返却方法

ReReレンタルホームページから、無料登録完了後に申し込みます。申し込みに必要なものは、クレジットカードと本人確認書類です。申し込み時にレンタル開始日を指定でき、その到着指定日から3泊4日となります。

なお、指定しない場合は、発送の翌々日がレンタル期間開始日です。レンタル最終日中に、到着時の箱または緩衝材入りの箱に梱包して配送業者へ渡せば、期限内での返却となります。配送業者は佐川急便指定です。

WiFiレンタルどっとこむの特徴

「WiFiレンタルどっとこむ」はその名の通り、Wi-Fiのレンタルに特化したサービスです。2020年1月27日現在では、ソフトバンク・auの4GLTEエリアと、UQモバイルのWiMAX2+エリアに対応した商品があります。

各端末と料金を表にまとめました。

レンタル端末のプラン対応エリアデータ制限1日あたりの価格(税抜)30泊31日の価格(1日あたりの価格に換算)(税抜)
  • ソフトバンク 501HW 無制限
  • ソフトバンク 303ZT 無制限
  • ソフトバンク E5383 無制限
ソフトバンク 4GLTE エリア無制限400円6,000円(193円)
ソフトバンク 601HW 無制限 1日1GBソフトバンク 4GLTE エリア1日1GB350円5,075円(163円)
ソフトバンク 801ZT 10GBソフトバンク 4GLTE エリア31日間10GBまで1,389円4,084円(131円)
ソフトバンク 801ZT 7GBソフトバンク 4GLTE エリア31日間7GBまで1,250円3,306円(106円)
ソフトバンク E5383 5GBソフトバンク 4GLTE エリア31日間5GBまで1,112円2,528円(81円)
ソフトバンク GlocalMeソフトバンク 4GLTE エリア無制限(国内)・海外利用時は課金400円6,000円(193円)
  • FS030W 5GB
  • USBドングル Si-L10 5GB
au 4GLTE エリア31日間5GBまで1,112円2,528円(81円)
  • WiMAX W06 無制限
  • WiMAX WX05 無制限
WiMAX2+エリア無制限(3日10GB制限)500円7,000円(225円)
WiMAX WX03 無制限WiMAX2+エリア無制限(3日10GB制限)400円6,000円(193円)

海外使用に対応した端末を取り扱っており、全国の主要空港での受取が可能なことも特徴です。その他、自宅・病院・ホテルなどでの宅配受取、コンビニ受取りから選べます。

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法と返却方法

WiFiレンタルどっとこむは、ホームページからの申し込みです。15時までの申し込みなら当日発送・最短翌日との受取りが可能で、利用日の指定もできます。

支払いはクレジットカードのみで、申し込み時にクレジットカード情報の入力が必要です。

返却時は、宅配・ポスト返却・空港での受け渡しの3種類の方法があります。宅配返却の場合、荷物追跡システム上での受付日が利用終了日です。返却手数料は利用者負担となっています。

コンビニで宅配を依頼した場合、コンビニの窓口へ受け渡した日ではなく、コンビニと提携する宅配業者の集荷日になる恐れがあるため注意しましょう。

空港返却の場合は、空港内のカウンターで返却手数料を1台500円・2台以上1,000円(税抜)を支払って返却します。

ポスト返却は、発送時に同梱されている返送用袋を使う方法で、返送手数料が1台あたり470円(税抜)がかかります。利用終了日までの翌朝8:00までがレンタル期限内です。

期限内に返却できなかった場合は自動延長で、申込時の料金体系に合わせて、延長分が翌月に請求されます。

Wifiレンタルどっとこむを契約する

FUJI WiFiの特徴

FUJI WiFiは、日本国内だけでなく世界93ヶ国に対応しているのが特徴です。また、WiMAX2+プラン以外は日数でのデータ通信量制限がなく、1日あたり3GB・3日間で10GBなどの上限を気にせずに通信できます。

Wi-Fiルーターをレンタルするプランは次の5通りです。

レンタルプランレンタル対象の端末データ通信量上限月額料金(税抜)海外での利用
快適!クラウドプランGlocalMe G3無制限3,980円
100ギガクラウドプランGlocalMe G3100GB3,480 円
50ギガプランFS030W50GB2,980 円×
25ギガプランFS030W25GB2,480 円×
WiMAX2+プラン
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
無制限(3日10GB制限)3,200 円×
7日間お試しキャンペーン機種はランダム10GB500円×

なお、「7日間お試しキャンペーン」以外は、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の長期利用で申し込むと、上表の月額料金よりも、1ヶ月あたりの相当額が割引になります。

FUJI WiFiの申し込み方法と返却方法

ホームページから24時間申し込みできます。申し込みには、本人確認書類が必要ですが、クレジットカードは必須ではありません。

クレジットカード不要の決済サービス「atone(アトネ)」を利用できます。atoneの支払い方法は、コンビニでの現金支払いか、口座振替の2通りです。

本人確認審査に必要な期間を含め、申し込んでから2営業日以内を目安に機器が発送されます。マイページからプラン変更・解約申請が可能です。

返却するときは、マイページから解約申請を行い、郵便または宅配便で返却します。それから、マイページで返却の追跡番号を登録したら完了です。当月での解約は、当月15日までとなっています。

また、返却期日は解約翌月の3日まで、なおかつ解約月以降の利用が100MB以上ではないことが条件です。それを超えると、1ヶ月分の利用料金が追加請求されます。

SPACE WiFiの特徴

SPACE WiFiは、近年注目を集める民泊関連のサイト・窓口を運営するスペースエージェントが、民泊ホストがWi-Fiを設置する際に役立てることを目的に提供しているサービスです。

ソフトバンク 4G LTE対応のPocket WiFi 801ZT、またはWiMAX2+対応のSpeed Wi-Fi NEXT W04のどちらかがランダムで届きます。電波状況など特殊な事情がなければ指定不可で、接続可能台数はどちらも10台です。

月額料金は3,680円(税抜)、任意加入の端末補償料金が月額500円(税抜)となっています。通信制限は、WiMAXが3日で10GB使用すると6時間の制限、ソフトバンクが1日3GBで当日制限です。

キャリア携帯とは別にWi-FiまたはWiMAXを契約するのであれば、安価に使用できるレンタルサービスです。ただし、任意加入の補償を使用しない場合、故障・紛失時の支払金が40,000円と高めに設定されています。

SPACE WiFiの申し込み方法と返却方法

民泊ホストではない個人でも利用できます。ホームページの申し込み入力フォームから手続きでき、クレジットカードまたは口座振替で支払可能です。

気を付けなければならない点は、申込み時のエリア確認は事前に自分で行わなければならないことです。事情を説明しなければ商品がランダムに届いてしまいますが、発送後のキャンセルは不可となっています。

それでも端末交換する場合、交換時送料1,000円と返送時の送料が必要になります。

返却する際は、先に解約申請が必要です。解約申請した月の翌月末が解約月となり、解約月の5日までにレンタル機器が届くように返送しなければなりません。5日以降になった場合は1ヶ月分の料金が発生します。

月額料金の安さなら「FUJI WiFi」

FUJI WiFiは、25GBまでのプランを月額2,480円で利用できます。100GB3,480円のプランでも他4社よりは安く、データ無制限でも3,980円と手ごろな価格です。

環境や利用状況とマッチするかを試せる、7日間500円のキャンペーンがあるのも、良心的といえます。

短期利用なら「WiFiレンタルどっとこむ」

数日間の旅行や引っ越し時のつなぎなど、短期で利用するなら「WiFiレンタルどっとこむ」です。1日あたり350円から利用できるWi-Fi端末があります。

また、選べるキャリア・Wi-Fi端末の幅が広く、使用中のスマートフォンやその他デバイスに合ったものを利用でるのもポイントです。

Wifiレンタルどっとこむを契約する

長期利用なら「FUJI WiFi」「SPACE WiFi」

「FUJI WiFi」と「SPACE WiFi」は1ヶ月以上の長期利用が前提で、返却日が決まっているわけではありません。解約が必要になる点を含めて、キャリア契約に似ています。

毎回契約更新をする手間がかからず自動更新になるため、長期利用が目的なら、この2社がおすすめです。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiレンタルはどういう人におすすめ?

Wi-Fiは長期本契約ではなく、レンタルを利用したほうがお得なケースがあります。一例として、次のような場合におすすめです。

海外旅行や海外出張のWi-Fiが必要な人

現在は多くの人がスマホなどの情報端末を持っており、既に各キャリアまたはプロバイダと契約しています。また、データ通信量が多く、Wi-Fiが必須であれば長期契約をしているでしょう。

しかし、海外旅行・海外出張になると、既存の回線は使用できなくなってしまいます。各キャリアのサービスで海外使用モードも追加できますが、割高なものが多めです。

そんなとき、旅行・出張分の日数に合わせた短期利用、海外使用ができるWi-Fiレンタルは最適なサービスです。

空港での受け渡しが可能な業者もあるため、今回紹介した「WiFiレンタルどっとこむ」などを利用してみましょう。

Wifiレンタルどっとこむを契約する

お試しでWi-Fiを使ってみたい人

今回紹介した5つのサービスの内、完全無料なのはTryWiMAXのみです。UQ WiMAXとの本契約前のトライアル用という位置づけだからこそのサービスですが、十分な日数を試用できます。

利便性・通信速度・つながりやすさなど、気になることを確認してから契約できるのはメリットです。また、実際に使ってみることで、自身の生活にWi-Fiが必要かどうかも判断できるでしょう。

自分に合うWi-Fiレンタルサービスを選ぼう

Wi-Fiプロバイダを5つ紹介してきました。どのサービス・プランにも一長一短あり、自分の利用方法・目的と合致したものを選ぶことが大切です。

まずWi-Fiの利便性を知りないなら「TryWiMAX」、旅行用なら「ReReレンタルWiFi」や「WiFiレンタルどっとこむ」、のように使い分けてもよいでしょう。

あるいは、使ってみたい端末を取り扱うレンタルサービスから選ぶのも、手段の1つです。自分に合っていると思えば、各キャリア・プロバイダとの長期本契約をする際に役立ちます。

SHARE!!

あわせて読みたい