1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2019年12月】WiMAXのおすすめプロバイダ・おすすめのルーターを紹介

【2019年12月】WiMAXのおすすめプロバイダ・おすすめのルーターを紹介

更新日:2019.12.03

WiMAXは持ち運びが可能な無線のインターネットで、しかもルーターさえあれば、回線工事をしなくてもすぐに利用することができます。ここではプロバイダ選びに失敗しないためにも、おすすめのプロバイダやルーターについて詳しく解説していきます。

WiMAXを検討する際どのプロバイダを選べば良いのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

基本的にWiMAXは、どのプロバイダを選んでも性能に違いはありません。しかし、各プロバイダによって料金体系やサービスの仕様、およびサポート体制も変わってきます。

ここでは、自分に合った最適なWiMAXのプロバイダを選ぶためにも、様々なおすすめポイントについて詳しく紹介します。さらに、WiMAXの利用をおすすめできない人の特徴についても併せて解説していきますので、WiMAXを検討する際の参考にしてみて下さい。

WiMAXをおすすめする理由

WiMAXがおすすめな理由として、まず固定回線とは異なり自分が好きな場所でインターネットを楽しむことができる点があげられます。さらに工事が不要なので、すぐに開通できるというメリットがあります。

このほかにもおすすめの理由がいくつかありますので、併せて見ていきましょう。

いつでもどこでもインターネットが楽しめる

自宅でインターネットを楽しむ場合、「固定回線のほうが安定するのでは?」と思う人もいるのではないでしょうか。しかし、WiMAXは外出先はもちろん、自宅でも快適にインターネットを楽しむことが可能です。

このWiMAXを利用するには「ルーター」が必要になりますが、ルーター自体はコンパクトで持ち運びやすいので、外出先や移動中でも動画再生はもちろん音楽のダウンロードも快適に行えるでしょう。

また、WiMAXが使えるエリアの範囲は人口カバー率が99%以上とされており、日本全国ほとんどの地域で利用することができます。ただし、場所によっては利用できない地域があるほか、地下や室内などエリアによっては繋がりにくくなることは否定できません。

そのため、まずは申し込む前に公式サイトから利用可能エリアをチェックしておきましょう。

SIMチェンジWIFI

ルーター1台に多くの端末を接続できる

WiMAXならルーター1台でスマートフォンやノートパソコン、タブレットなど様々な端末に接続が可能です。また、ルーターの種類によって接続できる端末の制限台数は異なりますが、およそ14~40台の端末を接続できるのがほとんどです。

最近ではスマートフォンやパソコン以外にも冷蔵庫や電子レンジ・エアコンなどをネット接続して使用する商品も増えつつあるので、できれば多く端末を接続できるルーターを選びましょう。

さらに、WiMAXに複数の端末を繋げてもオプションに加入する必要がないことから、不要な課金が発生しません。ただし、接続台数が増えるたびに通信速度は遅くなり、速度制限にかかりやすくなるので注意しましょう。

工事が不要ですぐに開通できる

自宅に光回線やネット回線を繋ぐには工事を行う必要があるため、作業員の日程や混み具合によっては申し込んでから数週間後ほどかかるというケースも少なくありません。

その反面、WiMAXなら工事を必要としないので、ルーターが届いたその日からインターネットに接続できるというメリットがあります。ただし、購入を希望する機種のWiMAXが在庫切れの場合には、取り寄せるために時間が掛かってしまいますので注意しましょう。

また、解約時も工事をする必要がなくルーターを返却するだけでよいので、最初から最後まで手続きがスムーズに行えるというメリットがあります。

通信制限がほとんどない

ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアのLTEには通信制限が契約内容によって設定されているため、制限を越えると規制がかかります。現在ではWiMAXを利用している約9割の人が「月間データ通信量無制限のギガ放題プラン」に加入していますが、このプランでは3日間で10GBを越えない限り、制限がかかることはありません

無制限なのに上記の規定が設けられている理由として、一部のユーザーが過剰にデータ通信を利用すると他のユーザーも混雑の影響を受けてしまう可能性があります。そのため、WiMAXを快適に利用することを目的として、速度制限が設けられています。

一般的な目安として、1時間ほど動画を視聴すると約1GBを消費すると言われています。つまり、毎日3時間以上、動画を3日間連続で視聴すると制限が掛かりますので、目安として知っておくと良いでしょう。

WiMAXのプロバイダを選ぶときのポイント

WiMAXプロバイダのメインはCMなどでお馴染みの「UQモバイル」ですが、この他にもWiMAXを提供しているプロバイダが20社以上あります。ここでは、WiMAXを選ぶ際に抑えておきたいポイントについてまとめてみました。

以上のことに注意しながら、自分に合う最適なプロバイダを探してみましょう。

キャッシュバックを含めた実質料金が安いか

WiMAXのプロバイダには約20社以上のサービス提供会社があり、定期的にお得なキャンペーンなどを実施していますが、その内容はそれぞれ異なります。

たとえばモバイルルーターの初期費用が0円であったり、ゲーム機またはタブレットがもらえるほか、月額料金が安くなるなど多岐に渡ることから、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

そこでまず確認しておきたいのは、キャッシュバックがいつ受け取れるかということです。このキャッシュバックが付与される期間は、各プロバイダよって1年後や半年後など設定が異なります。

そのため、受け取り時期が長くなるとキャッシュバックの事を忘れてしまうかもしれません。まずは損をしないためにも、できればキャッシュバック受け取りまでの期間が短いプロバイダを選ぶようにしましょう。

また、毎月の費用を安く抑えるコツとして、月額料金にキャッシュバックやキャンペーン料金を含めた実質料金が安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

サービスの仕様が分かりやすいか

大手老舗のプロバイダを利用した場合、サービスの仕様が複雑で分かりづらいというデメリットがあります。この理由として、老舗プロバイダはWiMAXに限らず、光回線や格安SIM・ADSLなども取り扱っているからです。

そのため、安易に大手の老舗プロバイダを選ぶよりも、IDやパスワードの取り扱い方法および、WiMAX以外のサービス内容の分かりやすさに定評があるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

サポート体制がしっかりしているか

各プロバイダでは、それぞれ電話やメールでのお問い合わせに対し独自のサポートを提供しています。そのため、WiMAXのプロバイダを選ぶときのポイントとして「電話の繋がりやすさ」や「メールの返信の早さ」でサポート体制の対応力を比較すると良いでしょう。

通常、電話とメールの両方に対応しているプロバイダがほとんどですが、メールしか対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。電話の際サポートがしっかりしているプロバイダなら、電話を掛けると10分以内には返信があります。

これに対し、返信に1時間以上かかるプロバイダは総じてサポートが良くない傾向にあるので、目安として覚えておきましょう。

WiMAXと契約するときにおすすめのプロバイダ

WiMAXのプロバイダは約20社以上あるため、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。ここではWiMAXを選ぶ際に失敗しないためにも、おすすめのプロバイダをいくつか紹介しますので参考にしてみて下さい。

BroadWiMAX

出典:BroadWiMAX

ほとんどのプロバイダが月額費用を高めに設定し、キャッシュバックで値引きをしているのに対して、BroadWiMAX月額費用自体を安くしていることから、シンプルで分かりやすいのが特徴です。

ギガ放題プラン(月額)ライトプラン(月額)
1~2カ月目:2,726円1カ月から24カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円25カ月目以降:3,326円
25カ月目以降:4,011円

料金プランにはギガ放題プランとライトプランの2種類ありますが、このうち約9割の人がギガ放題プランに加入しています。通常、初期費用として20,000円が必要ですが、サポートオプションに加入すれば無料になるのでうまく活用しましょう。

Broad WiMAXを契約する!

GMO とくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOインターネット株式会社が提供しているプロバイダがGMOとくとくBBです。加入条件としてインターネットを繋ぐ「光回線」が仲介役となっているため、同時に入会しなければなりません。

ギガ放題プラン(月額)7GBプラン(月額)
1~2カ月目:3,609円1~24カ月目:3,609円
3~24カ月目:4,263円25カ月目以降:3,609円
25カ月目以降:4,263円

このほか、ギガ放題プランの場合3年間利用すると平均月額料金が3,425円とお得になるほか、最大で31,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンがあります。

また、GMOとくとくBBは一番高いルーターを無料でレンタルできることや、通常は解約後にルーターを返却する必要がありますが、3年間使い続けるとルーターをもらえるという特典があります。

GMOとくとくBBを契約する!

JPWiMAX

2018年にサービスを開始し、フォン・ジャパン株式会社が提供しているプロバイダです。月額料金は3,500円ですが、キャンペーンを利用すると3年間での平均月額料金は約3,465円となります

また、入会特典として総額約10,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるため、実質3カ月目までは利用料金がかかりません。

さらに他のプロバイダの場合、キャッシュバックを受けるには半年から1年ほどかかりますが、JPWiMAXなら契約したその日にキャッシュバックが受け取れるのが特徴です。

BIGLOBE WiMAX

出典:BIGLOBEWiMAX

ビッグローブ株式会社が提供するプロバイダ「BIGLOBE WiMAX 2+」はauやUQ WiMAXと同じく、KDDIグループの1つです。

BIGLOBE WiMAX 2+はほとんどのプロバイダがクレジット払い限定なのに対し、口座振替にも対応しているのでクレジット払いに抵抗がある人はチェックしておきましょう。

また、BIGLOBE WiMAX 2+の料金プランにはギガ放題(1年)があり、毎月3,980円の料金に加え、月間のデータ通信量に制限がありません。ただし、混雑を回避するために3日間で10GB以上利用した場合、速度制限されることがあるので注意しましょう。

2019年10月1日~2019年12月1日までの期間中、サービス開始から翌月に10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。

BIGLOBEWiMAXを契約する!

WiMAXのルーターの選び方

WiMAXを利用には、まずルーターを購入しなければなりません。ルーターとは自宅やオフィスなどにネットワーク接続する機器のことをいいます。

インターネットを快適に楽しむためには、通信速度が速いものや繋がりやすさを重視したルータを選びましょう。

通信速度が速い

ルーターを選ぶ際に最も重要なのは通信速度の速さですが、機種によって大きく変わってきます。この通信速度を調べるには「下り最大通信速度」と「上り最大通信速度」があります。

下り最大通信速度とはダウンロードの速さのことをいい、WEBサイトやアプリをいかに速く表示できるかを調べる項目のことをいいます。上り最大通信速度はアップロードの速さを測る目安とされ、メールの送信やSNSを利用する際に影響する項目のことをいいます。

もちろん、どちらも数値が高いルーターを選んだほうが良いのですが、とくに「下り最大通信速度」を比較して速度が速いものを選ぶと良いでしょう。

繋がりやすい

WiMAXのルーターを快適に利用するためには、繋がりやすいものを選ぶのがポイントの1つです。さまざまなルーターの種類の中でも「W06」には高性能ハイモードアンテナやTXビームフォーミングなど、繋がりやすさを向上させる機能が付いているのでチェックしておきましょう。

WiMAXに対応しているおすすめ機種

ルーターには様々な種類がありますが、WiMAXに対応している機種のうち、高速通信が可能で繋がりやすいものを選ぶのがおすすめです。ここでは快適にインターネットを楽しむためにも、高速通信に対応したルーターをいくつか紹介します

Speed Wi-Fi NEXT W06

2019年1月に発売された最も新しい機種で重量が125gと軽量なため持ち運びやすいことから、自宅に限らず外出先でもWi-Fiが楽しめます。

また、WiMAXのルーターの中でも初めて下り最大1.2Gbpsと、理論値がギガを越えるようになりました。さらに電波を集中して効率化することでWi-Fi通信を高速化する「Wi-Fiビームフォーミング機能」が搭載されているため、より快適にインターネットを利用できることでしょう。

SIMチェンジWIFI

Speed Wi-Fi NEXT W05

Huaweiから発売されたルーターで、性能は下りの最大が758Mbps、上りの最大は112.5Mbpsとなっています。W05はデザインがスリムなので、ポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。

バッテリーの持ち時間はノーマルモードなら充電しなくても約9時間使用することができますが、セーブモードに切り替えることで約10.5時間使うことができます。

Speed Wi-Fi NEXT W05は、インターネットを閲覧する程度なら通信速度に問題ありません。しかし、オンラインゲームをする場合はサーバーの応答が遅くなる可能性があるので注意しましょう。

Speed Wi-Fi HOME L02

持ち歩きが可能なポケットWi-Fiと異なり、自宅やオフィスなどで利用する「据え置き型」のルーター端末です。Speed Wi-Fi HOME L02はエリアによっては、下りの最大が1.2GbpsとW06と並び、ギガスピードを実現しました。

また、コンセントに繋げば高速でインターネットを楽しめるほか、4Kなどの高画質動画を楽しむことができます。さらに360度全方位をカバーする4本の高感度アンテナが搭載されているため、部屋中どこにいてもインターネットを快適に利用できるでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L01S

Speed Wi-Fi HOME L01Sは据え置き型タイプで、世界的にシェアを伸ばしているHuaweiが製造元です。デザインは円柱タイプのシンプルでお洒落な仕様となっているため、女性やインテリアにこだわる人はチェックしておきましょう。

また、コンセントに繋ぐだけで高速インターネットが楽しめるほか、最大約40台のデバイスとの接続が可能です。

WiMAXで気軽にインターネットを楽しもう

WiMAXは自宅ではもちろん、外出先でもインターネットが楽しめます。特にプロバイダを選ぶ際に失敗しないためにも実質料金が安いことや、サポート体制がしっかりしているか事前にチェックしておきましょう。

もちろん、すべての人にメリットがあるわけではありません。たとえばオンラインゲームを中心に利用する人や、月に15GB以上のデータ容量を使わない場合はデメリットとなる場合があるので、他の回線を選ぶことをおすすめします。

また、インターネットを快適に楽しむためには、高速通信に対応したルーターを選ぶことが重要となりますので、まずは自分のライフスタイルに合う最適なルーターを探してみましょう。

SHARE!!