1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの無制限プランを契約|注意点・通信制限を解説!おすすめ人気プロバイダを比較

WiMAXの無制限プランを契約|注意点・通信制限を解説!おすすめ人気プロバイダを比較

更新日:2020.07.02

外出時の通信にも、自宅で固定回線代わりにも利用できるサービス・WiMAX。 WiMAXでは、制限なしでいくらでも通信ができるということが非常に魅力的でした。 現在はWiMAX2+という新しいサービスが展開されています。この記事では、現在のWiMAXにはどんな制限やメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

固定回線としてもモバイルWiFiとしても活用できるWiMAXですが「無制限で使えるって本当?」「公式とプロバイダ、どっちがお得?」といった疑問から契約をするのに不安を抱える人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな疑問を解決して、お得にWiMAXを使えるように、次の3点を中心に解説します。

  • 無制限プランは実際どのくらい使うと速度制限にかかるのか
  • 大手5社のプロバイダ同士でプランを比較
  • ギガ放題プランを使うときのポイント

WiMAXがいくらお得でも、自分にとって合わないプランを選ぶと損をする可能性があります。

SIMチェンジWIFI

WiMAXの特徴

家でも外でも気軽にネットが使えるWiMAXは、光回線のように工事をする必要のないモバイル通信サービスです。

簡単にまとめると、次の5つの特徴があります。

中でもお得な「ギガ放題プラン」は、他のモバイル通信サービスと比較しても、かなり緩い通信速度制限しかかかりません。

またUQコミュニケーションズのUQモバイルでスマホを契約している人は、月々の料金をよりお得です。

WiMAXには2つのプランがある

現在、WiMAXでは次の2つのプランが主に展開されています。

7GBプラン

7GBプランは簡単にいうと「1ヶ月のネット利用が7GB以下なら快適に使えるプラン」です。

ギガ放題プランに比べると料金はお得ですが、一度速度制限にかかると月末まで解除されません。

普段から「メールやホームページくらいしか使わない」「YouTubeやSNSを使わない」という使用量が少ない人向きのプランです。

SIMチェンジWIFI

ギガ放題プラン

WiMAXのギガ放題プランは簡単にいうと「3日間で合計10GB以上使わなければ、通信速度制限がかからない無制限プラン」です。

UQWiMAXの場合、月額料金は3,880円で、3日間で合計10GB利用すると速度制限がかかる点を除けば、データ使い放題です。

さらに速度制限も一時的なもので、2~3日使用を控えれば簡単に解除されます。

WiMAXの無制限プランは嘘?

ギガ放題プランの特徴を見ると「速度制限がかかるし、無制限じゃないのか」と思う人もいるかもしれません。

確かに公式サイトでも、WiMAXのギガ放題プランは直近3日間合計で10GB以上使うと、翌日の18時から26時の間のみ制限がかかってしまうと明記されています。

しかし制限中の通信速度は、公式サイトでは1Mbps程度、実測値では6Mbpsになることもあり「YouTubeを標準再生で見てもとくに不便のない速度」といえます。

また携帯電話の通信制限のように、解除料金や追加の支払いが必要になるわけではありません。

つまり普通にYouTubeの動画を見たりSNSに使う分には、WiMAXは速度制限がかかっても支障がないのです。

こうした点も含め、無制限で通信可能なお得なモバイル通信サービスといえます。

無制限プランで速度制限がかかるケース

無制限プランを最大限お得に使うには、速度制限がかかる使い方を避けることが大切です。ここでは避けたい2つのケースを解説します。

3日間で10GB以上使用した場合

前日までの直近3日間で、WiMAXを合計10GB以上利用した場合に速度制限が発生します。

具体的に10GBがどのくらい使えるのか知りたい人は、以下の表を参考にしてください。

データ量10GBでできる数量
メール0.4MB約333,000通
ウェブサイトの閲覧300KB約50時間
動画サイト(標準画質)5分程度17.5MB約570回(約47時間)
動画サイト(高画質)5分程度30MB約280回(約25時間)
音楽のダウンロード(1曲4分程度)4MB2,500曲

簡単にいえば、毎日YouTubeを2時間見て、Twitterなどを1時間以上使っても、3日間で10GBに届くことはほとんどありません。

またデータのアップロードやダウンロードに注意すれば、PS4やPCゲームも遊べます。

反対に、毎日のように2時間以上ある映画をストリーミング再生したい人には不向きです。

データ容量の大きいPS4ゲームを長時間やる人は、速度制限にかかる可能性だけでなく、プレイ時の速度にストレスが溜まることも多いため、光回線がおすすめです。

ハイスピードプラスエリアモードで7GB使用した場合

ハイスピードプラスエリアモードとは、LTE回線という地下鉄や地下街、地方や山間など、電波が届きにくいエリアまで網羅したモードです。

これはauが提供する「4G LTE通信」を利用したモードで、通常はハイスピードモードが使用されています。

切り替えはルーターから直接行えるため、回線速度が落ちたときに切り替えて使うことができます。

しかし、1度ONにするとその瞬間から「ハイスピードプラスエリアモードを月間で7GB以上利用したら速度制限がかかる」というLTEオプションの決まりが適用されてしまいます。

切り替えたら、必ず戻しましょう。

プロバイダ別WiMAX無制限プランの価格を比較

プロバイダとは、WiMAXを販売する代理店のことです。

サービスや通信速度そのものは変わりませんが、プロバイダごとに広告方法なども違うことから、実際は月額料金やオプション、解約手続きなどが異なります。

トータルの費用もプロバイダの選び方で変わるため、しっかり比較した方が断然お得です。

ここではプロバイダ大手5社のプランについて、7GBと無制限それぞれと、LTEオプションの有無について比較します。

プロバイダ名7GBプランの料金無制限プランの料金LTEオプションの有無
カシモWiMAX
  • 契約初月は0円
  • 1ヶ月は1,380円
  • 2~24ヶ月目までは2,880円
  • 25ヶ月目以降は3,379円
  • 契約初月は0円
  • 1ヶ月目は1,380円
  • 2~24ヶ月目までは3,480円
  • 25ヶ月目以降は4,079円
あり(月1,005円
UQ WiMAX無し3,880円あり(月1,005円)
BIGLOBE WiMAX2+無し
  • 契約月は0円
  • 1~3ヶ月目は2,980円
  • 4ヶ月目以降は3,980円
あり(月1,005円)
GMO とくとく BB
  • 契約月は月額2,170円の日割り
  • 1~2ヶ月目は2,170円
  • 3~36ヶ月目は2,690円
  • 37ヶ月目以降は3,609円
  • 契約月は月額2,170円の日割り
  • 1~2ヶ月目は2,170円
  • 3~36ヶ月目は3,480円
  • 37ヶ月目以降は4,263円
あり(無料)
Broad WiMAX
  • 契約初月は2,726円の日割り
  • 1~24ヶ月目までは2,726円
  • 25ヶ月目以降は3,326円
  • 契約初月は2,726円の日割り
  • 1~2ヶ月目までは2,726円
  • 3~24ヶ月目までは3,411円
  • 25ヶ月目以降は4,011円
あり(無料)

カシモWiMAX

カシモWiMAXの特徴
は、最新のルーターが使える点と1380円~という最安級の月額料金です。

カシモWiMAXの料金

カシモWiMAXでは「7GBプラン」も「無制限プラン」も、契約初月は0円で利用できます。契約してから36ヶ月目まで、月額料金が段階的に値引きされるのが特徴です。

オプションとしてLTEを使った場合は、月1,005円別途発生します。

キャッシュバックキャンペーンなどはありませんが、月額料金に関しては業界でも最安値水準のプロバイダです。

カシモWiMAXのキャンペーン

カシモWiMAXが行っているキャンペーンは、次の2つです。

  • 最安プランなら初月月額料金無料キャンペーン
  • ルーター代金、送料が無料キャンペーン

ルーター代金はおよそ20,000円お得になるほか、最新のルーターでも同様に無料です。

カシモWiMAXの口コミ・評判

さらにカシモWiMAXの口コミをチェックすると、次のような評判が見られました。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQWiMAX

UQモバイルでスマホを契約中の人や、公式ならではの安心感を重視している人におすすめの、UQコミュニケーションズ社が展開するサービスです。

UQWiMAXの料金

各WiMAXの運営元であるUQWiMAXは、契約している間は料金の値上げなく月額3,880円で利用できます。

UQモバイルでスマホを契約している場合は、1ヶ月のスマホ料金を毎月300円割引してもらえるウルトラギガMAXに加入できるのも特徴です。

サポート関連のオプションも豊富で、ルーターが故障・紛失・水濡れした場合などに保証してもらえるルーター保証サービスも月額380円で利用できます。

UQWiMAXのキャンペーン

UQWiMAXのキャンペーンは、次の2つです。

  • WiMAX 2+契約者限定で一律15,000円で最新ルーターへ機種変更
  • auスマートバリューmine加入者ならLTEオプション永年無料

現時点ではキャッシュバックキャンペーンはありませんが、安心感や対応の素早さを重視するならUQWiMAXがおすすめです。

UQWiMAXの口コミ・評判

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBEWiMAX

短期間だけWiMAXを使いたい人やクレジットカードを持っていない人におすすめなのが、BIGLOBEWiMAXです。

ギガ放題の契約は3年間の縛りがあるプランが多い中、1年ごと更新できます。

BIGLOBEWiMAXの料金

サービス開始月は0円、翌月から3ヶ月目までは2,980円、4ヶ月目以降は3,980円で1年ごと契約更新が行われます。

また解約したい場合も、1年以内であっても解約料金は1,000円と格安、2年目以降は不要です。キャッシュバックが7,000円あることを考えると、1年だけ使いたい人にとっては最もお得なプロバイダです。

またauのスマホやUQモバイルの格安スマホを利用している人に対し、月額料金がお得になるプランも用意されています。

口座振替に対応しているため、クレジットカードがない人でも契約可能です。

BIGLOBEWiMAXのキャンペーン

BIGLOBEWiMAXの実施しているキャンペーンは、次の2つです。

  • 月額料金をサービス開始の翌月から3ヶ月目まで1,000円値引き
  • ルーターを同時に申し込んだ際にサービス開始の翌月に7,000円キャッシュバック

ルーターについては、19,200円が初回にかかりますが、サービス開始の翌月に7,000円がキャッシュバックされるため、実質12,200円で購入可能です。

BIGLOBEWiMAXの口コミ・評判

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、キャッシュバックも含めてお得に契約したい人におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの料金

利用開始月は日割り計算、さらに1~2ヶ月目からは月額2,170円、3~36ヶ月目は3,480円です。

LTEオプションは無料で使えるため、万が一ハイスピードプラスエリアモードに切り替えても月額料金が高くなることはありません。

またGMOとくとくBBでは、20日以内なら解約違約金無料でキャンセルできます。

たとえば「利用エリアは対象だけど実際の通信速度が心配」「使ってみてから考えたい」という人でも、気兼ねなく使えます。

GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOとくとくBBのキャンペーンは、次の4つです。

  • ルーター機種代無料
  • 月額料金値引き
  • LTEオプション無料
  • 2,000円キャッシュバック

これらのキャンペーンをトータルすると、3年間合計で最大88,988円お得になります。

また2020年1月31日金曜日までの期間であれば、契約ルーターに応じて最大「31,500円」がキャッシュバックされるキャンペーンも実施中です。

このキャンペーンについては、月単位で微妙に値段が変動したり、申し込むルーターに応じて異なったりするため、その時々で公式サイトをチェックするのが確実です。

GMOとくとくBBの口コミ・評判

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

BroadWiMAX

株式会社リンクライフが運営する、他社のインターネットサービスから乗り換えたい人におすすめのプロバイダです。

BroadWiMAXの料金

ギガ放題プランなら、契約開始月は日割り計算、1~2ヶ月目は2,726円、3~24ヶ月目までは3,411円、25ヶ月目以降は4,011円(税込)で契約できます。

支払い方法はクレジットカードと口座振替の2通りです。

ただし、口座振替の場合はauスマホ割引プランが利用できないこと、またキャッシュバックやキャンペーンが利用できない点に注意が必要です。

BroadWiMAXのキャンペーン

BroadWiMAXのキャンペーンは、次の3つです。

  • Webお申込み&クレジットカード払い&オプション加入で初期費用18,857円が無料
  • 全ルーター無料
  • 他社から乗り換えた際の違約金を負担

初期費用無料キャンペーンは、有料オプションへの加入が条件となりますが、商品到着後であればサポートサイトでいつでも解約できます。

他社からの乗り換えについては、契約解除料を最大で19,000円までBroadWiMAXが負担してくれます。

WiMAXだけでなく、ADSLや光回線、ケーブルTVなどすべてのインターネット回線が対象となるため、固定回線からWiMAXに切り替えたい人にもおすすめです。

BroadWiMAXの口コミ・評判

Broad WiMAXを契約する!

3日で10GBをこえないように上手に使用する方法

せっかく無制限プランを選んでも、3日で10GBを超えると速度制限がかかります。

10GBを超えないように利用するために、おさえたい3つのポイントを紹介します。

通信量を確認しながら利用する

ルーターのホーム画面や、専用アプリを使用すると通信量がすぐにわかります。

ちなみに通信量のカウンターはルーターにもよりますが、3日単位で表示させることも可能です。

3日単位で表示させると、前日からの増減がわかるため、速度制限にかからないように調整しやすくなります。

通信量A通信量B
1日目3GB3GB
2日目3GB3GB
3日目5GB3GB
4日目3GB3GB
速度制限かかるかからない

表のように、連続した3日間の合計が10GBになるかどうかで速度制限がかかるかどうかが決まります。

10GBになりそうだったら、通信を控えたり、無料WiFiを利用したりして、速度制限にかからないように通信量を抑えましょう。

LTEオプションの使いすぎに注意する

もっとも注意したいのが「LTEオプションを1ヶ月に7GB以上使う」と「128kbpsの速度制限がかかる」ということです。

WiMAXでは「ハイスピードプラスエリアモード」というモードに切り替えることで、自動的にLTEオプションを使用したことになってしまいます。

またプロバイダにもよりますが、利用すると1ヶ月あたり1,005円と追加料金が発生してしまうのも注意したい理由です。

3日間で10GBを超えていなくても、ハイスピードプラスエリアモードでの通信が1ヶ月で7GBを超えてしまうとより遅い速度制限がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合は、こまめに通信を切り替えることが大切です。

データを多く使うときの時間帯に注意

一般的に、夜間はインターネットを使う人が増えるため、回線が混雑し速度が低下しやすい時間帯です。

アプリのダウンロードデータなど、データ量が多い通信をするときは混雑していない時間の方おすすめです。

比較的早くダウンロードできるだけでなく、通信不安定による失敗も減ります。

回線の混雑はアプリやサイトの利用者数も関係するため、混雑しそうな時はあえて避けるのも通信量を抑えるコツです。

WiMAXの無制限プランにおすすめのWiFiルーター

プランとプロバイダが決まったら、次に選びたいのがWiFiルーターです。ここではおすすめのWiFiルーターを4つ紹介します。

新発売のNEXTWX06

WiMAXのモバイルルーターとしては、初めて2.4GHzと5GHzを同時利用ができる最新の機種です。

最大で16台までルーターを接続でき、それぞれが干渉しないように自動的に周波数を選択するバンドステアリング機能が搭載されています。

WiFi接続はQRコードをスマホで読み込むだけで行えるため、複雑な設定は不要です。

またホーム画面では3日間のデータ通信量と、ハイスピードプラスエリアモードの月間通信量を、それぞれグラフと数字で把握できます。

SIMチェンジWIFI

速度が速いNEXTW06

前述のNEXTWX06の1世代前の機種ですが、USB接続をクリアしたうえで、既定の地域内であれば下り速度最大1.2Gpbsが理論値として産出されています。

また接続ルーターとの通信を向上させる、ビームフォーミング機能が搭載されています。

室内のように壁が多い場所でも、安定した速度で通信が期待できるルーターです。

新発売のWiMAXHOME02

2020年1月下旬より発売が開始された、ホームルーターです。

ホームルーターとは、開通工事不要で使える、自宅向けのインターネット環境を作るルーターのことです。

前機種のHOME001よりも水平方向の電波を拾いやすく、繋がりやすくなっています。

またWX06と同じく2.4GHzと5GHzを同時利用でき、バンドステアリング機能で自動で最適な周波数を選択してくれるのも特徴です。

スマホの専用アプリでデータ通信量や電波の状態が確認できるほか、Alexa搭載のスピーカー経由でも確認できます。

速度が速いSppedWiFi HOMEL02

設置型のホームルーターであり、同時に40台まで接続可能です。

モバイルルーターに比べると速度は同じでも、複数接続時の速度低下を防げるのが特徴です。

また高感度アンテナ4本配置のビームフォーミング搭載により、安定した通信が期待できます。

コンセントを差すだけで使えるため、モバイルルーターの設定も分かりづらくて避けたい人にもおすすめです。

WiMAXの速度制限にかからないような使い方を

WiMAXはauの回線を利用しているため、ベースとなる通信の速度やエリアはauのスマホと同じです。

またどのプロバイダを選んでも、速度制限がかかる条件は同じです。

3日間の合計が10GBを超えた場合や、ハイスピードプラスエリアモードで1ヶ月で7GBを超えた場合は、必ず速度制限がかかります。

これからWiMAXを選ぶ人は、日ごろ、どのくらい通信量を利用しているかチェックしてみましょう。

現在WiMAXを使っている人は、夜間は余計な通信をしないようにルーターを切ってしまうのも1つの方法です。

今回紹介した速度制限にかからないような使い方を参考に、快適にWiMAXを利用しましょう。

SHARE!!