1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの速度制限解除がされないと思ったら試すべき3つのこと

WiMAXの速度制限解除がされないと思ったら試すべき3つのこと

高速通信が楽しめるWiMAXですが、LTE通信などと同様に速度制限が設けられていることをご存知ですか?今回はそんなWiMAXの速度制限について、制限される条件や解除方法について解説していきます。速度制限の条件を知っておけば、さらにWiMAXを快適に使えること間違いなし!

WiMAXのプランは、月のデータ使用量によって制限がかかるノーマルプランと、月のデータ使用量の制限のないギガ放題プランの2つに分かれています。ギガ放題の場合は月のデータ使用量の制限がないと言っても、混雑緩和のための制限が発生することがあるので注意が必要です。今回はWiMAXの速度制限がかかってしまったときのために、どうしたら解除されるのか、解除のためにするべきことがあるのかチェックしていきます。


WiMAXの速度制限と制限解除のタイミング

WiMAXの速度制限は2つの種類に分けられます。

ノーマルプランの速度制限

速度制限がかかる利用データ量
毎月1日より積算したWiMAX2+方式およびLTE方式の合計通信量が7GBを超過した場合
制限がかかる期間
それ以降、月末まで
制限がかかっている間の速度
概ね128kbps程度
解除される時期
翌月1日

ギガ放題プランの混雑回避のための速度制限

速度制限がかかる利用データ量
直近3日間で10GB以上
制限がかかる期間
3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌2時頃
制限がかかっている間の速度
概ね1Mbps
解除される時期
3日間で10GBを超えた日の翌々日の2時以降

では、WiMAXが速度制限がかかってしまっているかもしれないときには、どうしたらよいのでしょうか。

1.通信量の確認


まずは速度制限がかかるほどのデータ量を使用していたかどうか確認します。通信利用量はルーター本体、またはWeb上で確認ができます。

まず、ノーマルプランの場合は、その月の利用量の合計をチェックしてみましょう。もし、7GBを超えていたら、間違いなく速度制限がかかっています。おとなしく、翌月になるのを待ちましょう。

ギガ放題プランの場合は、直近3日間の利用量をチェックしましょう。利用量の確認画面では、当月と3日間のどちらかを選択できる場合がほとんどです。もし、1日毎のデータしかない場合は、その日を0日として1日前〜3日前までの3日間のデータ量の合計を計算します。10GBを超えてしまっている時は速度制限が適用されています。

また、ノーマルプランで月7GBを超えていない場合でも、3日間で10GBの制限にかかってしまっている可能性があります。月末の2日間で8GB使用して、翌月1日に2GB使ってしまった場合などです。ノーマルプランの場合でも混雑回避のための制限は適用されるので注意しましょう。

さらに、ギガ放題プランであっても、ハイスピードプラスエリアモードを使って4G LTEの回線の利用を行った場合は、1ヶ月7GBの制限が適用されてしまいます。4G回線の利用が少なかったとしても、WiMAX回線と4G回線の合計で7GBを超えてしまった場合は制限がかかってしまうため、プランにかかわらず4G LTEの使用をした月は7GBを超えないよう注意しましょう。

2.通信制限解除のタイミングをチェック


通信制限がかかってしまった場合は、いつ解除されるのかを把握しておくことも重要です。

月7GBの制限がかかってしまった場合は、翌月まで制限は解除されません。ギガ放題プランであっても、4G回線を使って7GBの制限が適用されてしまった場合はその月は128kbpsの規制がかかった状態で過ごすことになります

3日10GBの制限の場合は、制限がかかる期間は3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌2時頃と短いです。2時を超えれば制限が解除されるので少しの間待ちましょう。ただし、3日10GBでかかる規制の場合は、規制後の速度は概ね1Mbpsとなっており、YouTubeなどの動画視聴なら問題なく行える程度の速度です。大きなデータのやり取りを行わないのであれば、通信制限がかかっている間もネットを続けていてもそれほどストレスは感じないでしょう。

また、3日10GBのカウントは一度制限がかかっても通信量がゼロにリセットされるわけではありません。


出典:UQコミュニケーションズ

1日目〜3日目の合計が10GBを超えていた場合は、4日目の18時〜5日目の2時頃まで規制がかかります。図では2日目〜4日目の合計が10GBを超えていないため5日目の夜は制限なしになっていますが、もし、2日目〜4日目の合計が10GBを超えていたら5日目の18時〜6日目の2時頃までも規制がかかることになり、夜だけですが2日連続で規制がかかる可能性もありえます。

実際は制限にかかりっぱなしではありませんが、ちょうど規制がかかる時間帯にネットを使うことが多い場合は、解除がされていないように感じることもあるので覚えておきましょう。

3.通信制限が解除されていないときに確認すべきこと


制限が解除されるタイミング(翌月や2時以降)になっても速度が変わらないと感じる時は、実は制限が解除されていない可能性もあります。

通信制限が解除されるのは一度接続が切断されたタイミングです。ずっと回線を繋ぎっぱなしにしていた場合は、規制がかかった状態の速度のままの場合があります。

この場合は、一度回線を切断すれば、制限前の速度に戻るはずです。端末のWiMAX回線を一度オフにしてみるか、再接続を試してみてください。

WiMAXの速度制限解除のタイミングを知って快適に利用しよう

ここまでWiMAXの速度制限とその解除について紹介してきました。速度制限がかかっているかも、と思ったらまずは通信量をチェックし自分がどの制限に引っかかってしまったのか確認します。

速度制限の種類は1ヶ月7GBか3日間10GBのどちらか。3日間10GBの制限はノーマルプランとギガ放題プランどちらを選んだ場合でも、適用されます。月は関係なく直近3日間での利用量を確認しましょう。またギガ放題のプランの場合は、ハイスピードプラスエリアモードを利用していないかどうかの確認も忘れずに。

それから各制限の制限時間帯をチェックし、いつのタイミングで解除されるのかを確認します。解除のタイミングがわかったら、その時間に一度回線を切断するだけです。

せっかくの高速通信、できるだけ快適に使うために、ぜひ覚えておいてくださいね。

最新端末も0円!SIMCHANGE WiMAX

WiMAXをお探しなら「SIMCHANGE WiMAX」はいかがでしょうか?家でも外でも、WiMAX2+の高速回線で、快適インターネット。
今なら、初期費用や端末代金が0円になるキャンペーンを実施中!2/28まで。

SHARE!!

WiMAXの新着記事