1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXは2年で乗り換えるべき?|人気おすすめプロバイダのキャッシュバックキャンペーンも紹介

WiMAXは2年で乗り換えるべき?|人気おすすめプロバイダのキャッシュバックキャンペーンも紹介

更新日:2020.03.10

WiMAXの乗り換えのときに確認しておきたいキャンペーンやキャッシュバック、解約の違約金などをまとめて紹介します。WiMAXの契約は通常2年〜3年単位の契約となっているので、乗り換えで失敗して後悔しないよう事前に確認チェックしてください。

WiMAXは申し込みから開通までがスムーズなため、すぐにインターネットを利用できるとして高い人気を誇っています。

しかし、プロバイダによって月額料金や最低契約年数の縛りは異なります。

そのため他社への魅力を感じ、乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、WiMAXを乗り換える最適なタイミングやおすすめのプロバイダ5社などを紹介していきます。乗り換えに最適なタイミングを掴み、自分に合ったプロバイダを見つけましょう。

SIMチェンジWIFI

WiMAXを乗り換えるべき?乗り換えをおすすめする人/しない人

プロバイダごとに独自のキャンペーンや料金プランを設けているため、現在のプロバイダよりも魅力的に感じることもあるのではないでしょうか。

しかし、乗り換えた方がよい場合とそうでない場合があるため、自分がどのパターンに該当するか今一度確認しておきましょう。

WiMAXを乗り換えたほうがよい人

以下のような項目に該当する場合、新たなプロバイダに乗り換えることをおすすめします。

もうすぐ更新月を迎える

他社に乗り換える場合、更新月に解約しないと違約金が発生するケースがほとんどです。

そのため現在のプロバイダでの更新月が迫っている場合、魅力的なプロバイダに乗り換える最適なタイミングだといえます。

他社でお得なキャンペーンを利用したい

多くのプロバイダでは、キャッシュバックや端末代の割引といった独自のキャンペーンを設けています。

他社のキャンペーンに魅力を感じたなら、乗り換えるタイミングだといえるでしょう。

現在のプロバイダに不満を感じている

通信速度やコールセンターの対応など、現在のプロバイダに不満を感じている方もいることでしょう。

このような場合は、更新月を機に他社に乗り換えるタイミングかもしれません。

WiMAXを乗り換えないほうがよい人

現在のプロバイダに不満を感じているなど、他者に乗り換えた方がよいケースもあります。

しかし、以下のような場合、乗り換えるのは時期尚早といえるでしょう。

更新月がまだ先

「WiMAXを乗り換えたほうがよい人」で紹介したように、他社に乗り換える最適なタイミングは更新月です。

そのため更新月がまだ先の場合は、更新月を待ってから乗り換えるとよいでしょう。

面倒な手続きが苦手な人

いうまでもなく、他社に乗り換える場合は解約と契約の両方の手続きをしなければなりません。

オンラインや電話で手続きできるプロバイダも多いものの、これらの手続きが面倒だと感じるなら乗り換えない方がよいでしょう。

SIMチェンジWIFI

WiMAXの乗り換えタイミングと確認事項

WiMAXの乗り換えを検討している場合、最適なタイミングを見極めることが大切です。

この章では、乗り換えのタイミングや乗り換え前に確認しておきたい事項を紹介していきます。

最低利用期間での乗り換えがおすすめ

固定回線と同様に、プロバイダごとに最低利用期を設けているケースがほとんどです。

他社への乗り換えを検討している場合、この最低利用期間を迎えるタイミングでの乗り換えがおすすめだといえます。

なぜなら固定回線と異なり、WiMAXには長期利用に応じた割引がないからです。

WiMAXの場合、キャンペーン期間中は月額料金が安くても、キャンペーンが終了すると月額料金が高くなります。

そのため月額料金が高くなる前に乗り換えることで、月額料金を抑えられます。

更新月を確認しよう

他社への乗り換えを検討している場合、現在契約しているプロバイダの更新月を確認しておきましょう。

なぜなら、契約期間内に解約すると違約金のペナルティを設けているプロバイダがほとんどだからです。

すでに紹介したように、多くのプロバイダでは最低利用期間を設けています。

プロバイダによって異なりますが、2年か3年での契約期間で契約期間満了の翌月が更新月となっているケースがほとんどです。

この更新月に解約すれば、違約金が発生することなく他社に乗り換えられます。

ただし、更新月をすぎると自動更新となっているケースが多いため、更新月のタイミングで乗り換えるとよいでしょう。

乗り換え先のキャンペーンを確認しよう

他社に乗り換える前に、乗り換え先が開催しているキャンペーンを確認しておきましょう。

なぜなら、WiMAXを取り扱う多くのプロバイダでは各社独自のキャンペーンを行っているからです。

キャンペーンが適用されるには様々な条件が設けられており、条件を満たさなければ適用されないので注意が必要です。

例えば申請が必要なキャンペーンの場合、手順を誤るとキャッシュバックなどが適用されないケースもあります。

そのため、キャンペーンが適用される条件や申請方法をあらかじめ確認しておくと安心です。

更新月に乗り換え先を開通しよう

乗り換え先が決まったら、更新月の解約と同時に乗り換え先の回線の開通手続きをしておきましょう。

なぜなら解約と回線の開通手続きを同時に行うと、インターネットをスムーズに利用できるからです。

例えば更新月に解約できても乗り換え先の回線の開通手続きができていない場合、インターネットを利用できない期間が発生してしまいます。

このような状況を防ぐためには、乗り換え先の回線の開通手続きを済ませた後に解約するとスムーズです。

おすすめWiMAXプロバイダ5社の乗り換え特典と料金

この章では、WiMAXを取り扱うおすすめのプロバイダを5社紹介していきます。

各社でキャンペーンや月額料金が異なるため、自分に合ったプロバイダを見つけましょう。

カシモWiMAXの月額料金・乗り換え時の違約金負担について

カシモWiMAXは、月額料金や契約期間内の総額が業界最安級であることが魅力のプロバイダです。

以下の表では、月額料金や3年契約の有無、3年間使用した場合の総額などをまとめています。

月額料金
  • 初月無料
  • 2ヶ月目:1,380円(税抜)
  • 3ヶ月目~24カ月目:3,480円(税抜)
3年契約の有無有り
3年使用の料金
  • 25カ月目以降:4,079円(税抜)
  • 総額13万5,668円(税抜)

初月無料や端末代金がお得になるといったキャンペーンを行っているため、お得に乗り換えられます。

他社のようにキャッシュバックキャンペーンは行っていないものの、初月無料で2ヶ月目でも1,380円(税抜)と月額料金が安いことが特徴です。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQWiMAXの月額料金・乗り換え時の違約金負担について

UQWiMAXは速度制限はあるものの、月額データ量に上限がないプランを設けていることが魅力のプロバイダです。

以下の表では、月額料金や3年契約の有無、3年間使用した場合の総額などをまとめています。

月額料金初月~:3,880円(税抜)
3年契約の有無無し(ただし、2年契約有り)
3年使用の料金契約時~3,880円(税抜)

2年契約で自動更新されるため、他社への乗り換えを検討している方は更新月を逃さないように注意が必要です。

多くのプロバイダでは期間ごとに月額料金が異なるものの、UQWiMAXの場合は初月から3,880円(税抜)と変わりません。

そのため月々の支払いを把握しやすいだけでなく、インターネット環境がより快適になります。

UQ WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBの月額料金・乗り換え時の違約金負担について

GMOとくとくBBは、モバイルルーターを最短で即日発送されるといったスピーディーな対応が魅力のプロバイダです。

以下の表では、月額料金や3年契約の有無、3年間使用した場合の総額などをまとめています。

月額料金(ギガ放題プラン)
  • 初月~2ヶ月目:2,170円(税抜)
  • 3ヶ月目~36ヶ月:3,480円(税抜)
  • 37ヶ月目以降:4,263円(税抜)
3年契約の有無有り
3年使用の料金
  • 37ヶ月目~4,263円(税抜)
  • 総額122,600円(税抜)

期間によってキャンペーン内容は異なるものの、

  • 端末代金と専用クレードルが0円
  • 最大31,000円のキャッシュバック
  • 契約から20日以内であればキャンセル可

といったお得なキャンペーンが盛りだくさんです。

ただし、契約から20日をすぎてのキャンセルは解約扱いとなり、違約金が発生するので注意が必要です。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

BroadWiMAXの月額料金・乗り換え時の違約金負担について

BroadWiMAXは、インターネットの利用頻度に応じた2つの料金プランが設けられていることが魅力のプロバイダです。

以下の表では、月額料金や3年契約の有無、3年間使用した場合の総額などをまとめています。

月額料金(ギガ放題プラン)
  • 初月~2ヶ月目:2,726円(税抜)
  • 3ヶ月目~24ヶ月目:3,411円(税抜)
3年契約の有無有り
3年使用の料金
  • 25ヶ月目~:4,011円(税抜)
  • 総額:127,152円(税抜)

期間によってキャンペーン内容は異なるものの、

  • 初期費用18,857円の割引
  • 端末料金が0円
  • 最大19,000円の違約金負担

といったお得なキャンペーンが盛りだくさんです。

ただし、キャンペーン適用条件を満たさない場合、初期費用として契約事務手数料の3,000円に加えて18,857円が発生するので注意が必要です。

BIGLOBEWiMAX2+の月額料金・乗り換え時の違約金負担について

BIGLOBEWiMAX2+は、auユーザーが契約すると月額料金がお得になることが魅力のプロバイダです。

以下の表では、月額料金や3年契約の有無、3年間使用した場合の総額などをまとめています。

月額料金(ギガ放題1年)
  • 初月無料
  • 1ヶ月目~3ヶ月目:2,980円(税別)
  • 4ヶ月目以降」3,980円(税別)
3年契約の有無無し(ただし、1年契約)
3年使用の料金4ヶ月目~:3,980円(税別)

期間によってキャンペーン内容は異なるものの、

  • 初月無料
  • 15,000円のキャッシュバック

といったお得なキャンペーンを行っています。

また、料金プランによって条件が異なりますが、契約解除料なしで月単位でプランを変更できます。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

WiMAX乗り換えの注意点

他社への乗り換えを検討している場合、乗り換え前に様々な点に注意しなければなりません。

この章では、乗り換えする際の注意点を4つ紹介していくので確認しておきましょう。

違約金が発生する場合がある

「WiMAXの乗り換えタイミングと確認事項」で紹介したように、乗り換えのタイミングを誤ると違約金が発生する可能性があります。

乗り換えの最適なタイミングは更新月で、それ以外の解約ではペナルティとして違約金が発生するケースがほとんどです。

また、最低利用期間内での解約と最低利用期間を超えての解約では、違約金の金額が異なります。

解約方法はプロバイダによって異なる

従来は店頭での手続きが主流でしたが、近年は実店舗を展開せずにオンラインや電話で各種手続きできるプロバイダも増えています。

オンラインや電話で解約手続きできるプロバイダの場合、同様の方法で解約手続きができるケースがほとんどです。

ただし、実店舗を展開していなくても家電量販店に窓口を設置しているプロバイダの場合、解約手続きも店頭でしかできない場合もあります。

乗り換え先によっては高くなる場合がある

多くのプロバイダでは、低料金を全面に出したり独自のキャンペーンで集客をはかっています。

そのため魅力的な料金プランやキャンペーンに惹かれがちですが、乗り換え先によっては月額料金が高くなるケースがあるので注意が必要です。

例えば初月は無料や低料金に設定されていても、契約期間を経るごとに高くなるケースが考えられます。

乗り換えれば決して安くなるとは限らないため、乗り換え先を選ぶ際には次の項目を見て総合的に判断することが大切です。

乗り換え手続きは手間がかかる

他社に乗り換える場合、当然ながら解約手続きと契約手続きの両方の手続きが必要です。

オンラインや電話で手続きできるプロバイダが増えているものの、少なからず手続きに時間がかかってしまいます。

スムーズにインターネット環境を整えるためには、解約と契約のタイミングを見極めなければなりません。

そのため、各種手続きが面倒に感じてしまうかもしれません。

WiMAXの乗り換え方法

より魅力的なプロバイダに乗り換えるためには、様々な手続きが必要です。

場合によっては費用がかかるケースもあるため、乗り換えの手順などをあらかじめ確認しておきましょう。

乗り換えの手順

他社に乗り換える際には、以下のような手順で進めていきましょう。

更新月の確認

まずは、契約中のプロバイダの更新月を確認します。

更新月に解約しないと違約金が発生するため、乗り換えを検討したら早めに確認しておくと安心です。

解約手続き

契約中のプロバイダの更新月を確認したら、更新月のタイミングで解約手続きを行います。

オンラインや電話、店頭などプロバイダによって手続き方法が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

乗り換え先との契約

契約中のプロバイダの解約手続き後、乗り換え先のプロバイダとの契約に移ります。

プロバイダによって料金が発生するタイミングが異なるため、新旧プロバイダの料金がいつまで発生するか確認しておくと安心です。

端末の配送

乗り換え先のプロバイダと契約すると、申請した住所宛てに端末が発送されます。

早ければ即日発送されますが、手続きのタイミングやプロバイダによって異なります。

開通手続き

WiMAXは固定回線のように開通工事を行わないため、端末が届き次第自ら開通手続きしなければなりません。

決して難しい手続きではありませんが、困ったときにはコールセンターなどに問い合わせるとスムーズです。

SIMチェンジWIFI

乗り換えにかかる費用

乗り換える際にタイミングを誤ると、解約時に違約金が発生する可能性があるので注意が必要です。

ただし、キャッシュバックがあるプロバイダに乗り換える場合、違約金の負担は実質減るのであらかじめ計算しておくと安心です。

また、乗り換え先によっては違約金を負担してくれる場合もあるため、乗り換え先のキャンペーンなどをチェックしておきましょう。

乗り換えに必要なもの

プロバイダを乗り換える際には、以下のようなものを準備しておく必要があります。

メールアドレス

乗り換え先のプロバイダと契約すると、手続きが無事に終了したことを知らせるメールが送信されます。

そのため、連絡のつきやすいメールアドレスを準備しておきましょう。

身分証明書

どのプロバイダと契約する場合も、運転免許証やパスポートといった身分証明書の提示が必要です。

オンラインの手続きではデジカメやスマホで身分証明書を撮影し、アップロードする仕組みとなっています。

クレジットカード情報

多くのプロバイダでは、口座振替やクレジットカード払いといった複数の支払い方法が選択できます。

クレジットカード払いを選択する場合は、クレジットカード情報を入力しなければなりません。

乗り換え後はWi-Fiの再設定が必要

新たなプロバイダに乗り換えた後は、通常の開通手続きだけで安心してはいけません。

なぜならWi-Fiを利用している場合、再設定が必要だからです。また、キャッシュバックなどのキャンペーンがある場合は、申請のタイミングを逃さないように覚えておきましょう。

WiMAXの乗り換えはタイミングを見極めてお得にしよう

キャッシュバックや各種入会キャンペーンなど、各プロバイダが魅力的なキャンペーンを行っています。

月額料金や各種割引もプロバイダによって異なるため、乗り換え先のプロバイダは様々な観点から総合的に判断するとよいでしょう。

更新月での解約が乗り換えに最適なタイミングであるため、乗り換えを検討しはじめたら早めに更新月を確認しておくことが大切です。

SHARE!!