1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 無線LANとWiFiの違いって?意外と知らないインターネットの仕組みを解説

無線LANとWiFiの違いって?意外と知らないインターネットの仕組みを解説

更新日:2020.03.10

無線LANとWi-Fiの違いについて説明しています。どちらも無線でインターネットに接続できる点は同じですが、インターネットに接続する仕組みやメリットが異なります。両社の特徴を理解して自分にあったサービスを選びましょう。

インターネットを開通する際に、よく聞く言葉の「無線LAN」と「Wi-Fi」。どちらも無線でインターネットを利用できるという点は同じですが、いったい何が違うのでしょうか。

この記事では、無線LANとWi-Fiの違いについて紹介していきます。これからインターネットを利用する方は参考にしてください。

SIMチェンジWIFI

無線LANとWi-Fiの違いは?

早速無線LANとWi-Fiの違いについて紹介していきます。それぞれの定義について見ていきましょう。

無線LANとは?有線LANとの違い

無線LANについて説明するために、有線LANとの違いについて見ていきましょう。LANとは、「Local Area Network」の略で「同一の敷地または建物内等に構築されたネットワーク」を意味します。

LANを利用するには電波を発信する親機(ルーター)と、電波を受け取る子機が必要です。有線LANは親機と子機をケープルで繋ぎますが、ケーブルではなく電波で繋いだもの無線LANとなります。

最近のPCはほとんどが無線LANの子機が内蔵されているため、親機であるルーターを用意すれば無線LANが利用可能となります。PCでなくても、子機が内蔵されているプリンターやカメラであればインターネットに接続することが可能です。

Wi-Fiとは

Wi-Fiとは機器同士を無線でネットワーク接続する規格の1つで、「Wi-Fiアライアンス」というアメリカの団体が認可したためにWi-Fiと呼ばれるようになりました。Wi-Fiが誕生する以前は、無線LANを利用しようとしても親機と子機の相性が合わずに接続がうまくいかないケースがありました。

そこで、多くの製品が同じ規格を採用することによって、機器同士が接続できない事態が起きないようにしたのです。ちなみにWi-Fiと認められるのはIEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)という国際標準規格を満たし、かつWi-Fi認証を受けているものに限ります。

SIMチェンジWIFI

結局何が違うのか

現在は機器のマニュアルなどをみると「無線LAN(Wi-Fi)」などと記載されているため、2つを混同している方も少なくないでしょう。確かに無線LANとWi-Fiを同一視しても大した問題にはなりませんが、厳密に同じものだとは言えません。

無線LANとは「ケーブルがなくてもネットワーク接続できるシステム」の総称であり、Wi-Fiは無線LANのうちの規格の1つです。いくつかある無線LANの規格の中でもWi-Fiの規格が広く普及してしまったため、今では無線LANとWi-Fiが同一視されるようになってしまいました。

Wi-FiルーターとモバイルWi-Fiの違いは?

Wi-Fiを使おうと思った際に、Wi-FiルーターとモバイルWi-Fiの違いについて悩む方もいるでしょう。それぞれの違いについても紹介していきます。

Wi-Fiが繋がる仕組み

Wi-FiルーターとモバイルWi-Fiの違いを見ていくために、まずはWi-Fiルーターを使うことでどのようにインターネットに接続されるのか、順を追って紹介しましょう。

ルーターがWi-Fiの電波を飛ばす

家に固定回線を引いている場合は、大抵モデムがあるはずです。有線LANではPCとモデムを接続するとインターネットが利用できましたが、Wi-Fiルーターをモデムに接続することでルーターがWi-Fiの電波を飛ばしてくれるのです。

ルーターの電源を入れてモデムに接続するだけでWi-Fiの電波を周囲に飛ばしてくれます。

PCがWi-Fiの電波をキャッチする

PCがWi-Fiルーターから発せられるWi-Fiの電波をキャッチすれば接続完了ですが、PCが電波をキャッチしてWi-Fiを利用するにはいくつか条件があります。

まずはPCが電波をキャッチするためのアンテナが内蔵されていること。説明書などに「無線LAN(――)」と書かれていれば、アンテナが搭載されていることを意味します。

次にWi-Fiルーターに記載されたパスワードを打ち込むことで、初めてWi-Fiを利用できます。Wi-Fiの電波をキャッチできても、パスワードが分からなければWi-Fiを利用することができないのです。

モバイルWi-Fiとは?繋がる仕組み

Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターを活用する他に、モバイルWi-Fiを活用する方法もあります。Wi-Fiルーターが単体でインターネットに接続できないのに比べ、単体でもインターネットに接続できるのがモバイルWi-Fiです。

Wi-FiルーターはWi-Fiルーターのようにインターネット回線に物理的に接続されているわけではありません。しかし、携帯電話のように3G回線や4GLTE回線を利用しているため、物理的な繋がりがなくてもインターネットが活用できるのです。

WiMAXとWi-Fiの違い

モバイルWi-Fiを探している方の中には、WiMAXという言葉を目にした方もいることでしょう。どこでもインターネットを利用できるという点では、モバイルWi-FiもWiMAXも変わりはありません。

しかし、両社はインターネットに接続する仕組みが異なります。Wi-Fiは携帯と同じキャリア回線を利用してネットに接続するのに対し、WiMAXは「WiMAX 2+」というWiMAX専用の回線を使用しています。

また、WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズの親会社はauブランドを展開しているKDDIなので、WiMAX 2+の他に「au 4G LTE」も利用できます。

WiMAXはau 4G LTEに比べて通信速度は速いですが、電波が届く距離が比較的短くビルなどの遮蔽物に遮られやすいという特徴があります。それぞれの特徴を理解して、使い分けることが可能です。

モバイルWi-Fiを使うメリット

一番の違いは回線工事なしでインターネットを活用できることです。

固定回線を家に引くとなると、業者にお願いするためお金も時間もかかります。モバイルWi-Fiなら端末さえ手に入ればすぐに利用できるため、気軽にネットを始められます。

また、場所を選ばずにインターネットを活用できるのも大きなメリットです。固定回線の場合はWi-Fiルーターを利用しても家の中でしかインターネットを利用できませんが、モバイルWi-Fiなら外でもインターネットに利用できます。

外出先でPCを使ってネットを利用したい方にとっては便利なサービスと言えるでしょう。またスマホでたくさん通信する方の場合は、モバイルWi-Fiを利用することで料金を安くすることも可能です。

おすすめのモバイルWi-Fi

おすすめのモバイルWi-Fiについて見ていきましょう。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの子会社、株式会社MEモバイルが提供している通信サービスです。

初月が無料で、1ヶ月目の料金も1,380円とWiMAX業界でも最安クラスなのが最大の特徴。その後も3,380円~とリーズナブルな月額料金を実現しています。

キャッシュバックがなくシンプルな料金体系なので、キャッシュバックの手続きを忘れて損をした気分になることもありません。最初から安くてシンプルなサービスを利用したい人におすすめです。

また、WiMAXの電波は2020年3月いっぱいで利用できなくなる「停波」問題が話題になっていますが、カシモWiMAXは新しいWiMAX 2+の電波を利用しているため心配ありません。旧WiMAXの電波に比べて通信速度が速く速度制限もないため、インターネットの利用がより便利になるでしょう。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

SIMチェンジWIFI

格安SIM通信Wi-Fi

出典:格安SIM通信Wi-Fi

格安SIM通信Wi-FiはモバイルWi-Fiで、月額料金初月無料端末代金はずっと無料月額料金も2,980円とリーズナブルに利用できる点が魅力です。端末もシンプルに使えるため、始めてモバイルWi-Fiを利用する方でも簡単に利用できるでしょう。

ソフトバンクの回線を利用しているため、どこでも繋がりやすく通信速度にも満足できるはず。シンプルで安いモバイルWi-Fiを探している方におすすめです。

格安SIM通信Wi-Fi

BIGLOBE WiMAX

出典:BIGLOBEWiMAX

BIGLOBE WiMAXはその名の通り、大手通信プロバイダのBIGLOBEが提供している通信サービスです。一番の特徴は1年契約ができることでしょう。

多くのWiMAXサービスが2年、もしくは3年での契約しかできず、その期間に解約すると20,000円ほどの違約金が発生してしまいます。試しに契約して、予想していたものと違った場合は大きなリスクとなります。

しかし、BIGLOBE WiMAXなら1年以内に解約しても1,000円の解約金で済むため、モバイルWi-Fiを始めて利用する人でも気軽に利用できます

また、クレジットカードがなくても口座振替で支払い可能な点も大きな特徴です。通信サービスのほとんどクレジットカードがなければ契約ができません。

また、BIGLOBE WiMAX以外で口座振替が可能なモバイルWi-Fiは振替手数料がかかったり、キャンペーンが適用されないなどのデメリットがあります。何らかの利用でクレジットカードを利用したくない、もしくはクレジットカードが使えない人にもおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

停波について

WiMAXサービスが使えなくなる「停波」が話題になっていますが、BIGLOBE Wi-FiはWiMAXの電波を利用しているため2020年3月31日をもって一部のサービスが利用できなくなります。「BIGLOBE WiMAX」の全サービスと「BIGLOBE WiMAX 2+」の一部のサービスを利用している方は自動解約となるので気をつけましょう。その際の契約解除料は発生しません。

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

UQ WiMAXはWiMAXのサービスの大元を占めるプロバイダです。そのため自社で電波の設備やサービス、販売を全て提供しているので質の高いサポートが受けられます。

全国47都道府県に店舗も設置されており、店舗で契約や相談ができるため安心してサービスを利用できるのも大きな特徴です。

また、UQ WiMAXを契約すると公衆無線LANである「UQ Wi-Fiプレミアム」が無料で利用できるのも大きなメリットと言えるでしょう。駅や空港などUQ Wi-Fiエリアだけでなく、Wi2が提供するアクセスポイントでも無料でWi-Fiが利用可能です。

UQ WiMAXを契約する!

停波について

UQ WiMAXでWiMAXのサービスを利用されている方は2020年3月31日で契約解除となりますが、契約解除料は発生しません。また、WiMAXのサービスを利用している方むけに無料でWiMAX2+機器へ機種変更できる「おトクに機種変更」というキャンペンも行っているので、該当する方は利用しましょう。

まとめ

Wi-Fiサービスを利用するためのルーターとモバイルWi-Fiの違いについて見てきました。

どちらもWi-Fiを利用できますが、家の中で利用するだけならWi-Fiルーター、外でもWi-Fiを利用したい方はモバイルWi-Fiがおすすめです。自分の利用状況に合わせて使い分けましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい