1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【UQユーザー限定】UQモバイルのポータルアプリの使い方を徹底解説!

【UQユーザー限定】UQモバイルのポータルアプリの使い方を徹底解説!

UQモバイル(ユーキューモバイル)の利用者は、「UQ mobileポータルアプリ」を活用することで、高速データ通信容量を管理・節約することが出来ます。今回はUQ mobileポータルアプリの機能と活用法をまとめました。

UQモバイルの利用者は便利なアプリが使えることをご存知ですか?さまざまな機能を備えた「UQ mobileポータルアプリ」です。UQモバイルのデータ容量を管理・節約する上で、このアプリは欠かせません。今回はUQモバイルの、ポータルアプリの使い方と便利な機能をまとめました。

UQ mobileポータルアプリとは


出典:UQ mobile 公式サイト

UQモバイルに契約したユーザーのみが利用できるアプリで、費用は無料で使用することができます。Android版はGoogle Play Store、iOS版はApp Storeからダウンロードしてインストールします。ログインを求められるので、UQモバイルのIDとパスワードを入力してください。

一度ログインを済ませれば、ログオフをしない限り以降はそのまま利用できます。

なお動作環境は以下の通りとなっていますので、ダウンロードする前に自分の環境が当てはまるか確認してください。

Android
Android4.0以降
iOS
iOS8.0以降/dd>

UQモバイルのターボ機能で節約しよう

pixta_12574966_M(1)

まずは、UQ mobileに搭載されている「ターボ機能」で通信モードをシチュエーションによって使い分けで、無駄なデータ通信量の消費を抑えましょう。

通信モードには以下の2つのモードが用意されています。

高速と低速を切り替えられる機能

UQモバイルのターボ機能とは、高速通信と低速通信を切り替えられる機能のことです。ターボONが高速通信、ターボOFFが低速通信となります。

高速通信とは受信最大225Mbpsの通信速度、低速通信とは受信最大300kbpsの通信速度と、UQモバイルの公式サイトで説明されています。ただし低速通信については、契約するプランによって若干速度が異なるようです。

ターボ機能を使う方法についてはあとで説明しますが、いつでも簡単に通信速度を切り替えられます。必要なときだけ高速通信を使って、データ通信量を節約できるんです。

うまく使ってデータ容量を節約!

ターボ機能で通信速度を切り替えることがどのようにデータ容量の節約につながるか、もう少し詳しく説明します。

高速通信でデータ通信を行っているときはデータ容量を消費しますが、低速通信でデータ通信を行っているときはデータ容量を消費しません。したがって、ターボ機能を使って低速通信に切り替えればその間はデータ容量を消費しないので、データ容量の節約になるということです。

UQモバイルではプランごとに使えるデータ容量が決まっていて、その容量を使い切ってしまうと通信速度制限がかかり低速通信しか使えなくなります。そのような状態を回避するためにも、ターボ機能をこまめに使ってデータ容量を節約すれば、本当に必要なときに高速通信を使えるようにできるのです。

オプション料金は必要なし!

ターボ機能を利用するのに特別なオプション料金は必要ありません。UQモバイルを利用しているユーザーなら誰でも利用できます。

また、ターボ機能を使って高速通信と低速通信を切り替える際にも料金は発生しません。何度切り替えてもOKなので、こまめに切り替えてデータ容量の節約を心がけましょう。

UQモバイルのターボ機能を利用する方法


出典:UQモバイル

UQモバイルのターボ機能の使い方は、大きく2種類あります。

データチャージサイトにアクセスする

ターボ機能を使う1つ目の方法は、UQモバイルの「UQ mobile データチャージサイト」と呼ばれるサイトにアクセスする方法です。

サイトにアクセスしログインすると、ターボ機能のONとOFFを切り替えられます。

専用アプリを利用する

ターボ機能を使う2つ目の方法は、専用アプリを利用する方法です。

UQモバイルでは「UQ mobile ポータルアプリ」を無料で提供していて、このアプリをインストールすればアプリからターボ機能のONとOFFを切り替えられます。

サイトのように毎回アクセスしてログインする必要がないですし、アプリからはターボ機能の利用以外にデータ残量を確認できるなど便利な機能がついているので、UQモバイルユーザーであればぜひともインストールしておきたいアプリです。

UQモバイルでデータ通信量を使いすぎたときは?


出典:UQモバイル

ターボ機能を活用してこまめに低速通信に切り替えていても、プランで定められたデータ容量を使い切ってしますこともあると思います。ここでは、そんなときの対処法を紹介します。

データ容量を使いすぎてしまうとどうなる?

契約しているプランで決められたデータ容量をすべて消費してしまった場合、UQモバイルでは通信速度制限がかかります。

通信速度制限とは、低速通信しか使えない状態のことです。通信速度制限中は受信最大200kbpsから300kbpsの通信速度となってしまいます。

UQモバイルの通信速度制限には2種類あり、1つは1カ月の間にプランで定められたデータ容量を超えてデータを消費してしまったとき、もう1つは3日間で6GBを超えてデータを消費してしまったときです。多くの人は前者の条件で通信速度制限にかかる可能性が高いと思いますが、一度かかってしまったら基本的には翌月にならないと通信速度制限は解除されません。

UQモバイルでは追加データを購入できる!

「基本的には」と書きましたが、実は通信速度制限を解除する方法があります。それは、追加でデータ購入をする「データチャージ」という方法です。

データチャージでは、100MBのデータを216円で、500MBのデータを540円で追加購入できます。もともと500MB以上利用することがわかっている場合は、500MBの方を購入するのが割安になります。

なお、追加で購入したデータの有効期限は購入から90日以内となります。UQモバイルではその月に消費しなかったデータは翌月まで繰り越せますが、追加で購入したデータ容量も繰り越しの対象となっています。

データチャージもアプリが便利

UQモバイルでデータを追加購入する方法には、ターボ機能のON/OFFと同様、データチャージサイトから購入する方法と専用アプリのUQ mobile ポータルアプリから購入する方法の2種類があります。

UQ mobile ポータルアプリなら毎回ログインする必要はないですし、データ残量を確認しながらデータの追加購入を行えるので便利です。

UQ mobileポータルアプリの機能1 データ残量のチェック

ここからは、UQ mobileポータルアプリの具体的な機能をご紹介します。

格安SIMを利用する上ではデータ残量を定期的にチェックすることが欠かせません。使い放題プランの方は別ですが、多くの方は月々のデータ容量上限が定められていて、これをオーバーすると速度制限がされてしまいます。UQモバイルにも速度制限があるため、ユーザーはオーバーしないようにこまめにチェックすることが必要です。

UQ mobileポータルアプリを開けば、トップ画面にデータ容量の利用状況が分かりやすく表示されています。今月自分があとどれだけ利用できるのかが一目でわかりますので、とても便利ですね。

UQ mobileポータルアプリの機能2 高速通信ON/OFF切り替え

pixta_12574966_M

高速通信と低速通信を自在に切り替えられる機能です。普段からいつでも高速通信が必要というわけではない方も多いのではないでしょうか?

いつでも高速通信の状態にしておくと、データ容量の消費が早くなり、月ごとのデータ容量上限に近づきやすくなります。データ容量を節約するためにも、高速通信のON/OFF機能は必要不可欠です。

UQ mobileポータルアプリのトップ画面の下部にある「データ通信」タブをタップすると、切り替え画面に代わります。節約モードにすると低速状態になりますが、その速度は「ぴったりプラン」の場合は送受信最大300kbps、その他のプランは送受信最大200kbpsとなります。

UQ mobileポータルアプリの機能3 データチャージ

データ容量上限をオーバーして速度制限にかかった場合、すぐに高速通信を復活させたいときには容量を追加購入することで低速状態から抜け出すことが可能です。UQモバイルではこの容量追加購入をデータチャージと呼んでいます。料金は以下のとおりです。

100MB
216円
500MB
540円

データチャージはPCなどでUQモバイルの公式サイトにログインすることでも利用できますが、アプリから行うことも可能です。アプリから行う方がほとんどのユーザーには便利ではないでしょうか。

UQモバイルの速度制限とは

Your speed sign on the bridge

ご覧いただいたように、UQ mobileポータルアプリは、容量をオーバーして速度制限にひっかかることのないようにサポートしてくれます。では、UQモバイルの速度制限とはどのようなものなのでしょうか?

データ高速プラン、データ高速+音声通話プランは月間データ容量が3GBまでになっていて、これを月の途中でオーバーすると速度制限にひっかかります。送受信は最大でも200kbpsという低速状態です。メールやLINEなどのやり取りやネットサーフィンは可能ですが、動画の閲覧はほぼ無理でしょう。ネットサーフィンも、写真が多いサイトの表示には時間がかかることが予想されます。スマホの利便性が大幅に制限されることは間違いありません。

速度制限を抜ける方法は、月が変わるのを待つか容量を追加購入するかの2つです。月末に近いタイミングならしばらく我慢してやり過ごすのもよいですが、多少の出費なら構わない場合、データチャージを行えばすぐに高速通信に戻ることが可能です。

UQ mobileポータルアプリを活用しよう

UQモバイルの「UQ mobileポータルアプリ」の機能と活用方法について説明しました。UQモバイルユーザーにとって、データ容量の上限オーバーにならないようにサポートしてくれる非常に便利なアプリです。

常日頃からデータの残量をチェックし、高速通信が必要ない場合は低速に切り替えてデータ容量を節約するのがおすすめです。万が一速度制限にひっかかってしまった場合でも、データチャージを行えばすぐに高速通信に戻ることが可能ですよ。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!5,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい