1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイルポータルアプリでできることまとめ|使い方・機能を紹介

UQモバイルポータルアプリでできることまとめ|使い方・機能を紹介

UQモバイルの機能を使いこなすカギは、UQモバイルポータルアプリの活用です。UQモバイルのポータルアプリでできること、通信モードの切り替え方法、データを追加チャージする方法など紹介します。さらに、iPhone、AndroidのウィジェットにUQモバイルポータルアプリを追加する方法もチェックできます。UQモバイルポータルアプリの活用術をチェックしていきましょう。

UQモバイルポータルアプリがあれば、いつでもどこでもUQモバイルの手続きができます。UQモバイルを使っているならUQモバイルポータルアプリのインストールは必須ともいえるほど、便利なUQモバイル専用アプリです。

UQモバイルポータルアプリでできることはなんでしょうか。UQモバイルポータルアプリをさらに使いやすくするための方法や活用術を紹介します。

UQモバイルポータルアプリとは?

UQモバイルポータルアプリとは、UQモバイルユーザー専用のアプリです。UQモバイルを快適に利用するために助けになる様々な機能が備わっていて、ユーザーが毎日のように使う機能を簡単に利用できます。

データ量のチェックだけでなく、ターボ機能の切り替えやデータのチャージなど、会員ページにログインしないとできなかったことが、UQモバイルポータルアプリで手間なく利用可能になります。

ユーザーであればぜひインストールしておきましょう。

UQ mobile ポータル

UQ mobile ポータル
無料
posted withアプリーチ

UQモバイルポータルアプリでできること

UQモバイルポータルアプリでは何ができるのでしょうか?それぞれの機能の具体的な利用方法を、1つずつ詳しく見ていきましょう。

UQモバイルポータルアプリで使える機能

  • 節約・高速モード切替
  • データ容量のチェック
  • データチャージ
  • 契約状況の確認

節約・高速モード切替え

UQモバイルポータルアプリで最も頻繁に使われる機能の1つは、高速通信の切り替えができるターボ機能でしょう。

UQモバイルのターボ機能とは、節約モードと高速モードのスイッチ機能のことです。必要な時には高速通信ができる高速モードにし、低速通信で構わないときには節約モードにする切り替えがワンタップで行えます。

節約モードにしているときはデータ通信量が消費されないので、低速通信でも動作が行えるようなテキストメールやSNSの操作は節約モードに切り替えてから行うといいでしょう。通信量の消費が抑えられるので、全体の通信費の節約にもなるとてもお得な機能です。

高速モードの最大受信速は225Mbpsなので、動画視聴や重たいファイルの送受信に適していますが、節約モードの低速通信はプランによって次の最大受信速度になります。

  • ぴったりプラン・たっぷりプラン:300Kbp
  • データ高速プラン:20pKbps
  • データ無制限プラン:500Kbps

低速通信でもかなり快適に利用できます。普段から節約モードにしておき、動画を見るときや画像のある重たいページを閲覧するときだけ高速モードに切り替えるという使い方もできそうです。

高速通信のデータ量が余っても翌月へ繰り越せるので、ターボ機能でしっかり節約して、高速通信のデータ量を余裕もって利用するようにしましょう。

この高速モードと節約モードの切り替えは、UQモバイルの会員ページ「UQモバイルデータチャージサイト」でも行えるのですが、UQモバイルポータルアプリのほうが断然手軽に切り替えられます。

アプリには切り替えボタンが用意されていて、それをタップするだけでスイッチできます。


出典:Apple Store

UQモバイルポータルアプリを使えば高速モードの切り替えも非常に簡単にできるのですが、簡単だからこそ切り替えたことを忘れてしまう、なんてこともあるかもしれません。

高速モードに切り替えたあと、節約モードに切り替え忘れていてそのまま利用して、データ量がなくなってしまったという事態を防ぐため、「タイマーターボ」という機能も用意されています。

高速モードで設定したあと任意の時間で自動的に節約モードに切り替えてくれる機能です。高速モードの使い過ぎを防いでくれるので、切り替えを忘れる心配があるようなら、タイマーターボの機能をぜひ活用しましょう。

タイマーターボ機能の設定方法

  1. 画面右上の「設定」を開く
  2. 「タイマーターボ」をタップする
  3. 高速モードに切り替えてから節約モードに自動的に切り替わるまでの時間を入力する
  4. 注意事項の表示が出たら「OK」をタップする
  5. タイマーターボに設定時間が表示される

データ容量のチェック

その月に使えるデータ量があとどれくらいあるのかも、UQモバイルポータルアプリですぐに確認ができます。

UQモバイルポータルアプリのホームに大きくデータ残量が表示され、消費量と残量がパッと見て把握できるようになっています。「データ」のタブからはデータ残量の内訳も表示され、追加チャージしたデータ量と基本データ容量の残量と詳細のチェックが可能です。


出典:Apple Store

データ残量の確認だけでなく、データ量が少なくなってきたことを知らせてくれる通知機能も自分の都合に合わせてカスタマイズできます。

100MB単位で設定でき、設定した額を下回ったらポップアップでお知らせを届けてくれるので、データ量を毎月しっかり管理ながら使いたい人におすすめです。使いすぎを防ぐためにもぜひ活用してみましょう。

残量通知の設定方法

  1. 画面左上にある「設定」を開く
  2. 「通知」にある「残量お知らせ設定」をオンにする
  3. 通知してほしいデータ量をMB単位で設定する

データチャージ

データ容量が少なくなってしまったら、UQモバイルポータルアプリで追加チャージも可能です。

UQモバイルポータルアプリでできる追加チャージの種類

  • まとめてチャージ
  • チャージカードのコードを使ったチャージ
  • 100MB 220円
  • 500MB 550円

アプリを使ったチャージは100MBまたは500MB単位で追加購入でき、とてもシンプルにチャージ可能です。

プランによっては毎月データ量を増量できるオプションがあり、UQモバイルポータルアプリでまとめてひと月分チャージする機能が用意されているので便利にオプションを利用できるでしょう。

また、コンビニなどでチャージ用のプリペイドカードを購入した場合は、QRコードやコードナンバーをアプリで入力してチャージできます。

チャージされたデータ量の有効期限は90日間ですが、購入のたびに有効期限は更新され、最後に追加した日から90日間利用可能です。

データ残量にはチャージ分の残量も表示され、有効期限も一緒に表示されるのでチャージしたデータ量を無駄にしないのに役立つでしょう。さらに、アプリのチャージ機能からは過去のチャージ履歴も確認できるので、どのくらいの頻度で追加購入しているかなどをチェックできます。

契約状況の確認

UQモバイルポータルアプリからMy UQ mobileにワンタップでアクセスできるので、契約状況の確認や手続きも簡単に行えます。

My UQ mobileのページへ飛ぶ方法

  1. UQモバイルポータルアプリの「サポート」のタブを開く
  2. 「My UQ mobileへログインする」のタブをタップする
  3. My UQ mobileのログインページでログインする


出典:Apple Store

My UQ mobileでは、次のような各種手続き・申し込みが可能です。

  • 料金明細の確認
  • 通話量の照会
  • 通話・通信明細の確認
  • 契約内容の確認
  • 契約者・請求先情報の確認
  • 支払い方法の変更
  • オプションの申し込み・変更

ウィジェットに追加し操作短縮!

ウィジェット機能を使えば、ホーム画面そしてロック画面からも、すぐにUQモバイルポータルアプリが利用できます。

ウィジェットで使えるUQモバイルポータルアプリの機能は、高速モードと節約モードのスイッチと、データ残量の確認です。アプリを起動する操作が省けてとても便利になるでしょう。

究極的に便利にしてくれるウィジェットでUQモバイルポータルアプリを追加する方法を紹介します。

【iPhone】ウィジェット追加方法

iPhoneのウィジェットは、ロック画面から左スワイプ、またはホーム画面を一番左にスワイプすると表示できます。

ウィジェットに何を表示するかはカスタマイズできるので、UQモバイルポータルアプリはぜひ入れておくようにしましょう。

ウィジェットにUQモバイルポータルアプリを追加する手順

  1. 左にスワイプしてウィジェットを表示させ、画面一番下の「編集」をタップする
  2. ウィジェット追加する編集画面出てくるので、UQモバイルポータルアプリを探す
  3. UQモバイルポータルアプリの「+」をタップする
  4. ウィジェット一覧に追加されたことを確認する

ウィジェット編集の一覧で、いらないものは赤い「-」ボタンをタップするとウィジェットから消すことができます。三本線を持ってドラッグさせると並び順も変更可能です。

ウィジェットを追加するもっと簡単な方法もあります。

ホーム画面上にあるUQモバイルポータルアプリを長押しすると、それだけで節約モードのスイッチの切り替えができます。

その画面で「ウィジェットを追加」という表示をタップすると、左スワイプで出てくるウィジェットにUQモバイルポータルアプリが追加されます。

【Android】ウィジェット追加方法

Androidではウィジェットの表示の仕方が機種によって違い、ウィジェットの編集方法も多少手順の違いがあるかもしれませんが、大まかな追加方法を紹介します。

  1. ホーム画面の何もないスペースを長押ししてメニューを表示する
  2. 「ウィジェット」をタップする
  3. ウィジェットの一覧を出し、UQモバイルポータブルアプリを探す
  4. UQモバイルポータルアプリをタップして、ホーム画面にウィジェットを加える

UQモバイルを使うならまずUQモバイルポータルアプリをインストールしよう

UQモバイルポータルアプリを活用すると、UQモバイルに関するいろいろなアクションがとても簡単に行えます。UQモバイルポータルアプリは非常にシンプルなつくりなので、それぞれの機能がわかりやすく操作できるでしょう。

高速モードと節約モードのオン・オフやデータ量のチェック、チャージなどの機能は、UQモバイルを使うにあたって毎日といっていいほど利用するものです。こうした機能がまとめて集約されている専用アプリはとても心強い存在となるでしょう。

UQモバイルを使い始めたらすぐにでもUQモバイルポータルアプリをインストールし、快適にお得な機能を使いこなしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい