1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイルとワイモバイルの料金・速度・キャンペーン・口コミを元に徹底比較

UQモバイルとワイモバイルの料金・速度・キャンペーン・口コミを元に徹底比較

UQモバイルとワイモバイルは、格安SIMの中でも人気が高い事業者です。この記事では、UQモバイルとワイモバイルの料金プランや通信速度、口コミなどを徹底比較しています。どちらに乗り換えるか悩んでいる人は、乗り換え先の決定に役立ててください。

格安SIMの事業者は数多いですが、UQモバイルとワイモバイルは人気事業者です。両社の料金プランや割引サービスは、似通っていることが特徴です。

この記事では、UQモバイルとワイモバイルの料金プランやサポートサービスといった様々な項目を比較していきます。

これから格安SIMへの乗り換えを検討している人は、この記事を読んでUQモバイルかワイモバイルに乗り換えてはいかがでしょうか。

UQモバイルとワイモバイルの料金プランを比較

UQモバイルワイモバイルの料金プランやオプションサービスを紹介していきます。

両社の各項目を表で示しているため、どちらがお得か比較してみましょう。

UQモバイルワイモバイル
料金プランと月額料金(契約月の翌月から6ヶ月間)
  • スマホプランS:1,980円
  • スマホプランM:2,980円
  • スマホプランL:3,980円
  • スマホベーシックプランS:1,980円
  • スマホベーシックプランM:2,980円
  • スマホベーシックプランL:3,980円
料金プランと月額料金(契約月と8ヶ月目以降)変更なし
  • スマホベーシックプランS:2,680円
  • スマホベーシックプランM:3,680円
  • スマホベーシックプランL:4,680円
データ容量
  • スマホプランS:3GB
  • スマホプランM:9GB
  • スマホプランL:14GB
  • スマホベーシックプランS:3GB
  • スマホベーシックプランM:9GB
  • スマホベーシックプランL:14GB
オプションサービス
  • 国内通話かけ放題:1,700円
  • 国内通話10分かけ放題:700円
  • 国内通話最大60分が定額:500円
  • スーパーだれとでも定額:1,000~1,500円
  • データ増量オプション:500円
  • アドバンスオプション:684円
2年間利用した場合の実質料金
  • スマホプランS:47,520円
  • スマホプランM:71,520円
  • スマホプランL:95,520円
  • スマホベーシックプランS:60,120円
  • スマホベーシックプランM:84,120円
  • スマホベーシックプランL:108,120円

表では2年間利用した場合の実質料金を示していますが、両者とも現在受付中のプランには契約期間の縛りはありません。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルでは、データ容量に応じた3つのプランを設けています。

スマホプランS1,980円3GB
スマホプランM2,980円9GB
スマホプランL3,980円14GB

どのプランでも、30秒あたりの通話料金は20円です。

UQモバイルのオプションサービス

UQモバイルではデータ容量に応じて選べる料金プランに加えて、通話頻度に応じて選べるオプションサービスを設けています。

国内通話かけ放題国内通話が24時間いつでもかけ放題1,700円
国内通話10分かけ放題10分間の国内通話がかけ放題700円
国内通話最大60分が定額月に最大60分の国内通話が定額500円

通話の頻度が多い人には国内通話かけ放題、短い通話の頻度が多い人には国内通話10分かけ放題がおすすめです。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルでは、データ容量に応じた3つのプランを設けています。

月額料金(契約月の翌月から6ヶ月間)月額料金(契約月と8ヶ月目以降)データ容量
スマホベーシックプランS1,980円2,680円3GB
スマホベーシックプランM2,980円3,680円9GB
スマホベーシックプランL3,980円4,680円14GB

ワイモバイルは、契約の翌月から6ヶ月にわたって月額料金が700円割引される新規割を実施しています。

ワイモバイルのオプションサービス

ワイモバイルでは、通話とデータ通信に関するオプションサービスを3つ設けています。

サービス内容月額料金
スーパーだれとでも定額スマホや固定電話への国内通話が無料
  • ケータイプラン:1,500円
  • ケータイプラン以外:1,000円
データ増量オプション高速データ通信を増量
  • 初月:無料
  • 500円
アドバンスオプションモードの切り替えで7GB以降も高速通信できる
  • 初月:無料
  • 684円

データ増量オプションは、スマホベーシックプラン限定のオプションサービスです。増量されるデータ容量は、料金プランに合わせて1~3GBです。

UQモバイルとワイモバイルの通信エリア・速度を比較

UQモバイルとワイモバイルの通信エリアや通信速度を比較していきます。

UQモバイルワイモバイル
通信エリアauの4G LTEに準ずるソフトバンク4Gに準ずる
通信速度
  • 受信最大速度は150Mbps
  • 月のデータ容量を使い切った場合や節約モードを利用する場合は受信最大速度は200kbps
  • ターボ機能を利用すればデータ容量を節約できる
  • LTE:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
  • LTE以外:受信最大225Mbps/送信最大速度は5.8Mbps

UQモバイルの通信エリア・速度

UQモバイルはau回線を借りてモバイルサービスを提供しているため、通信エリアはauの4G LTEに準じています。

詳しいサービスエリアを知りたい場合は、サービスエリアマップで検索できます。

UQモバイルの受信最大速度は150Mbpsで、月のデータ容量を使い切った場合や節約モードを利用する場合は受信最大速度は200kbpsに制限されます。

ただし、ターボ機能を利用するとデータ容量を節約できます。ターボ機能とは、高速通信と低速通信を切り替えできる機能のことです。

高速通信の場合は受信最大225Mbpsですが、低速通信に切り替えると受信最大300Kbpsに制限されます。

ワイモバイルの通信エリア・速度

ワイモバイルは、ソフトバンクの自社回線でモバイルサービスを提供しています。そのため、通信エリアはソフトバンク4Gに準じています。

詳しいサービスエリアを知りたい場合は、公式ホームページから端末ごとに検索できます。

ワイモバイルのLTEの受信最大速度は75Mbps、送信最大速度は25Mbpsです。ただし、LTEエリア以外の受信最大速度は最大21Mbps、送信最大速度は5.8Mbpsとなります。

UQモバイルとワイモバイルのサポートサービスを比較

UQモバイルとワイモバイルでは、困ったときに便利なサポートサービスを提供しています。

UQモバイルとワイモバイルのカスタマーセンターや有料で利用できるサポートサービスなどを紹介していきます。

UQモバイルのサポートサービス

UQモバイルでは、ユーザーのために3つのサポートサービスを提供しています。

UQモバイルの問い合わせ窓口

問い合わせ方法は電話・メール・チャットの3種類で、それぞれ問い合わせ方法や受付時間が異なります。

UQモバイルの問い合わせ窓口問い合わせ方法受付時間
電話
  • 電話番号:0120-929-818
  • スマホやPHSに対応
  • 年中無休
  • 午前9時~午後9時
メール
  • 専用フォーム
  • 問い合わせ内容やお客さま情報を入力して送信
  • 年中無休
  • 24時間いつでも受け付け
チャット
  1. 公式ホームページでチャットウインドウを開く
  2. 入力内容に応じてチャットロボットが対応
  • 年中無休
  • 24時間いつでも受け付け

UQモバイルのオンラインサポート

UQモバイルのユーザーは、会員専用サポートページ「my UQ mobile」が利用できます。

my UQ mobileでは、次のような項目の確認や手続きが行えます。

各種確認
  • 月額料金の確認
  • 通話料金の確認
  • 通信量・通話量の確認
  • 契約書面の確認
各種申し込み・変更
  • 支払い方法の変更
  • 料金プランの変更
  • 契約内容の変更
  • SIMロックの解除
  • コンテンツオプション・オプションサービスの変更
  • パスワードの変更
  • auかんたん決済の申し込み
  • ギガMAX月割の申し込み
その他
  • 回線切替
  • SIMカードの交換

my UQ mobileの他に、データ容量の確認や追加購入ができる「データチャージサイト」も利用できます。

UQモバイルの有料サポート

UQモバイルでは、有料で利用できる「UQあんしんサポート」を提供しています。

月額350円の支払いが必要ですが、専門スタッフが次のような困りごとに関して電話やオンラインでサポートしてくれます。

  • PCやスマホの初期設定
  • インターネットやBluetoothの接続設定
  • WiFiの接続操作
  • WiFiルータ・HUBの接続設定
  • メール設定
  • SNSの登録方法
  • ウイルス対策 など

ワイモバイルのサポートサービス

ワイモバイルでは、ユーザーのために3つのサポートサービスを提供しています。

ワイモバイルの問い合わせ窓口

問い合わせ方法は主に電話とチャットの2種類で、それぞれ問い合わせ方法や受付時間が異なります。

ワイモバイルの問い合わせ窓口問い合わせ方法受付時間
電話自動応答ガイダンス
  • ワイモバイルのスマホ:116
  • 他社のスマホや固定電話:0120-921-126
  • 通話料は無料
  • 年中無休
  • 24時間いつでも受け付け
総合問い合わせ窓口
  • ワイモバイルのスマホ:151
  • 他社のスマホや固定電話:0570-039-151
  • 通話料は有料
  • 年中無休
  • 午前9時~午後8時まで
メール
  • 専用フォーム
  • My Y!mobileにログインが必要
  • 年中無休
  • 24時間いつでも受け付け
チャット
  • 公式ホームページでチャットウインドウを開く
  • 入力内容に応じてオペレーターやチャットロボットが対応
  • 年中無休
  • オペレーター:午前9時~午後8時
  • チャットロボット:24時間いつでも受け付け

ワイモバイルのオンラインサポート

ワイモバイルのユーザーは、会員専用サポートページ「My Y!mobile」が利用できます。

My Y!mobileでは、次のような項目の確認や手続きが行えます。

料金確認や各種設定
  • 請求書の確認
  • 請求予定額の確認
  • 月々の請求金額の確認
  • 割賦契約内容の確認
  • PayPay管理
  • お知らせサービスの設定
  • 契約内容の確認
メール
  • メールアドレスの変更
  • 迷惑メールの設定
  • メールアプリのダウンロード
各種申し込み・変更
  • 料金プランの変更
  • オプションサービスの変更
  • 支払い方法の変更
  • 住所の変更
  • 光回線サービスの申し込み
  • データシェアプランの申し込み
その他
  • 各種問い合わせ
  • 資料請求
  • 盗難や紛失に伴うサービス
  • My SoftBankの認証設定
  • ワイモバイルまとめて支払いの設定
  • パケットマイレージのランク確認

ワイモバイルの有料サポート

ワイモバイルでは、有料で利用できる「ワイドサポート」を提供しています。月額500円の支払いが必要ですが、初月は無料で利用できます。

サポート内容
  • スマホの操作
  • 他社製品に関する相談
  • 各種SNSの設定 など
専用窓口
  • 電話番号:0800-919-0151
  • 受付時間:午前9時~午後9時
  • 年中無休

UQモバイルとワイモバイルの取扱端末を比較

UQモバイルとワイモバイルの取扱端末をそれぞれ紹介していきます。(2020年4月時点)

UQモバイルの取扱端末

UQモバイルの取扱端末はiPhoneが2機種、Androidが6機種です。

iPhone
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
Android
  • BASIO4(KYOCERA)
  • Galaxy A20(Samsung)
  • AQUOS sense3(SHARP)
  • OPPO A5 2020(OPPO)
  • Xperia 8(Sony Mobile Communications)
  • HUAWEI nova lite 3(HUAWEI)

ワイモバイルの取扱端末

UQモバイルの取扱端末はiPhoneが2機種、Androidが12機種です。

iPhone
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
Android
  • Android One S7(SHARP)
  • Android One S6(KYOCERA)
  • Libero S10(ZTE)
  • Xperia 8(Sony Mobile Communications)
  • HUAWEI P30 lite(HUAWEI)
  • Android One X5(LG)
  • Android One S5(SHARP)
  • かんたんスマホ(KYOCERA)
  • HUAWEI P20 lite(HUAWEI)
  • Android One X3(KYOCERA)
  • Android One S4(KYOCERA)
  • Android One S3(SHARP)

UQモバイルとワイモバイルのキャンペーンを比較

UQモバイルとワイモバイルでは、適用条件を満たすと特典が受けられる様々なキャンペーンを実施しています。

UQモバイルのキャンペーン

出典:UQモバイル

UQモバイルで実施中のキャンペーンは、次の10種類です。

UQ学割

UQ学割は、UQ家族割と併用することで18歳以下は契約したプランの月額料金が13ヶ月間割引されるサービスです。

ただし、20歳以上の家族を主契約者とし、新規契約や機種変更が対象となります。

通常の月額料金UQ学割適用後の月額料金
スマホプランS1,980円980円
スマホプランM2,980円1,480円
スマホプランL3,980円2,480円

UQ学割のキャンペーンは、2019年11月15日~2020年5月31日の期間限定です。

UQ家族割

UQ家族割は、家族で対象プランを契約すると2回線目以降の月額料金が500円割引されるサービスです。

対象プランはスマホプランで、家族3人がスマホプランSで契約した場合の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金UQ家族割適用後の月額料金
主回線契約者1,980円1,980円
2回線目1,480円
3回線目1,480円

主回線契約者はUQ家族割対象外ですが、割引が適用されると毎月のスマホ代が1,000円お得になります。

割引が適用されるのは最大9回線で、基本的に同じ姓と住所である家族が対象です。

ただし、同じ姓や住所でなくても家族関係が証明される書類を提出すれば適用されます。

UQ家族割のキャンペーンは2017年6月8日からスタートしており、終了日は未定です。

データ増量キャンペーン

データ増量キャンペーンは、対象プランに応じて月のデータ容量が13ヶ月間1~3GB増量されます。適用条件は次の3つです。

  • スマホプランの契約
  • 通話オプションサービスへの加入
  • 「au ID」を登録

データ増量キャンペーンは2019年11月29日からスタートしており、終了日は未定です。

スマホの下取りキャンペーン

UQモバイルでは、これまでに利用していた端末を下取りしてくれるサービスを実施しています。

適用条件は、スマホプランの契約とUQモバイルが指定する機種であることです。

機種によって下取り金額が異なるため、UQモバイルの公式ホームページで確認しておくとよいでしょう。

たとえば、iPhone7 Plusの下取り金額は14,400円です。スマホ下取りキャンペーンは2019年10月1日からスタートしており、終了日は未定です。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルのキャンペーン

出典:ワイモバイル

ワイモバイルで実施中のキャンペーンは、次の6種類です。

ワイモバ学割

ワイモバ学割は5歳以上18歳以下の場合、月額料金が最大13ヶ月1,000円割引になるサービスです。

対象プランはスマホベーシックプランMとRで、家族割引サービスや新規割を併用すればさらにお得になります。

通常の月額料金家族割引サービス適用後の月額料金新規割適用後の月額料金ワイモバ学割適用後の月額料金
スマホベーシックプランM3,680円3,180円2,480円1,480円
スマホベーシックプランR4,680円4,180円3,480円2,480円

ワイモバ学割は、2019年11月29日~2020年6月1日の期間限定です。

データ増量無料キャンペーン2

データ増量無料キャンペーン2は、適用条件を満たせばデータ増量オプションの月額料金が1年間無料になるサービスです。

通常のデータ増量オプションの月額料金は500円で、適用条件は次の通りです。

  • 新規契約、または他社からの乗り換え など
  • スマホベーシックプランの契約

データ増量キャンペーン2は2019年11月29日からスタートしており、終了日は未定です。

YouTube Pewmium3ヶ月無料キャンペーン

YouTube Pewmium3ヶ月無料キャンペーンは、ワイモバイルの端末でYouTube Pewmiumを申し込むと月額料金が3ヶ月無料になるサービスです。

YouTube Pewmiumの通常の月額料金は1,180円で、広告なしで動画が楽しめます。

キャンペーンは2018年12月13日からスタートしており、終了日は未定です。

スマホの下取りキャンペーン

スマホの下取りキャンペーンは、これまでに利用していた端末を下取りしてくれるサービスです。

下取りの金額は新たな端末を購入する際の割引、もしくはPayPayボーナスのどちらかを選択できます。

機種によって下取り金額が異なるため、ワイモバイルの公式ホームページで確認しておくと安心です。

たとえば、iPhone Xの下取り金額は19,200円相当です。スマホの下取りキャンペーンは2016年11月1日からスタートしており、終了日は未定です。

PayPayの利用でキャッシュバック&送料無料

ワイモバイルでは、オンラインショッピングサイトで利用できるPayPayボーナスライトがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

キャッシュバックはPayPayボーナスライト300円相当で、限定商品を送料無料で購入できます。

PayPayボーナスライトの取得期間は契約月の翌月末までとなっており、利用期限は取得から60日間です。

キャンペーンは2019年10月1日からスタートしており、終了日は未定です。

PayPayモールの利用でキャッシュバック

ワイモバイルでは、PayPayモールの利用でキャッシュバックを受けられるキャンペーンを実施中です。

PayPayモールを利用すると、最大15%相当がキャッシュバックされます。

キャッシュバックを受けるためには、月額500円のEnjoyパックへの加入が必要です。

キャンペーン期間は2020年4月1日からスタートしており、終了日は未定です。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイルとワイモバイルのメリット・デメリットを比較

UQモバイルとワイモバイルはデータ容量に応じた3つのプランを設けているなど、サービス内容が似ている点もいくつかあります。

それぞれメリットやデメリットがあるため、UQモバイルとワイモバイルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリットデメリット
UQモバイル
  • 他社と比べて通信速度が速め
  • 料金プランがわかりやすい
  • 支払い方法が選択できる
  • データ容量を節約できる機能がある
  • データを繰り越せる
  • データ容量の選択肢が少ない
  • データ容量のシェアプランがない
  • 選択できる回線が1つしかない
  • キャリアメールが有料
ワイモバイル
  • 他社と比べて通信速度が速め
  • 料金プランがわかりやすい
  • 支払い方法が選択できる
  • キャリアメールが無料
  • データ容量のシェアプランがある
  • データ容量の選択肢が少ない
  • 選択できる回線が1つしかない
  • データを繰り越しできない

通信速度の速さや料金プランのわかりやすさなど、両社に共通したメリットもあります。

UQモバイルはデータを繰り越せますが、ワイモバイルではデータを繰り越しできません。

一方でUQモバイルではデータ容量のシェアプランはありませんが、ワイモバイルには家族でデータをシェアできるプランが設けられています。

UQモバイルとワイモバイルユーザーの口コミ

格安SIMへの乗り換えを検討している場合、実際に使っている人の口コミが気になる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、UQモバイルとワイモバイルユーザーの口コミを紹介していきます。

UQモバイルユーザーの口コミ

これらの口コミをみると、UQモバイルの通信速度やサービス内容に満足している人が多いことがわかります。

ワイモバイルユーザーの口コミ

これらの口コミをみると、ワイモバイルのお得な料金やサポート内容に満足している人が多いことがわかります。

UQモバイル・ワイモバイルをおすすめできる人

UQモバイルとワイモバイルの料金プランや通信速度など、様々な観点を比較してきました。

UQモバイルとワイモバイルそれぞれをおすすめできる人を紹介します。

UQモバイルがおすすめできる人
  • au回線を利用したい
  • データ容量を繰り越したり節約できる機能を求めている
  • より安い月額料金で様々なサポートを受けたい
  • 利用期間に関係なく同じ月額料金で利用したい
ワイモバイルがおすすめできる人
  • ソフトバンク回線を利用したい
  • 家族でデータをシェアしたい
  • キャリアメールを無料で使いたい
  • より多くの端末から選びたい

UQモバイルとワイモバイルが設けている料金プランの月額料金は同じですが、ワイモバイルは契約月と8ヶ月目の月額料金が高くなります。

そのため、契約期間に関わらず同じ月額料金でスマホを利用したい人にはUQモバイルがおすすめです。

一方で、家族まとめて契約してデータをシェアしたい場合は、データシェアプランのあるワイモバイルがおすすめです。

比較ポイントをチェックして格安SIMに乗り換えよう

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランや割引サービスなどに通った点もあります。

しかし、取扱端末やサービス内容などは異なるため、比較ポイントをチェックして自身に合った格安SIMを選ぶことが大切です。

家族まとめて乗り換えを検討している場合は、家族ときちんと協議して納得のいく乗り換えを目指しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい