1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイルでauスマートバリューは使える?

UQモバイルでauスマートバリューは使える?

更新日:2020.03.26

UQ mobile(ユーキューモバイル)でauスマートバリューの割引は適用できるのでしょうか?また月額料金はどちらが安いのでしょうか?乗り換え前のメリットやデメリットをまとめてみました!

KDDI系のサービスで自宅ネット(固定回線)やWiMAXとセットでauスマホが割引になる「auスマートバリュー(mine)」 がありますが、MVNO「UQモバイル」でも使えるのでしょうか?調べてみました。

スマートフォンをいじる女性

UQモバイルでauスマートバリューは使えない

まずはじめに、2017年5月時点ではUQモバイルの格安スマホサービスにauスマートバリューの割引を適用させることは不可となっています。

ではそれは何故なのか、またどちらがお得なのかについても考えてみたいと思います。

そもそも「auスマートバリュー」とは何か?

auスマートフォンなど+ネットと電話+ご利用料金の割引
出典:au

「auスマホとネットと電話、セット契約で月額料金が割引になる」サービスです。基本的には「auのスマホや携帯」と他のネット契約がセットでお得になるというサービスなので、UQ mobileの格安スマホの割引には適用されません

また割引には2種類があり、通常のスマートバリューと、スマートバリューmineという割引があります。

auスマートバリュー
出典:au

  • スマートバリュー:auスマホ+固定回線のインターネットと電話のセットで割引
  • スマートバリュー mine:auスマホ+WiMAXなどのWi-Fiルーター契約とセットで割引

通常のスマートバリューが固定回線のインターネットと電話契約とセットで割引を行なっているのに対し、mineはWiMAX系のWiFiルーターなどとセットで月額料金が割り引かれます。

mineの場合にはUQコミュニケーションズで契約したWiMAX系サービスでもauのスマートフォンとセットで割引になるですが、同じくUQコミュニケーションズが提供する格安スマホ「UQモバイル」には適用されません。少し紛らわしいですが、つまりは現状auスマートバリューという割引サービスはUQ mobileの月額料金には特に影響しないものになっています。

UQモバイルと比較してどちらが安いのか?

auのスマートフォンの月額基本料金を比較すると、当然ながら格安スマホのサービスであるUQモバイルの方が全体的に安くなっています。

また先ほど紹介した割引のauスマートバリューについては固定回線契約やWiMAX系契約が前提での割引なので、スマートフォン単体で使うならばUQモバイルへ乗り換えた方が、月額費用を安く抑えることができる可能性が高いでしょう。

UQモバイルの最安料金

  • データ高速プラン(3GB):月額980円

例えば、UQモバイルの最安プランの場合、月額980円となります。月間利用できるデータ量は3GBとライトユーザーなら十分満足できる通信量です。

また、音声通話ができるプランの場合は、月額1,680円と利用した分の通話料ということになります。どちらにせよ月額2,000円以内で利用できます。

auスマートバリューの最安料金

  • データ定額3(3GB):月額4,200円

auでデータ定額3を契約し、auスマートバリューを利用すると月々934円割引となります。この場合、月額料金は約3,300円ほどです。

また、今回の試算には端末料金が含まれていません。キャリアを契約した人の多くが、端末料金を支払っているケースなため、実質もう少し負担は大きくなります。

UQモバイルの方がお得!

  • データ高速プラン(3GB):月額980円

結果的にUQモバイルの方がお得に契約できます。現在、auを契約している方でもスマホを引き継いで乗り換えることが可能。実は、UQモバイルはau回線なので乗り換えが容易にできます。

月額料金が半額程度に抑えられるので、auを契約している方の中で少しでもお得に利用したい方は、UQモバイルを契約してみてください!

購入できる端末の種類やサービスをどうみるかが重要

ただしすでに固定回線を契約していたり、家族みんなでauスマホを利用していたり、という場合には、複合的な理由でauの契約にしておくままの可能性が良い可能性もあります。

家族1~4人の場合の割引額
出典:au

(↑複数人の割引が可能なので、家族でauにまとめている場合も多い)

たとえば、auスマートバリューは固定回線1契約に対して家族複数人の割引が可能です。また家族で請求をまとめている場合もあるでしょうし、更新月がバラバラであったり、格安SIMの通信速度に納得できるか不安であったり、そもそも家族で格安スマホへ乗り換えるのが手間だったり、auでしかほしい機種が買えなかったり、近くにauショップがあるから、といった理由を挙げることができます。

ここで注目しておきたいのは、au回線を利用した本家auとUQ mobileであっても、全く違うサービスになっているということです。特にスマートバリューに関してはお得に利用するために家族全員auで契約をまとめている場合もありますし、請求をまとめていたりといった場合もあります。利便性や手間を総合して考えるとauでそのまま使うケースが総合的にみて楽というケースもあるでしょう。

もちろんスマートバリューを適用した月額料金と比較しても、UQ mobileの格安SIMへ乗り換えた方が安くなるケースは多くあります。安さに重点を置くのか?通信回線の速度や店舗サービスに重点をおくのか?など、総合的にみて乗り換えをすべきなのか判断する必要があると言えます。

格安スマホへ乗り換えた方が、総合的にみて良いケース

  • 一人暮らしを始めて請求を別にする
  • 携帯電話料金をなるべく安く利用したい
  • 近くに店舗が無くてもネット手続きで問題ない(ただしUQも店舗は多いMVNO)
  • 使いたい機種がUQで販売している

スマートバリューと比較するのであれば、単身利用ならほとんどのケースでUQのスマホの方が安くなる可能性が高いです。月額料金の安さを重視する方はUQモバイルがおすすめです。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!5,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

端末を別購入したい場合には、au回線以外の選択肢も

もしau系回線ということにこだわりがないのであれば、他の格安SIMもチェックしておくことをおすすめします。理由は以下の通り。

  • au系回線のMVNOでは使えない端末も多い
  • ドコモ系の格安SIMサービスの方が多い

au系MVNOで使えない端末が意外と多い」という部分。au系は3G回線のところでドコモ系やソフトバンク(ワイモバイル)系とは異なった通信方式を採用しており、基本通話は3Gを利用することもあって、このせいで、日本で正規発売されているSIMフリースマホであっても使えない機種が意外と多いです。※VoLTEに対応していればLTE回線を利用して通話が可能な機種もありますが、VoLTEはローカルキャリア(ここでいうKDDI/au)への対応が必要となっており、こちらもSIMフリースマホにおいては意外と少ないです。

こういった現状から、現状は主に通話利用の3GがWCMDAに対応した端末が日本では使える機種が多いという状況になっています。ソフトバンク、ワイモバイル系のMVNOはようやく少し登場した状況なので、UQモバイルにこだわらないのであれば、ドコモ系の回線を利用した格安スマホサービスの中から選ぶのが、2017年前半では無難な選択肢と言えます。

スマートバリューのようなサービスは格安SIMにもあるの?

ビッグローブの光SIMセット割
出典:ビッグローブ

実は固定回線+格安SIMでのauスマートバリューのような割引サービスというのは、少し前から大手ISP(インターネットサービスプロバイダー)を中心に提供されています。少し例を挙げてみましょう。

  • ビッグローブ光:光☆SIM セット割
  • IIJmioひかり:mio割
  • OCN光:OCN光モバイル割
  • @nifty光:まるっと割(ネット+スマホ)…等

※最近では電気料金もセットでさらに割引になるようなサービスも登場しています。

上記以外にも固定回線とのセット割を提供しているMVNOはいくつかあります。ドコモ光が始まったことでISP系中心に固定回線の卸売が多くなり格安SIMでもセット割引が増えてきているわけですが、もし「すでにOCN光を利用している」「すでにBIGLOBE光を使っている」 という方であれば、セット契約で割引があり少しお得に使えるので、チェックしておくべきといえます。

auスマートバリューの利用者は、格安SIMへ乗り換えるべきか

最後に記事の内容をまとめてみます。

  1. 月額料金の安さに重点を置くなら、UQスマホの方が安いケースが多々ある
  2. auスマートバリュー利用者は家族全員がauだったり、請求をまとめていたりとがんじがらめになっている場合もある。家族全員乗り換える手間や利便性といった全体的な部分を含めれば、家族利用ならauにそのまま残るという選択肢もあり
  3. UQモバイルで使いたいプランや機種がないなら、ドコモ系の格安SIMをチェックするのがおすすめ。提供会社の選択肢が多く、国内で正規販売されている多くのSIMフリースマホが使えるメリットもある

auスマートバリューはそもそもが「au系サービスで家のネットもスマホがもまとめるとお得に」というサービスなので、現状割引を適用されている方はau系サービスでまとめている方も多いはずです。割引の他にも請求のわかりやすさ、多くの実店舗ショップがある利便性など、総合してみるとそのままauに残るという選択肢もありますが、UQモバイルへ全て乗り換えてしまった方が料金面でのメリットを多く享受できる可能性は高いです。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!5,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

また回線種別にこだわらないのであれば、ドコモ系の格安SIMもチェックしてみることをお勧めします。提供会社が多いため様々なサービスがあり、使える端末も多いことからも比較しておくべきでしょう。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい