1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイルの審査落ち原因と解決法は?審査期間が遅い理由も

UQモバイルの審査落ち原因と解決法は?審査期間が遅い理由も

UQモバイルの審査に落ちてしまう原因や、落ちないようにするための方法について解説します。また、審査に時間がかかるという言われていますが、その理由についても紹介します。審査についての口コミも集めてみました。

口座振替でUQモバイルを契約する場合には、審査があるのをご存じでしょうか?審査というだけで不安になる方がいるかもしれませんが、実際にどのような審査が行われているのでしょうか?

今回は、UQモバイルで実施される審査や審査落ちする原因と解決法などについて解説していきます。

OCNモバイルONE

UQモバイル新規契約の審査とは

UQモバイルと新規契約する場合や口座振替契約をする場合は、「審査」が行われます。しかし、実際には「審査」というほどおおげさなものではなく、「本人確認」と「支払い能力の確認」程度のものといわれています。

そのため、申し込み情報と本人確認書類に間違いがなければ審査に通過できると考えてよいでしょう。それほど気にするものではありません。

ただ、端末を分割で新規購入する場合に限っては、信用情報機関の情報が照会されることになります。これまでに、携帯料金などの滞納や遅延、任意整理や自己破産などの金融事故などをおこして、その記録がまだ残っている場合は、分割購入の審査には落ちるかもしれません。

UQモバイルを契約する!

期間や日数・時間は?遅い?

新規購入や口座振替の申し込みをして、どれくらいの期間で審査に通過できるのか、気になるところです。

UQモバイルの審査は、通常であれば1日程度で終了するといわれています。しかし、口コミを見ると1日で必ず完了するというわけではなさそうです。

「丸1日経過しても審査に通らない」「オンライン申し込みだと土日は工程が進まない」といったケースもあるようです。ただ、実際には「土日は審査が遅い」ということではありません。

申し込みをした時点での審査状況の混雑具合によって審査に通過できるまでの時間が変わってくる、と考えたほうが自然です。つまり、平日でも審査が混雑していれば、同じように時間がかかるケースがあるでしょう。

通常なら、夕方ごろに申し込みを完了すれば当日中または翌日の午前中には審査が完了し、その後SIMカードや端末が配送されます。

審査基準は?

審査と聞いて気になるのが「審査基準」です。しかし、UQモバイルでは新規契約時や口座振替契約時の審査基準については公表していないため、実際のところわからないというのが事実です。

ただ、これは他のキャリアやカードローンなど扱う業者でも公表しているものではありません。ですから、「審査基準とは誰にもわからないもの」と考えておけばいいでしょう。

審査は厳しい?

UQモバイルの審査では、「本人確認書類」と「月額料金の支払い能力」について確認されます。そのため、実際には審査と呼べるほど厳しいものではありません。

具体的には、これまでに携帯やスマホなどの料金の延滞していなければたいていのユーザーは審査に通過できるといわれています。ですから、そこまで不安になる必要はないでしょう。

用意する書類

UQモバイルで審査、つまり新規契約を行う場合に必要な書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 補助書類(場合による)
  • 家族であることを証明する書類(場合による)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

UQモバイルで新規契約を申し込む場合は、本人確認書類が必要です。

個人の本人確認書類として利用できるもの

本人確認書類注意点
運転免許証公安委員会発行で有効期限内のもの(※国際免許証を除く)
※2012年4月1日以降に公布された顔写真付きの「運転経歴証明書」を含む。
パスポート
(日本国旅券)
有効期限内かつ、現住所が記載されているもの
マイナンバーカード
(個人番号カード)
表面のみ
※マイナンバーの通知カードは利用不可
住民基本台帳カード
(写真付きのみ)
有効期限内かつ、顔写真・住所・生年月日が記載されているものに限る。
カードに記載されている内容とUQモバイルに申込みの住所・氏名・生年月日が一致しているものに限る。
身体障がい者手帳住所の記載があるもの
療育手帳住所の記載があるもの
精神障がい者保健福祉手帳住所の記載があるもの
特別永住者証明書有効期限内のもの
在留カード在留期間がUQモバイルの基準に満たない場合、割賦購入できない場合あり。
※SIMカード・端末を一括購入、かつ口座振替にて支払う場合、在留期間の残り期間が8ヶ月以上必要。
住居地が「未定(届け出後裏面に記載)」となっている場合は、別途補助書類が必要。
健康保険証+補助書類有効期限内のもの。
健康保険証だけでは受け付け不可。補助書類が必要

UQモバイルを契約する!

また、契約名義人が未成年の場合、以下の種類がすべて必要になります。

  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者同意書(兼フィルタリングサービス不要同意)
  • 親権者の本人確認書類

契約名義人が未成年の場合の注意点

各本人確認書類は「個人」のものに準じます。契約者と親権者の苗字・住所が違う場合は、続柄を証明する戸籍謄本または続柄記載のある住民票(発効から3ヶ月以内)が必要です。

また、契約者が未成年の場合は親権者同伴で来店した場合のみ申し込みできます。約者が小学生以下の場合、親権者名での契約となります。(通学進学の2ヶ月前より未成年者名義での申込みが可能)

補助書類が必要な場合

UQモバイルの申込みをする場合、本人確認書類以外に補助書類の提出が求められることがあります。

補助書類が必要な場合

  • 健康保険証による本人確認を希望される場合
  • 本人確認書類の記載住所と現在住んでいる住所が異なる場合

補助書類として利用できるもの

補助書類
注意点
公共料金領収証発行日より3ヶ月以内で、現住所が記載されているもの。(電気・都市ガス・水道など)
※記載されている住所が本人確認書類の住所と同じ場合、記載名字が契約者と同一であること。
※本人確認書類記載の住所と、現住所が異なる場合、公共料金領収証の宛名が本人宛であること。
住民票発行日より3ヶ月以内で、現住所・本人氏名が記載されているもの
届出避難場所証明書発行日より3ヶ月以内で、現住所・本人氏名が記載されているもの
行政機関発行の領収証発行日より3ヶ月以内で、現住所・本人氏名が記載されているもの

家族であることを証明する書類

UQモバイルとの契約で契約者と利用者の苗字や住所が異なる場合、家族であることを証明する書類が必要になります。

家族であることを証明する書類

家族であることを証明する書類
注意点
戸籍謄本
発効日より3ヶ月以内のもの。
住民票(続柄記載)
発効日より3ヶ月以内のもの。
同性のパートナーシップを証明する書類地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書。

審査の確認方法

UQモバイルの審査に通過した場合でも、それを通知するメール配信や電話連絡などはありません。では、審査に通過したかどうかどのように確認したらいいのでしょうか?

UQモバイルの審査に通過した場合は「端末やSIMカードの配送完了」を通知するメールが届きます。それが「審査を通過した証」となるのです。

また、仮に審査に通過できなかった場合は、商品の配送はなく申込内容についても破棄されるとのことです。

UQモバイルの審査落ちの原因

それほど難しいものではないUQモバイルの審査でも、通過できないケースが実際にあります。どのような場合に審査落ちするのか解説します。

申込内容の不備

申し込み情報に不備があった場合は再提出を求められたり、そのまま審査に落ちてしまったりすることがあります。

特に、申込内容と本人確認書類に相違点があった場合は審査落ちする可能性が高くなるので注意が必要です。

本人確認書類の不備

本人確認書類は、文字通り「契約者本人かどうかを確認するための書類」ですから、確認が難しい場合は審査に通過できなくなります。本人確認書類の多くは「顔写真付き」のもので書類の写真を送付します。

そのため、写真がぶれている、顔の部分だけが切れている、小さすぎて確認が難しいなどのケースでは、差し戻されるか審査落ちとなることがあるのです。また、本人確認書類の有効期限が切れている場合は利用できませんので気を付けましょう。

クレジットカードの名義が本人ではない

UQモバイルの支払いをクレジットカードで行う場合、契約者本人名義のクレジットカードが必要になります。契約者とクレジットカード名義が異なる場合は審査に通過できません。

その他の理由

UQモバイルの審査に落ちるほかの原因となるのは以下の通りです。

  • MNP予約番号の有効期限が切れている
  • 契約回線が多い(UQモバイルでは5回線まで)
  • 支払方法が異なる(デビットカードは不可)
  • 個人信用情報に自己の記録が残っている
  • 過去にUQモバイルの料金を著しく滞納した経験がある

このような場合も審査に通過できなくなる可能性が高いので、事前にしっかり確認しましょう。

UQモバイルの審査に落ちた場合の解決方法

UQモバイルの審査に落ちたからといって、それほど落胆することはありません。

再審査を申請することで審査を通過できた例がたくさんあるからです。

再審査をすれば通ることもある

UQモバイルの「配送完了メール」がない場合、お客様センターに確認を取ってみましょう。すると、場合によってはなぜ審査に落ちたのか、原因となっていることを教えてもらえることがあります。

その原因を解消できるような場合は、解決後に再度申込みを行うことで審査に通過できる場合があるようです。

また、申込み内容の入力間違いや本人確認書類の不鮮明、MNP予約番号の期限切れなどの場合も、正しい手続きをすれば審査を通過することは可能です。ただし、「信用がない」が理由(過去の滞納やブラックリスト入り)で審査に落ちた場合は、再申請しても同じ結果になりますので注意してください。

UQモバイルを契約する!

まとめ

UQモバイルの審査はそれほど難しいものではありません。審査を通過するためには、UQモバイルが求める情報を正しく提出することが大切ということを覚えておきましょう。

UQモバイルを契約する!

UQモバイルで使用できる機種やSIMフリー端末について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

UQモバイルへの具体的な乗り換え手順や特徴についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

UQモバイルの通信速度が気になる場合は、こちらの記事が参考になります。

UQモバイルの評判や口コミを参考にしたいという方は、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい