1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. テザリングの速度はどれくらい?モバイルWiFiとどちらが速い?|遅いときの原因・対処法

テザリングの速度はどれくらい?モバイルWiFiとどちらが速い?|遅いときの原因・対処法

更新日:2020.12.15

テザリングとモバイルWiFiルーター、速度や料金にはどんな違いがあるのでしょうか。どちらもインターネットを他の端末と共有できる機能ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。2つを比較した上で、使うべき通信サービス・格安SIMを紹介します!

屋外で作業をするときなど、インターネット環境が必要なこともあります。しかし、必要なときにWiFiがない、となることもあるでしょう。

そのようなときに役立つのがテザリングです。

この記事では、テザリングの概要から速度、遅くなった時の対処法や接続方法などについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

テザリングとは?

そもそも、テザリングとはなんなのでしょうか。ここでは、テザリングの仕組みについて解説します。

テザリングの仕組み

テザリングとは、スマートフォンが回線を飛ばすことで、パソコンなどの端末でインターネット接続が可能になる機能のことです。縄という意味を持つ「tether」が由来となって、テザリングと呼ばれています。

回線を飛ばす親機、つまりスマートフォンのことは、「アクセスポイント」と呼ぶこともあります。

テザリングが利用できるようになれば、屋外での仕事などもスムーズにできるようになるでしょう。

テザリングには3つの方法がある

テザリングを利用する場合、3つの接続方法があります。ここでは、それぞれの接続方法について解説します。

WiFiで接続する

WiFiを使って接続する方法は、スマートフォンからWiFiを飛ばし、インターネットに接続したい端末をWiFiに接続するという仕組みです。

WiFiを使った接続方法は、複数の端末での接続が可能となります。他の2つの方法だと、接続できる端末は1台のみなので、大きな特徴だと言えるでしょう。

ただし、接続する台数が多くなると、親機であるスマートフォンのバッテリー消費が早くなるので注意してください。

Bluetoothで接続する

Bluetoothは、無線通信を活用してインターネットに接続させるWiFi同様無線LAN規格の1つです。

WiFiに比べて接続できる範囲が狭く、また通信速度も遅いという特徴を持ちます。

ただし、WiFi接続時に比べてバッテリーの消費を抑えることができます

USBで接続する

USBケーブルと端末を接続してインターネット通信を接続する場合、ケーブルの長さが接続可能範囲となるので、他の2つの方法に比べて接続範囲は狭めです。

ただし、直接スマートフォンと接続できるので、通信状況はかなり安定しています。また、ケーブルの接続先がパソコンであれば、スマートフォンの充電を同時に行うことも可能です。

テザリングの実効速度

テザリングを利用する際の実際の速度について解説します。接続方法によって速度が変わってくるので、自身にあった方法を選ぶようにしましょう。

WiFiテザリング

WiFiテザリングを利用すると、通常のスマートフォン利用時よりもやや速度が低下します。しかし、Bluetoothテザリング利用時よりは速いとされています。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、3つの接続方法の中でも1番速度が低下するとされている接続方法です。

BluetoothはWiFiよりも通信速度が遅く、テザリング利用だとさらに遅くなってしまいます。

USBテザリング

USBテザリングは、3つの接続方法の中でも1番速度低下が少ないのが特徴です。

スマートフォンと端末を直接繋いでいるため、通信も安定しています。

モバイルWiFiと速度比較

屋外でのインターネット利用にモバイルWiFiを利用している人もいるのではないでしょうか。

モバイルWiFiの場合、WiFiテザリングやUSBテザリングより遅くBluetoothテザリングよりも速いとされています。

速度だけで考えると、WiFiもしくはUSBがおすすめです。テザリングはスマートフォンで契約しているデータ容量を消費するため、すぐに速度制限がかかる恐れがあります。

そのため、データ容量を気にせずにインターネットを利用したい場合は、モバイルWiFiを利用した方がいいでしょう。

テザリングの速度が遅い原因・速くする方法

テザリングの速度が遅くなった時の原因と、その対処法について解説します。

電波状況が悪い

テザリングは、スマートフォンの電波を利用する仕組みであるため、電波状況が悪いと必然的に速度も遅くなってしまいます。

例えば、ビルがたくさんあるオフィス街窓のない部屋などは電波が悪くなってしまいがちです。

そのような場合は、場所を移動することで改善される可能性があります。

電波干渉が起きている

周囲でWiFiの電波がたくさん飛んでいるような場所だと、電波干渉が起き速度に影響するケースがあります。こちらもビル群などだと電波干渉が起きやすいとされています。

速度制限されている

テザリングは、スマートフォンのデータ容量を消費しているため、契約している容量を超えて速度制限にかかると通信速度も遅くなってしまいます。

そのような場合は、追加のデータを購入するなどの対応が必要です。

速度が遅いときはUSBの接続に切り替える

USBテザリングはテザリングの中でも、速度が速い方であり、通信も安定しているため、速度の低下も他の2つの方法に比べると起きにくいと考えられます。

モバイルWiFiの方が通信速度が速い

モバイルWiFiも比較的安定した速度での通信が可能です。ここでは、モバイルWiFiを利用するメリットについて解説します。

モバイルWiFiのメリット

モバイルWiFiを利用するメリットとしては、通信速度の速さが挙げられます。出先で仕事をする際などに、スムーズにインターネットが利用できるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

また、スマートフォンとは違い、高速通信が無制限で利用できるものもあります。万が一速度制限がかかったとしても、十分利用できる速度での接続が可能です。

おすすめはカシモWiMAX


出典:カシモWiMAX

※カシモWiMAXは当サイトを運営している株式会社マーケットエンタープライズの子会社であるMEモバイルが運営しています。

モバイルWiFiと言っても各社から展開されているため、どれを選べばいいのかわからない人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXは、月額料金1,380円〜という非常に安い料金で利用できるのが特徴です。

なぜ、こんなにも安く利用できるのかというと、カシモWiMAXでは広告やキャッシュバックキャンペーンなどを行なっておらず、その分の費用を利用料金に還元しているためです。

カシモWiMAXには2つのプランがあります。1つはデータ容量無制限で使用可能な「ギガ放題プラン」で、もう1つが月間7GBまで利用できる「ライトプラン」です。

どちらのプランも初月は0円、翌月は1,380円で利用できます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXの口コミ・評判については以下記事で詳しく解説しています。

速度はどれくらい?テザリングのメリット

テザリングを利用するメリットについて解説します。

簡単にネット接続ができる

モバイルWiFiの場合、機器を忘れてしまうと接続ができません。

しかし、スマートフォンは普段から持ち歩く人が多いはずなので、忘れてしまう心配もないでしょう。

モバイルWiFiの費用がかからない

モバイルWiFiを利用すると、スマートフォンとは別に費用が発生します。

一方で、テザリングであれば、スマートフォンの利用料金の中で利用できるので費用負担はゼロです。出費を少しでも抑えたい人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

USBテザリングは通信速度が安定している

テザリングの中でもUSBテザリングは通信速度が安定しているため、ストレスなく利用できます。仕事中に出先で急な顧客対応が必要な時にインターネットの接続状況が悪いとストレスも溜まります。

しかし、USBデテザリングであれば、スマートフォンで利用するのと同じスピードでインターネットに接続できます。

テザリングのデメリット

テザリングを利用するデメリットについて解説します。

Bluetoothテザリングは通信速度が遅め

通信規格の違いから、WiFiテザリングよりもどうしても速度が劣ってしまうので、急いでいる時などはストレスのもとになるかもしれません。

速度制限にかかることがある

テザリングはスマートフォンのデータ容量を利用しているため、スマートフォン本体と合わせて使いすぎると、あっという間に速度制限がかかってしまいます。

そうなると、テザリングはもちろん、スマートフォン利用時にも速度が遅くなってしまうので使い勝手が悪くなります。どうしてもインターネット通信が必要な場合は、追加料金を支払ってデータを購入することになるでしょう。

バッテリーの消費が激しい

テザリングはスマートフォンのバッテリー消費を早めてしまいます。そのため、使いすぎていると、日中でもバッテリーがほとんどなくなっている状態になりかねません。

使う際には、バッテリーにも注意する必要があります。

基本的に1台しか接続できない

WiFiテザリングをのぞいて、基本的にテザリングは1台のスマートフォンで1台の端末にしか接続できません。

また、WiFiテザリングで複数台に接続したとしても、データ容量の消費を早めてしまうため、すぐに速度制限にかかるケースもあるでしょう。

複数台の利用に向いていないのはテザリングのデメリットだと言えます。

キャリア別テザリングオプションの料金

キャリア別にテザリング利用時の料金について解説します。また、3大キャリア以外に、格安SIMでも利用できるのかについても解説しているので、参考にしてみてください。

ドコモの場合

ドコモの場合、テザリングを利用するには、「spモード」に加入しなければいけません。spモードは、月額料金300円で利用できます。

ただし、spモードはスマートフォン契約の際に加入必須となっているので、ドコモユーザーの場合、テザリングは実質無料だと言えるでしょう。

auの場合

auの場合、テザリングを利用するには、「テザリングオプション」に加入しなければいけません。ただし、規定のプランで契約を結んでいる場合は、無料でテザリングが利用できます。

テザリングを無料で利用できる契約プラン

  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G ALL STARパック
  • ピタットプラン 5G
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
  • auピタットプランN(s)
  • ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン
  • VKプランS(N)/VKプランM(N)

上記のプラン以外の場合は、月額料金500円で利用可能です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、テザリングを利用するには、「テザリングオプション」に加入しなければいけません。ただし、規定のプランで契約を結んでいる場合は、無料でテザリングが利用できます。

テザリングを無料で利用できる契約プラン

  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額(おてがるプラン専用)
  • データ定額 5GB
  • データ定額S(4Gケータイ)

上記のプラン以外の場合は、月額料金500円で利用可能です。

格安SIMでもテザリングできる?

格安SIMの場合、利用している端末や各社の利用回線によってテザリングの利用可否が異なります。

そのため、格安SIMユーザーでテザリングを利用したい場合は、各社のホームページを確認するようにしましょう。

▼以下記事では格安SIMでテザリングを使用する際の注意点などを解説しています。

テザリングの利用方法

テザリングの利用方法をiPhoneの場合とAndroidの場合、それぞれについて解説します。

iPhoneの場合

iPhoneのテザリング利用方法

  1. 「設定」を開く
  2. 「インターネット共有」へ進む
  3. 「インターネット共有」をオンにする
  4. 「WiFiをオンにする」

1分もかからず設定できるので、ぜひ試してみてください。

Androidの場合

Androidのテザリング利用方法

  1. 「設定」を開く
  2. 「接続」→「テザリング」と進む
  3. 「WiFiテザリング」をオンにする

接続する際は、SSIDとパスワードを確認しておくのを忘れないでください。

テザリングを活用してみよう

テザリングに関して、その仕組みから接続方法、速度などについて解説しました。テザリングは屋外でもインターネット接続が可能になる便利な機能です。

キャリアによっては無料で利用ケースもあるので、自身の利用しているプランをチェックしてみてください。

また、データ容量の消費が気になる場合は、モバイルWiFiの利用もおすすめです。

SHARE!!