50人に1人1万円分のギフト券プレゼント!! SIMCHANGE限定 特別キャンペーン実施中!
終了まであと
11
  1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【最新版】BLADE V8 徹底解説!高性能カメラ搭載スマホの評価も

「BLADE V8」のスペックや価格、評判を徹底解説。他の機種との比較も行っています。高性能カメラを搭載したミドルスペックスマホの実力は?DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)は使える?最安で買えるMVNOも紹介しています。

BLADE V8のおすすめポイントと注意点

Blade V8はZTEより2017年5月に発売されたミドルスペックスマホ。デュアルカメラによる3D写真やボケ味のある写真を撮影できる点が特徴的です。また、1,300万画素の高画質インカメラも搭載しています。

ここではそんなBLADE V8のスペック(性能)や価格についての評価・評判、他スマホとの比較を紹介していきます。

BLADE V8のスペック(性能)

BLADE V8のスペックは以下の通りです。Snapdragon 435を搭載したミドルスペックスマホとなっています。Android 7.0搭載、RAM3GB、ROM32GBと十分なスペックとなっています。ただし、3Dゲームをガッツリプレイしたい方には向いていないでしょう。

また、1300万画素のインカメラによって高画質な自撮りをすることができます。背面カメラは、デュアルカメラによる3D写真の撮影やボケ味のある写真が撮影可能となっています。

BLADE V8 スペック表

機種名BLADE V8
メーカーZTE
画面サイズ5.2 インチ フルHD
CPUクアルコム スナップドラゴン 435 オクタコアプロセッサ, WTR2965 ( (1.4GHz*4) + (1.1GHz*4) )
OSAndroid 7.0
RAM3GB
ROM32GB
カメラ画質背面:1300万+200万(デュアル)
前面:1300万
micro SD スロット
SIMカードnano×2
通信LTE: B1、 B3、B8、 B19、 B26 (au VoLTEのみ)
UMTS: B1 、B6、 B8、 B19
GSM: 850/900/1800/1900
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n
Bluetoothv4.1
バッテリー2,730 mAh
入出力端子micro USB
サイズ148.4mm×71.5mm×7.9mm
重量約 141.6g
本体カラーシャンパンゴールド/ミッドナイトグレー

BLADE V8のおすすめポイント

では、BLADE V8のおすすめポイントを挙げていきます。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応
2枚目のSIMスロットが3Gにも対応しているため、国内でもDSDSを有効活用することができます。
ボケモードを搭載
13MP+2MPのデュアルメイン背面カメラにより、ボケ味の写真を撮ることができます。撮影後にはピント位置やボケ効果の調整をすることもできます。
3D写真を撮ることができる
端末の外箱を組み立てて作ったゴーグルを使うことで立体感のある写真を楽しむことができます。ただし、端末を横向きにして3D写真を撮影することはできません。
1,300万画素のインカメラ
13MPの高機能カメラにより高画質の自撮りをすることができます。
指紋認証センサー搭載
パスコードを入力する煩わしさから解放されます。

BLADE V8の注意したいこと

SIMカードとSDカードのスロットが共通となっている
SDカードを使いながらSIMカードを2枚使うといったことができない仕様となっています。SIMを2枚使おうと考えている方は注意しましょう。
防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグに未対応
あると便利な機能ですが、残念ながら搭載されていません。
端子がmicro USB
type Cでないため、ケーブルの表裏を気にする必要があります。

BLADE V8の評価・評判と取り扱いMVNO一覧・価格(最安値)

では気になるBLADE V8についての評価・評判や、BLADE V8と格安SIMをセットで販売しているMVNO・販売価格について紹介します。

BLADE V8の評価・評判

高性能なカメラに注目が集まっています。特に、インカメラが1,300万画素という点が話題となっています。高画質な自撮りをしたい方にはおすすめのスマホです。

ROM32GBでは容量が足りないという声もあります。SIMカードのスロット2とSDカードが共用であるため、SIMを2枚入れて使う予定かつ容量が32GBでは足りない方は他の端末を検討したほうがいいでしょう。

BLADE V8を取り扱うMVNO一覧・最安値

BLADE V8を販売しているMVNOは以下のとおりです。

ご覧いただくタイミングによっては在庫切れになっている場合もございます。在庫詳細は公式サイトにてご確認ください。

BLADE V8と他の機種との比較

最後にBLADE V8と他機種との比較をしてみます。比較対象にはスペックが似ているHUAWEI P10 liteを選びました。

両端末を比較してみると、BLADE V8のカメラ性能が優れていることが分かりますね。特に、インカメラ(前面)の画素数が高くなっています。価格面ではHUAWEI P10 liteのほうが安くなっています。

また、両端末のDSDSの性能にも違いがあります。どちらの端末もDSDS搭載、SIMカードとSDカードのスロットが共通という点は同じです。しかし、P10 liteのSIMカードのスロット2は2Gのみ対応となっており、海外で利用することはできますが、日本では使うことができません。そのため、P10 liteは実質DSDSが使えなくなっているというデメリットがあります。

端末価格を抑えたい方にはHUAWEI P10 lite、カメラ画質やDSDSにこだわる方にはBLADE V8がおすすめです。

BLADE V8 スペック比較

機種名BLADE V8HUAWEI P10 lite
メーカーZTEHUAWEI
画面サイズ5.2 インチ フルHD5.2インチ 1920×1080 フルHD
CPUクアルコム スナップドラゴン 435 オクタコアプロセッサ, WTR2965 ( (1.4GHz*4) + (1.1GHz*4) )HUAWEI Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz)
OSAndroid 7.0Android 7.0 / EMUI 5.1
RAM3GB3GB
ROM32GB32GB
カメラ画質背面:1300万+200万(デュアル)
前面:1300万
背面:1,200万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano×2nano × 2
通信LTE: B1、 B3、B8、 B19、 B26 (au VoLTEのみ)
UMTS: B1 、B6、 B8、 B19
GSM: 850/900/1800/1900
FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26(アップデートにてau VoLTE対応予定)
TDD LTE:B41
2CA対応
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数
Wi-FiIEEE802.11 b/g/nIEEE 802.11 a / b / g / n / ac (2.4GHz / 5GHz)
Bluetoothv4.1v4.1
バッテリー2,730 mAh3,000mAh
入出力端子micro USBmicro USB Type B
サイズ148.4mm×71.5mm×7.9mm146.5 mm × 72 mm × 7.2 mm
重量約 141.6g146g
本体カラーシャンパンゴールド/ミッドナイトグレーサファイアブルー/パールホワイト/ミッドナイトブラック/プラチナゴールド(SIMフリー専用)/サクラピンク(UQモバイル専用)

BLADE V8に関する新着記事