1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2018年】格安スマホの福袋!販売実績を元に中身を予想します。

【2018年】格安スマホの福袋!販売実績を元に中身を予想します。

更新日:2018.06.18

2018年の「格安スマホ・福袋」販売予想!12月から1月にかけて、家電量販店や通販サイトでは福袋を販売するところも多いです。そこで今回は、SIMフリースマホが購入できる可能性のあるストアを、2017年の情報を元にまとめてみました!

大手家電量販店やオンラインストアでは「格安スマホの福袋」を販売しているところもあります。今回の記事では、2017年に発売された福袋情報をもとに、2018年も発売されそうな通販ストアや店舗などをチェックしていきます。


2018年格安スマホの福袋の販売が決定している店舗、ストア

まずは、2017年末~2018年始にかけて、格安スマホの福袋(セール・キャンペーン)が発売されることが決定しているオンラインストア・家電量販店を見ていきましょう。

ヨドバシカメラ:夢のお年玉箱


出典:ヨドバシドットコム

大手家電量販店からみてみましょう。「ヨドバシカメラ」では、2016年、2017年と格安スマホの福袋が販売されています。2018年の福袋は例年と異なり、ヨドバシドットコムでの抽選販売が行われました。2017年12月1日(金)の午前10時〜12月8日(金)の午前9時59分の期間で抽選申し込みを受け付け、12月11日(月)の午前11時より抽選結果が発表されました。当選した方にはメールにて、注文専用ページへのリンクアドレスが通知されます。そこから注文を行い、2017年12月28日(木)頃から2018年1月8日(月)頃までに、福袋が順次発送されるという流れとなっています。

なお、初売り当日に店頭でも数量限定販売されるので、抽選申し込みできなかった人もあきらめてはいけません。

去年発売された気になる中身は、1万円のお年玉箱でHUAWEI P9 liteやFREETEL SAMURAI REI(麗)などが入っていたようです。また5,000円のお年玉箱にはFREETEL MIYABI(雅)など。今年発売されたのSIMフリースマホのラインナップなどを見た上で検討すると良いかもしれませんね。

ビックカメラ・ソフマップ:格安スマホ福箱


出典:ビックカメラ

ビックカメラでも「格安スマホ福袋」が販売されます。2017年12月19日午前8時からネットで予約販売を行っていましたが、現在は完売しているようです。ですが心配は無用です。2018年元日の朝10時から店頭にて「格安スマホ福箱」が販売されます。

2017年は2種類あったようで、4,838円の袋にはHUAWEI Y6、9,698円の袋にはARROWS M02、HUAWEI P9 lite、SAMRAI REI(麗)などが入っていたようです。


出典:ビックカメラ
上の画像のようにある程度機種が予想できるようなヒントが出されている場合もあります。

また自社ブランドのBIC SIM(ビックシム) 音声通話パックが同梱しているので、福箱を購入するだけで格安SIMデビューもできてしまうというのも特徴です。

ソフマップも、ビックカメラグループということもあり、元旦に福箱を発売することが決定しています。合わせてチェックしてみてください。

ASUS JAPAN:ZenFone福袋


出典:ASUS ZenFone Shop

ZenFone 4などのZenFoneシリーズを手掛けるASUSでも、ZenFone shop限定で先着1,000名、数量限定のZenFone福袋2018の予約販売が行われています。予約は2017年12月21日(木)から開始されており、発送は、2018年1月10日(水)より順次発送となっています。

福袋は32,184円で

  • 「インスタ映え応援」ゴールドセット(きれいな写真が撮れる5.2インチのZenFone)
  • 「インスタ映え応援」ホワイトセット(きれいな写真が撮れる5.5インチのZenFone)
  • 「バッテリー長持ち」ピンクセット(チャージいらずと評判のZenFone)

の3種類の中から1種類が送られてきます。それぞれ図の犬がくわえている福袋の色がヒントになっているようです。どの福袋にも純正アクセサリーが入っているとのことなのでおトクに格安スマホを購入するチャンスですね。

格安スマホの福袋が2018年に発売されそうな店舗・ストア

ここでは、2017年末~2018年始にかけて、格安スマホの福袋(セール・キャンペーン)を発売しそうなオンラインストア・家電量販店などをまとめていきます。

  • 2016年末~2017年始の福袋発売情報を独自調査し、情報をまとめています。
  • 福袋やセールの内容は、発売していた店舗によって異なる場合があります。
  • 今回の記事で紹介するストアが、2017年末~2018年始にかけて再度販売するとは限らないのでご注意下さい。

ヤマダ電機


出典:ヤマダウェブコム

ヤマダウェブコムでは年末前にSIMフリースマホ福袋の抽選販売を行なっていました。1万800円でサイズやカラーの指定があったので、今年も発売されるのであれば、何かしら機種のヒントがあるかもしれません。

gooSimseller


出典:楽天市場

NTTレゾナントが運営する格安スマホ・格安SIMの通販ストアgooSimseller(楽天市場店など含む)でも、OCN モバイル ONEの格安SIMパッケージとSIMフリースマートフォンがセットになった「お楽しみ袋」を販売していました。価格は1万5,984円で、以下のようなスマートフォンが入っていたようです。

このように、すでに中に入っているスマートフォンがいくつかの機種で確定している場合もあります。欲しい機種がこの中にいくつかある場合には、お得に購入できそうですね。

EXPANSYS

海外版のスマートフォンなどを多く取り扱っているEXPANSYSも2017年は福袋を販売。すでに紹介した家電量販店などの格安スマホ福袋と比較すると少し高額であり、その代わり数少ない当たりにはAppleのiPhone SEが同梱されるなど、より福袋感(地雷感)の強い内容との声がTwitter上でも多く確認できます。

海外版端末の場合は、日本で利用する場合の技適には注意。

Apple Store(初売り)

2015年にはLucky Bag(日本語でいう福袋)が発売されましたが、2016年、2017年には発売されませんでした。その代わり、2017年は1月2日の初売りで「購入商品に応じて、最大1万6500円分のApple Storeギフトカード」がプレゼントされました(iPhoneの場合は最大5,500円分でした)。

2018年も同じようなキャンペーンを行うかは不明ですが、Apple製品が好きな方は公式サイトやニュースをチェックしておくと良いでしょう。

格安スマホ福袋の中身はある程度予想できることが多い

すでに確認したように、格安スマホの福袋は「ある程度中身を予測できる」ことも多いです。

例えば「5.0型(インチ)液晶」であったり、あらかじめ同梱される機種が紹介されていたりと、その時期に販売されているSIMフリースマホや型落ちモデルなどを含めてみれば、あとは価格をみてある程度どの機種が入っていそうか予想可能です。

もちろん福袋なので、安い価格でとてつもなく高性能なSIMフリースマホが入っていることに期待したいところですが、例年のTwitter報告などを見ると、びっくりするほどの価格差がある端末はほとんどない印象。あまり過度な期待をしないほうが良いでしょう。

もちろん、予想できるからといって、欲しいスマホが必ず手に入るわけでもありません。すでに購入したい機種が決まっている場合には、福袋ではなく年末年始のセールもチェックしておくとベターです。

MVNOの格安スマホ福袋

格安SIMサービスを提供するMVNOでも、福袋ではないですが、年末年始のキャンペーンを開催しています。以下で見ていきましょう。

楽天モバイル


出典:楽天モバイル

楽天モバイルはキャンペーンの多いMVNOとしても知られていますが、2017~18年の年末年始にかけてお得なセールを開催します。以下で詳細を確認していきましょう。

年末年始セールの詳細

セール対象の格安スマホ
HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova lite
セール価格
P10 lite:スーパーホーダイ3年契約で5,292円、2年契約で16,092円
nova lite:スーパーホーダイ3年契約で0円+1,200ポイントプレゼント、2年契約で9,504円
セール対象者
キャンペーン期間中に楽天モバイルWEBサイト、もしくは楽天モバイルショップにて”対象端末+通話SIM(スーパーホーダイ)”を申し込んだ方
セール期間
2017年12月28日(木)10:00~2018年1月12日(金)9:59

人気のHUAWEIシリーズ端末が破格で購入可能となっています。数量限定なので、上記の端末が気になっていた方はこの機会にぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:楽天モバイル

イオンモバイル(イオンスマホ)


出典:イオンモバイル

イオンモバイル(イオンスマホ)でも、2018年の年始におトクなセールを実施します。セールの名称は「イオンモバイル大盤振舞キャンペーン」です。

こちらのキャンペーンには、2つの特典が用意されています。1つ目はイオン店舗限定で端末と同時にイオンモバイルを複数台契約すると台数に応じてWAONポイントがプレゼントされるというものです。ポイントの内訳は以下の通りです。

  • 2台同時契約で4,000WAONポイント
  • 3台同時契約で9,000WAONポイント
  • 4台同時契約で12,000WAONポイント

2つ目の特典は、イオンモバイルの新規回線契約と同時に対象端末を購入するとSIMカードが1円になり、さらに端末が割引になるというものです。こちらは店舗・WEBどちらからの申し込みでも対象となり、WEBからの申し込みの場合さらにモバイルバッテリー(8,000mAh)がもらえます。対象端末等の詳細は以下の通りです。

イオンモバイル大盤振舞キャンペーンの詳細

セール対象の格安スマホ
HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova lite
HUAWEI P10
HUAWEI P10 Plus
HUAWEI nova
honor9
VAIO Phone A
Xperia J1 Compact
ZTE BLADE V7lite
セール価格
P10 lite:30,024円
nova lite:21,384円
nova:26,784円
honor9:53,784円
VAIO Phone A:21,384円
セール対象者
キャンペーン期間中に対象端末と音声プラン、データプラン、シェア音声プランのいずれかを新規契約した方
セール期間
2018年1月1日(月)~2018年1月9日(火)
WEB購入のみ2017年12月31日15:00~

セール価格を記載していない端末に関しては、12月31日以降の公式サイトでご確認ください。

楽天モバイルと異なり契約期間に縛りがなく、選べる端末が多いのが特徴ですね。データSIMでの契約でも特典対象なので、2台目のスマホを購入したい方にもおススメです。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

格安スマホを福袋で安く買うには

  1. 目当てのスマホが手に入りそうか事前調査(去年と比較)
  2. 福袋だけでなく、年末年始の特価情報もチェック(初売りなど)
  3. 格安SIMとのセット申し込みで安く買える場合もある(MVNOキャンペーン)
  • メリット:安く買える可能性がある
  • デメリット:福袋なので、欲しくなかった端末が手に入ることも

福袋は通常の販売価格よりもさらに安く格安スマホが購入できる可能性がある反面、パッケージによっては機種が選べなかったり、型落ちの機種が入っていることも多いです。発売が決まった時点で、去年の価格や内容を事前調査して購入に望むと良いでしょう。

また年末年始は福袋だけでなくスマートフォン単体で割引セールを行っている可能性もあるので、そちらもチェックしておくと良いでしょう。格安SIMの契約をこれから考えている方は、MVNOのキャンペーンもチェックしておくべきですね。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい