1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリールーターおすすめ6選|据え置き・モバイル型2種類を紹介!損しない選び方は?

SIMフリールーターおすすめ6選|据え置き・モバイル型2種類を紹介!損しない選び方は?

更新日:2020.06.19

通信会社に縛られず、自分の好きな会社を選んでネットを利用できるSIMフリーのWi-Fiルーターをご存知でしょうか。今回は一般的なWi-Fiルータとの違いや、おすすめのSIMフリーWi-Fiルーター6選、基本的な使い方をご紹介します。

生活のなかで、今やなくてはならないインターネットですが、最近では特定の通信業者に縛られずインターネットを利用できる、SIMフリーのWiFiルーターを選ぶ人が増えています。

SIMフリーのWiFiルーターとはどのようなものでしょうか。特徴や、おすすめのルーター、基本的な使い方を解説します。

SIMチェンジWIFI

SIMフリーについて解説

まずは「SIMフリー」について基本的な知識をおさらいしましょう。

スマホにはSIMカードという、受信する電波を認識するためのカードが入っています。

電波の中に含まれている情報を分析して、自分がどの電波を使ったらよいのかを判断できるようにプログラムされています。

利用者の識別情報や電話番号など、ユーザーを特定するための情報も書き込まれています。

以前は、スマホ端末をキャリアが販売するときに「特定のキャリアが発行したSIM以外を受け付けない」と設定されていて、同じキャリアのSIMカードと端末でなければ使えないというロック状態になっていました。

SIMフリーとはその縛りがない状態のことをさします。

SIMフリーは、端末のSIMカードを自由の入れ替えできる状態のことで、端末をそのまま継続使用しながら他の通信業者と契約し、他の通信業者のSIMカードを利用できます。

2015年に総務省がSIMロックの解除を義務化しました。それ以降発売された機種はSIMロックのないものが売られています。

SIMロックを解除する方法

キャリアの「SIMロック解除機能」がついている端末であれば、SIMロックを解除できます。

各キャリアでロック解除を受け付けられる条件が提示されているので、その条件を満たせば解除してもらえます。

場合によっては手数料が発生することもあるので、利用中のキャリアのサイトを確認してください。

SIMフリーWiFiルーターの特徴

SIMフリーのWiFiルーターの特徴をよい点と悪い点に分けてみてみましょう。

SIMチェンジWIFI

SIMフリールーターのよい点

SIMフリールーターを利用するとどんなよい点があるでしょうか。

通信費用を抑えられる

一番にあげたいのは通信費用が抑えられることです。SIMフリーなので、キャリアに縛られず格安SIMを利用できます。

通常のWiFiルーターと比べると大幅に通信費用を抑えることができます。

通信業者によって、月額の料金の違いが大きいので、料金の安い通信業者を選びましょう。

解約の違約金がかからない

キャリアで契約する場合には最低契約期間が決まっていて、契約更新期間外で解約しようとすると違約金が発生します。

しかし、SIMフリールーターの場合は、データSIMカードを別で購入するので、いつ解約しても違約金が発生しません。

自分の都合に合わせて使い始めて、好きなタイミングでやめることができます。

SIMフリールーターの悪い点

SIMフリールーターの悪い点も把握して、自分のライフスタイルに合うかどうか検討しましょう。

通信速度が遅い

家の中などで固定して使う、据え置き型のWiFiルータの通信速度は最大1Gbpsというところもありますが、格安SIMの通信速度は平均して251~300Mbpsくらいの速度設定になっています。

また、契約プランのデータ容量を超えると速度制限がかかりスムーズな利用ができなくなります。

速度制限のルールについてはモバイルルーターによって異なるので契約前に確認が必要です。

オンラインゲームを楽しみたい人や、動画視聴を頻繁にしたい人は、通信速度が遅くなったり、速度制限がかかるとサクサク進まないのでストレスを感じそうです。

さらに、家でパソコンを使ってデータのやり取りをする人にとっても、通信速度が遅いとなかなかファイルを送信できなかったりするので、SIMフリールーターを利用するか慎重に検討してください。

おすすめのSIMフリーWiFiルーター6選

<

数多くあるSIMフリーWiFiルーターの中から、おすすめしたい6つの商品を紹介します。

据え置き型のSIMフリーWiFiルーター

NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW 据え置き型 LTE ルーター nanoSIM×1

WANインターフェースの伝送速度は、受信が最大15Mbps、送信は最大50Mbpsです。

価格は、ショッピングサイトでは12,700~18,600円(税抜)で設定されており、お手頃なルーターです。

SIMカードスロットはnanoSIMが1つです。それぞれの通信会社が提供している多彩なプランに対応しているので、利用しやすいことも特徴です。

シンセイコーポレーション IML-C2300W-NW SIMフリーホームルータ novas HOME+CA FREE

高速無線LAN「11ac」&ギガヒット有線LAN「1000Base-T」規格に対応しています。

最大通信速度は受信300Mbps、送信が50Mbpsで快適なネット環境を作れます。

同時接続台数は最大18台まで可能なので、様々な端末をこのルーター1つでインターネットに接続可能です。

有線LANポートと無線LANでの接続ができます。

部屋に溶けこむナチュラルウッドカラーなので、どんなお部屋にもマッチするデザインです。

SIMフリーWiFiルーターですがau系と、ソフトバンク系には対応していません。

au Speed WiFi HOME WHITE L01s HWS32SWA

WiMAXに対応しているSIMフリーWiFiルーターです。

コンパクトなボディですが、通信速度は受信が最大440Mbps、送信は最大30Mbpsなのでネットを利用するものストレスなく快適です。

価格もAmazonで7,893円(税抜)とリーズナブルで購入しやすい価格です。

モバイル型のSIMフリーWiFiルーター

Huawei SIMフリーコンパクト WiFiルーター LTE Cat6 対応 E5383s-327

持ち運びに便利なコンパクトなWiFiルーターです。重量も340gで、500mlのペットボトルより軽く、カバンに入れていても重さを感じないくらいです。

2.4インチの液晶画面が搭載されていて、タッチスクリーンから操作を行います。

専用アプリをダウンロードすれば、スマホやタブレットからの操作も可能です。

バッテリー容量は3,000mAhの大容量で、連続待ち受けは1,200時間、連続通信時間は約13時間の長寿命で、一日中外出していても電池切れを心配せずに利用できます。

NETGEAR Inc. AirCard AC785 (SIMフリー LTE モバイルルータ グローバル対応) AC785-100JPS

重量は127gの軽量です。ほとんど持ち歩いているときに重さを感じないサイズです。

コンパクトながら通信速度は受信最大150Mbps、送信は最大150Mbpsで充分な速度がでます。

バッテリーの容量は2,000mAhで、連続通信時間は10時間たっぷり使えます。

接続できる端末は最大15台なので、自宅で複数の端末を同時に使いたいときにも十分対応できます。

Aterm MR05LN 3B クレードルセット PA-MS05LN 3B

最大受信速度375Mbps、最大送信速度は50Mbpsです。重量は約115gで、携帯するのに苦にならない重さです。

ボディはコンパクトですが、バッテリー容量は2,500mAhなので、連続動作時間は約14時間と長時間利用できます。

専用クレードルGiga対応のホームルーターに早変わりします。外出先でも自宅でも快適なネット環境を作ることができます。

SIMフリースマホと組み合わせると料金がお得

SIMフリールーターを使うなら、少しでもお得に利用したいでしょう。スマホと組み合わせて契約すると料金が安くなる3社、楽天モバイル、mineo、BIGLOBEモバイルをご紹介します。

ルーターの価格が安い楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、ルーターが月々575円(税別)の分割払いから用意されているので、価格の安さが魅力的です。

データ容量24GBの大容量プランもあるので、ルーターを利用するのにも使いやすいプランが準備されています。

楽天モバイルを契約する!

大容量プランがあるmineo

出典:mineo

mineoのルーターは月々400円(税別)から用意されています。約112gと軽量でコンパクトなので持ち運びにも便利なサイズです。

データ容量も最大30GBの大容量プランがあるので、ネットを頻繁に利用する人にとって使いやすいプランです。

mineoを契約する!

エンタメフリーオプションがあるBIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、ルーターは月々970円(税別)から用意されています。

音声通話SIM3ギガ以上の申し込みまたは利用で、「エンタメフリー・オプション」最大6ヶ月無料の特典が受けられます。

容量は最大30GBの大容量プランがあるので、ネットを安心して利用できます。

BIGLOBEモバイルを契約する!

SIMフリーのWiFiルーターはどのような人におすすめ?

メリットもデメリットもあるSIMフリーのWiFiルーターですが、どのような人なら活用できるでしょうか。

通信費を抑えたい人

通信費をできるだけ低く抑えたい人におすすめです。

キャリアでもモバイルルーターを提供していますが、格安SIMを利用するとキャリアのルーターを使う場合と比較して通信費をかなり安くすることができます。

また、スマホがあればインターネットの利用は可能ですが、モバイルWiFiルーターを持っているとWiFiを利用してインターネットを利用できるので、スマホの契約は一番安い通信プランにして通信料の節約をすることも可能です。

海外で使う機会がある人

SIMフリーのWiFiルーターなら海外でも利用可能なので、出張や旅行など海外に行く機会が多い人にもおすすめです。

現地でSIMカードを購入して、ルーターに差し込んで使うことができます。

ただし、国によって周波数が違うので、そのままの設定では使えない場合もあります。

出発前にSIMカードをどこで購入できるか、手持ちのWiFiルーターで使える周波数にその国の電波が対応しているか確認しましょう。

テザリング機能を使う人

スマホの機能の1つにテザリングがありますが、その機能を利用してパソコンやタブレットをインターネットにつなげることが多い人にも、SIMフリーのWiFiルーターはおすすめです。

テザリングは便利な機能ですが、スマホの消費電力も多く、データ通信量に加えテザリング料金が別に発生する場合もあります。

通信料が増えると、スマホのデータ通信容量がいっぱいになり、通信制限がかかる可能性が高くなります。

また、通信速度も遅く、スマホのバッテリー消費につながるので、頻繁にテザリング機能を利用している人は、WiFiルーターに切り替えるほうがスムーズにインターネットを利用できるようになります。

SIMフリーWiFiルーターの使用手順

メーカーによって若干の差はあるものの、基本的な使用手順はどのSIMフリーWiFiルーターも同じなので確認しておきましょう。

SIMチェンジWIFI

ルーターを充電する

初めにWiFiルーターを充電します。フル充電になるまでしっかりと充電してください。

電源ボタンを押してオンにする

充電が完了したことが確認できたら、SIMカードを挿入します。

そののち電源ボタンを押して電源を入れます。

電源が入ると直後に電波を受信するので、これでWiFiルーターのネット接続は完了です。

SSIDとパスワードを入力

次に、ネットにつなげて使用したい端末のセットアップをします。

スマホやタブレット、パソコンなどの端末で、WiFiの接続設定を開きます。

有効なWiFiが表示されているので、自分のWiFiルーターのSSIDを選択します。

選択すると、パスワードが要求されるので入力して、認証が終わると接続完了です。

SSIDとパスワードはあらかじめ決められており、ルーターの裏蓋に記載されていることが多いので確認しておきましょう。

SIMフリーWiFiルーターを上手に活用しよう

生活の中でなくてはならないインターネットですが、SIMフリーWiFiルーターを使うと、快適なネット環境を作ることができます。

キャリアのルーターよりも安く、通信費も抑えられます。解約の違約金も生じないので、いつでも好きなタイミングでやめられます。

テザリングをよく使う人や海外に行く機会が多い人は、SIMフリーWiFiルーターに切り替えると重宝します。

手頃な価格のものや、コンパクトで持ち運びに便利なルーターまで色々な種類があるので、自分のニーズに合うものを選びたいですね。

ぜひ上手に選んで、快適なデジタルライフをおくってください。

SHARE!!

あわせて読みたい