1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホ・格安SIMへの乗り換え方法をわかりやすく解説!

格安スマホ・格安SIMへの乗り換え方法をわかりやすく解説!

月々の料金に不満があり格安スマホに乗り換えたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は大手通信会社から格安スマホへの乗り換え方を分かりやすくまとめていきます。格安スマホへの乗り換え方が分からなくて困っているという方や格安スマホを使いたいけどどうすれば良いのか分からないという方はぜひご覧ください。

毎月の料金が高いと感じていて安く抑えたいと思っている時に浮かんでくるものが格安スマホへの乗り換えではないでしょうか。
大手通信会社から格安スマホに乗り換えるだけで月に支払うお金が半分以下になることだってたくさんあります。今回はそんな方のために格安スマホへの乗り換え方を分かりやすく説明していこうと思います。
格安スマホへの乗り換え方だけでなく乗り換え先におすすめの会社もまとめていくので、どうぞご覧ください。


格安SIMに乗り換えるのに必要な費用

まずは格安SIMに乗り換えるのに必要な費用をまとめていきます。

現在契約をしている会社に払う費用

  • MNP転出手数料:2,000~3,000円
  • 契約解除料:9,500円

格安SIMに乗り換える時に必要な費用はこのようになります。MNP転出手数料は契約をしている会社によって変わってきます。docomo(ドコモ)は2,000円 ※1、auとSoftBank(ソフトバンク)は3,000円です。※2 ※3

契約解除料は契約の更新月に解約をしないと支払う必要があります。なので更新月が分からない場合は現在契約をしている会社に問い合わせてみましょう。

新しく契約をする会社に払う費用

  • 契約事務手数料:3,000円

契約事務手数料は乗り換え先の会社に支払う費用で、初月の請求に自動で加算されるものです。

MNP転出手数料と契約解除料と契約事務手数料の全てを支払うことになると14,500円か15,500円がかかってしまうということです。更新月に乗り換えると5,000円か6,000円にまで抑えられるので、出来るだけ更新月に乗り換えるようにしましょう。

格安SIMに乗り換えるために必要なもの

格安SIMに乗り換えるために必要なものをまとめていきます。

MNP予約番号

今の電話番号のまま格安SIMに移行するという場合はMNP予約番号が必要となります。MNP予約番号は電話やショップで発行が可能となっていますが、ショップの場合は待ち時間がかかってしまうので電話での発行がおすすめです。

  • docomo(ドコモ):docomo(ドコモ)携帯「151」docomo(ドコモ)以外の携帯/PHS/一般電話「0120-800-000」※1
  • au:携帯/一般電話「0077-75470」※2
  • SoftBank(ソフトバンク):携帯「*5533」一般電話「0800-100-5533」※3

MNP予約番号は電話での発行が便利なので上記の番号に発信をして取得しましょう。またMNP予約番号には有効期限があるので、乗り換える当日または前日に取得すると良いでしょう。

本人名義のクレジットカード

格安SIMでの支払い方法はクレジットカードとなっていることがほとんどです。口座振替に対応している格安SIMもありますが、選択肢は減ってしまうので用意できるのであればクレジットカードを用意しましょう。

何らかの理由がありクレジットカードを作れないという場合はこちらを参考にしてください。

本人確認書類

格安SIMは申し込み時に免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。免許証があれば免許証で十分なのですが、免許証がない場合は格安SIM会社によって必要な本人確認書類が変わってくるので事前に確認しておきましょう。

※以上の情報は各大手通信キャリアの公式サイトから情報を抜粋しています。詳しく知りたい方はこちらの情報をご確認ください。

出典:※1 NTT docomo | 携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法
※2 au | ご解約前の注意事項を確認
※3 SoftBank | ソフトバンクから他社へ変更する場合

格安SIMに乗り換える時の注意点

次に格安SIMに乗り換える時の注意点をご紹介していきます。

メールアドレスに注意

現在大手通信会社のキャリアメール(例@docomo.ne.jp)を利用している場合はフリーメールアドレス(例:Gmailなど)を事前に用意してください。

格安SIMと契約をしてからでもフリーメールアドレスは作れますが、友人がPCからのメールを拒否している場合送れなかったり、Webサイトのアドレス変更が間に合わなかったりします。

筆者はフリーメールアドレスを後から作成してしまったので、乗り換えてから少し面倒なことになってしまったので、この記事をご覧の方は私と同じようなことにならないためにも、あらかじめメールアドレスを作成し、友人への連絡とWebサイトに登録したメールアドレスの変更を行っておいてください。

格安SIMに乗り換える場合、格安SIMにお申し込みをして、申し込み先から荷物が届くまでは今まで通りスマホは利用できます。荷物が届いてSIMカードを入れ替えて簡単な手続きをすると繋がるようになるので安心してください。

格安SIMに乗り換える手順

ではここからは格安SIMに乗り換える手順をまとめていきます。※インターネットで申し込みをして、郵送で格安SIMを送ってもらう場合

  • 乗り換える格安SIM会社を選ぶ
  • MNP予約番号を発行する
  • 乗り換える格安SIM会社に申し込みをする
  • SIMカードが届く
  • SIMカードをスマホに挿入に初期設定を行う
  • 回線の切り替え手続きを行う

格安SIMに乗り換える手順はこのようになっています。初期設定や回線の切り替え手続きはSIMカードが送られてきた時に同封されている紙に記載されている場合もありますのでご確認ください。

また格安SIMに乗り換えるときは、スマホ本体を新しく購入するのかどうかも考えなくてはいけません。現在使っているスマホが乗り換えたい格安SIMでも使えて、尚且つ使い続けたいと思っている場合は、新しいスマホを購入しなくても問題ありません。

ですが、もう現在使っているスマホが寿命で新しくスマホを購入したい場合は、格安SIMに申し込む時にSIMカードとセット購入が可能となっています。スマホ本体だけを別で購入することも可能ですがキャンペーンなどを行っている場合もあるのでどちらが安いのか確認してから購入すると良いでしょう。

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号の取得方法

次はMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号の取得方法をまとめていきます。

docomo(ドコモ)の場合

  • 携帯電話:151(9:00~20:00)
  • 一般電話:0120-800-000(9:00~20:00)
  • パソコン:My docomoから「各種お申し込み・お手続き」を選ぶ(24時間)

公式サイト:docomo

auの場合

  • 携帯電話/一般電話:0077-75470(9:00~20:00)
  • EZWeb:トップから「お客様サポート」を選択し「申し込む/変更する」を選ぶ(9:00~21:30)

SoftBank(ソフトバンク)の場合

  • 携帯電話/一般電話:0800-100-5533(9:00~20:00)
  • Yahoo!ケータイ:トップから「My SoftBank」を選択し「各種変更手続き」を選ぶ(9:00~21:30)

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号はこれら以外に各ショップでも取得が可能となっています。手間でなければショップでの取得でも問題ありません。

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号には有効期限があり発行してから15日が有効期限となっています。乗り換え先にもよりますが、有効期限は10日から12日程度残っている状態が必要になっていることがほとんどです。

公式サイト:SoftBank

格安SIMの初期設定

乗り換え先に申し込みが完了してSIMカードが送られてきたら初期設定を行いましょう。格安SIMの初期設定はiPhoneかAndroid(アンドロイド)かで設定方法が変わってきます。

iPhoneの場合はSIMカードを挿入してプロファイルをインストールするという手順となります。このプロファイルは契約した会社の会員ページなどからインストールできるので自分の会社のマイページなどを確認しましょう。

Android(アンドロイド)の場合はSIMカードを挿入して設定アプリを開き自分が申し込んだ会社のユーザー名などを入力するだけとなります。入力する情報は会社ごとに違うので送られてきたSIMカードに添付された紙やメールなどを確認しましょう。

docomo(ドコモ)から乗り換えるおすすめの格安SIM

ここからはdocomo(ドコモ)から乗り換える人におすすめの格安SIMをご紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイルはスマホ本体のキャンペーンを行っていることが多く、SIMカードとスマホ本体を購入したいという人におすすめの格安SIMです。

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円-最大200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月【docomo回線】
下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
【au回線】
下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚

楽天モバイルの月額料金はこのようになっています。口座振替に対応していることや楽天スーパーポイントが貰えることなどが楽天モバイルのおすすめポイントです。

公式サイト:楽天モバイル

LINEモバイル

LINEモバイル
出典:LINEモバイル

LINEモバイルはSNSアプリを多様する人におすすめの格安SIMです。LINEモバイルではSNSの利用にデータ通信量が消費されません。なのでSNSをたくさん使う人には向いている格安SIMですが、SNSを使わない人だと少し月額料金が高く感じるかもしれません。

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
SIM枚数
LINEフリープラン 1GB500円620円1,200円1GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,110円1,690円3GB/月1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,810円2,390円3GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,640円2,220円5GB/月1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,140円2,720円5GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,300円2,880円7GB/月1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,700円3,280円7GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,640円3,220円10GB/月1枚
MUSIC+プラン
10GB
-2,940円3,520円10GB/月1枚
au回線はLINEフリープランのデータSIMプランの提供がありません。

LINEモバイルの月額料金は上記の通りです。LINEモバイルは現在は新しく出来た格安SIMということもあり通信速度も優れています。今後利用者が増えてきて通信速度は落ち着く可能性もありますが、今のところ快適に利用できます。

公式サイト:LINEモバイル

auから乗り換えるおすすめの格安SIM

次はauから乗り換える人におすすめの格安SIMをご紹介します。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はau回線にも対応している数少ない格安SIM会社です。現在auで購入したスマホをそのまま使おうと思っている方におすすめです。

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+
SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
500MB756円756円(SMS付帯料なし)1,414円500MB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
1GB864円864円(SMS付帯料なし)1,522円1GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
3GB972円972円(SMS付帯料なし)1,630円3GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
6GB1,706円1,706円(SMS付帯料なし)2,365円6GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
10GB2,721円2,721円(SMS付帯料なし)3,380円10GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
20GB4,298円4,298円(SMS付帯料なし)4,957円20GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚
30GB6,372円6,372円(SMS付帯料なし)7,030円30GB/月受信最大708Mbps
送信最大50Mbps
1枚

mineo(マイネオ)のau回線の月額料金はこのようになっています。mineo(マイネオ)はデータ通信量の節約がしやすいことや、家族割引など使いやすいサービスが複数用意されています。

公式サイト:mineo(マイネオ)

UQモバイル(ユーキューモバイル)


出典:UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイル(ユーキューモバイル)もau回線に対応している格安SIMになります。UQモバイル(ユーキューモバイル)の最大の特徴は通信速度が速いということです。どの時間帯でも安定していることもあり通信速度が重要だという方におすすめです。

UQ mobile月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限送受信最大500kbps1枚
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,138円
(14ヵ月以降は3,218円)
最大3GB
(26ヵ月以降は1GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,218円
(14ヵ月以降は4,298円)
最大9GB
(26ヵ月以降は3GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,378円
(14ヵ月以降は6,458円)
最大21GB
(26ヵ月以降は7GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

UQモバイル(ユーキューモバイル)月額料金はこの通りです。おしゃべりプランやぴったりプランは2年後に値段が上がってしまうため注意してください。

公式サイト:UQモバイル(ユーキューモバイル)

SoftBank(ソフトバンク)から乗り換えるおすすめの格安SIM

SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIMは数が少なく、データ専用SIM・通話SIMの両方に対応しているのはb-mobileのみになります。

オプションの充実度などから比較すると、SoftBank(ソフトバンク)ユーザーの場合はSIMロックを解除してdocomo(ドコモ)回線かau回線のものに乗り換えたほうがより多くのプランを選ぶことができます。

ソフトバンク対応の格安SIMについて詳しく知りたい場合は日本通信b-mobileはソフトバンク使いの救世主となれるのか?をご参照ください。

格安スマホへの乗り換え方法は複雑ではなく簡単!

格安スマホへの乗り換え方は以上となります。大手通信会社で乗り換えるよりも自分で行わないといけないことが多いので難しいと思ってしまいがちですが、思っているよりも簡単に格安スマホは乗り換えられます。

私が乗り換えた時の困ったことなども参考にして、乗り換え先を予め調べておいたり、準備をしておくことは忘れないようにしましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい