1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホ・格安SIMへの乗り換え方法をわかりやすく解説!

格安スマホ・格安SIMへの乗り換え方法をわかりやすく解説!

更新日:2019.11.29

月々の料金に不満があり格安スマホに乗り換えたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は大手通信会社から格安スマホへの乗り換え方を分かりやすくまとめていきます。格安スマホへの乗り換え方が分からなくて困っているという方や格安スマホを使いたいけどどうすれば良いのか分からないという方はぜひご覧ください。

この記事の目次

格安SIMや格安スマホへの乗り換えに興味はあっても、難しそうでなかなか手が出せず、悩んでいませんか。

確かに格安SIMや格安スマホへの乗り換えは、通常のスマホの乗り換えより、自分で調べなくてはいけないことが多くあります。

しかし調べておくべきポイントを押さえて取り組めば、簡単に乗り換え手続きを済ませられます。

ここでは記事執筆時の2019年10月時点での、格安SIMや格安スマホへの乗り換えについて詳しく解説します。

また格安SIMや格安スマホへの乗り換えタイミングに悩んでいる人向けに、どんな時ならベストなのかもあわせて解説します。

格安SIMに乗り換えるのに必要な費用

現在利用している大手キャリア(auやSoftBankなど)から格安SIMに乗り換える際、現在契約中の大手キャリア会社に支払う費用と、新しく契約する会社へ支払う費用がそれぞれ異なります。

現在契約をしている会社に払う費用

現在契約している会社に支払う費用は「MNP転出手数料」と「契約解除料」の2種類です。

格安SIMに乗り換える際、これまで使っていた電話番号をそのまま引き継いで使う仕組みを「MNP(ナンバーポータビリティ)」と言います。この「MNP」を利用する場合、現在契約をしている会社に対し「MNP転出手数料」を支払います。

大手キャリア3社のMNP転出手数料は、以下の通りです。

  • docomo:2,000円
  • au・SoftBank:3,000円

また「契約解除料」は、契約しているプランを最初に結んだ契約年数の途中、あるいは契約更新月以外で解除する場合に発生する費用です。

たとえば「2年割」のように2年間継続して使うプランを契約した後、1年目で契約を解除して格安SIMに乗り換える場合、契約解除料が発生します。

契約解除料はどのキャリアでも、一律で9,500円が課せられます。

反対に、発生しない場合は次の2通りです。

  • そもそも利用年数の縛りがないプランを利用している
  • 新たに契約し直せるタイミングである「契約更新月」を含む前後3ヶ月に解約する

契約更新月は一般的に、利用開始から24ヶ月目が契約更新月ですが、具体的な日付が分からない場合は、各社のお問い合わせページやマイページで調べられます。

ただし、2019年よりスタートした各キャリアの新プランで契約していた場合は注意が必要です。

何故かというと、2019年の変革によりプラン内容が大幅に変わり契約解除料が「2年経過後なら1,000円」であったり、プランによっては「契約解除料不要」など、契約日によって変わる可能性があるからです。

新しく契約をする会社に払う費用

新たに契約する会社へ支払う費用を「契約事務手数料」と言います。

初月の請求に自動で加算される費用で、どの契約先でも3,000円かかります。

乗り換え時に必要なトータル費用

乗り換えに必要なトータル費用を、大手3社別に表でまとめました。

ただし、2019年の変革でプランによっては契約解除料が全くかからない、1,000円になっている、といった場合もあるため、従来プランを契約している場合を想定しています。

契約解除料なし契約解除料(9,500円)あり
docomo5,000円14,500円
au/SoftBank6,000円15,500円

表に記載したトータル費用とは異なる費用が求められるかどうか、判断するポイントとなるのは契約した日付です。

これらに当てはまる場合、新しい基準が適応されるため、トータル費用が大幅に異なる可能性があります。

また契約年数が2年以上の長期に及ぶ場合も、たとえばauであれば「契約年数が11年目以降で条件を満たすと、契約更新月以外でも解除料が3,000円になる」など決まりに違いがあるため、最終的なトータル費用が異なります。

必ず自分の契約日やプランを確認しておき、トータル費用を把握しておきましょう。

乗り換えにかかる費用をおさえるポイント

スマホ本体の費用はなかなか安くできませんが、乗り換え時にかかる手数料を抑えることはできます。

特に従来プランを契約している方は、契約更新月を含む前後3ヶ月なら9,500円お得に乗り換えることができます。

また解約と新規契約のタイミングは月末がおすすめです。

  • 解約月は日割り計算してくれないため、たった1日使っただけでも月額料金が発生してしまう
  • 新規契約はどの会社でも日割り計算してくれるため、月末に契約すれば月初費用がお得になる

月末にある締め日に解約・新規契約すれば、その月は料金分しっかり使った上で、新規契約月の費用を最小限に抑えられます。

ただし手続きには時間がかかることも多いため、月末になって慌てないように、1週間くらい前から余裕を持って手続きを開始するのがおすすめです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安SIMに乗り換えるために必要なもの

格安SIMの乗り換えには、費用以外にも必要なものがあります。

MNP予約番号

現在の電話番号のまま格安SIMに移行できるMNPを利用するには、MNP予約番号の取得が必要です。取得方法はショップや電話、もしくは各社マイページよりオンラインで取得できます。

全く取得方法が分からない場合はショップでの相談が確実ですが、オンライン上で情報を確認できるようであれば、マイページから取得するのが最もお手軽です。

より詳しい取得手続きについては、また後ほど解説します。

本人名義のクレジットカード

格安SIMを扱う会社は実店舗がなく、支払いはクレジットカードとなっていることがほとんどです。

口座振替に対応している格安SIMの方が少ないため、もし口座振替でないと難しい場合は選べる格安SIMが減ってしまいます。可能であれば、本人名義のクレジットカードを作っておきましょう。

万が一、何らかの事情でクレジットカードが制作できない場合は、デビットカードか口座振替に対応した格安SIMの中から選びましょう。ですが、格安SIMをそれぞれ比較するのは大変です。

そんな時は、SIM CHANGEのおすすめの格安SIMを簡単に比較できる「格安SIM比較診断」を利用してみましょう。利用状況と希望条件を元に格安SIMを絞り込めるため、自分の状況に合う格安SIMを簡単に見つけられます。

本人確認書類

本人確認書類とは、車の運転免許証やパスポートなど、本人の氏名や住所、生年月日が正確に確認できる書類のことです。対応している書類は格安SIMによって異なる場合もあるため、あらかじめ公式サイトで確認しておきましょう。

また契約の際は、スマホのカメラ機能で撮影したり、スキャナで取り込んだり、画像ファイルとしてアップロードする必要があります。

以前撮影したものを誤って送信しないように、必ず最新の本人確認書類を用意しておきましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安SIMに乗り換えるときの注意点

格安SIMに乗り換える場合、きちんと準備をしておかないと、日常生活の連絡手段に影響が出る場合があります。ここでは、注意しておきたいポイントを解説します。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、キャリアメールと呼ばれる「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスが使えなくなります。そのため予めGmailなどフリーメールを用意しておき、乗り換え前に周囲の人にもメールアドレスの変更を知らせておく必要があります。

また乗り換えた後、楽天モバイルやmaineo(マイネオ)のように、独自のメールアドレスを利用できる格安SIMもあります。

しかし、これらのメールアドレスはPCメールとして認識されるため、キャリアメールを使用している人相手に送ると迷惑メールとして処理される可能性があります。周囲にキャリアメールを使っている人が多いと、連絡手段が一時的に限られてしまうかもしれません。

キャリアメールが使えるうちに、格安SIMで使うメールアドレスを周知しておくと良いでしょう。

基本は自分で初期設定が必要

基本的に、格安SIMは全ての初期設定や手続きを自分で行う必要があります。何故なら格安SIM会社は店舗がないことが多く、契約手続きを含め様々なサポートを対面で対応してもらえないからです。

ウェブサイトのほか、電話窓口、チャットツールなどを利用しつつ、分からない点があってもある程度は自分で調べて解決しなくてはなりません。

しかし近年は直営の実店舗が増えており、格安SIMによっては対面で対応してもらえる場合もあります。またビックカメラなど大手家電量販店では、格安SIM専門の対応窓口が用意され、直接スタッフに相談しつつ手続きを進められる場所も増えています。

対面窓口の方が安心と考える方は、一度近隣の実店舗や家電量販店の専門窓口を調べておくと良いでしょう。

端末が引き継げない場合がある

スマホの中には10万円を超えるものもあり、決して安くないため、今の端末を引き継ぎたいと考える人も多いでしょう。しかし、乗り換え先の格安SIMによっては、端末が引き継げないことがあります。

実際に引き継げるかどうか、格安SIMの通信会社が公表している動作確認済み端末の一覧で、あらかじめ自分の端末が使えるかチェックしておきましょう。

引き継ぐ端末によってはSIMロック解除が必要

上記のように、基本的に契約中のキャリア会社と同じSIMカードしか使えないようにする、SIMロックという設定がかかっています。

格安SIMは大手キャリア会社の回線を利用しているため、現在契約している大手キャリアと同じ回線を使用する格安SIMと契約するのであれば、SIMロックを解除せず使えます。

反対にSIMロックを解除しないと使えない場合は、次の2パターンです。

  • 回線が異なる(例:auと契約していた端末を、docomoの回線を使った格安SIMでは使えない)
  • 古い端末

この古い端末とは、次の2通りに当てはまる端末のことを指します。

  • iPhone 6s以前の機種
  • 2015年5月以前に発売されたAndroid

なお中古で購入した場合、2019年9月以降であれば、SIMロック解除に必要な条件制限がなくなったため、そのままSIMフリー化して格安SIMで使えるようになっています。

端末代は残る

iPhoneやAndroid本体の支払いは、一括ではなく分割払いを利用している方も多いのではないでしょうか。

まだ本体費用が支払い終わっていない段階で大手キャリア会社との契約を解除した場合、基本的にそのまま分割で支払いを継続する必要があります。

これについては手続きも不要で「分割で支払いを継続できるのであればOK」という人にとっては、一括で支払わなくて良いためメリットでもあります。

一方、過去に支払いを滞納した履歴があると、解約時に一括返済を求められる場合があります。過去に支払い滞納をした場合は、契約していたキャリアに分割支払いのままで良いか、確認しておきましょう。

今までのように使えなくなる機能がある

大手キャリア会社では様々なサービスを展開しており、これらが格安SIMに切り替えることで受けられなくなるほか、端末の切り替えで今までのようにスマホを活用できなくなる場合もあります。

新端末(格安スマホ)の機能

格安スマホは2万円を切るようなお得なものもあり、格安SIMとセットで乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし格安スマホは値段がお得な分、おサイフケータイ機能や防水・防塵機能、ワンセグ、赤外線通信機能が使えないことが多いです。

特におサイフケータイは、日本独自の非接触型ICカードである「FeliCa」によって支えられている機能です。そのため海外メーカー製であることが多い格安スマホは、おサイフケータイ機能が使えないことがほとんどです。

安くてお得であることを重視するか、多少高くても機能性を重視するか、自分にとってよりメリットのある方を選びましょう。

LINE IDの検索機能ができない

格安SIMに乗り換えると、利用している携帯会社に登録された年齢情報が確認できず、年齢認証が条件となるLINE ID検索機能が使えなくなります。

逆を言えば通常の機能は今まで通り利用可能で、トークや無料通話も問題なく使えます。また、ID交換を行う場合は、相手との距離によって次のような方法で交換可能です。

相手との距離方法
近くにいる
  • ふるふる
  • QRコードリーダー
遠くにいるQRコードリーダーから自分専用のURLを発行して登録してもらう

2019年10月現時点では、LINEモバイルへの乗り換えであればID検索機能を変わらず利用できます。ID検索機能が使えた方が都合が良い場合は、LINEモバイルを検討してみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安SIMに乗り換える手順

格安SIMを実際に使い始めるまでの間、どのような手順があり、どんなポイントに注意すべきか解説します。

乗り換えの流れ

乗り換えの流れは、乗り換え先の端末によって大きく分けて2通りあります。

  • 格安SIMだけ新たに契約し、端末は今のものを使う
  • 格安SIMと格安スマホを同時に契約する

今の端末を継続して使う場合は慣れた端末をそのまま使えるメリットがありますが、乗り換え先の格安SIMでもその端末が使えるか、SIMロック解除が可能か調べる必要があります。

今の端末を継続して使用する場合

まずは、今の端末を継続して利用する場合の手続きを見てみましょう。

流れポイント
端末が動作確認済かチェックする
  • 乗り換え先の格安SIM会社において、自分のスマホの動作確認が完了しているかチェック
  • 動作確認できない場合は避けた方が良い
SIMロック解除が必要かチェックする
  • 現在利用している大手キャリア会社の回線と、乗り換え先の格安SIM会社の回線が同じなら問題なし
  • 異なる場合はSIMロック解除が必要
必要な場合のみSIMロックを解除する
  • 現在利用している大手キャリア会社に依頼して、SIMロックを解除してもらう
  • 端末によってはロックを解除できない場合もあるので注意
現契約会社でMNP予約番号を取得する
  • MNP予約番号の有効期限は「取得日を含めて15日間」
  • ここで解約手続きをするが、すぐに切り替わるわけではない
格安SIM会社に申し込む
  • プラン・機種・MNP予約番号、個人情報や支払い方法の入力、本人確認書類の送信手続きを行う
  • MNP予約番号取得後すぐに行うこと
SIMカードが届く申込みが完了後と1週間~10日間程度で届く
届いたSIMカードをセットする装着方法は各スマホによって違うので注意
回線を切り替える(MNP転入となる)
  • スマホの電源を入れて、契約した格安SIM会社の案内に従い、設定を行う
  • この時切り替わった時点で、旧契約会社と解約になる。
  • 回線を切り替える間、数10分から数時間通話もネットも使えなくなる。

格安SIMのセット販売を利用する場合

一方、格安SIMと格安スマホを同時に契約する場合は調べる必要こそないものの、端末購入費用がかかるほか、契約したい格安SIMによっては、これまで使えていた機能が制限される場合があります。

格安SIMと格安スマホを同時に契約する場合の基本的な流れは、以下の通りです。

流れポイント
格安SIM会社が販売している格安スマホの中から欲しいものを選ぶ
  • 格安SIM会社によってはiPhoneやAndroidを販売していることもある
  • 実物を手に取れる機会があったら使い勝手を確かめておくと便利
現契約会社でMNP予約番号を取得する
  • MNP予約番号の有効期限は「取得日を含めて15日間」
  • ここで解約手続きをするが、すぐに切り替わるわけではなく、回線切り替え後に解約となる
格安SIM会社に申し込む
  • プラン・機種・MNP予約番号、個人情報や支払い方法の入力、本人確認書類の送信手続きを行う
  • MNP予約番号取得後すぐに行うこと
スマホ本体とSIMカードが届く申込みが完了後と1週間~10日間程度で届く
SIMカードをセットするスマホによってセット方法が異なるため注意
回線を切り替える(MNP転入となる)
  • 切り替わった時点で、旧契約会社と解約になる
  • 回線を切り替える間、数10分から数時間通話もネットも使えなくなる
通信接続設定に不備がないか確認するスマホの電源を入れて、契約した格安SIM会社の案内に従い、設定を行う

また回線を切り替える際、格安SIM会社によっては、即日切り替えではなく、2〜3日使えない場合もあります。必ず契約時に確かめておき、回線が使えずに取引先と連絡が取れない、家族と連絡が取れないといった不都合がないようにしましょう。

乗り換え先に悩んでいる方は「おすすめ格安SIM比較診断を合わせてご利用ください。

乗り換え手続きの際の注意点

それぞれの乗り換え時のポイントをまとめました。

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号の取得方法

MNP予約番号の取得は、それぞれ電話かショップ、もしくはWEBにて行えます。

注意点として各社の手続き利用時間が決まっているため、その時間内に行うようにしましょう。

docomoの場合

docomoでは切り替えの際、次のような方法で取得できます。

docomo携帯電話151(9:00~20:00)
一般電話0120-800-000(9:00~20:00)
WEB「ドコモオンライン手続き」から(9:00~21:30)
ドコモショップ来店各店舗の営業時間内

注意点として「一括請求/一括送付サービスの代表番号」や「3回線以上でファミリー割引をご契約の代表回線」は、ドコモオンライン手続きが利用できません。

ドコモショップか、ドコモインフォメーションセンターの電話でのみ申し込み可能です。

auの場合

auの場合は、次の方法でMNPが取得できます。

携帯電話/一般電話0077-75470(9:00~20:00)
EZweb
  • auポータル トップへアクセス
  • MY auへログイン
  • 申し込む/変更するをタップ
  • au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)(9:00~20:00)
My au TOP(WEB)
  • 画面上部「スマートフォン・携帯電話」をタップ
  • ご契約内容/手続きをタップ
  • お問い合わせ/お手続きをタップ
  • MNPご予約 (9:00~20:00)
ショップ来店各ショップ営業時間

注意点として、WEB上で手続き中に20:00を超えると、予約が完了できなくなってしまいます。

時間に余裕をもって予約を始めましょう。

SoftBankの場合

SoftBankの場合は、次のような方法でMNP予約番号が取得できます。

SoftBank携帯電話*5533(9:00~20:00)
携帯電話/一般電話0800-100-5533(9:00~20:00)
WEBMy SoftBankから(9:00~20:00)
ショップ来店各ショップ営業時間

どの方法でも基本は9:00から20:00までの間に受け付けているため、日にちを決めて手続きを済ませると良いでしょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安SIMの初期設定

格安SIM会社から購入した場合は不要ですが、自身の端末をそのまま使う場合は初期設定はAndroidかiPhoneかで異なります。

iPhoneの場合
  • SIMカードを挿入
  • 契約した格安SIM会社からプロファイルをインストール
Androidの場合
  • SIMカードを挿入
  • 設定アプリを開く
  • 申し込んだ会社のユーザー名など決められた内容を入力

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

docomoから乗り換えるおすすめの格安SIM

docomoから乗り換える場合、docomoの回線を利用している格安SIMなら端末を変えずに利用できます。docomo回線のあるおすすめ格安SIMを紹介します。

楽天モバイル

スマホ本体がお得になるキャンペーンを開催することが多い楽天モバイルは、スマホ本体とSIMカード両方を購入したい人におすすめです。プランはドコモ回線のみを利用するスーパーホーダイと、ドコモ回線とau回線を組み合わせたプランがあります。

下記の表は、docomo(ドコモ)回線のみを利用する、スーパーホーダイの月額料金やデータ容量をまとめたものです。

プラン名プランSプランMプランLプランLL
データ容量2GB/月6GB/月14GB/月24GB/月
通話時間10分かけ放題
月額基本料(2年目以降/非楽天会員1年目)2,980円3,980円5.980円6,980円
楽天会員割(1年目)1,480円2,480円4,480円5,480円

初月のみ全プラン共通で1,480円ですが、楽天ダイヤモンド会員なら1年目のみさらに500円割引が適応されます。

また、選択できるスマホは20種類以上あるため、乗り換えたい方にもおすすめです。

楽天モバイルを契約する!

LINEモバイル

SNSアプリを多用する人におすすめなのが、LINEモバイルです。

SNSの利用にデータ通信量が消費されず、かつdocomo(ドコモ)以外にもauやSoftBank(ソフトバンク)回線も選択できるため、幅広いスマホから乗り換え可能です。

下記はSNSの利用にデータ通信が消費されなくなる、コミュニケーションフリープランの基本料金をまとめたものです。

データ容量3GB/月5GB/月7GB/月10GB/月
通話時間月額880円で10分以内ならかけ放題
月額基本料1,110円1,640円2.300円2,640円
音声通話SIM月額基本料1,690円2,220円2,880円3,220円

このほかにも、よりライトに使えるLINEフリープランや、LINE MUSICもデータ消費ゼロになるMUSIC+プランがあります。

SNSを良く使う方、LINEを多用する方は、検討してみると良いでしょう。

LINEモバイルを契約する!

auから乗り換えるおすすめの格安SIM

auから乗り換える際におすすめの、au回線に対応した格安SIMを紹介します。

mineo(マイネオ)

mineoはLINEモバイルのようにauだけでなく、docomoやSoftBankからも選択できる格安SIMです。データ容量が細かく分かれているため、通信量の節約がしやすく、家族割などのサービスも豊富です。

下記はau回線を利用したaプランより、プランごとのデータ容量と1カ月当たりの通信費を抜粋しました。

シングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(通話+データ通信)
500MB700円1,310円
3GB900円1,510円
6GB1,680円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

全国に200店舗近くお渡し店やサポート店など、実店舗を構えているため、サポート体制が充実しているのも特徴です。

mineoを契約する!

UQモバイル(ユーキューモバイル)

UQモバイルは通信速度が速く、どの時間帯でも安定した通信を楽しみたい人におすすめです。

2019年10月1日からは新プランが登場し、より選びやすくなっています。

SML
データ容量/月3GB9GB14GB
月額料金1,980円2,980円3,980円
UQ家族割適用時で2台目以降の月額料金1,480円2,480円3,480円

通話料はオプションとなり、次の2種類から選べます。

  • 10分かけ放題:700円/月
  • 通話パック60分2,400円分まで無料:500円

またUQモバイル(ユーキューモバイル)は通話料の選択だけでなく、データ容量の翌月繰越や追加データ購入など、大手キャリア会社のように自分向けにカスタマイズして使いやすいのが特徴です。

使い勝手はあまり変えたくない、回線速度は速い方が良いと考える方におすすめです。

UQモバイルを契約する!

SoftBankから乗り換えるおすすめの格安SIM

SoftBankから乗り換える場合におすすめの、格安SIM3社を紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)とSoftBankは元は同じ会社であり、他の格安SIM会社と比べ通信品質が良いという特徴があります。

2019年10月1日より、料金が下記の表のようによりシンプルかつ分かりやすくなりました。

SML
データ通信量/月3GB9GB14GB
月額料金2,680円3,680円4,680円
通話料1回10分まで無料

またおうち割光セットを利用すると、それぞれのプランがよりお得に利用できます。

他にもYahoo!プレミアムの特典が利用でき、新規割と家族割引サービスを併用すると、最大で毎月1,200円お得にできるのも強みです。

SoftBankから乗り換えを検討している方にとっては、通信品質と費用、利用後のサービス面でもおすすめの格安SIMと言えます。

ワイモバイルを契約する!

mineo(マイネオ)

3社の回線に対応したmineo(マイネオ)ですが、SoftBank(ソフトバンク)の場合はプランは変わらなくてもau回線より基本月額料金設定が高くなります。

データ容量/月シングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(音声通話+データ通信のみ)
500MB790円1,750円
3GB990円1,950円
6GB1,670円2,630円
10GB2,610円3,570円
20GB4,070円5,030円
30GB5,990円6,950円

より詳しく月額料金を調べたい場合は、mineo(マイネオ)の公式サイトから月額料金のシミュレーションが行えます。

端末の購入費用も合わせてチェックしたい場合は、公式サイトでシミュレーションしてみましょう。

mineoを契約する!

UQモバイル(ユーキューモバイル)

どの回線でも同じように利用できるのが強みのUQモバイル(ユーキューモバイル)は、auの項目で解説した通りの月額料金でSoftBank(ソフトバンク)回線でも利用できます。

プランをカスタマイズできる部分も多く、高速通信容量も充実しているため、現在の端末を継続しながらより費用をお得にしたい方におすすめです。

UQモバイルを契約する!

格安スマホへの乗り換え方法は複雑ではなく簡単!

格安スマホへの乗り換えは、ポイントさえ押さえておけば簡単に乗り換えられます。

しかし乗り換え先の格安SIMが決まっていないと、どこに注意しておけばよいのか、今のうちにすべき準備は何か決まらないため、なかなか行動には移せません。

まずは「おすすめ格安SIM比較診断」から、自分の利用条件に合う格安SIMを簡単に調べて、どのくらい月々のスマホ代がお得になるかチェックするのがおすすめです。

契約したい格安SIMが見つかったら、今回紹介した乗り換え方の注意点に沿って進めていきましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい