1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auやSoftBankのスマホは格安SIMで使える?SIMカードの互換性について解説!

auやSoftBankのスマホは格安SIMで使える?SIMカードの互換性について解説!

更新日:2020.01.31

格安SIMに乗り換えるにあたって、最も気になることの一つが互換性ですよね。 格安SIMを自分の持っているスマホに挿すことで、ちゃんと通信ができるのかどうかということには、不安がつきまといます。 この記事では、SIMカードの互換性について徹底解説を行いたいと思います。乗り換えを検討している方は、是非ご覧ください。

格安SIMに乗り換えるにあたって、最も気になることの一つが互換性ですよね。

格安SIMを自分の持っているスマホに挿すことで、ちゃんと通信ができるのかどうかということには、不安がつきまといます。

この記事では、SIMカードの互換性について徹底解説したいと思います。乗り換えを検討している方は、是非ご覧ください。

OCNモバイルONE

格安SIMの互換性チェック!対応しているスマホは?

格安SIMにはdocomo(ドコモ回線)、au回線、SoftBank(ソフトバンク)回線と、大きく3つの回線の種類があります。

それぞれのSIMカードでは互換性が異なるので、回線種別ごとにチェックしていきましょう。

docomo回線の格安SIMはSIMフリーやdocomoのスマホに対応している

まずは、docomo回線の格安SIMの互換性について解説していきたいと思います。

docomo回線の格安SIMは、docomoのスマホであれば基本的に全てを利用することができます。

格安SIMに乗り換えるにあたって最も有利なのは、現在docomoを契約している方です。何故かというと、IIJmioなど、docomoの回線を利用した格安SIMが多くを占めているのが現状であるためです。

そして、docomoのスマホ以外に、SIMフリーのスマホのほとんどもdocomo回線を利用している格安SIMで運用可能です。

  • docomoの端末
  • SIMフリー端末

以上の二つで、docomo回線の格安SIMを利用することができます。

そういったこともあり、中古ショップでのdocomo端末の価格は若干他よりも高めである場合がほとんどです。

他社製の端末であっても、SIMロックさえ解除すれば使うことができる場合がほとんどですので、docomo回線は格安SIMにおいて最も重要な存在です。

au回線の格安SIMはauのスマホに対応しているが、注意が必要

au回線を利用している格安SIMは、UQモバイルとmineoが代表として挙げられます。

auから格安SIMに乗り換えるにあたっては、注意点が存在します。それは、VoLTEです。

VoLTEは、通話音声をクリアにするというものですが、この機能に対応したスマホの場合、SIMカードがVoLTEに対応していなければいけません。

さらに、2017年7月までに発売されたVoLTE対応端末の場合、au回線の格安SIMでもSIMロック解除が必要です。

  • au回線の格安SIMをVoLTE対応スマホで使う場合、VoLTE対応SIMを契約する必要がある
  • SIMロックを解除しなければ、2017年7月までに発売されたVoLTE対応スマホは格安SIMで利用できない

以上の2点には、十分に注意しましょう。

なお、au回線に対応しているSIMフリースマホは少なめです。SIMフリーなら必ずau回線の格安SIMが利用できるわけではないということに、ご注意ください。

SoftBank回線の格安SIMは珍しいが、SoftBankのスマホで使える

SoftBankのスマホは、中古相場がとても安めです。その理由は、SoftBankのスマホはSoftBankの格安SIMでしか利用できず、SoftBank回線の格安SIMはあまり数がないことが挙げられます。

格安SIMの互換性をさらに詳しくチェック!

格安SIMの互換性について、さらに詳しく見ていきましょう。

ワイモバイルのSIMカードはSIMフリー端末にも対応している

格安SIMとしてもカウントされることがあるワイモバイル。ワイモバイルは、SoftBankの弟分的存在で、回線もSoftBankのものが使われています。

しかし、あくまでも別のキャリアであるためSoftBank端末でワイモバイルのSIMカードを利用したり、その反対を行ったりすることはできません。互換性はないということですね。

さて、ワイモバイルのSIMカードは、実はSIMフリー端末でも利用することができます。

正式に対応している端末については、ワイモバイルの公式サイトから確認することができます。

UQ mobileのキャリアメールは、対応しているスマホでしか使えない

UQ mobileでは、格安SIMで唯一、キャリアメールを利用することができます。しかし、このキャリアメールは対応しているスマホでしか利用することができません。

対応しているスマホは、UQmobile(UQモバイル)の公式サイトから確認することができます。

残念ながら、iPhoneではキャリアメールを利用することが基本的にはできません。

キャリアメールを利用する場合、対応したAndroidスマホを入手しましょう。

auとdocomo、両方の回線に対応しているスマホは?

au回線とdocomo回線に対応しているスマホとして、現在最も人気がある端末は「arrows M02(RM02)」です。
2017年6月現在、楽天モバイルサイトでは販売を終了しています。
img_main_01
出典:楽天モバイル
この端末は、docomoとau、それぞれの回線を利用できます。もちろん、UQ mobileのキャリアメールも利用可能です。

性能は、ストレージ容量16GB、メモリ2GBと標準的ですが、有機EL液晶を搭載していたり、おサイフケータイや防水に対応していたりという嬉しい機能が満載のスマホです。

この他には、M02の後継機であるM03が発売開始されました。こちらは性能については有機ELからIPS液晶になった以外はほぼ据え置きですが、ワンセグに対応しています。

おすすめは、後継機の登場によりさらに安くなることが予想されるM02の方でしょう。

公式サイト:楽天モバイル

auやSoftBankのスマホは格安SIMで使える?SIMカードの互換性について解説!のまとめ

格安スマホの契約においては、docomoかauの回線を選ぶことになりますが、auスマホは互換性があまり高くありません。
これからスマホを契約する場合は、基本的にはdocomo回線のSIMを選ぶことをおすすめします。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!