1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. データ通信専用のSIMを容量別に徹底比較

データ通信専用のSIMを容量別に徹底比較

更新日:2018.09.28

格安SIMのなかでもデータ通信専用SIMを探しているという人も多いのではないかと思います。データ通信専用のSIMのプランを容量別に比較しました。おすすめの格安SIMをまとめてご紹介するので、必要な容量にぴったりのプランを選んでみて!データ通信SIMと音声通話SIMの違いなどもわかりやすく解説します。

携帯電話の番号を持たずにインターネットに繋げられる専用のSIMカードがデータ専用SIMです。格安SIMにはデータ専用SIMと音声通話SIMがあります。データ専用のSIMを比較したい人のために、この記事ではデータ通信専用SIMのプランをまとめました。データ専用SIMでできることが知りたい人、安く使えるデータ通信専用SIMを探している人は確認してください。


データ通信専用の格安SIMよりも音声機能付きSIMのほうが人気?

格安SIMはデータ通信専用SIMと音声機能付きSIMの2つのサービスに分類されます。データ通信専用SIMは文字通り、音声通話の機能がついていない、インターネット通信に特化したプランです。インターネット通信だけ利用したい向けです(メッセージアプリなどを使った無料通話などは可能)。

音声機能付きSIMは電話番号による電話機能とインターネットによるデータ通信両方が使えるので、キャリアからMNPして月々の料金を安くしたいという人向けといえます。

データ通信専用SIMの場合は、電話機能を持たない分安く利用できますし、多くの格安SIMの場合は契約期間を定めていません。いつでもお金がかからず解約ができる状態にあります。

音声機能付きSIMはデータ通信専用SIMに電話機能をつける分、毎月700円〜1,000円程度利用料金が高くなります。また、1年ほどの契約期間が定められていることが多いため、いつでも解約できるわけではありません。契約期間内の解約を行うと、解約金、違約金といったお金が必要になります。

スマホで使う人が多いから音声機能付きSIMを利用する人が多い

スマホ人口が多くなっている今、スマホで格安SIMを使うことが当たり前になりつつあります。スマホで使うということは電話も利用できるようにしたいという人が多いのではないでしょうか。そのためデータ通信専用SIMよりも音声機能付きSIMを選択する人が増えてきています。

では、データ通信専用SIMは必要ないのかと言えばそうでもありません。スマホを持っていても電話を必要としない人やタブレット端末やパソコンでのデータ通信利用を主体に考えている人は、データ通信専用SIMを選択することが多くなります。

大手キャリア、docomoやau、SoftBankの場合は電話を中心としたサービスを提供してきたため、基本的に電話サービスにデータ通信が付加される形を取っています。

対して、格安SIMの場合は、もとは電話のサービスは持っておらずインターネットによるデータ通信を主体とししてサービスを展開していました。今では電話による音声機能の提供も可能になったため、データ通信に電話機能を付加したサービスを展開しています。なので格安SIMにとってデータ通信はメインサービスともいえます。

データ通信専用SIMには2種類ある

データ通信専用SIMではメールやサイト閲覧、アプリの利用や動画閲覧などができます。

そんなデータ通信専用SIMはデータ通信だけでなくSMSも利用できるデータ通信専用SIMも用意されています。一部のアプリではSMSを利用して認証する必要があるものもあるので注意しましょう。ちなみにLINEの場合はSMSで認証を行いますが、SMS機能がないデータ専用SIMでもFacebookアカウントがあれば利用可能です。

自分に合ったデータ通信専用SIMの選び方

データ通信専用SIMを選ぶ際の基準として、価格、プラン、サービス・オプションなどが挙げられると思いますが、通信品質や回線速度なども加味するとより便利にデータ通信専用SIMを利用することができます。

価格が安くても通信制限や時間帯によってつながりにくくなったりするMVNOもあるため、速度の安定したMVNOを選ぶほうがよいでしょう。しかし、通信品質や通信速度に対して、どれくらいで快適に感じるかには個人差があります。当サイトでも通信速度計測を行っているので、ぜひ参考にしてください。

高速通信がないデータ通信専用SIMを比較

高速通信がないデータ専用SIMは、通信速度が遅くなる代わりに月々の料金を安く抑えられるSIMカードです。値段は安くなっているものの、速度はベストエフォートで200kbps~500Kbps程度となっています。多くの格安SIMで採用されている最大速度200kbps程度のプランでもアプリのダウンロードは一応可能ですが、非常に時間はかかってしまいますし、動画は再生中に止まってしまうでしょう。これは最大速度で200Kbps程度とされているため、実際は基本的にそれ以下の速度での通信になるからです。また、仮に200kbpsで通信が継続できたとしても快適な動画の再生には不十分です。

そのため家にWiFi 完了があり、外ではあまりスマホを触らない人向けの格安SIMになります。

MVNO名プラン名月額最大通信速度公式サイト
DMM mobile
(DMMモバイル)
シングルコース
ライトプラン
476円200Kbps公式を確認
ワイヤレスゲートSIM480円プラン480円250Kbps公式を確認
楽天モバイル組み合わせプラン
ベーシックプラン
567円200Kbps公式を確認
エキサイトモバイル定額プラン
0MB
702円200Kbps公式を確認
インターリンクLTE SIMグローバル固定IP付き
128kbpsで
使い放題プラン
1,080円128Kbps公式を確認

上の表のとおり、月額500円前後で利用できるプランがほとんどです。インターリンクLTE SIMの128kbpsで使い放題プランは他の格安SIMに比べて高額ですが、固定IPアドレスが1個付与されるので、外出先から自宅のパソコンをリモート操作をすることができるといったメリットがあります。

3GBまで使えるデータ通信専用SIMを比較

次は月に3GBまで使えるデータ専用SIMをご紹介します。スマホではメールやWEBの閲覧ぐらいであまり動画を閲覧しないので3GBの通信量で十分な人も多いと思います。

実際、NTTコムの「リサーチスマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査」によると、月に3GB未満しか使用していない人が9割にものぼるという結果が出ています。

出典:OCN モバイル ONE
1GB~3GBのデータ専用SIMプランがあるMVNOは下表のとおりです。

MVNO名プラン名500MB1GB2GB3GB公式サイト
DMM mobile
(DMMモバイル)
シングルコース-519円832円918円公式を確認
イオンモバイル
(イオンスマホ)
データプラン-519円843円-公式を確認
LINEモバイルフリープラン-540円--公式を確認
b-mobile
(ビーモバイル)
190PadSIM-584円962円1,340円公式を確認
DTI SIMデータプラン-648円-908円公式を確認
エキサイトモバイル定額プラン-724円832円972円公式を確認
mineo
(マイネオ)
auプラン/ドコモプラン
シングルタイプ
756円864円
(2018年9月3日に
新規受付終了)
-972円公式を確認
ソフトバンクプラン
シングルタイプ
854円--1,070円
IIJmio
(みおふぉん)
ミニマムスタートプラン
タイプD
---972円公式を確認
NifMo
(ニフモ)
データ通信専用SIM---972円公式を確認
BIGLOBEモバイル
(ビッグローブSIM)
データSIM---972円公式を確認
UQモバイルデータ高速プラン---1,059円公式を確認
OCN モバイル ONE3GB/月コース---1,188円公式を確認
110MB/日コース---972円
インターリンクLTE SIMグローバル固定IP付き
データ通信専用SIM
-1,458円-1,728円公式を確認
楽天モバイル組み合わせプラン
3.1GBプラン
---972円公式を確認

主要なMVNOだけをピックアップしていますが、これだけの数があるとどのMVNOを選べばよいか迷う人もいるのではないでしょうか。実は各MVNOでそれぞれ魅力的な特長を持っています。例えばLINEモバイルのフリープランはSNSアプリ、LINEを使用する際のデータ消費はカウントしない「データフリー」というサービスがあります。
ソフトバンク回線は、2018年秋頃にデータフリー対応予定のため、現在は未対応です。代わりに、ソフトバンク回線では2018年8月31日までデータ容量2倍キャンペーンを実施しています。
IIJmioやmineoのように高速データ通信のON/OFFの切り替えで高速データ通信量の節約ができるアプリがあるMVNOもあります。

20GB以上使えるデータ通信専用SIMを比較

動画を視聴することが多かったり、アプリをたくさん使う人向けに高速データ通信を月に20GB以上使えるデータ専用SIMを紹介します。WiFi環境が家にない人にもおすすめです。

20GB以上使えるデータ専用SIMがあるMVNOは下表のとおりです。

MVNO名プラン名20GB30GB40GB50GB公式サイト
DMM mobile
(DMMモバイル)
シングルコース4,299円---公式を確認
イオンモバイル
(イオンスマホ)
データプラン4,299円5,811円8,078円1万1,124円公式を確認
エキサイトモバイル定額プラン4,299円6,459円8,619円1万995円公式を確認
mineo
(マイネオ)
auプラン/ドコモプラン
シングルタイプ
4,299円6,372円--公式を確認
ソフトバンクプラン
シングルタイプ
4,396円6,470円--
IIJmio
(みおふぉん)
データ通信専用SIM+
データオプション
4,320円
(ミニマムスタートプラン+20GB)
6,113円
(ファミリーシェアプラン+
20GB)
8,165円
(ファミリーシェアプラン+
30GB)
9,720円
(ミニマムスタートプラン+20GB+30GB)
公式を確認
OCN モバイル ONEデータ通信専用SIM4,482円6,534円--公式を確認
インターリンクLTE SIMグローバル固定IP付き
データ通信専用SIM
-7,344円--公式を確認
LinksMate
(リンクスメイト)
データ+SMS
SIMカード
4,536円5,832円公式を確認
Fiimo
(フィーモ)
データ通信タイプ4,536円6,696円公式を確認
楽天モバイル組み合わせプラン5,130円6,642円--公式を確認
QTmobile
(QTモバイル)
Dタイプ(利用開始月~6カ月目まで)4,320円
(7カ月目以降~)4,536円
(利用開始月~6カ月目まで)6,480円
(7カ月目以降~)6,696円
--公式を確認
Aタイプ(利用開始月~6カ月目まで)5,066円
(7カ月目以降~)5,292円
(利用開始月~6カ月目まで)7,226円
(7カ月目以降~)7,452円
--
Sタイプ5,281円7,441円--
BIGLOBEモバイル
(ビッグローブSIM)
データSIM4,860円7,290円--公式を確認

比較してもデータ通信専用の格安SIMに悩んだらここから選ぼう!

悩んだら選びたい格安SIM!
通信速度がだんぜん速い:UQモバイル
注目度急上昇:楽天モバイル
格安SIMの老舗:IIJmio(みおふぉん)

今回は価格、通信速度、安定感を考慮してこの3つを選びました。

通信速度が速い:UQモバイル(ユーキューモバイル)


出典:UQモバイル

UQモバイル(ユーキューモバイル) 料金表

UQ mobile月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限送受信最大500kbps1枚
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,138円
(14ヵ月以降は3,218円)
2GB
(26ヵ月以降は1GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,218円
(14ヵ月以降は4,298円)
6GB
(26ヵ月以降は3GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,378円
(14ヵ月以降は6,458円)
14GB
(26ヵ月以降は7GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

UQモバイル(ユーキューモバイル)は通信速度が格安SIMの中でもトップクラスのMVNOです。キャリアに比べると格安SIMは時間によっては通信速度が遅くなりがちなため、不満の声をあげるユーザーもいました。しかしUQモバイルは公式サイトで実速No.1をうたっているように、高速で安定した回線を提供しています。

また、「Try UQ mobile」という15日間無料でUQモバイルの回線を試すことができるサービスも提供しているので、自分の行動範囲での使い勝手を試すこともできます。
さらに、2018年12月1日からは月額料金そのままで「おしゃべり/ぴったりプラン」の基本データ容量を増量するという嬉しい情報も。

データ特盛キャンペーンが2018年9月1日より開始するので、実質的には9月1日からデータ容量が増量される形となります。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

注目度急上昇:楽天モバイル


出典:楽天モバイル

楽天モバイル スーパーホーダイ 料金表

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員
(1年目・対象月のみ)
楽天会員
(1~2年目)
非会員
(1~2年目)
25カ月目以降
プランS
(2GB)
3年1,059円/月1,599円/月2,139円/月3,219円/月
2年1,599円/月2,139円/月2,679円/月
1年2,139円/月2,679円/月3,219円/月
プランM
(6GB)
3年2,139円/月2,679円/月3,219円/月4,299円/月
2年2,679円/月3,219円/月3,759円/月
1年3,219円/月3,759円/月4,299円/月
プランL
(14GB)
3年4,299円/月4,839円/月5,379円/月6,459円/月
2年4,839円/月5,379円/月5,919円/月
1年5,379円/月5,919円/月6,459円/月
プランLL
(24GB)
3年5,379円/月5,919円/月6,459円/月7,539円/月
2年5,919円/月6,459円/月6,999円/月
1年6,459円/月6,999円/月7,539円/月

楽天モバイルのプランの中に「スーパーホーダイ」があります。このプランでは「かけ放題」サービスが基本セットとなっています。このかけ放題できる分数が以前は1回につき5分まででしたが、2018年7月より10分に拡張されました。他社格安SIMが10分かけ放題を採用しているなか、一番最初にかけ放題を採用した楽天モバイルが5分かけ放題のままで一歩遅れをとる状態でしたが、料金改定もあわせて行われ、より魅力的なプランに生まれ変わりました。

また、楽天モバイルは2019年10月に国内第4の携帯キャリアになる予定を発表し、いま注目度が急上昇中の格安SIMです。プランやサービスが具体的にどうなるのかはまだ不透明ですが、さらなるサービス向上が期待できます。

〜2019.1.10 9:59
\ありがとう4周年 続・感謝セール!/
人気のHUAWEI nova lite 2が444円/月から購入可能。さらに、iPhone SEやAQUOS sense liteなどの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

シェアトップクラスの安心感:IIJmio(みおふぉん)


出典:IIJmio 公式サイト

IIJmio(みおふぉん) タイプD料金表

IIJmio(Dプラン)月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円3GB/月下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,376円6GB/月下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円~3,520円10GB/月下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
最大10枚

IIJmio(みおふぉん) タイプA料金表

IIJmio タイプA月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,728円3GB/月下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
2枚
ライトスタートプラン1,641円2,376円6GB/月下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン2,764円3,520円12GB/月下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
最大10枚

高い技術力と豊富な知識で運営される格安SIM、それがIIJmioです。

一口に品質といってもさまざまです。使いたいときに通信が圏外にならずにつながることや、通信速度が低速になってサイト閲覧やアプリの利用に不具合がでないこと、アクセスが集中したときの輻輳(ふくそう)対応でユーザーが望まない画像圧縮をされないことなど、そのほかにもたくさんありますが、IIJmioは格安SIM内でも特に安定した回線を提供しており、ユーザーから厚い信頼を得ています。重大なトラブルが発生してもその技術と確かな知識で問題をいち早く解決し、公式ブログでは常に新しい情報を発信・提供している魅力的な格安SIMです。

2018.1.31まで
3カ月間音声SIM540円・3GB増量&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
3カ月間データ3GB増量&音声通話SIM1,188円×3カ月割引で月額料金がワンコイン〜! 詳細をチェック
公式サイトへ

データ通信専用SIMを比較して賢く選ぼう!

格安MVNOのデータ通信専用SIMを比較しました。格安SIMのデータ通信専用SIMは携帯番号を持っていないため、090番号や080、070の番号を使った電話はできません。そのためLINEやSkypeなどのSNSアプリを利用して音声通話をすることになります。携帯電話番号が不要でデータ専用で使いたい人や通話はSNSアプリで充分な人におすすめです。

プランを選ぶ際は、自分がどれだけの通信量が必要なのか把握してできるだけ安いプランを選ぶとよいでしょう。プランの容量変更は途中で変更できるMVNOがほとんどのため、安いものを選び、足りないと思ったらプランを変更していくという流れがおすすめです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい