1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMへ電話帳をコピーする方法はもう古い?microSDなどを活用しよう

SIMへ電話帳をコピーする方法はもう古い?microSDなどを活用しよう

更新日:2018.04.25

以前はSIMカードへ電話帳をコピーしておくバックアップ・移行方法もありましたが、現在はもう古い手法になっているのは知っていましたか?microSDカードやキャリアのデータコピーツール、iCloud(アイクラウド)やGoogleアカウントを活用して、サクッとスマートフォンへ機種変更してみましょう!

SIMカードに電話帳をコピーする方法はガラケー時代に有効なデータ移行手段でしたが、新しいiPhoneやAndroidスマートフォンでは最適な手段とは言えません。キャリアのデータコピーツールやmicroSDカード、Googleアカウントなどを利用して、スマートに連絡先を移し替えてみましょう。


SIMカードへ電話帳コピーはもはや主流ではない

SIMカードへ連絡先をコピーする方法は、ガラケー間の機種変更時に電話帳移行で便利でした。

しかしながら現在のスマートフォンでは、SIMカードに電話帳を保存・コピーして、その情報を移行するというのは、あまり有効な方法ではなくなっています

SIMへコピーできない機種もある

そもそもの前提として「端末本体の連絡先情報をSIMカードへコピーできる機種が少ない」という問題があります。

例えばiPhoneですが、初期状態でSIMカードへ連絡先の情報を書き込む手段が存在しません。現在のiPhoneではパソコンを用意して「iTunes(アイチューンズ)」にてバックアップを行ったり、クラウドサービスの「iCloud(アイクラウド)」を利用して、電話帳を移行したりするのが主流です。


出典:Apple iCloud
iPhoneでは、iCloudのサーバー上に電話帳データを置いておけば、iPhoneでも簡単にデータコピーができる。

一応iPhoneには「もともとSIMカードに保存していた連絡先情報を、iPhoneへ読み込む」機能はあるのですが、例えばガラケーを利用していたときのSIMカードサイズというのは最新iPhoneで採用されているnanoSIMサイズより大きいことがほとんどなので、そもそもSIMカード自体のサイズが違うためにカードを装着できない、という問題もあります。

SIM → iPhoneへの電話帳読み込みはできるが、iPhone → SIMへの連絡先書き出しはできない。古いフィーチャーフォンとはSIMカードサイズの違いもあり、SIMカードでデータ移行をする方法はもう有効な手段ではない。

Androidのスマートフォンではかなり古い機種でSIMカードへ連絡先をエクスポートできるものがあったのですが、こちらも現在はGoogleに登録した連絡先をクラウド上で紐づけてしまえば移行する際の手間はほとんどないですし、最近のAndroidスマートフォンもSIMカードサイズはより小さいnanoSIMサイズを採用していることが多いので、先ほどのiPhoneと同じように、サイズの違いでそもそもSIMカードがスマートフォンへ挿入できなかったりします。

最近のスマートフォンはnanoSIMやmicroSIMが多いので、以前使っていたフィーチャーフォン(ガラケー)のSIMカードが挿入できないこともある。

AndroidスマートフォンではmicroSDカードスロットを搭載している機種もあるので、microSDカードを用意してしまえばわざわざSIMカードへ連絡先をコピーしておく必要もないですし、アダプターを介してパソコンなどに接続・データも読み込めるmicroSDカードの方が、汎用性という面を考えても便利でしょう。

このように、ガラケー時代はある程度便利だった「SIMカードへの連絡先の保存・コピー」も、最近のiPhoneやAndroidスマートフォンにおける電話帳保存・移行方法においては過去の遺産になっているとも言えます。

ガラケー→ガラケーならできることも

ガラケー(フィーチャーフォン)からガラケーに機種変更する場合、かつSIMカードの変更がないときには、SIMカードへ電話帳データを保存して、新しい機種でコピーできることもあります。これは当然「ガラケーは本体機能でSIMカードへの連絡帳エクスポート・インポートに対応している機種もある」からです。

同じSIMカードが使えるガラケー同士の機種変更では、SIMカードを移し替えるだけで同じ連絡先を読み込める機種もあります。ですので、ガラケー同士で機種変更を行う場合には、まだSIMカードに電話帳をコピーしておく手法が有効なケースもありますね。

ただし機種変更の際にSIMカードのサイズが変わってしまったり、何らかの理由でSIMカードの変更が行われたりすると、別のSIMカードでは電話帳の移行ができなかったりもします。

ガラケーの場合にはほとんどがdocomo、au、SoftBankのキャリア販売端末であるはずなので、キャリアからデータ移行ツールは用意されていますし、もし両機種の容量に対応したmicroSDカードをお持ちの場合は、そちらで連絡先をコピー・移行することになります(またいくつかの機種は赤外線の送受信でもデータ移行ができる場合があります)。ただし、au ICカード(SIMカード)には電話帳保存機能はそもそもないようです。

そもそもSIMカードは契約情報と紐付けるためのもの

SIMカードとは「機器で通信や通話を行うためのICカード」であり、通信事業者側でSIMカードに割り振られている固有のID番号などを照会し、装着している端末で電話や通信を行うためのものです(これらの情報をコピー・悪用した「クローン携帯」が十数年前話題になりましたが、日本国内においてはdocomoなどが「クローン携帯の製造は、技術的に不可能との認識は従来と変わるものではありません」と表明を出しています)。

本来の目的ではない電話帳の保存機能自体を提供していないキャリア・SIMカードもありますし、件数上限を設けている場合もあるので、そもそもSIMカードは電話帳の移行やその他データの保存にはあまり適していません

保存できたとしても、新しいスマホであればあるほどSIMサイズが小さいものを採用していることもあり、SIMサイズの違いなどからコピーしてデータを取り出すというのは難しいケースもあります。ですので、使えるならクラウドデータへのバックアップサービスや同期機能を使うか、microSDカードへのデータコピーが現在はおすすめでしょう。

SIMで電話帳コピーができないときの対処法 ―ガラケーからスマホ編―

さて、ここまでSIMカードで電話帳コピー・移行をするのはあまりオススメできないとお伝えしてきました。では、他にどんな方法で電話帳をコピーすればよいのでしょうか?まずはガラケーからスマホに機種変更する場合について見ていきましょう。

microSDカードでデータ移行する

一番身近なのは、ガラケー時代からも大活躍のmicroSDカードを利用する方法です。
もしmicroSDカードを利用してデータを移行したい場合には「対応しているmicroSDカードの最大容量」に注意が必要です。

例えば古いガラケーだと「対応しているmicroSDカードの最大容量が小さい」場合があります。2016年発売と比較的新しいdocomoのケータイ「P-01J」を例に挙げてみても、microSDカードはmicroSDHC(最大32GBまで)の規格までしか対応していません。

microSDカードの規格
microSD:容量 ~2GB
microSDHC:容量 4GB~32GB
microSDXC:容量 64GB~

新しく購入したスマートフォン用にmicroSDXC規格(64GB~)のmicroSDカードを利用しようと思った場合に、最大32GBのmicroSDHCまでしか対応していないP-01Jでは、64GB以上のカードを挿入してのコピーはできない可能性もあります。もし電話帳をmicroSDカードへコピーして他のスマホへ移行したい場合には、両機種のmicroSDカード最大容量を超えない商品を選ぶ方が無難でしょう。

逆を言えば、それよりも少ないデータ容量のmicroSDカードなら電話帳移行には使えます。例えば2GBであっても8GBであっても両機種のmicroSDカード容量上限さえ超えていなければ問題ないので、もしガラケー利用時にすでに使っていたmicroSDカードなど余っているものがあれば、そちらを利用して電話帳を移行するのがいいでしょう。

大手キャリアで使える連絡先のコピーツール

もしdocomo、au、SoftBankなど大手3キャリアの端末であれば、提供されている独自ツールを活用して、連絡先データを移行することも可能です。

※契約に付随するクラウドサービス関連のアドレス帳は、他社や格安SIMへの乗り換えでクラウド上データが消えてしまう場合もあるので注意。

docomo(ドコモ):「DOCOPY(ドコピー)」「電話帳変換ツール」

docomoでは「DOCOPY(ドコピー)」というデータ移行機器を、ほとんどのドコモショップに設置しています。対応機種であれば、docomo端末や他社端末間の電話帳コピーが可能です(Android、iPhoneにも対応しています)。


出典:docomo
docomoショップには「DOCOPY」という専用機器が設置してあり、対応機種であれば電話帳や写真などいくつかの種類のデータはコピーできるようになっている。

また、ガラケーからiPhoneへ電話帳移行を行う場合には「電話帳変換ツール」というソフトウェアをWindowsやMacのパソコンへインストールして、コピーが可能です。ただし、この方法では電話帳データがバックアップされた(micro)SDカードが必要となるので注意が必要です。

公式サイト:docomo

au:auアドレス帳(au oneアドレス帳)

auフィーチャーフォンから電話帳データをコピーしたいときには、「auアドレス帳(au oneアドレス帳)」というツールを対応機種で利用します。この方法ではクラウド上に連絡先データを保存・預けておくので、auケータイでもEZwebが使えるインターネット接続可能な契約が必要です。また、au IDの登録も必要なのであわせて確認しておきましょう。


出典:au

クラウド上にデータを預けたあとは「データお預かり」アプリを使ってiPhoneへアドレス帳を復元します。Androidスマホの場合にも同様です。

SoftBank(ソフトバンク):「あんしんバックアップ」「S!電話帳バックアップ」

SoftBankのガラケーからiPhoneやAndroidスマートフォンへデータ移行をする場合には「あんしんバックアップ」や「S!電話帳バックアップ」が利用可能です。

「あんしんバックアップ」は4Gケータイ、AQUOSケータイからiPhoneやスマートフォンへ電話帳を移行できるツールで、ケータイ側では携帯電話からクラウドに直接バックアップを行い、スマホ側ではアプリをインストールしてデータを復元します。


出典:SotBank

「S!電話帳バックアップ」は3Gケータイ用のバックアップツール。3Gケータイ側では電話帳のメニューからS!電話帳バックアップを選択してクラウド(サーバー)に保存、iPhoneやAndroidスマホ側であんしんバックアップアプリからデータを復元します。


出典:SoftBank

またショップによってはメモリーコピーツールを設置している場合があります。店員さんに尋ねてみましょう。

公式サイト:SoftBank

赤外線通信での連絡先コピーについて

赤外線を用いてデータ移行のできるガラケーは多いですが、iPhoneはもともと赤外線通信機能がないですし、Androidスマートフォンでも最近は対応していない機種が多かったりします。

ですのでガラケー同士なら良いですが、スマホへ連絡先のコピーで赤外線を使いたい場合「データを受け取る側の機種が赤外線でのデータ移行に対応しているかどうか」をしっかり確認しておくべきしょう。

SIMで電話帳コピーができないときの対処法 ―スマホからスマホ編―

ガラケーからスマホへの連絡先移行はいくつか方法があるので、自分に合ったものを選べますね。では、スマホ間での移行の場合はどうすればよいのでしょうか?

Android/iOSスマートフォン同士は「Google(グーグル)アカウント」で同期

Androidのスマートフォン同士であれば、Googleアカウントでの連絡先同期が手っ取り早いです。

同じGoogleアカウントでログインしたあと、同期設定で連絡先の同期設定をONにしておくだけで連絡先がGoogleアカウントに紐付けられて保存されます。また、AndroidスマホだけでなくiPhoneでもGoogleアカウントを利用した連絡先の同期はできるので、スマホ同士ならGoogleアカウントを使ってみましょう。

AndroidからiPhoneへ移行するときは「Move to iOS」

Android端末からiPhoneへ乗り換える際には「Move to iOS(iOSに移行)」というアプリが便利です。

出典:Apple

こちらのアプリを利用すると「連絡先、メッセージの履歴、カメラで撮った写真やビデオ、Webのブックマーク、メールアカウント、カレンダー」などのデータが簡単にiPhoneへコピー可能です。iOS 9 以降、iPhone 5 以降などの条件があるので必ず確認しておきましょう。

格安スマホへ乗り換えるときの連絡先移行は?

ガラケーから格安スマホへ乗り換えるときはどうする?

SIMフリースマホなど、上記のキャリアが提供する移行サービス対象外の機種でも、電話帳データをガラケーからコピーしたい場合があるかもしれません。そういった時には「microSDカード」を利用しましょう。

もしmicroSDカードスロットがないスマホの場合には、ガラケーから電話帳データをバックアップしたmicroSDカードをアダプターなどを介してパソコンに挿入し、保存しておいた電話帳ファイルをメールでスマホ側に送ります。あとはスマホでメールの添付ファイルを開いて、そこから連絡先データを復元します。

jsbackup_top
出典:JSバックアップ

また、JSバックアップというアプリをダウンロードして使うのも1つの手です。JSバックアップは電話帳のQRコードを作ることで電話帳データを移行させられます。

格安SIMで電話帳を移行してくれるサービスもある

サポートオプションが充実している格安SIMのサービスでは、電話帳の移行を手伝ってくれるオプションを提供している会社もあります。


出典:NifMo

例えばNifMoでは「NifMo 訪問レクチャー」というオプションサービスを提供しており、この追加オプションを申し込めばアドレス帳データ移行も自宅まできて行ってくれます。


出典:楽天モバイル

楽天モバイルでも「アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン」を提供しており、こちらも料金を支払えば自宅まできて電話帳移行の手伝いをしてくれます。もし乗り換え時のデータ移行に不安のある場合は、こういったお手伝いサービスのある格安SIMもチェックしておくといいでしょう。

SIMで電話帳コピーはもう終わり!次世代のクラウド方式で連絡先をサクッと移行

SIMからコピーする方法は、SIMカードサイズの問題やその保存できる件数から現在は実用的ではありません。docomoやau、SoftBankのスマートフォンへ移行するなら、キャリアが提供する電話帳の移行ツールやmicroSDカードを利用する方法がおすすめです。iPhone同士の連絡先移行はiCloudを、AndroidスマートフォンではGoogleアカウントなどを利用して移行も可能なので、試してみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい