1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. バースト機能が使える格安SIMを徹底紹介!

バースト機能が使える格安SIMを徹底紹介!

SIM

通信速度制限などで低速モードを利用している時に、インターネット接続時の初速を速くすることができる「バースト機能」。この記事では、そんなバースト機能の概要と、バースト機能が使える格安SIM会社を紹介し、紹介した中からおすすめの格安SIM会社についても解説しています。

スマホを使っていて一番もどかしいのが、通信速度制限にかかってしまってインターネット通信が遅くなってしまうことではないでしょうか。この記事では、通信速度を一時的に速くできる「バースト機能」が使える格安SIMを紹介します。


格安SIMのバースト機能とは?


出典:DMMモバイル

まずはじめに、格安SIM会社の一部で提供されているバースト機能の概要についてご紹介します。

バースト機能は通信の初速を高速化する機能

バースト機能は、低速通信時に使える機能で、通信の初速だけを高速化できる機能です。どれくらい高速化されるかについては、格安SIM各社で異なります。

バースト機能は、格安SIM会社によってはバースト転送機能とも呼ばれます。内容としては同じです。

バースト機能はどんな時に役に立つ?

バースト機能が役に立つのは、速度制限にかかってしまって低速通信しかできない時や、高速通信容量を消費しないように低速モードで通信を行なっている時です。

低速通信モードでは通常読み込みにかかるWebページであっても、たとえばテキストメインのページやツイッターなどはバースト機能を使えば瞬時に読み込むことが可能になります。

バースト機能が使える格安SIM会社

続いて、バースト機能が使える格安SIM会社をいくつかご紹介します。

IIJmio(みおふぉん)

バースト機能を初めて取り入れた会社として知られるのが、IIJmioです。IIJmioでは、「バースト転送」と呼ばれています。

IIJmioのバースト転送機能は、全タイプのSIMカードで利用が可能です。なお、初速が低速に比べてどれくらい速くなるかについては、公式ページには記載がありません。そこで、チャットサポートに問い合わせてみました。すると…

つまり、タイプD(ドコモ回線)の場合は下り最大682Mbps/上り最大50Mbps、タイプA(au回線)の場合は下り最大370Mbps/上り最大25Mbpsということのようですね。

公式サイト: IIJmio(みおふぉん)

DMM mobile(DMMモバイル)

業界最安値のプランを提供すると言われるDMM mobileも、バースト機能が使える格安SIM会社です。DMM mobileはIIJ系と言われており、インターネットイニシアティブがMVNE(回線提供者とMVNOの間に入ってノウハウを提供したり、どのように回線接続するかなどの交渉を行う業者)となっています。

低速データ通信時は最大で200kbpsのところ、バースト機能によって速くなる初速は、下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsとなるようです。

公式サイト: DMM mobile

楽天モバイル

数ある格安SIM会社の中でも、非常に高い人気を誇る楽天モバイルも、バースト機能が使えます。楽天モバイルでは、「通信開始時の初速バースト」と呼ばれています。

楽天モバイルでは速度制限時も含め、通信開始時の75KB分は高速通信が利用可能となっています。バーストの初速については公式サイトに記載がありませんが、こちらもチャットサポートに問い合わせてみると以下の回答が得られました。

LTEエリアと考えると、下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsまで出るようですね。

公式サイト: 楽天モバイル

OCN モバイル ONE

老舗インターネットプロバイダとして信頼度の高いOCNが手がける格安SIM、OCN モバイル ONEもバースト機能が使えます。OCN モバイル ONEでは、「バースト転送機能」と呼ばれています。

最大で200kbpsのところ、バースト機能によって通信開始時の150KBのみ、初速最大262.5Mbpsとなるようです。150KBを超えての通信をした後は、機内モードなど通信しない状態で間をおくと、再び通信開始時に高速通信が可能になります。

公式サイト: OCN モバイル ONE

バースト機能が使える格安SIM会社のおすすめはどれ?

どれも最後にバースト機能が使える格安SIM会社の中で、いくつかの観点からおすすめをご紹介します。

料金の安さではDMM mobile(DMMモバイル)がおすすめ

バースト機能が使える格安SIM会社の中で、最も料金プランが安い会社を選ぶなら、DMMモバイルがおすすめです。

DMM mobile(DMMモバイル)には、元々一般的な低速モードと同じ通信速度(200kbps)しか出ないライトプランが用意されており、そのプランであればなんと月々475円でデータ専用SIMが利用できます。

また、1GBの高速通信容量がついたプランでも、月々518円でデータ専用SIMが利用可能です。ワンコイン程度の価格なら気軽に使えますね。

バースト時の通信速度ではIIJmio(みおふぉん)がおすすめ

バースト時の通信速度に関しては、先ほど見た数値をドコモ回線の場合で比較するとIIJmio(みおふぉん)が最も速い速度を誇っているということになります。

速度制限などにより低速通信しか使えなくなった場合、Webページをどれだけ早く読み込めるかはバースト時の通信速度によるので、低速通信時にもストレスなくインターネットを利用したい人には、IIJmioがおすすめと言えます。

通話をよく利用する人は楽天モバイルがおすすめ


出典:楽天モバイル

格安SIMでいっぱい通話を利用したいという人には、楽天モバイルがおすすめです。

月々918円で5分以内の通話が何度でもかけ放題のプランと、月額2,570円で時間無制限で何度でもかけ放題のプラン、2つのかけ放題が用意されています。特に、時間無制限のかけ放題オプションが用意されているのは、上記で紹介した格安SIM会社の中では楽天モバイルだけです。

バースト機能が使える格安SIMでお得なスマホ生活!

以上、格安SIMにおけるバースト機能の概要と、そのバースト機能が使える格安SIM会社をご紹介しました。

格安SIMでは、利用する高速通信データの容量が低いプランほど、月々の料金が安くなります。低速通信時に初速読み込みが速くなるバースト機能があれば、結果として高速データ通信を使う機会が減って月々の料金の節約に繋がるのです。

格安SIMに乗り換える際は、ぜひともバースト機能が使える格安SIM会社を選んで、毎月の支払いをお得にしてくださいね。

おすすめ比較診断を試そう!!

あなたがお支払いの携帯料金はもっと節約できるかも?
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断おすすめ格安スマホ比較診断であなた自身にぴったりな格安SIM・格安スマホを見つけよう。