1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのスーパーホーダイとは?料金や口コミの評判を解説

楽天モバイルのスーパーホーダイとは?料金や口コミの評判を解説

楽天モバイルのスーパーホーダイは新しくできたサービスです。他社から乗り換えようと考えている人は、料金や口コミを知ることでどのようなものかがわかってきます。お得に利用するためにスーパーホーダイの特徴を見ていきましょう。

今やスマホはなくてはならないものになりましたが、もう少しお得に使えるプランはないかと探している人も多いでしょう。

今回は2019年の10月に新しいプランが誕生した、楽天モバイルのスーパーホーダイについて紹介していきます。

スーパーホーダイの料金や口コミなどを紹介していくので、検討している人はぜひ参考にしてみてください。

OCNモバイルONE

楽天モバイルのスーパーホーダイの料金プラン

楽天モバイルのスーパーホーダイは最低利用期間と縛りをなくした、とてもシンプルなプランです。

スーパーホーダイプランの基本的な情報をみていきましょう。

4種類のプランと月のデータ容量

楽天モバイルスーパーホーダイはドコモ回線で「S・M・L・LL」の4種類のプランがあります。それぞれ月のデータ容量をみていきましょう。

プランデータ容量
Sプラン2GB
Mプラン6GB
Lプラン14GB
LLプラン24GB

これらのプランの特徴は、ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題となります。さらに国内電話が10分まで無料です。

キャンペーンで初月は全プラン同額

スーパーホーダイは初月が全プラン1,480円一律です。また、楽天会員と会員ではない場合では料金設定も変わります。

形態Sプランの月額料金
楽天会員2,980円
楽天会員ではない1,480円
ダイアモンド会員980円

会員ではない場合、楽天会員と1,500円もの差があります。ただし、キャンペーンの適応期間は1年間です。

月額料金以外で必要な費用

事務手数料は初回のみの支払いとなります。そのほかのオプションは以下の通りです。

各項目料金
事務手数料
  • ドコモ回線3,394円
  • au回線3,406円
アプリなしでの通話料金30秒20円
データチャージ
  • 100MB 300円
  • 500MB 550円
  • 1GB 980円
留守番電話サービス毎月300円

国内電話をするときは「楽天でんわアプリ」を使用するか、「003768」を通話番号の先頭に付けて発信してください。

アプリ使用時に10分を過ぎると30秒で10円になり、アプリ未使用時だと30秒で20円になります。10分以内であれば何度電話をしても無料です。

契約はいつ解除しても違約金なし

2019年10月1日00:00以降、スーパーホーダイへの申込みで0円になりました。

ただし、すでに契約している人は、最低利用期間内の解約で9,800円の違約金がかかるので注意してください。

加入した時期によって違約金が変わりますので、確認をしておきましょう。

加入した時期解約違約金
2018年6月14日20:00〜2019年9月30日21:59
  • 最低利用期間が1年で12ヶ月目以内 9,800円
  • 最低利用期間が2年で24ヶ月目以内 9,800円
  • 最低利用期間が3年で36ヶ月目以内 9,800円
2017年9月1日~2018年6月14日19:59
  • 最低利用期間が1年で12ヶ月目以内 9,800円
  • 最低利用期間が2年で12ヶ月目以内 19,800円
  • 13ヶ月目から24ヶ月目以内 9,800円
  • 最低利用期間が3年で12ヶ月目以内 29,800円
  • 13ヶ月目から24ヶ月目以内 9,800円
  • 25ヶ月目から36ヶ月目以内 9,800円

2018年6月14日19:59分以前に申し込まれた人は、違約金のかかる時期が複雑になるため間違えないようにしてください。

楽天回線に移行後は料金プランが変更

2020年2月現在のスーパーホーダイはドコモ回線を使用していますが、楽天モバイルは順次楽天回線に移行しています。

楽天回線への移行後は、現在のスーパーホーダイのプランが継続できなくなるので注意しましょう。

申し込み時期スーパーホーダイ組み合わせプラン正式プラン
2019年9月以前×
2019年10月以降××

また、ドコモ回線・au回線で利用している場合は、SIMカードを交換することで楽天回線へ移行が可能です。

楽天回線への移行時に選択できるプランは契約内容によって変わります。

楽天モバイルを契約する!

楽天モバイルのスーパーホーダイの6つの特徴

楽天モバイルスーパーホーダイはメリットがたくさんあります。どのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

楽天会員ならだれでも1年間は月1,500円引き

楽天会員になると、会員ではない人と比べて年間総額約18,000円もお得になります。

キャンペーンの内容を細かくみていきましょう。

特典期間

2019年10月1日(火)0:00から終了日未定となっており、予告なくキャンペーンが終了する場合もあります。

特典対象

対象となる人は以下の通りです。

  • キャンペーン期間内に楽天モバイルを「SIMカード」で申し込みをした人
  • 「端末+SIMカード」で申し込みをした人
  • スーパーホーダイへプラン変更をした人

特典

基本料が最大12ヶ月間1,500円割引になります。

注意点

以下のようなことがないかを確かめておきましょう。

  • 過去に同キャンペーンの適用がされていないか
  • 楽天モバイルに楽天スーパーポイント口座が登録されていない
  • 登録された楽天スーパーポイント口座が削除された
  • 楽天会員から退会している
  • 本人確認の不備やMNPの手続きの不備等により申し込みがキャンセルとなった
  • 料金の支払いを支払期限までに行わなかった

楽天モバイルを契約する!

ダイヤモンド会員ならさらに値引き

ダイヤモンド会員は楽天会員の割引と併用できます。

特典期間

2017年9月1日(金)10:00から終了日未定となっており、予告なくキャンペーンが終了する場合もあります。

特典対象

対象になる人は以下の通りです。

  • キャンペーン期間内に楽天モバイルを「SIMカード」で申し込み
  • 「端末+SIMカード」で申し込み
  • プラン変更をした
  • 会員ランクがダイヤモンド

特典

スーパーホーダイの月額基本料が最大12ヶ月間、楽天会員割の金額からさらに500円割引されます。

申し込み後にメンバーズステーションで楽天スーパーポイント口座情報を登録された場合は登録月より割引対象になり、開通月やプラン変更適用月を1ヶ月目として最大12ヶ月目までの月額基本料が楽天会員割の金額からさらに500円割引されます。

注意点

特典が対象外になる場合は以下の通りです。

  • 2019年10月以降のスーパーホーダイで「ダイヤモンド会員割」の適用がされていた
  • 楽天モバイルに楽天スーパーポイント口座が登録されていない
  • 会員ランクがダイヤモンド以外
  • 登録された楽天スーパーポイント口座が削除された
  • 楽天会員から退会している

楽天モバイルを契約する!

速度制限されても最大で1Mbps

ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアの速度制限だと最大128kbpsですが、楽天モバイルスーパーホーダイは最大で1Mbpsです。

128kbpsに比べて約8倍のスピードなので、1Mbpsもあれば動画再生も問題のないレベルといえます。

しかし、アプリのダウンロードを行う場合は少し遅く感じるかもしれません。

余ったデータ容量は無駄にならない

余ったデータ容量は翌月に繰り越しできるため無駄になりません。ただし、繰り越しは翌月までとなります。

例えば6GBプランで契約をしていて、今月分が3GB余ってしまった場合は、繰り越しされて翌月9GB分使用できます。

10分以内のかけ放題がついている

別途料金なしで、日本国内であれば10分以内の通話で何回でも無料です。10分を超えると30秒10円となります。

アプリなしで電話をかける30秒20円かかるため、かけ放題にはアプリを使いましょう。

プランは毎月自由に変更できる

スーパーホーダイ内なら、翌月のプランを好きなものに変更できます。試してみて使うデータ容量が少ないようなら、変更をすれば節約が可能です。

プランを変更したい場合は、毎月1日0時から25日23時59分までに申し込むと翌月1日に新プランが適用となります。

ちなみにドコモ回線とau回線間での変更はできません。

家族で楽天モバイルならプラス割でさらにお得

プラス割はキャッシュバックや割引がされるキャンペーンです。

受け取り方法を知っておかなければ、うっかりもらい忘れてしまうので注意してください。

SIMの交換で最大5,000円のキャッシュバック

キャッシュバックは受け取れる条件と受け取り方です。

受け取れる対象の人

受け取れる人は以下の通りです。

  • 楽天モバイルに登録した契約者のカタカナ氏名と、キャッシュバック受け取りの口座名義人が同一である
  • 楽天モバイルからの事前メールと楽天銀行からの送金通知メールが受信できる
  • 送金通知メールの送信日より指定期日の45日間までに手続きした

楽天モバイルからのメールを受け取るために『info@mobile.rakuten.co.jp』か『~@ac.rakuten-bank.co.jp』が受け取れるメールアドレスかどうかを確認しておきましょう。

受け取り方

メールが届くので忘れないうちに登録しておきましょう。

  • 楽天モバイルからメールが届く
  • 楽天銀行から送金メールが届く
  • 楽天モバイルが指定した口座名義を入力し振込先の口座を指定する

開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の19日時点でメールアドレスを変更すると、メールが届かない場合もあるため注意しましょう。

楽天モバイルを契約する!

スマホセットでも5,000円の割引

スマホセットで契約した場合、スマホ本体価格から5,000円割引されます。

受け取れる人の対象

楽天モバイルやスーパーホーダイ、組み合わせプランや全プランの人が対象です。

受け取り方

メールが届いたらすぐに手続きをするようにしましょう。

  • 楽天銀行のメール送金サービス「メルマネ」を利用して、キャッシュバック特典の送金をする
  • 楽天モバイルからの事前メールや楽天銀行株式会社からの送金通知メールが届く
  • 送金通知メールが届いたらメルマネで受け取りの手続きをする

また、楽天銀行の口座があり、楽天銀行に登録のサービス用メールアドレスと、楽天モバイルに登録されているメールアドレスが同一の場合は、自動入金で受取手続きは必要ありません。

楽天モバイルを契約する!

口コミから評判をチェック

気になる口コミをみていきましょう。よい口コミもそうですが、悪い口コミも知ることで本当に使えるのかがみえてきます。

楽天モバイルの通信速度の評判

通信速度はどのような評価なのかをみていきましょう。一足先に楽天回線を使用した無料サポータープログラムを利用しているユーザーの声を集めました。

通信速度は特に問題ないとするユーザーがいる一方、東京都心でも屋内や地下鉄ではつながりにくいことがあるようです。

まだまだ他のキャリアと比べると通信の安定性は高くはありませんが、今後基地局も増えていく予定なので改善が見込まれています。

楽天モバイルのサポートの評判

困ったときにどのような対応をしてくれるのかをみていきましょう。

対応がとてもよかったという声が多かったです。公式HP上からチャットで24時間問い合わせの受付もしていて対応が丁寧です。

ただし、混み合う時間帯によってつながりづらいこともあります。

スーパーホーダイと組み合わせプランを比較

さらにお得にプランを利用するために、組み合わせプランとスーパーホーダイを比較していきましょう。

月額料金は選ぶプラン次第

スーパーホーダイのSプランと組み合わせプランの3.1GBプランを、料金やデータ容量をそれぞれ比較しました。

プラン基本料金10分かけ放題合計金額
組み合わせプランの(3.1GB)1,600円850円2,450円
スーパーホーダイSプラン(2GB)1,480円0円1,480円

さらに、データ容量を使い切った場合は、スーパーホーダイSプランだと最大1Mbpsで、組み合わせプランだと最大200kbpとかなり快適さが変わってきます。

しかし、組み合わせのベーシックプランなら、基本料金が1,250円となりスーパーホーダイより安くできます。

組み合わせプランと共通する特徴

組み合わせプランの特徴をまとめてみました。ちなみに余ったデータ容量の繰り越しについては翌月に繰り越しが可能です。

毎月のプラン変更は月に一度できます。

スーパーホーダイ通話SIM組み合わせプランデータSIM組み合わせプラン
スーパーホーダイ×
通話SIM組み合わせプラン×
データSIM組み合わせプラン××

また、データシェアも可能で、データ通信量についはの前月繰り越し分を、翌月に契約者間でわけあえられます。

本人やご家族に限らず「楽天モバイル」の契約者であれば誰とでもシェアができます。ただし、シェアは最大5回線までです。

快適に通話やネットをするならスーパーホーダイ

国内電話が10分以内の「かけ放題」が0円となり、速度制限時での最大通信速度も1Mbpsで料金も1,480円となります。

ギガを使い切ったとしても動画が急に観られなくなることもなく、ストレスなく快適に使えるでしょう。

組み合わせプランでかけ放題をつけるとなると850円もかかってくるので、スーパーホーダイのほうが断然お得です。

楽天モバイルのスーパーホーダイへの申し込み方法

スムーズに申し込むために以前に申し込み方法を確認しておきましょう。Webからや店頭での申し込みがあり、それぞれ申し込み方法が変わってきます。

Webから申し込む場合

出典:楽天モバイル

プランの申し込みにいは「SIMのみ」と「端末とSIMセット」の2つの選択項目があります。auやドコモ、ソフトバンクのキャリア会社から乗り換える人は「SIMのみ」を選択します。

  1. 申し込みプランで「SIMのみ」を選択
  2. SIMタイプを選択
  3. 料金プランを選択
  4. 組み合わせプランを選択したい場合は「組み合わせプランの表示」を選択
  5. 楽天でんわの選択
  6. SIMカードの選択
  7. 個人情報の入力
  8. 本人確認書類を提出

以上のステップを行っていけば完了します。オプションの選択もありますが、とくに不要な人は選択しなくても大丈夫です。

また、SIMタイプには「通話SIM・SMSありのデータSIM・SMSなしのデータSIM」があります。

電話を使いたいのであれば「通話SIM」を、電話を使わずネットやLINEのやり取りのみであれば「データSIM」を選択してください。

しかし、スーパーホーダイを選ぶなら「通話SIM」しか選択できないので注意してください。

また、スマホを持っていない人や、所持しているスマホがSIMフリーに対応していない場合は「端末+SIMセット」を選びましょう。

楽天モバイルを契約する!

電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を用意

楽天モバイルの契約にあたり必要な書類は「本人名義のクレジットカード」「本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)」「MNP予約番号」です。

MNP予約番号は、自分の持っている電話番号を引き継ぐために必要な予約番号なので、事前に用意しておきましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクでの取得手順です。

  • Webや店頭でMNP予約の申し込みを行う
  • MNP予約の番号を受領する
  • 新規契約時にMNP予約番号を申請する

この方法で簡単に電話番号を引き継げます。

店頭で申込みをする場合

Webと基本の流れは一緒なのですが、店舗で申込むほうが使い方やサービスを詳しく聞けます。

ストックがあれば即日で受け取りも可能なので、すぐに契約したい人は店頭がおすすめです。

また、それぞれの店舗でイベントも多数開催されていています。店頭に行く際はスムーズに受付ができるようにWeb予約をしておくとよいでしょう。

楽天スーパーポイント払いの利用がおすすめ

期間限定ポイントから優先的に使ってくれるので、ポイントの有効期限切れになる可能性が低くなります。

楽天モバイルの支払いで、貯まった楽天ポイントもそのまま使えて便利です。また、楽天モバイルのポイントは基本料金や通話料金の支払いにも使えます。

ちなみに一度に利用できるポイント数は1~30,000ポイントです。ダイヤモンド会員の場合は500,000ポイントまでとなっています。

スーパーホーダイで安く楽天モバイルを利用しよう

スーパーホーダイは口コミ評価も全般的に高く、よいサービスだといえます。月額料金もほかよりも安めに設定されており、お得にインターネットが楽しめるでしょう。

通信速度やデータ容量も問題なく使えてかけ放題までついているため、利用者にとってはよいこと尽くめです。

楽天のスーパーポイントもどんどん貯まっていくので、たくさん利用して快適なインターネット生活を楽しみましょう。

楽天モバイルを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい