1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイル「端末補償」「つながる端末保証」の内容と修理の流れ

楽天モバイル「端末補償」「つながる端末保証」の内容と修理の流れ

楽天モバイルでは端末の修理・交換を行ってくれる「端末補償」と「つながる端末保証」という2サービスを提供しています。楽天モバイルの「端末補償」と「つながる端末保証」のサービス内容や実際の端末修理の流れを解説します。

もしもスマホが故障してしまったら、その端末を購入した会社に修理してもらいたいですよね。

この記事では、格安スマホ会社の中でトップクラスの人気を誇る楽天モバイルにおいて受けられる端末修理について徹底解説します。


楽天モバイルで端末修理が受けられるオプションは?

格安SIMや格安スマホを取り扱うMVNO各社では、端末の修理は基本的にオプションサービスになります。

まずは、楽天モバイルで端末修理を行なってもらうためのオプションサービスを紹介します。

楽天モバイルの端末補償

楽天モバイルで購入したスマホ端末が故障した場合に、それを保証してくれるオプションサービスは、「端末補償」という名称です。

端末補償は月額540円

端末補償のオプション料金は、月々540円です。

端末補償はスマホ購入時にのみ加入できるオプション

楽天モバイルの端末補償は、新規で楽天モバイルのSIMを契約する際に、スマホ端末を同時購入する場合に限って加入できるオプションサービスになっています。

楽天モバイル以外で購入したスマホ端末の修理は?

楽天モバイル以外で購入したスマホ端末の修理は、上記で紹介したオプションとは別の、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」というオプションに加入すれば、受け付けてもらえます。

なお、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は、楽天モバイルでSIMを新規契約時にのみ申し込めるオプションになります。

楽天モバイルで修理してもらえる故障の内容は?


出典:楽天モバイル

続いて、楽天モバイルで保証してもらえる端末の故障の種類を紹介します。以下で紹介する故障内容は、「端末補償」と「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の両方のオプションで対応しています。

自然故障

楽天モバイルでは、自然故障時の修理に対応しています。

自然故障とは、たとえば、普通に使っていて急に電源がつかなくなったなどのトラブルです。

破損・全損

楽天モバイルでは、端末の破損時、または端末の全損時の修理に対応しています。

破損や全損とは、たとえば、机の上からスマホを誤って落下させてしまい画面が割れてしまったなどのトラブルです。

水没

楽天モバイルでは、端末の水没時の修理に対応しています。

水没とは、たとえば、トイレに誤ってスマホを落としてしまい、結果として電源が入らなくなってしまったなどのトラブルです。

「端末補償」の保証内容は?


出典:楽天モバイル

続いて、楽天モバイルで購入したスマホ端末が保証対象となる、「端末補償」の保証内容について紹介します。

加入方法
端末セット購入時に申し込み
料金
月額500円
保証期間
契約時から2年間

ほとんどの機種は修理ではなく交換対応

楽天モバイルで購入したスマホが故障した場合、「端末補償」ではほとんどの機種で、修理ではなく機種交換という対応になります。

交換にかかる負担金額は機種によって異なり、以下のような内容になっています。

負担金額7,560円の機種
HUAWEI P10、HUAWEI P10 Plus、GRANBEAT、HUAWEI Mate 9、HUAWEI P9、VAIO Phone Biz、HUAWEI Mate S、Xperia J1 Compact、AQUOS SH-M01、ZenFone 2 64GB/4GB、YOGA Tablet
負担金額5,400円の機種
arrows M04、HUAWEI nova、honor 8、ZenFone™ 3、arrows M03、AQUOS mini SH-M03、Ascend Mate7、honor6 Plus、ZenFone 2 32GB/4GB、AQUOS SH-RM02、ZenFone Selfie、ARROWS M01、ZenFone 2 32GB/2GB、ZenFone 2 16GB/2GB、HUAWEI MediaPad M3、MeMO Pad7、LaVie Tab S
負担金額4,320円の機種
HUAWEI P10 lite、HUAWEI nova lite、ZenFone™ 3 Max、AQUOS SH-M04、AQUOS ケータイ SH-N01、P8max、Y6、ZTE BLADE E01、HUAWEI P9 lite、ZenFone Go、arrows RM02、arrows M02、P8 Lite、Desire 626、ZenFone2 Laser 16GB、ZenFone 5、ZenFone2 Laser 8GB、Liquid Z330、Ascend G620S、MediaPad T1 7.0 LTE、MediaPad T2 7.0 Pro、ASUS ZenPad 10(Z300CNL)、HUAWEI E5577、Aterm MR03LN、Aterm MR04LN、Aterm MR04LN RB、Aterm MR05LN

修理対応の機種

上記で紹介したように、「端末補償」のオプションではほとんどの機種で交換対応となりますが、一部の機種で修理対応となります。

その機種は1機種で、VAIO S11です。

保証対象外の機種

楽天モバイルの「端末補償」では保証していない機種もあります。

MAVIC PRO FLY MORE COMBO、OSMO MOBILEの2つは保証対象外となり、交換および修理は行えません。

保証期間

楽天モバイルの「端末補償」の保証期間は、オプションを申し込んだ時期によって異なります。

2017年1月4日の9:59までに申し込んだ場合は、保証期間はサービス契約の成立時から加入月の2年後の同月末日となっています。

2017年1月4日の10:00以降に申し込んだ場合は、サービスを解約するまでずっと保証期間が続きます。

「端末補償」の利用方法

  1. 楽天モバイル端末補償センターに連絡
  2. 受付後に集荷、交換端末の送付

端末保証の利用はとても簡単です。まず、端末が破損などトラブルに遭ったら、楽天モバイル端末補償センターに連絡します。そして、端末の状態を聞かれるので、どのようなトラブルで破損したのか説明します。

受付が完了してトラブルが認められたら、故障端末の集荷と交換端末の送付が行われます。その後、集荷が終わり、交換端末が届けば完了です。

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の保証内容は?


出典:楽天モバイル

次は、楽天モバイル以外で購入したスマホ端末が保証対象となる、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の保証内容について紹介します。

基本的には無償修理

スマホ端末が故障した場合、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」では、基本的に無償修理による対応となります。

修理にかかる技術料金や部品の代金はもちろんのこと、故障機を送る際の送料も対応の範囲内で無償対応となります。ただし、修理上限金額が定められており、1回の故障につき、50,000円が限度額となっています。

端末交換による対応の場合もあり

修理による対応ができない場合、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」では、交換機の提供という形の対応になります。

この場合、費用が発生し、1回目は4,320円、同一年内の2回目は8,640円がかかります。交換は年内に2回までとなります。

なお、交換機は楽天モバイルが定める機種の中から選ばれ、必ずしも故障した機種と同一の機種が返ってくるとは限りません。

保証対象の機種

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」では、楽天モバイルのSIMカードで利用している場合、ほとんど全ての機種が対応機種となっています。

OSでは、iOSとAndroid OSの両方に対応していますし、SIMフリー端末だけでなく、キャリアで契約した端末でもドコモで契約した端末およびSIMロック解除端末であれば対象機種となっています。

保証対象外となるケースについて

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」では、保証対象外となるケースも存在します。

そのケースは、「故意または重過失による故障」や「盗難、紛失の場合」など17項目に渡ります。詳しくは、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の説明ページ(コチラ)に記述があります。

保証期間

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の保証期間は、申し込み日の翌月1日からスタートします。

破損や水没の場合は、サービスを解約するまで保証期間が続きますが、自然故障については機種の発売日から36か月以内が保証期間となっています。

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の利用方法

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は、専用のコールセンターに電話をかけて利用します。

電話番号はオプションサービスに申し込んだあと、メンバーズステーションにて確認が可能です。コールセンターは年末をのぞいて、10:00~19:00が開設時間となっています。

楽天モバイルを利用するなら、修理オプション加入がおすすめ

以上、楽天モバイルで受けられる端末修理について紹介しました。

楽天モバイルで故障したスマホを修理もしくは交換してくれるサービスは2種類あり、一つは楽天モバイルで端末購入時に申し込める「端末補償」、もう一つは楽天モバイルで購入した以外の端末を楽天モバイルのSIMで利用する場合に申し込める「つながる端末保証 by 楽天モバイル」です。

ともに月額540円で利用できるので、万が一のために備えて加入しておくのがおすすめです。

公式サイト: 楽天モバイル

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい

/****とりもち******************************/