50人に1人1万円分のギフト券プレゼント!! SIMCHANGE限定 特別キャンペーン実施中!
終了まであと
11
  1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルでiPhone 8は使える?おすすめプランの比較も!

楽天モバイルでiPhone 8は使える?おすすめプランの比較も!

更新日:2018.04.26

楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusは使えるの?SIMロック解除が必要なモデルから中古購入するときの注意点まで、徹底解説します!「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の特徴も比較して、あなたにオススメなプランの選び方も紹介しちゃいます!

楽天モバイルでもiPhone 8/8 Plusは使えます。ただし機種によってはSIMロック解除が必要であったり、中古で買う場合にはネットワーク利用制限を確認する必要があるので、しっかり格安SIMで使えるか確認する方法を紹介。「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」2種類の違いも比較して、より安く利用できる自分に合ったプランを選んでみましょう!


この記事でわかること
1. 楽天モバイルで使えるiPhone 8/8 Plus
2. 「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の違い
3. 格安SIMが届いてからの初期設定手順

楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusは使える?

楽天モバイルでもiPhone 8やiPhone 8 Plusは使えます

ただしモデルによってはSIMロック解除が必要だったりするので、乗り換え前に確認しておかないと「使えると思ってたのに、iPhone 8が使えない!」なんてことにもなりかねません。ですので、申し込み前に、自分の持っている機種、もしくはこれから購入予定の機種が本当に使えるのかどうか、確かめておく必要があります。

では実際に「どのiPhone 8/8 Plusが使えるか?」という部分は、以下の3点を確認しておくと分かりやすいです。

  1. 「動作確認済み端末」をチェック
  2. 「docomo版」「SIMフリー版」はそのまま楽天モバイルで使える
  3. 「au版」「SotBank版」はSIMロック解除が必要

「動作確認済み端末」を確認

楽天モバイルでは「動作確認済み端末」の公式ページで、使えるかどうか独自にテストした機種が掲載されています。まずはこちらを確認しましょう。


出典:楽天モバイル 動作確認済み端末

SIMフリー版のiPhone 8(モデル:A1908)、iPhone 8 Plus(モデル:A1898)はすでに動作確認がとれており、SIMカードはnanoSIMサイズで使えます。3G/LTEでの通信はもちろん、USB経由やWiFi経由でテザリングも利用可能です。

この動作確認済み端末ページに掲載されているモデルであれば、安心して楽天モバイルの格安SIMで使えます。

OSの仕様変更により使えなくなる場合があります。

「docomo(ドコモ)版」と「SIMフリー版」はそのまま使える

楽天モバイルはdocomo回線を利用した格安SIMなので、docomo版のiPhone 8/8 PlusはSIMロック解除なしでそのまま使えます

Apple Store(アップルストア)で購入できるSIMフリー版のiPhone 8/8 PlusはもともとSIMロックがかかっていないので、楽天モバイルでそのまま使うことができます

OSの仕様変更により使えなくなる場合があります。

公式サイト:docomo

au版とSoftBank(ソフトバンク)版は「SIMロック解除」が必要

au版とSoftBank版のiPhone 8/8 PlusはSIMロックによるdocomo回線利用への制限があるので、そのままではdocomo回線を利用した楽天モバイルでは使えません。

ただし「SIMロック解除」の手続きを行えば、楽天モバイルでも使えます。公式ページでも「対応」を記載しているので、安心です。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う

OSの仕様変更により使えなくなる場合があります。

公式サイト:SoftBank

「SIMロック」と「SIMロック解除」ってなに?

SIMロック
他社回線のSIMカードで使えないように、制限をかけるロックのこと
SIMロック解除
SIMロックを解除すること

「SIMロック」とは、他社回線を利用したSIMカードで通信・通話を制限するロックのことです。

例えばau版やSoftBank版のiPhone 8/8 PlusはSIMロックによって他社回線への制限がかけられているので、docomo回線を利用した楽天モバイルのSIMカードではそのまま使うことができません。

これを使える状態にするのが「SIMロック解除」。SIMロックを解除することで制限がなくなるので、au版やSoftBank版のiPhoneも楽天モバイルで使えるようになる、というわけです。

楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusを使いたいSIMロック解除は必要?不要?
SIMフリー版不要
docomo版不要
au版必要
SoftBank版必要

SIMロック解除は条件を満たしていれば、各社公式ページやショップから申し込み可能です。

SIMロック解除が必要かどうかは簡単に上記表にまとめておいたので、乗り換え前に確認しておきましょう。

中古で買う場合の「ネットワーク利用制限」について

「中古でiPhone 8/8 Plusを安く買って楽天モバイルで使いたい」という場合には、いくつか注意点があります。

まずは使えるモデル。すでに説明したようにdocomo版やSIMフリー版ならそのまま使えますが、au版やSoftBank版のiPhone 8はSIMロック解除済みの端末を選ぶ必要があります。

以前はau版なら中古購入した後でも自分でSIMロック解除手続きが可能でしたが、現在は「契約者本人の購入履歴があること」が条件になっています。ですので、中古で買って楽天モバイルで使いたい場合には、au版もSoftBank版も購入時点ですでにSIMロック解除済みの端末を選ぶ必要があります。

次に注意しておきたいのが「ネットワーク利用制限」。ネットワーク利用制限は不正利用や代金滞納した端末に利用制限をかけるもので、購入した後に使えなくなる可能性もあるので必ず確認しておきましょう。

大手キャリア3社のホームページから製造番号を入力することで確認でき、基本的には、「○/△/×」の3種類で状況が示されます。

(ネットワーク利用制限を確認するページ)

ネットワーク利用制限内容
利用制限の対象となっておらず、使える
利用制限の対象となっておらず使えるが、今後分割代金の支払い不履行などにより使えなくなる可能性もある
×(赤ロム)ネットワーク利用制限中。SIMカードを入れても通話・通信ができない
-製造番号が確認できないなど

○と△は利用制限がかかっていない状態なので使えますが、△の場合には分割代金を支払っている途中の可能性もあり、もとの購入者が支払い不履行をすると、使えなくなることもあります。ネットワーク利用制限がかかると×表示になり、この状態を「赤ロム」と呼んだりします。

中古端末は安く購入できるのが最大のメリットですが、製品の状態やネットワーク利用制限は買う前に確認しておきましょう。

iPhone 8/8 Plusを楽天モバイルで安く使うには

  • 安い:今持っているiPhoneを、そのまま格安SIMで使う(SIMロック解除が必要な場合もある)
  • 少し安い:中古で買う(SIMロックの状態や、ネットワーク利用制限に注意)

楽天モバイルから直接iPhone 8/8 Plusは購入できる?

2018年3月時点で、楽天モバイルでiPhone 8やiPhone 8 Plusを購入することはできません。ただし、旧モデルが少し安く購入できることがあります。

楽天モバイルでは少し前のモデルのiPhoneを取り扱い開始しており、これらは格安SIMと同時に購入して使うことができるので紹介しておきます。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う

取り扱っているのは「海外販売モデル」もしくは「メーカー認定整備済」のiPhone。SE/6s/6s Plusなどがあります。

2018年3月時点で同時購入できるモデル
iPhone SE 16GB (海外販売モデル or メーカー認定整備済)
iPhone 6s 16GB (メーカー認定整備済)
iPhone 6s Plus 64GB/128GB (メーカー認定整備済)

もし「旧モデルのiPhoneでも良いので、安く買って楽天モバイルで使いたい」ということであれば、これらも確認しておくとよさそうです。

iPhone 8を楽天モバイルで運用するおすすめプランは?

iPhone 8/8 Plusにおすすめのプランも紹介します。楽天モバイルには「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2種類があるので、比較して自分に合ったプランを選んでみましょう

組み合わせプラン

  • オプションを組み合わせて柔軟に使える!
  • 通話SIMも格安の月額1,350円~!

「組み合わせプラン」はその名の通り、自分に合わせたオプションを組み合わせて使えるのが特長です。

データ通信容量は高速通信容量なしのベーシックプランから最大30GBプランまで、全6種類と幅広く用意されています。

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月1枚

基本プランのみなら通話SIMは月額1,350円からと安く使えますし、当月余った高速データ通信容量は翌月に繰り越しも可能です。オプションで「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(918円/月)」を追加すれば、5分かけ放題も使えます。

また組み合わせプラン通話SIMの最低利用期間は「開通月を1カ月目として12カ月目まで」のみとなっており、大手キャリアの契約のように2年ごとの更新契約・縛りといったものがないのもおすすめポイント。約1年使ったら、解約金なしで気軽に他の格安SIMへ乗り換えることができます。

「組み合わせプラン」がおすすめのユーザー

  • かけ放題の有無を自分で選びたい
  • 大容量プラン(10GB~30GB)を使いたい

スーパーホーダイ

  • 5分かけ放題と高速通信がコミコミのプラン!
  • 高速通信容量を使い切っても1Mbpsで通信できる!

「スーパーホーダイ」は、5分かけ放題と高速通信がセットになった、コミコミのコース。初めから5分かけ放題がついているので、あとは高速通信容量をプランS/M/Lの3種類から選ぶだけの分かりやすさが特長です。

スーパーホーダイ月額料金高速通信量SIM枚数
プランS楽天会員の場合:2,138円(1年目)
2年目以降:3,218円
2GB/月1枚
ダイヤモンド会員の場合:1,598円(1年目)
2年目以降:3,218円
2GB/月1枚
※楽天会員ではない方は1年目から3,218円2GB/月1枚
プランM楽天会員の場合:3,218円(1年目)
2年目以降:4,298円
6GB/月1枚
ダイヤモンド会員の場合:2,678円(1年目)
2年目以降:4,298円
6GB/月1枚
※楽天会員ではない方は1年目から4,298円6GB/月1枚
プランL楽天会員の場合:5,378円(1年目)
2年目以降:6,458円
14GB/月1枚
ダイヤモンド会員の場合:4,838円(1年目)
2年目以降:6,458円
14GB/月1枚
※楽天会員ではない方は1年目から6,458円14GB/月1枚

スーパーホーダイでは楽天会員割引を適用すると1年目は2,138円/月、ダイヤモンド会員であれば1年目は1,598円/月と激安で使えるのがおすすめポイント。プランSでは高速通信が2GB使えて5分かけ放題も付属してこの月額料金なので、コミコミでiPhone 8がお得に使えます。

さらに月間の高速データ通信容量を使い切ってしまったあとも、通信の混みあう12:00~13:00、18:00~19:00以外は最大1Mbpsと快適な速度で使えるのもメリット。1Mbps程度の通信速度が出ればメッセージやメールのやりとり、LINEの無料通話、Webページの閲覧、地図アプリなどは快適に使えますし、動画再生も480p以下で再生すれば問題ないレベルです。

ちなみにスーパーホーダイでも、当月余ったデータ通信容量は翌月へ繰り越しが可能です。

「スーパーホーダイ」がおすすめのユーザー

  • 通信容量だけ選んで、かけ放題コミコミで簡単に申し込みたい
  • 通信容量を使い切ったあとも、快適にインターネットを楽しみたい
  • 楽天ダイヤモンド会員なら、1年めはさらに安く使える
期間:2018年8月9日9:59まで
サマー大セール!
人気スマホnova lite 2が297円/月~など、人気機種や最新機種が大幅値下げ。 7月1日からスーパーホーダイの5分かけ放題が10分かけ放題にサービス拡大され、ますます見逃せません! 詳細を確認

楽天モバイルでiPhone 8を初期設定する手順

楽天モバイルへ乗り換える前に、SIMカードが届いてからiPhoneで通信や通話を使うまでの設定も最後にチェック。

「届いたSIMカードを装着する」→「構成プロファイルを入れる」の簡単2ステップなので「乗り換えたあとの初期設定が面倒」と思っている方も安心です。手順を確認して、乗り換え前の不安を取り除いておきましょう。

SIMカードの装着

楽天モバイルのSIMカードが届いたら、まずはiPhone 8の電源を落として、SIMカードの装着を行います。

iPhone 8/8 Plusに付属しているSIM取り出しツール(SIMピン)を用意。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

スリープボタンを長押し後、スライドして電源をオフに。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

SIMピンを利用して、SIMカードのトレイを取り出す。戻すときに表裏の向きを間違えないように注意。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

楽天モバイルのnanoSIMカードをセットして、iPhone本体にトレイを戻す。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

iPhoneの電源をオンに。


出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

SIMカードの装着が終わって電源を入れ直したあとは、構成プロファイルのインストールが必要です。

iOS用のAPN構成プロファイルをインストール

楽天モバイルのSIMカードを装着したら、次にインターネットを使えるようにするためにAPN(Access Point Name:アクセスポイント名)の設定を行います。

iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールする方法が簡単なので、こちらを紹介。

まずはiPhone 8を自宅のWiFiなどに接続し、ホーム画面からブラウザアプリ「Safari(サファリ)」を起動します。

次に対象APNの構成プロファイルをダウンロードするページをSafariから開きます。

構成プロファイルのダウンロードページ(Safariから)
rmobile.jp(申込種別006または007)
rmobile.co(申込種別008または009)

楽天モバイルには2種類のAPNとそれらに対応した構成プロファイルがあるので、SIMカードが添付されていた台紙に記載されている赤文字のAPNに対応した構成プロファイルを選びます。
iPhoneでは、APN構成プロファイルは1種類しか持てません。通信キャリアを変更する場合には、APN構成プロファイルの削除が必要となります。「設定」>「一般」>「プロファイルとデバイス管理」より、削除する「APN構成プロファイル」をタップして削除しておきましょう。

出典:楽天モバイル iPhoneを使う 設定編

(今回はrmobile.coで進んだ場合を紹介します。)

インストール画面に移動するので、右上の「インストール」を押します。

パスコードを入力します。

右上の「次へ」を押します。

右上の「インストール」を押します。

画面下に「インストール」のボタンが表示されるので、押します。

インストールが終わったら「完了」ボタンをタップします。

あとはWiFi通信をオフにして、楽天モバイルのSIMカードでモバイルデータ通信ができるかどうか確認するだけです。

楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusをお得に運用

使える機種やプランの違いを知っておけば、iPhone 8/8 Plusを楽天モバイルでお得に運用できます

docomo版やSIMフリー版をお持ちの方はそのまま、au版やSoftBank版のをお持ちの方はSIMロック解除をしてから、楽天モバイルの格安SIMで安く使ってみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい