1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルとIIJmioならどっち?サービス・料金を徹底比較!

楽天モバイルとIIJmioならどっち?サービス・料金を徹底比較!

更新日:2019.08.16

格安スマホ・格安SIMのMVNOの中でも人気のある楽天モバイルとIIJmio。どちらも魅力的なMVNOですが、強み・弱みがそれぞれあります。今回は両者について、サービス面・料金面を比較して説明します。これを見れば、どちらを選ぶべきかが見えてきますよ!

格安スマホ・格安SIMのMVNOの中でも人気のある楽天モバイルとIIJmio。どちらもdocomo回線とau回線が提供されていることもあり、どちらにしようか迷っている方もいるかもしれませんね。どちらも魅力的なMVNOですが、強み・弱みがそれぞれあります。今回は楽天モバイルとIIJmioを料金、速度、オプション、端末などさまざまな側面から比較して説明します。これを見れば、どちらを選ぶべきかが見えてきますよ!

楽天モバイルとIIJmioを料金面で比較

まずは、料金面から比較してみました!

楽天モバイルの月額料金(docomo回線/au回線)

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚

IIJmio(みおふぉん)タイプDの月額料金

IIJmio タイプD月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
高速通信容量SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円3GB/月最大2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,397円6GB/月最大2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円3,520円12GB/月最大10枚

IIJmio(みおふぉん)タイプAの月額料金

IIJmio タイプA月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
高速通信容量SIM枚数
ミニマムスタートプラン-972円1,728円3GB/月2枚
ライトスタートプラン-1,641円2,397円6GB/月2枚
ファミリーシェアプラン-2,764円3,520円12GB/月最大10枚

データ専用のSIMであれば、楽天モバイルのベーシックプランで567円という低料金で利用できます。ただし、このプランは最大通信速度が200Kbpsとなるプランです。

音声通話プランでは、料金に大きな違いはありません。月間3GB前後では、楽天モバイルが3.1GBで1,728円、IIJmio(みおふぉん) は3GBで1,728円です。楽天モバイルが0.1GB多い分若干お得と言えます。

ただし、IIJmioは複数のSIMカードを契約できます。また、「ファミリーシェアプラン」を契約して、10GBを家族でシェアして使えば、かなりお得な通信料金にすることができるでしょう。ここは楽天モバイルにはない魅力です。

2019.9.30まで
4カ月間音声SIM1,080円割引&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
音声通話SIM1,080円×3カ月割引で月額料金が648円から!
SIMチェンジ限定で月額料金割引がプラス1カ月で4カ月間に!
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルとIIJmioを通信速度で比較

MVNOの通信速度に不安を持っているという人も多いと思うので、気になる通信速度でも比較してみました。

楽天モバイル
docomo回線:下り最大500Mbps、上り最大50Mbps
au回線:下り最大958Mbps、上り最大112.5Mbps
IIJmio
docomo回線:下り最大988Mbps、上り最大75Mbps
au回線:下り最大958Mbps、上り最大112.5Mbps

公式発表の理論値での通信速度はIIJmioの方が速くなっています

IIJmioは以前から通信速度に関しての定評があるMVNOであり、何回か第三者からの表彰を受けたことがあります。晋遊舎が「家電批評2015年4月号」で発表した山手線内での通信速度比較では、IIJmioは最も使いやすいという評価を受けました。また、通信速度を比較する「ジムーバ」が2015年8月に発表した都道府県別の実効速度ランキングで、IIJmioが総合1位に選ばれています。

このようにIIJmioは以前から通信速度で評判が高く、実際に高い通信速度を実現しています。今後も通信速度に力を入れる方針は続くと思われますので、快適な速度での通信を重視する人ならIIJmioが魅力的でしょう。

一方で、楽天モバイルは高速通信容量を使い切っても最大1Mbpsでデータが使い放題と、IIJmioは低速時は200Kbpsなので低速時でもストレスが少なく利用できます。

SIMチェンジでは15分ごとに格安SIMの通信速度を計測しています。ぜひこちらでもリアルタイムの速度をチェックしてみてください。

2019.9.30まで
4カ月間音声SIM1,080円割引&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
音声通話SIM1,080円×3カ月割引で月額料金が648円から!
SIMチェンジ限定で月額料金割引がプラス1カ月で4カ月間に!
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルとIIJmioをオプションサービスで比較

意外と重要なオプションでも比較してみました。

かけ放題

楽天モバイル
月額918円
10分以内の国内通話が無料になります。
IIJmio
3分:月額897円
3分以内の国内通話が無料になります。また、家族(同一契約間)通話は10分以内の通話が無料になります。
10分:月額648円
10分以内の国内通話が無料になります。また、家族(同一契約間)通話は30分以内の通話が無料になります。

楽天モバイルは2016年から「かけ放題オプション」の提供を開始しました。大手キャリアにあるかけ放題サービスにちかいものが格安SIMでは手薄だったため、このサービスは大きな注目を集めていました。当時は5分間のかけ放題でしたが、現在は10分以内の国内通話が無料になるオプションとなっています。

IIJmioのかけ放題は他社にはない特徴があります。だれとでも無料で通話できる分のほかに、同一契約間通話はさらに長い時間通話が無料になります。最大30分の同一契約間通話が無料になるので、家族で長電話しがちな人にも安心ですね。また、月額料金も楽天モバイルより安くなっています。

このほかにも楽天モバイルでは「データ復旧サービス」、「アドレス帳・写真データ移行サービス」など、細かいところに手が届くオプションが充実しています。一方IIJmioは「端末保証」「セキュリティ」など、一通りのオプションは提供されているものの、他MVNOとされほど大差はありません。オプションの充実度では、楽天モバイルが一歩リードしていると言えるでしょう。

2019.9.30 21:59まで
SPECIAL SALE!早秋のスマホ割引キャンペーン
人気の16機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルとIIJmioを購入できる端末で比較

格安SIMに乗りかえるタイミングで端末も買い換えたいという人も多いと思います。なので、販売されている端末で比較してみました。

楽天モバイルでセット契約ができるスマホ端末は現時点で33種類と、MVNOの中でもかなり多いほうです。ラインナップを見ていくと、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広く揃っています。ユーザーのニーズに合った端末を選びやすくなっており、端末の選択肢が多いことは魅力的でしょう。また、キャンペーン価格で変える端末も多く、かなりお得に購入できるのでぜひ一度チェックしてください。
公式:楽天モバイル端末ラインナップ

一方IIJmioでセット契約できるのは現在21種類になっています。ラインナップの数から言うと楽天モバイルには劣りますが、選ぶのには困らない種類は揃っています。しかし、海外製の端末を多く取り扱っているので、日本製の端末が良いという人には不向きです。
公式:IIJmio(みおふぉん)端末ラインナップ

2019.9.30 21:59まで
SPECIAL SALE!早秋のスマホ割引キャンペーン
人気の16機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルとIIJmioはどこに強みがあるのか?

これまで見てきた情報から、楽天モバイルとIIJmio、それぞれのMVNOの強みをまとめます。

楽天モバイルの強みはここ!

楽天モバイルは豊富なサービスの提供に強みがあります。新しいサービスを出してくるという印象が強いく、2018年にはau回線の提供がはじまりました。そのほかにも、ユーザーにとって面倒なデータ移行やデータ復旧を行ってくれるサービスなど、オプションサービスはかなり充実しています。かけ放題サービスを含めオプションサービスが魅力的で実際に使いそうなら楽天モバイルはおすすめです。

また、端末とのセット契約を考えるならば、楽天モバイルが用意している充実したラインナップはとても魅力的です。低価格で手軽に使える機種から、ハイスペックのこだわり機種まで幅広いので、自分に合った一台を選びやすいでしょう。

IIJmioの強みはここ!

IIJmioは通信速度の面で楽天モバイルよりもアドバンテージがあります。安定した高速通信を利用したいと考える方にとっては魅力的なMVNOです。IIJmioの通信速度は、第三者機関からも評価が高いので信頼性があると言えるでしょう。

また、MMD研究所が毎年行っている格安SIMサービスでの満足度調査において、IIJmioは2014年から3年連続で満足度第1位に輝いています。この調査でIIJmioの選択理由として、「通信速度が速いと思ったから」と回答したユーザーが30%ということで、やはり速度重視の人に選ばれる傾向が強いMVNOと言えるでしょう。

また、料金面ではシェアプランがあるのが楽天モバイルとの大きな違いです。

楽天モバイルとIIJmioの特徴を把握して最適な方を選ぼう

楽天モバイルとIIJmioの料金・サービス・端末などの面から比較しました。各MVNOの強みに違いがあるのが理解していただけたと思います。自分のスマホの使い方や重視する点を考えて、適している方を選んでくださいね。

各MVNOの他の点も含めて詳細情報を知りたい方は、以下の公式サイトへどうぞ!

2019.9.30 21:59まで
SPECIAL SALE!早秋のスマホ割引キャンペーン
人気の16機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ
2019.9.30まで
4カ月間音声SIM1,080円割引&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
音声通話SIM1,080円×3カ月割引で月額料金が648円から!
SIMチェンジ限定で月額料金割引がプラス1カ月で4カ月間に!
詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい