1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイル「honor 8」SIMフリースマホを独占販売

楽天モバイル「honor 8」SIMフリースマホを独占販売

SIMフリースマホ

楽天モバイルがSIMフリースマホ「honor 8」の取扱を発表!ハイスペックなオクタコアCPU「Kirin 950」に、大容量の4GBメモリ、背面にデュアルカメラを備えています。キャンペーンにて3万円で購入できるコストパフォーマンスの高さにも注目!

楽天モバイルが、HUAWEIのSIMフリースマホ「honor 8」の国内独占販売を発表。5.2インチのフルHDディスプレイにKirin 950のハイスペックなオクタコアCPU、大容量の4GBメモリにデュアルカメラなどを備えます。想定価格は4万6,224円ですが、キャンペーン価格なら3万8,664円(税込)に。


出典:mobile.rakuten.co.jp

セット購入の予約は9月21日から(MNPは25日から)受付を開始し、出荷と店頭販売は9月28日以降を予定しています。注目の格安スマホが安く購入できる機会なので、詳細を確認しておきましょう。

公式サイト:楽天モバイル

HUAWEI honor 8が楽天モバイルで独占販売

楽天がMVNOとなって提供する格安SIM「楽天モバイル」は、9月21日よりHUAWEI製のSIMフリースマホ「honor 8(オーナーエイト)」の販売予約を開始します。

出典:楽天モバイル honor 8

honorシリーズと言えば「honor6 plus」が以前楽天モバイルにて独占販売されましたが、今回のhonor 8もMVNOでは楽天モバイルのみでの取り扱いになるとのこと。予定価格は4万6,224円ですが、キャンペーン価格で3万8,664円(税込)とお得になります。

公式サイト:楽天モバイル

honor 8のスペック

HUAWEI製のSIMフリースマホ「honor 8
」は、Android 6.0 Marshmallowを搭載した4万円台の格安スマホ。ただしスペック(性能)を見ると、他社メーカーのフラグシップ(代表的な)機種とも戦える、高性能なモデルになっています。

honor 8 スペック表

端末名honor 8
メーカーHuawei
画面サイズ5.2インチ /1920 x 1080ドット(IPS)
CPUファーウェイ製 Kirin 950(オクタコア)
OSAndroid™ 7.0
RAM4GB
ROM32GB
カメラ画質背面(1,200万画素×2, デュアルカメラ)
前面(800万画素)
micro SD スロット
SIMサイズnano SIM
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv4.2
通信(LTE)FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TDD-LTE : B38/40
LTE CA DL (カテゴリ6) : B1+B19/B3+B19/B1+B8
W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
バッテリー3000mAh(一体型)、急速充電(9V/2A対応)
入出力端子USB Type C
サイズ幅145.5mm×奥行き71mm×厚み7.45mm
重量約153g
本体カラーサファイアブルー/サンライズゴールド/パールホワイト/サクラピンク/ミッドナイトブラック

高性能オクタコアCPUに大容量メモリを搭載しており、3~4万円台で買える国内SIMフリースマホでは最高峰の性能に。詳しくチェックしてみましょう。

honor 8のCPU「kirin 950」

HUAWEI honor 8に搭載されているプロセッサーは、自社系の「Kirin 950」というモデルです。合計8つのCPUが搭載されている「オクタコアCPU」ですが、そのうち4つがCortex-A72という2.3GHz駆動の高性能CPUを利用しており、残りの4つがCortex-A53という1.8GHzのコアを利用しています。GPUは「Mail T880」を採用しており、900MHz。16nm FinFET+プロセスという構成です。


出典:HUAWEI

参考までに、基本性能を計測する「Antutu benchmark test」というものがありますが、そちらのスコアは約9万4,000点(AntutuBenchmarkのバージョンによっても異なりますが、概ね9万~9万5,000点あたりを記録しているようです。)となっていました。

例えば約3万円台のHUAWEI P9 liteのAntutuスコアは5万点弱ですし、Moto G4 Plusのスコアは4万5,000点程度。3万円弱~3万5,000円程度の格安スマホと比較すると、少なくともベンチマークスコアではプレミアム感が満載です。

honor 8のメモリは「4GB」の大容量

CPUは十分高性能なものを搭載していますが、メモリ(RAM)も4GBという大容量を積んでいるのが特長です。一般的にはメモリが多いほどマルチタスクに対応できるので、こちらもベンチマークスコアを引き上げていると言って良いでしょう。

ちなみに同じデュアルカメラを搭載したSIMフリースマホではHUAWEI P9という上位モデルが発売されすでに人気ですが、こちらは3GBメモリでAntutuベンチマークは8万~9万5,000程度(発売時期や計測時期、アプリバージョンが異なるので、若干スコアにはばらつきがあります)。

HUAWEI P9に関しては「Kirin955」というクロック数の引き上げられた上位CPUを利用していますが、メモリ容量の差からhonor 8は同等、もしくはそれ以上のスコアになっているものと思われます。

もちろん実際の使用感や他のベンチマークテストも参照する必要はありそうですが、現状海外のレビューやベンチマークスコアを見る限りでは「ハイスペックで低価格」のSIMフリースマートフォンになっているのは間違いなさそうです。

HUAWEI P9にも搭載された「ダブルレンズ」採用

基本性能以外の注目ポイントとしては、HUAWEI P9の背面にも搭載されていた「ダブルレンズ」をhonor 8でも採用している部分。1,200万画素の2つのカメラが背面に設置されており、モノクロセンサーとカラーセンサーの組み合わせでスマートフォンでも美麗で味のある写真撮影が可能です。この辺りはHUAWEI P9で好評だったカメラ機能と同じような技術を採用しているものと思われます。


出典:楽天モバイル honor 8

ちなみに参考価格ではHUAWEI P9よりもhonor 8の方が低価格になっているので、コストパフォーマンス面により注力したモデルがhonor 8といったところでしょうか。

5.2インチの美麗ディスプレイに、光沢のある独自デザイン

honor 8は5.2インチのフルHD(1920×1080)のIPSディスプレイを採用しており、背面パネルは独自の光沢を施した15層のマイクロパターンになっています。背面にはアンテナラインがなく、一体感のあるデザインが印象的です。


出典:HUAWEI

(丸みのあるサイド部分と、5.2インチのディスプレイ)

(海外の実機ハンズオンと開封動画。背面は独自の光沢を備えているのがわかります。※日本発売モデルは仕様が異なる場合があります)

0.4秒の認証が可能な3D指紋認証センサーも搭載されており、この辺りの機能は4万円台のスマートフォンとしてしっかり対応しています。


出典:HUAWEI

楽天モバイルの事前予約でhonor 8が割引に

既に紹介した通り、楽天モバイルではhonor 8の発売記念キャンペーンで「4万6,224円→3万8,664円(税込)」と割引価格で購入可能です。楽天モバイルwebサイトから申込したユーザーが対象で、キャンペーン期間は9/21(水)14:00 ~ 12/1(木)9:59なのでチェックしておきましょう。

公式サイト:楽天モバイル

自撮り棒、イヤホン、Type-Cコネクタなど「HONOR GIFT BOX」特典も

なくなり次第終了の購入特典として、microUSBケーブル、自撮り棒、 USB Type-Cコネクタ、イヤホンなどがセットになった「HONOR GIFT BOX」のプレゼントがあります。honor 8がUSB Type-Cコネクタを採用しているので、すでに購入予定の方は無くなる前に申し込んでおいて損はないでしょう。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルがhonor 8を独占販売へ、まとめ

デュアルカメラ、高性能プロセッサー、低価格という3つが注目のhonor 8。9月21日より予約が開始するので、気になる方は公式サイトをチェックしておきましょう。

公式サイト:楽天モバイル

他の格安SIMも比較する場合は、下記の「SIMチェンジプラン診断」をお試しください。