1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのバースト機能は明記されてないが実装されている

楽天モバイルのバースト機能は明記されてないが実装されている

更新日:2019.04.22

楽天モバイルの公式サイトでは「バースト機能」もしくは「バースト転送」と呼ばれる機能についての言及はありません。ただし、スピードテストなどで実験してみると、類似の機能は実装されているようです。

MVNOの説明資料などでときどき登場するのが、「バースト機能」もしくは「バースト転送」と呼ばれる言葉です。これは、SIMの契約容量をオーバーしてしまったときでも、短時間だけ高速通信を保ってくれるという助かる機能です。さまざまなキャンペーンを打ち出して話題の楽天モバイルにバースト機能があるのかを調べてみました。

MVNOで見られるバースト機能とは何か?

ピンときた画像

低価格で高速通信可能な格安SIMは、150Mbpsや300Mbpsを超えるような高速通信を格安で利用できます。かつては速さに疑問を持たれることも多かったですが、契約者の急増とともに通信設備・システムの増強が図られ、快適に動画視聴やゲームアプリを楽しめるようになりました。

しかし3大キャリアと同じく、毎月利用できる高速データ通信容量には上限があります。5GBの契約なら、ひと月の途中で5GB使いきってしまうと高速通信ができなくなり、データ通信速度が200kbps程度となります。つい夢中になってしまうと超えてしまいがち……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
低速通信になってしまうと動画やゲームなどはもちろんのこと、Webサイトの閲覧さえ困難になってしまうことがあります。エンタメ分野は多少使えなくなっても仕方ないかもしれませんが、いざというときに目的のサイトが見られないと大変困りますよね。

バースト機能は、そのような低速通信になってしまったときに感じるストレスを軽減してくれます。通信開始直後の数秒間は高速データ通信ができるため、サイトによっては高速時と同様に表示が完了できることもあるのです。画像や動画がメインのサイトは厳しいですが、テキストが主体のサイトならバースト機能の恩恵を受けられます。

楽天モバイルにはバースト機能はないのか?

pixta_17183214_M

楽天モバイルはわかりやすいプランとさまざまなオプションサービスを用意している初心者にもやさしいMVNOです。キャンペーンも頻繁に行っているので目にすることも多く、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。格安スマホのセット契約でも選べる端末が多く、魅力的な端末が揃っています。

楽天モバイルのサイト上には、現時点でバースト機能に関する記載は存在していません。他のMVNOのように、通信速度に制限がかかります。しかし、通信状況によっては300kbps程度と、実は低速よりもやや早い速度がでることがあるのです。

スピードテストアプリで計測を行ってみると、他のMVNOにあるバースト機能のような初速がでることがあり、軽いページであれば読み込みが素早く完了します。それほど遅さを感じることもありません。公式にアナウンスはされていませんが、楽天モバイルにはバースト機能ないしバースト機能と同様の機能が備わっていると考えられます。

楽天モバイル以外でバースト機能を搭載しているMVNO

いくつかのMVNOはバースト機能をアピールポイントとして打ち出しています。その紹介内容を見てみましょう。

DMM mobile(DMMモバイル)

バースト機能をアピールしているMVNOと言えばまずDMM mobile(DMMモバイル)が有名です。DMM mobileはキャンペーンなどはあまり行わないMVNOですが、常に安い価格を提示していることで定評があります。データ通信プランなら、1GBで476円という業界の最安値クラスの価格を提示しています。また、DMM mobileはデータ容量のプランが多彩で、2GB・7GB・8GBなど他のMVNOではあまり見られない容量の契約も可能です。

DMM mobileは、公式ホームページでしっかりバースト機能をアピールしています。容量超過もしくは高速通信をOFFにしたときでも、通信開始時はちょっと高速になりますから、テキスト主体のサイトならすぐに読み込みできるとされています。

終了日未定
1万4,000円分ギフト券プレゼント
SIMチェンジ限定で最大1万4,000円分のamazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
★さらに今なら月額基本料金が最大3カ月間割引に!音声通話SIMなら最大1,298円×3カ月間=3,894円おトク! 詳細をチェック
公式サイトへ

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん) は以前から通信速度・品質にこだわり続けてきたMVNOで、回線速度は他のMVNOと比べても一歩リードしています。第三者の満足度調査や通信速度の実測で何回か表彰されたこともある会社です。そのようなMVNOですから、バースト機能も備えているというのはある意味当然とも言えるのかもしれません。

公式ホームページにて「バースト転送」の説明があります。やはりこちらも低速時には、通信開始直後に低速を解除して高速通信にします。すぐ読み込めるようなWebサイトやTwitterのタイムラインなどであれば、バースト転送で十分カバーできるとされています。

2019.7.3まで
3カ月間音声SIM1,404円割引・3GB増量&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
通常1GB増量のところSIMチェンジ限定12カ月間データ3GB増量
音声通話SIM1,404円×3カ月割引で月額料金が324円から! 詳細をチェック
公式サイトへ

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はdocomo・au・SoftBankの回線が使えるマルチキャリアMVNOという独自の強みがあります。ユーザーとのコミュニケーションを盛んにとっているのが印象的で、サービス向上などにユーザーの声を積極的に取り入れています。

こちらはホームページなどではアナウンスされてはいませんが、ユーザーコミュニティサイトの「マイネ王」にて、運営者より他社のバースト機能に近い機能を搭載していると発表がありました。

mineo
docomo/au/SoftBankのトリプルキャリア対応
月額756円から利用可能!(Aプラン/DプランのデータSIM、500MBの場合)
mineoユーザーが集まるコミュニティサイト「マイネ王」やパケットを分けあったり贈りあったりできるサービスなど、ユーザー目線に立った仕組みが充実しています。顧客満足度やユーザーの口コミ評価も高いMVNOのひとつです。詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルにはバースト機能に近い動作がある!

バースト機能は、データ通信容量の上限を超えてしまったときでも通信開始直後の数秒間だけ速度が速くなるサービスです。テキストメインのサイトの閲覧やLINEやメールのやり取りではほぼ問題ありません。いざというときに心強いサービスです。

楽天モバイルのバースト機能は公式には発表されていませんが、実際に低速時には200kbpsを超える速度が出るため、バースト機能またはそれに近い機能が備わっていると考えられます。
正式にバースト機能を表明しているDMM mobileやIIJmioだけでなく、楽天モバイルも比較検討に入れる価値はあると言えるでしょう。

2019.5.9 9:59まで
令和 x 楽天モバイル ダブル元年記念 スマホ割引キャンペーン
HUAWEIの最新機種、nova lite 3が一括1万563円で購入可能。
AQUOS sense2 SH-M08やZenFone 5などの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい