1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルはLTE対応端末で運用しよう!

楽天モバイルはLTE対応端末で運用しよう!

更新日:2019.06.19

楽天モバイルは月額プランが安く、月々の支払いに対して楽天ポイント付与されるので、普段から楽天市場を利用しているという方におすすめです。契約した月は月額料金も無料になる楽天モバイルはLTE対応の機種で運用しないといけません。今回はそんな楽天モバイルの料金やおすすめの機種などをご紹介していきます。

楽天モバイルは、支払いをするだけで楽天ポイントが溜まるので、楽天市場でよく買い物をする方や月額料金も安いので、さまざまな方におすすめのMVNOです。楽天モバイルはLTE対応の端末で運用する必要があるので、その点は注意しないといけません。今回は楽天モバイルの月額料金やセット販売されているおすすめの端末をご紹介していくのでご覧ください。

楽天モバイルの月額プラン

まずは楽天モバイルの月額プランを見ていきましょう。プランは大きく2つあり、「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」です。これ以外にかかる料金は、契約事務手数料のdocomo回線3,666円/au回線3,679円やオプションサービスの料金です。通話は30秒で21.6円かかるので、通話を多くするという場合は「楽天でんわ」アプリやかけ放題オプションを利用したほうがよいでしょう。

通信制限は、通信料を使いきった場合は200kbpsまで制限がかかります。また、スーパーホーダイの場合は、1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えても、通信速度は最大1Mbpsにしか制限されません(ただし、12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbpsに制限)。高速データ通信は低速モードに切り替えも可能ですが、データの使用量はかかります。

組み合わせプラン

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚

スーパーホーダイ(docomo回線のみ)

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員
(1年目・対象月のみ)
楽天会員
(1~2年目)
非会員
(1~2年目)
25カ月目以降
プランS
(2GB)
3年1,059円/月1,599円/月2,139円/月3,219円/月
2年1,599円/月2,139円/月2,679円/月
1年2,139円/月2,679円/月3,219円/月
プランM
(6GB)
3年2,139円/月2,679円/月3,219円/月4,299円/月
2年2,679円/月3,219円/月3,759円/月
1年3,219円/月3,759円/月4,299円/月
プランL
(14GB)
3年4,299円/月4,839円/月5,379円/月6,459円/月
2年4,839円/月5,379円/月5,919円/月
1年5,379円/月5,919円/月6,459円/月
プランLL
(24GB)
3年5,379円/月5,919円/月6,459円/月7,539円/月
2年5,919円/月6,459円/月6,999円/月
1年6,459円/月6,999円/月7,539円/月
2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

なぜLTE対応端末でないといけないの?

楽天モバイルはdocomo回線とau回線を取り扱っています。docomo回線は「NTTドコモのXiR(LTE)/FOMAR(3G)サービスエリア」で、au回線は「auの4G LTEサービスエリア」で利用できると明記されています。楽天モバイルと契約後に使いたい端末が提供されている周波数に対応していないと、通信が行えないため、LTE対応の端末である必要があるのです。

現在発売されているスマートフォンやケータイはLTEに対応していますので心配ありませんが、かなり前に発売された端末を中古で購入しようと考えている方は、その端末がLTEに対応しているかどうか必ず確認するようにしてください。

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:HUAWEI nova lite 3


出典:楽天モバイル

2019年2月に発売されたHUAWEIの最新モデルです。扱いやすいスペックとお手頃な価格が人気です。

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:HUAWEI nova lite 3のスペック

OS
Android™ 9/EMUI 9.0.1
CPU
HUAWEI Kirin710 オクタコア(4×2.2GHzA73+4×1.7GHzA53)
サイズ
155.2 x 73.4 x 7.95(mm)
質量
約160g
内部メモリ
3GB(RAM)/32GB (ROM)
外部メモリ
microSDXC™ 512GB
バッテリー
約3,400mAh
測位方式
GPS/GLONASS/AGPS
コネクティビティ
WiFi 802.11 b/g/n 準拠 2.4Ghz
Bluetooth 4.2
USB 2.0 Micro-B
nanoSIMx2
ディスプレイ
約6.21インチ、19.5:9 TFT、2340×1080ピクセル
カメラ
アウトカメラ(ダブルレンズ):約1,300万画素+200万画素、LEDフラッシュ、像面位相差+コントラスト AF
インカメラ:1600万画素、FF
通信方式
FDD LTE: B1/2/3/8/17/18/19
TDD LTE: B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
センサー
加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証
おサイフケータイ
無し

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:HUAWEI nova lite 3のおすすめポイント

高性能なCPUを搭載

先進のオクタコアCPU HUAWEI Kirin 710を搭載しています。

高性能カメラを搭載

アウトカメラは1,300万画素+200万画素、インカメラは500万画素と非常に優秀なカメラを搭載しています。また暗い場所でも明るく撮影できる機能なども搭載されているので、写真撮影をよく行う方などに向いています。

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:AQUOS R2 compact SH-M09


出典:楽天モバイル

SHARPが開発した機種で、日本人が使いやすい機能を多く搭載していることが特徴です。

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:AQUOS R2 compact SH-M09のスペック

OS
Android™9
CPU
Qualcomm® Snapdragon™845、オクタコア 2.6GHz+1.7GHz
サイズ
131 x 64 x 9.3(mm)
質量
約135g
内部メモリ
4GB(RAM)/64GB(ROM)
外部メモリ
microSDXC™ 512GB
バッテリー
2,500mAh
測位方式
GPS/GLONASS/AGPS
コネクティビティ
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB Type-C
nanoSIM
ディスプレイ
約5.2インチ、ハイスピードIGZO、2,280×1,080 ドット FHD+
カメラ
アウトカメラ:2,260万画素
インカメラ:800万画素
通信方式
FDD LTE: B1/3/5/8/11/12/17/19/26/28
TDD LTE: B41/42
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
その他
GPS、ハイレゾ、指紋認証・顔認証、おサイフケータイ・NFC、防水・防塵、エモパー

楽天モバイルで販売されているLTE対応端末:AQUOS R2 compact SH-M09のおすすめポイント

コンパクトなボディながら大画面

片手で持ちやすく操作しやすい本体サイズとデザインです。5.2インチの大画面はAQUOSシリーズでおなじみの美しくなめらかな動きを実現するIGZOディスプレイです。液晶テレビAQUOSに使われている画像エンジンの技術も搭載され、動画の鑑賞や動きの激しいゲームも快適に行えるでしょう。

便利機能が多い

コンビニ等でも使えるおサイフケータイや防水防塵、指紋認証・顔認証、のぞき見ブロック機能も搭載しています。のぞき見ブロック機能は画面にフィルムを貼らなくても周囲から見えづらくなり、プライバシー保護に役立ちます。

楽天モバイルのLTE速度

格安SIMだと速度が遅いのではないかと思ってしまうかもしれませんが、楽天モバイルは下り最大500Mbpsの高速LTEに対応しているので、その辺りも安心できます。

また対応しているエリアは、先ほども紹介しましたが、docomo回線はdocomoと、au回線はauのサービスエリアと同じです。繋がりにくいということもありません。ただしMVNOは混雑する時間帯は速度が低下することが多く、昼ごろや夕方は回線が混雑し速度が落ちることがあります。

楽天モバイルがLTE対応で速度も十分なのでおすすめ

楽天モバイルはLTEに対応していて、速度もしっかりと出るMVNOです。LTEに対応している端末を選ばないといけないので、詳しい方は別々で買っても大丈夫ですが、あまりわからないという方はセットで購入したほうがよいでしょう。

楽天ポイントが多く貰えることもあり、普段から楽天市場などをよく使うという方にもおすすめですし、単純に月々の料金を抑えたいという方にもおすすめできるMVNOです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい