1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのおすすめ端末を体験してきました!【リアルイベント】

楽天モバイルのおすすめ端末を体験してきました!【リアルイベント】

格安スマホ

2017年2月28日に行われた、楽天モバイルのリアルイベント。体験ブースにて、2017年に発売された新端末を試してきました!スペック(性能)や使い心地など、スマホレビューライターが楽天モバイルのおすすめの端末の体験レポートをお届けします!

【2017年2月28日】楽天モバイルのリアルイベントに参加しました。2017年に発売された新端末の体験ブースもあったので、スマホレビューライターとしてスペック(性能)や使い心地を試してきましたよ!楽天モバイルの格安SIMプランと一緒にご紹介します。

今回は楽天モバイルのリアルイベントから、楽天モバイルのおすすめの端末について、体験レポートをお届けします。

楽天モバイルのリアルイベント

楽天モバイルのおすすめ端末を徹底検証&体験してきた!

楽天モバイルのセミナー

2017年2月28日、楽天クリムゾンハウスにて、楽天モバイルのリアルイベントが開催されました。こちらのイベントではセミナーと端末紹介イベントなどを通して楽天モバイルのサービスについて理解度を高めることが目的です。

2017年新発売の端末の体験ブースもあったので、スペックや使い心地を体験してきました。

楽天モバイルのリアルイベントって?

では最初に今回のイベントについて説明します。こちらはSIMチェンジを含むメディアサイト向けに実施されたもので、楽天モバイルにおけるセールスポイントの確認や、売り出し中の新発売端末についての紹介がなされました。

  1. 楽天モバイルのサービスについてのセミナー
  2. 2017年に発売された端末紹介イベント

端的に言えば2本立てのイベントとなっていて、筆者のお目当ては後者の端末紹介イベントです。

端末を実際に試すことができるブースでは、端末メーカーの担当者もいらっしゃったので、細かい質問にも丁寧に答えてくださいました。今回実際に触った2017年発売の端末については記事の後半にて詳しく紹介します。

楽天モバイルの格安SIMプラン

端末紹介の前に、改めて楽天モバイルの格安SIMプランについて紹介します。楽天モバイルは3.1GB/月~30GB/月までと幅広くSIMプランを提供しており、データ通信専用SIM・データ通信SIM+SMS・音声通話SIMをそれぞれ選ぶことができます。20GB・30GBなどの大容量プランはもちろん、通信速度最大200kbpsながら無制限にデータ通信を利用できるベーシックプランといったものも揃っているので、幅広い客層に人気のMVNOです。

楽天モバイル SIMプラン表

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-最大200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚

また、楽天モバイルでは3月1日より「帯域制限」を廃止しました。これまでは短期間に大量のデータ通信をすると一時的に通信速度を制限されることがありましたが、これが楽天モバイルの全プランで撤廃されています。

1人契約するともう1人無料!キャンペーン 出典:楽天モバイル 公式ページ

また、楽天モバイルでは複数回線での契約がオトクになる「1人契約するともう1人無料!キャンペーン」も実施しています。楽天でんわ5分かけ放題オプションへの加入が必要になりますが、家族での契約や一人で複数の端末を利用している方はぜひ活用してほしいキャンペーンです。

※キャンペーン期限:2017年5月11日(木) 9:59まで

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめ端末を紹介!~2017年発売~

それでは今回体験させていただいた楽天モバイルのおすすめ端末について、2017年に発売されたばかりの端末から、スペック(性能)表も交えてご紹介します。

【HUAWEI nova】5.0インチ 小柄なDSDS対応スマホ

HUAWEI nova
メーカー
Huawei
端末料金(一括)
37,584円~(期間限定・Web限定)
端末分割支払金
1,566円~(期間限定・Web限定)
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア
画面サイズ
5.0インチ, FHD(1920×1080),IPS

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ

HUAWEI novaは2017年2月24日から楽天モバイルで発売された、Huaweiの5.0インチスマホ。デュアルSIM・デュアルスタンバイにも対応し、急速充電や指紋認証センサーにも対応したハイエンドよりのミドルレンジモデル(ミッドハイモデル)です。

画像からも分かるように、HUAWEI novaのカバーバリエーションではピンク系統(ローズゴールド)も扱っています。5.0インチで小柄なので女性ユーザーにもかなりオススメできます。スマホ画面については狭額縁設計(画面占有率76%)になっているので、5.0インチスマホとは思えないほどに画面は大きくなっていました。

楽天モバイルでは端末料金が37,584円~(期間限定・Web限定)、端末分割支払金が1,566円/月(期間限定・Web限定)から格安SIMとのセット購入が可能です。

HUAWEI nova スペック表

端末名HUAWEI nova
メーカーHUAWEI
画面サイズ5.0インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
CPUQualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア, 8 x2.0GHz A53, 14nm
OSAndroid™ 6.0 Marshmallow
(Android 7.0へのアップデート対応)
RAM3GB
ROM32GB
カメラ画質背面:1200万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano × 2
通信(LTE)FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/28, (au VoLTE対応予定※2)
TDD LTE:B38/40
LTE CA DL (国内) : B1+B19/(B1+B18対応予定※2)
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:WCDMA, GSMの上記周波数
Wi-FiWi-Fi 802.11b/g/n
Bluetoothv4.1
バッテリー3,020mAh / 急速充電
入出力端子micro USB Type C
サイズ141.2mm × 69.1mm × 7.1mm
重量146g
本体カラーミスティックシルバー/チタニウムグレー/ローズゴールド

HUAWEI novaとHUAWEI nova liteの比較レビュー記事はこちら!

【HUAWEI nova lite】Huaweiの新たな高コスパ追求スマホ

HUAWEI nova lite
メーカー
Huawei
端末料金(一括)
21,384円~(期間限定・Web限定)
端末分割支払金
891円~(期間限定・Web限定)
支払期間
24か月
CPU
Kirin655 オクタコア
画面サイズ
5.2インチ FHD(1920×1080) IPS

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ

HUAWEI nova liteは2017年2月24日に楽天モバイルで発売された、Huaweiの5.2インチスマホ。上述のHUAWEI novaの兄弟機にあたり、コストパフォーマンスを追求した仕様となっています。HUAWEI novaよりはCPUなど性能も抑えめですが、Android 7.0 Noughtをプリセットしていたりと、値段に見合わぬ性能の高さを確保しています。Huaweiといえば、HUAWEI P9 liteのようにコスパ追求型の端末が印象強いので、こちらのHUAWEI nova liteも期待に沿った性能で、ユーザーを満足させてくれることでしょう。

HUAWEI nova liteとHUAWEI novaを横に並べてみました。(左:HUAWEI nova lite / 右:HUAWEI nova) 近年は5.2インチ~5.5インチサイズが多いなか、HUAWEI nova liteも5.2インチサイズです。しかしコストパフォーマンスの良さには自信ありとのことで、競合メーカーがびっくりするほどの性能を確保しつつ、価格をぐっと抑えて販売しています。

楽天モバイルでは端末料金21,384円~(期間限定・Web限定)、端末分割支払金は891円/月(期間限定・Web限定)から格安SIMとのセット購入が可能です。分割支払いだと1,000円/月以下で購入できるこちらのスマホ、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

HUAWEI nova lite スペック表

端末名HUAWEI novaHUAWEI nova lilte
メーカーHUAWEIHUAWEI
画面サイズ5.0インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
CPUQualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア, 8 x2.0GHz A53, 14nmHuawei Kirin655 オクタコア 4×2.1GHz+4x1.7GHz
OSAndroid™ 6.0 MarshmallowAndroid™ 7.0
Nougat
RAM3GB3GB
ROM32GB16GB
カメラ画質背面:1200万画素
前面:800万画素
背面:1200万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano × 2nano × 2
通信(LTE)FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/28, (au VoLTE対応予定※2)
TDD LTE:B38/40
LTE CA DL (国内) : B1+B19/(B1+B18対応予定※2)
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:WCDMA, GSMの上記周波数
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-FiWi-Fi 802.11b/g/n
Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetoothv4.1v4.1
バッテリー3,020mAh / 急速充電 3,000mAh
入出力端子micro USB Type Cmicro USB Type B
サイズ141.2mm × 69.1mm × 7.1mm
147.2 mm × 72.94 mm ×
7.6 mm
重量146g147 g
本体カラーミスティックシルバー/チタニウムグレー/ローズゴールド
ホワイト/ブラック/ゴールド

【GRANBEAT】もはや世界初?DSDS対応のハイレゾサウンドスマホ

GRANBEAT
メーカー
オンキヨー
端末料金
91,584円
端末分割支払金
3,816円
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm MSM8956(ヘキサコア)
画面サイズ
5.0インチ IPS(FHD)

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ

GRANBEATは2017年2月28日に発売を開始した、オンキヨーが手掛けた5.0インチのハイレゾ・オーディオ・スマートフォンで、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応。ハイレゾ対応の高性能な音楽プレイヤーがスマホと一体になっているのですが、SIMカードスロット(nano ×2)とmicroSDスロットはそれぞれ独立した構造になっているので、音楽や画像の保存データがDSDSに干渉することなく、スペックを両立させています。

筆者が今回の端末体験イベントにおいて、最も衝撃を受けたスマホ「GRANBEAT」です。ソリッドな形状といい質感といい、オーディオアンプを連想させる外見をしています。音楽再生も体験させていただきましたが、これはすごい!筆者はライブハウスでPA(音響担当)していた程度には音質に詳しいタイプなのですが、あまりの性能に表現を失うレベルでした。楽天モバイルには店舗もあるので、ぜひ体験してほしいです。

担当者に話を聞いても、スマホ製作のコンセプトから斬新なこちらのスマホ。イメージとしてはこんな感じです。ちなみにデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応なのは社長の意向なのだとか。海外旅行や出張が多くても何の支障も使えますし、ROMは128GBとiPhoneシリーズ顔負けの容量で音楽やデータも、もはや保存し放題です。

  • GRANBEAT:最高峰の音楽プレイヤーにスマホ性能がついた
  • iPhone等:最高峰のスマホに音楽再生機能がついている

GRANBEATを購入できるのは楽天モバイルのみ(記事執筆現在)。 こちらのスマホは端末料金91,584円、端末分割支払金3,816円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。値段はかなり高めですが、超高性能音楽再生プレイヤーとスマホを購入したと思えば、かなりのお値打ち品ですよ!ぜひ店舗に出向いた際は触ってみて下さい。

GRANBEAT スペック表

端末名GRANBEAT
メーカーオンキヨー
画面サイズ5.0インチ IPS フルHD 1920 x 1080
(Gorilla Glass Ver.3 )
CPUQualcomm MSM8956
ヘキサコア
(2× 1.8G + 4 ×1.4G)
OSAndroid™ 6.0 (Marshmallow)
RAM3GB
ROM128 GB *Androidシステム領域含む
カメラ画質背面:1600万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano ×2
デュアルSIMデュアルスタンバイ対応(DSDS)
通信(LTE)LTE Band B1/3/7/8/19/26 with Diversity
HSDPA/WCDMA Quad-Band B1/5/6/8/19
GSM/GPRS/EDGE Quad-Band 850/900/1800/1900 MHz
Wi-FiIEEE 802.11 a/ b/ g/ n/ ac
Bluetoothv4.1
バッテリー3,000mAh 急速充電対応
入出力端子2.5 mm 4極 バランスヘッドホン出力
(BTL/ACG切替、Line outモード対応、ジャック挿抜検知ON/OFF可能) (※アサイン:端子先端より R-/R+ /L+ L-)
3.5 mm 4極 アンバランスヘッドホン出力
(マイク機能付イヤホン対応(CTIA規格準拠)、Line outモード対応、ジャック挿抜検知ON/OFF可能)
Micro USB /OTG 出力 (*充電・データ転送入力端子兼用)
サイズ142.3 x 72 x 11.9
重量234 g
本体カラーブラック

【ZenFone 3 Max】噂の大容量バッテリー(4,100mAh)搭載スマホ

ZenFone 3 Max
メーカー
ASUS
端末料金
13,824円~(期間限定・Web限定)
端末分割支払金
796円~(期間限定・Web限定)
支払期間
24か月
CPU
MediaTek MT6737M (クアッドコア)
画面サイズ
5.2インチ 1280 × 720(HD)

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ

ZenFone 3 Maxは2017年1月12日より楽天モバイルで発売された、4,100mAhの大容量バッテリーを搭載したASUSの5.2インチスマホ。スペックはエントリーモデルレベルですが、モバイルバッテリーとしても利用できる「リバースチャージ機能」を搭載しているので、利便性はかなり高い一台です。

ちなみにZenFoneに「Max」という符号が使われているのはZenfone Goとこちらのスマホのみ。初代のZenFone Maxは発売時期的にも扱いはZenFone 2 Max的な扱いらしいですね。ZenFoneシリーズは例年秋に新作発表をする印象があるので、ZenFone 4シリーズにも期待が高まるところです。

楽天モバイルでは端末料金13,824円~(期間限定・Web限定)、端末分割支払金796円/月(期間限定・Web限定)から格安SIMとのセット購入が可能です。スマホデビューの1台目は勿論、サブで使う2台目にもオススメな一台です。

ZenFone 3 Max スペック表

端末名ZenFone 3 Max (ZC520TL)
メーカーASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
OSAndroid™ 6.0

RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
micro SD スロット
SIMカードmicro nano
通信(LTE)FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)

TD-LTE (B38/B41)

W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)

GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetoothv4.0
バッテリー4,100mAh

入出力端子micro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
重量160g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレー

ZenFone 3 Maxの実機レビュー記事はこちらもおすすめ!

楽天モバイルにはまだまだおすすめ端末がいっぱい!

今回体験させていただいた楽天モバイルの2017年新端末と一緒に体験した、2016年の後半から販売されているおすすめスマホについてもご紹介します。

公式サイト:楽天モバイル

【honor 8】筆者の愛用端末は新色も登場!

honor 8
honor 8
メーカー
HUAWEI
端末料金(一括)
35,208円~(期間限定・Web限定)
端末分割支払金
1,467円/月~(期間限定・Web限定)
支払期間
24か月
CPU
Hisilicon Kirin 950(オクタコア)
画面サイズ
5.2インチ (1920×1080) IPS

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ honor 8は2016年9月に発表されたダブルレンズカメラ搭載の5.2インチスマホ。カメラ画質は「背面:1200万画素 ×2・前面:800万画素」となっているので、カメラスペックを追求したい方はまずこちらのスマホを検討するのが良いのではないでしょうか?

今回カラーバリエーションに「サクラピンク」・「ミッドナイトブラック」が追加されました。楽天モバイルでは端末料金35,208円~(期間限定・Web限定)、端末分割支払金1,467円/月(期間限定・Web限定)から格安SIMとのセット購入が可能です。

ちなみに筆者も楽天モバイルユーザーで、今回の撮影は全て私物のhonor 8で撮影しました。プランは3.1GB/月のデータプランを愛用しています。記事中の画像の質が良いなぁと思った方はぜひhonor 8を購入することをおすすめしますよ!。こちらは2016年発売の端末ですが、honor 8を格安SIMとセット購入できるのは楽天モバイルのみとなっていますので、興味のある方は下記のレビュー記事もぜひチェックしてみてください。

honor 8の開封レビュー記事はこちら!

【ZenFone 3 Laser】RAM 4GBの高コスパスマホ

ZenFone 3 Laser
メーカー
ASUS
端末料金(一括)
27,864円(期間限定)
端末分割支払金
1,161円/月~(期間限定)
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコア)
画面サイズ
5.5インチ 1,920×1,080(フルHD)

出典:楽天モバイル 端末紹介ページ

ZenFone 3 LaserはASUSの5.5インチ高コスパスマホ。オクタコアCPUと4GBのメモリを搭載しているので、ミドルスペックながら快適な操作が可能な一台です。楽天モバイルではZenFone 3も購入できますが、ZenFone 3 Laserのほうが手頃な価格で購入することができます。

今回ご紹介しているスマホのなかでは最大の5.5インチである「ZenFone 3 Laser」ですが、男性目線だと非常に手になじむほか、重量もかなり抑えられているので負担もあまり感じません。

楽天モバイルでは端末料金27,864円(期間限定)、端末分割支払金1,161円/月(期間限定)から格安SIMとのセット購入が可能です。

【まとめ】楽天モバイルは性能と使い心地!筆者おすすめ端末は「GRANBEAT」

出典:楽天モバイル 公式ページ

2017年に発売されたばかりの楽天モバイルのおすすめ端末について、そしてリアルイベントの体験レポートをお届けしました。大人気のスマホを多数取り揃えていることも魅力の一つである楽天モバイルですが、発売されたばかりの新端末は特に魅力的なスペック・使い心地です。筆者としては「GRANBEAT」に一番驚かされました。

自分にピッタリのスマホを見つけるのも大切ですが、自分に合ったSIMプランを見つけることも大切です。自分に合った格安SIMをお探しの際は、「おすすめ格安SIM診断」をぜひご利用ください。

公式サイト:楽天モバイル