1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 2020年|WiMAX口コミ悪い評判もまとめ!速度・料金の評判がいいおすすめ4選!

2020年|WiMAX口コミ悪い評判もまとめ!速度・料金の評判がいいおすすめ4選!

更新日:2020.03.04

WiMAXの評価・評判、口コミについて、「通信速度」「料金」「サービス」という3つの角度から調べて紹介しています。悪い評判についても拾っていますので、これからWiMAXを契約する人は必見です。おすすめのWiMAXプロバイダも紹介しています。

WiMAXはモバイルルーターでありながら、キャリアアグリゲーションの技術とau 4G LTEの回線を組み合わせると下り最大約1.2Gbpsという固定回線並みの超高速通信が可能です。その上、全てのWiMAXプロバイダで使い放題の料金プランが用意されているため、アクティブなヘビーユーザーに熱烈に支持されています。

そこで今回は、そんなWiMAXに関する口コミ、評価・評判について調べてみました。おすすめのWiMAXプロバイダの紹介もしていますので、WiMAXの契約を考えている人は必見です。

SIMチェンジWIFI

WiMAXの口コミ|悪い評判・いい評判【通信速度・料金・サービス】

WiMAXの通信速度に関する口コミ、評判です。

通信速度

通信速度に関する良い口コミ

通信速度に関する悪い口コミ

WiMAXの通信速度に関する口コミは、良いものは「速い」、悪いものは「悪い」という口コミに集約されるようです。

口コミ、評判の傾向

  • 【〇】とにかく通信速度が速い
  • 【✕】速度制限がかかると使いものにならなくなる
  • 【✕】通信速度自体は速いが天気が悪いとなぜか遅い
  • 【✕】光回線に比べると遅い

悪いという口コミを細かく見てみると、多いのが「速度制限がかかると使いものにならない」「雨の日や曇りの日はなぜか速度が遅くなる」「光回線に比べると遅い」という3つのパターンです。

WiMAXは直近の3日間での通信量が合計10GBを超えると、その翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に通信速度の制限がかかり、最大通信速度が概ね1Mbpsになります。これは普段のWiMAXの通信速度に比べると極端に落ち、恐らく普通にYouTubeで動画視聴をする程度でも途中でつっかえてしまうレベルです。

自宅で固定回線としても使っている人やNetflixなどで動画視聴する機会が多い人、オンラインゲームのヘビーユーザーなどは、速度制限がかからないような使い方をする必要があるかもしれません。

「天気が悪いと通信速度が落ちる」という声もよく聞きますが、科学的な見地から考えると、一般的には「曇りや雨、雪などの日は、大気中の水分が電波の障害となる」(電波が届きにくくなる)ということはあるようです。

WiMAXも基地局とWiMAXルーターの間は電波で結ばれていますので、電波が届きにくくなる=通信速度が低下するということはあり得ない話ではありません。しかし、これはWiMAXに限った話ではないはずなので、WiMAX特有のデメリットではなく、普段の通信速度が速い分ギャップを感じるということでしょう。

「光回線に比べると遅い」という声もありますが、WiMAX2+の通信速度はキャリアアグリゲーションとau 4G LTEの回線も組み合わせると最大で約1.2Gbpsです。一方の光回線は最大で10Gbpsです。

WiMAXの通信速度は地域や使うWiMAXルーターの性能によって左右され、光回線もプロバイダやプランによって変わりますのでどちらが速いとは一概には言えません。

ただ、口コミを見ている限りでは、WiMAXの通信速度は速いのは間違いないものの、光回線に比べると外的要因(障害物や天候など)に左右されることが多く、速度的にはやや劣るという感じかと思います。

料金

WiMAXの料金に関する口コミ、評判です。

料金に関する良い口コミ

料金に関する悪い口コミ

WiMAXの料金に関する口コミ、評価を探してみましたが、良いものも悪いものもあまり出てきませんでした。料金的には「可もなく不可もない」と思っているユーザーが多いのかもしれません。

口コミ、評判の傾向

  • 【〇】工事が不要で手軽で安い
  • 【✕】違約金が高い

良い口コミ、評価はは「料金自体が安い」という絶対的な意味での評価よりも、「固定回線に比べると手軽なので安い」「通信速度などの使い勝手を考えると安い」というように、相対的な意味での評価のほうが多いように感じました。

悪い口コミは、とにかく解除料に関する評判が悪いです。WiMAXの料金プランは回線提供元のUQコミュニケーションズも含め、全てのWiMAXプロバイダで2年、3年といった複数年契約となっています。

これらの料金プランは2年、3年使う前提の契約となっており、期間満了前に解約をしようとすると高額な契約解除料が発生します。金額や条件はWiMAXプロバイダによって異なりますが、UQ WiMAXを例にとると9,500円~19,000円です。

WiMAXの契約時に契約解除料の説明はきちんと受けるはずですが、量販店の中にはこのようなマイナスの情報をあえて隠して契約を迫るところもあるようです。契約時は料金プラン、契約解除料についてよく確認をして、納得の上で契約をするようにしてください。

SIMチェンジWIFI

サービス

通信速度、料金以外のサービス全般に関する口コミ、評判です。

サービスに関する良い口コミ

サービスに関する悪い口コミ

WiMAXのサービスに関する口コミは、良いものはお試しができること、悪いものは修理代が高い、電波がつながりにくいなどでした。

口コミ、評判の傾向

  • 【〇】「Try WiMAX」で契約前にWiMAXを試しに使える
  • 【〇】サポートに入っているとWiMAXルーター故障時の修理代が原則無料
  • 【✕】コールセンターに電話がつながりにくい
  • 【✕】WiMAXルーター故障時の修理代が高く、代替機の貸し出しがない
  • 【✕】地下や建物内の一部で電波がつながりにくい

評判が良かったのは、「Try WiMAX」という、WiMAX契約前にWiMAXを15日間お試しで使える制度で費用は一切かかりません。契約前に試せれば、自宅や学校、会社などでどのくらいの通信速度が出るのかわかりますし、つながる場所、つながらない場所、つながりにくい場所なども把握できます。

WiMAXは原則として複数年契約になるので、契約してみたはいいものの実際に使い始めたら自宅は圏外だった、ということになると悲惨です。WiMAXの契約前には、ぜひTry WiMAXを活用することをおすすめします。

ただ、Try WiMAXは申し込みから到着までに4日から5日程度の日数がかかるので、15日間という期間が実質11日間や10日間になるので注意してください。

WiMAXルーター故障時の対応については、WiMAXルーターは修理代が万単位と高額になる傾向がありますので、気をつけておく必要がありそうです。例えばUQ WiMAXで月額500円の「端末あんしん補償」をつけておけば、WiMAXルーターのメーカー保証期間(1年)が切れた後でも、最大3万円までを「お見舞い金」(=修理代金)として支払ってくれます。

コールセンターの対応については、WiMAXプロバイダによってまちまちなので何とも言えません。一部のWiMAXプロバイダの中には明らかに人手不足なのか、電話をしても中々つながらないということもあります。

地下や建物内で電波がつながらないのは、直進性は強いが障害物を避ける回折性が弱いWiMAXの電波特性を考えると仕方のない部分もあります。地下に関してはUQコミュニケーションズもアンテナを設置して対応していますが、全てには対応しきれていないのが現実です。

建物の中ではWiMAXルーターをカバンの外に出す、窓際に置く、クレードルにつないで立てた状態で使う、といった対応策がありますので、いろいろ試してみるといいでしょう。

WiMAXおすすめのプロバイダ編4選!

WiMAXサービスを提供しているWiMAXプロバイダの中から、SIMチェンジ編集部がおすすめする4つを厳選して紹介します。

WiMAXの料金プランは、「高速データ通信が使い放題のプラン」と「高速データ通信が月7GBまでのプラン」の2つで構成されています。ただし、月額料金や最低利用期間、違約金などはWiMAXプロバイダごとに多少異なります。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、ネット型リユース事業などを展開する株式会社マーケットエンタープライズの子会社、株式会社MEモバイルが運営しています。マーケットエンタープライズは、東証マザーズに上場している信頼度の高い大手企業です。

カシモWiMAXをおすすめする理由

カシモWiMAXをおすすめする理由は「初期費用と24カ月目までの月額費用が安い」ということです。

カシモWiMAXは、WiMAXルーター(W05)を選ぶと初月の月額費用が0円になります。他のWiMAXルーター(W06、WX06)でも1,380円です。

2カ月目からはW05がギガ放題プランで3,480円、ライトプランで2,880円、W06とWX06がギガ放題プランで3,580円、ライトプランで2,980円に上がります。それでも他のWiMAXプロバイダに比べると相当安く、この水準は業界最安値クラスです。

カシモWiMAXの料金プランはいずれも3年契約ですが初月から24カ月目までの月額料金が安く設定されているため、他社の3年契約の料金プランと比べるとトータルで見るとお得です。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXは月額0円から使える!全料金プランを紹介

カシモWiMAXの最安値料金プランは月7GBまでの高速データ通信ができる「ライトプラン」をW06で使うケースです。このケースだと初月0円、1カ月目が1,380円、24カ月目までが2,880円、25カ月目以降は3,379円です。

同じライトプランでも、W06、WX06を使うと初月1,380円、1カ月目が1,380円までは同じですが、24カ月目までが2,980円と100円高くなります。25カ月目以降は再び同じ3,379円です。

カシモWiMAXの料金プラン

ルーター名ギガ放題プランライトプラン(月7GB)
W06、WX06初月1,380円初月1,380円
1カ月目1,380円1カ月目1,380円
2~24カ月目3,580円2~24カ月目2,980円
25カ月目以降4,079円25カ月目以降3,379円
W06初月0円初月0円
1カ月目1,380円1カ月目1,380円
2~24カ月目3,480円2~24カ月目2,880円
25カ月目以降4,079円25カ月目以降3,379円

カシモWiMAXの通信速度

2020年2月現在、WiMAX2+の最大通信速度はキャリアアグリゲーションの技術とau 4G LTEの回線を組み合わせると1,237Mbps(約1.2Gbps)になります。カシモWiMAXの理論上の最大通信速度もこれと同じです。

ただし、WiMAXの通信速度はWiMAXルーターの性能にも大きく依存し、WiMAXルーターの性能以上の通信速度は出ません。

カシモWiMAXで取り扱いのあるWiMAXルーターのうち、W05は最大758Mbps、WX06は最大440Mbps、W06は最大1.2Gbpsです。WiMAX回線の潜在能力を最大限に活かしたければ、W06がおすすめといえます。

カシモWiMAXの評判


SIMチェンジWIFI

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

WiMAXのサービスは株式会社UQコミュニケーションズが提供しており、UQ WiMAXはUQコミュニケーションズ自身が展開するWiMAXサービスのブランド名です。

UQ WiMAXをおすすめする理由

UQ WiMAXは、WiMAXを手掛けているUQコミュニケーションズが運営しているWiMAXプロバイダなので「本家本元」、何と言っても安心感が違います。

他のWiMAXプロバイダは実店舗を設けていないところがほとんどですが、UQ WiMAXは全国各地に「UQスポット」というUQ専売ショップがあります。これはドコモにおける「ドコモショップ」などと同じ位置づけで、言わば公式ショップです。

契約時や解約時はもちろん、使っていてわからないことがある場合やWiMAXルーターが故障した時などに、実店舗でスタッフと対面で話ができるというのは大きなメリットがあります。

また、トラブル発生時にWiMAXプロバイダのコールセンターに電話をすると、たらい回しにされることがありますが、UQ WiMAXなら回線提供元なので最後まできちんと責任を持って対応してくれます。コールセンターの応対品質も高いので、サポートを重視する人におすすめです。

UQ WiMAXを契約する!

UQ WiMAXは月額料金3,880円から使える!全料金プランを紹介

UQ WiMAXの料金プランは2019年10月にスタートした「ギガ放題」がメインで、ギガ放題は高速データ通信が使い放題で2年契約、月額料金はずっと3,880円です。これがUQ WiMAXの最安値プランです。

ほかに高速データ通信は使い放題「UQ Flatツーサービスギガ放題(3年)」と「UQ Flatツーサービスギガ放題(2年)」があり、どちらも月額料金はずっと4,380円です。

なお、月の高速データ通信量が7GBの「UQ Flatツープラス」は2019年9月いっぱいで新規申し込みの受付を終了していますので、UQ WiMAXで7GBのプランはありません

UQ WiMAXの料金プラン

ギガ放題プランUQ Flatツーサービスギガ放題(3年)UQ Flatツーサービスギガ放題(2年)
3,880円4,380円4,380円

UQ WiMAXの通信速度

UQ WiMAXの最大通信速度は1,237Mbps(約1.2Gbps)です。最大1.2Gbpsに対応するWX06はUQ WiMAXでも取り扱いがあります。

UQ WiMAXの評判

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは、インターネット関連事業を手掛ける株式会社リンクライフが運営しています。

Broad WiMAXのおすすめの理由

Broad WiMAX最大の特徴は「他のインターネットサービスの違約金を負担してくれる」です。最大で19,000円という上限はありますが、これは他のWiMAXプロバイダの違約金をほとんどカバーしています。

つまり、他のWiMAXプロバイダからの乗り換えであれば違約金の負担はほぼゼロというわけです。違約金負担の対象となるのは、他のWiMAXプロバイダだけではありません。

光回線やケーブルテレビといった固定回線も対象になりますし、ドコモauソフトバンクといったキャリアのデータ通信プランも同様です。何らかの理由で固定回線、モバイル回線の乗り換えを考えているものの違約金がネックになっている、という人はBroad WiMAXを検討してみてください。

Broad WiMAXを契約する!

Broad WiMAXは月額料金2,726円から使える!全料金プランを紹介

Broad WiMAXは高速データ通信が月7GBの「ライトプラン」と無制限の「ギガ放題プラン」があり、どちらも3年契約です。

最安値プランのライトプランは24カ月目まではずっと2,726円、25カ月目以降は3,326円になります。ギガ放題プランは2カ月目までが2,726円で、24カ月目までが3,411円、25カ月目以降が4,011円です。

Broad WiMAXの料金プラン

ギガ放題プランライトプラン(月7GB)
初月2,726円の日割り初月2,726円の日割り
1~2カ月目1,380円1~2カ月目2,726円
3~24カ月目3,411円3~24カ月目2,726円
25カ月目以降4,011円25カ月目以降3,326円

Broad WiMAXの通信速度

Broad WiMAXの最大通信速度は1,237Mbps(約1.2Gbps)です。最大1.2Gbpsに対応するWX06はBroad WiMAXでも取り扱いがあります。

Broad WiMAXの評判

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、インターネット関連事業を手掛けるGMOインターネット株式会社が運営しています。GMOは東証一部にも上場している超大手企業なので、バックボーンはしっかりしています。

GMOとくとくBB WIMAXをおすすめする理由

GMOとくとくBB WiMAXは、契約にあたって非常に高額なキャッシュバックを得られるのが最大の特徴です。

そもそもWiMAXプロバイダは、新規契約者獲得のために、ありとあらゆるキャンペーンを仕掛けています。WiMAXルーターや初期費用、初月の月額料金などを無料にするのは、全てキャンペーンの一環です。

「契約をすれば〇円戻しますよ」というキャッシュバックキャンペーンを行うWiMAXプロバイダは少なくありません。GMOとくとくBB WiMAXはその典型であることに加え、キャッシュバックされる金額がいつも非常に高額です。

キャンペーン実施の有無とキャッシュバックの額は時期によって異なるのですが、2020年2月現在は契約時にW06、WX06を申し込むと31,600円、WX06とクレードルのセットを申し込むと28,600円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックはWiMAXルーターの発送月を含む11カ月目に振り込みに関する案内メールが送られ、返信をするとその翌月末日に指定口座へ振り込まれるという流れです。キャンペーン内容を比較してWiMAXプロバイダを選ぶ人には、GMOとくとくBB WiMAXを強くおすすめします。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBB WiMAXは月額料金3,609円から使える!全料金プランを紹介

GMOとくとくBB WiMAXは、高速データ通信量が月7GBまでの「7GBプラン」と無制限の「ギガ放題プラン」とがあります。契約年数は3年です。

最安値なのはライトプランで、初月からずっと3,609円で使えます。ギガ放題プランは2カ月目までが3,609円で、3カ月目以降はずっと4,263円です。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン

ギガ放題プラン7GBプラン
初月3,609円の日割り初月3,609円の日割り
1~2カ月目3,609円1カ月目以降3,609円
3カ月目以降4,263円

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度

GMOとくとくBB WiMAXの最大通信速度は1,237Mbps(約1.2Gbps)です。最大1.2Gbpsに対応するWX06はGMOとくとくBB WiMAXでも取り扱いがあります。

GMOとくとくBB WiMAXの評判

モバイルWi-Fiは事実上WiMAX一択!口コミ、評判を見極めてベストなプロバイダ選びを

WiMAXプロバイダはUQ WiMAXを含めると全部で20社以上ありますが、使っている回線自体は同じなので回線品質に差はありません。

通信速度などに差がつくとしたら、むしろWiMAXルーターです。古いWiMAXルーターはスペックが低くて速度が出ないものや、最新のWiMAX規格であるWiMAX2+に対応していないものがあります。

WiMAXプロバイダ選びは、2年間もしくは3年間のトータルで支払う月額料金の合計やキャッシュバックなどのキャンペーンの比較にかかっているといえるでしょう。

SHARE!!

あわせて読みたい