1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルが改悪で0円廃止?無料じゃなくても継続すべき?

楽天モバイルが改悪で0円廃止?無料じゃなくても継続すべき?

更新日:2022.08.23

楽天モバイルは、プランを変更し0円が廃止されました。この記事を読めば、楽天モバイルの0円廃止で契約を続けるべきかやめるべきかがわかります。楽天モバイルを解約するか迷っている人は、この記事を参考に一番お得な方法を選んでみてください。

楽天モバイルは、従来月1GB未満のデータ使用量の場合月額利用料金はかかりませんでした。しかし、2022年6月末で0円プランは廃止されました。

楽天モバイルの0円廃止で影響を受けるユーザーと受けないユーザーがいます。また、0円廃止後も0円で運用する方法もあります。

楽天モバイルを続けるか解約するか迷っている人は、本記事を読んで判断してください。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VII」の変更点

Rakuten UN-LIMIT VIIは、2022年7月1日から提供が開始された楽天モバイルの料金プランです。2022年6月30日以前に楽天モバイルに申し込んだ人も、自動的にRakuten UN-LIMIT VIIへの移行が行われます。

ここでは、楽天モバイルの旧プランとRakuten UN-LIMIT VIIの違いを解説します。

料金

楽天モバイルの旧プランとRakuten UN-LIMIT VIIでは、料金が異なります。具体的な違いは次の表の通りです。

データ使用量旧プラン(税込)Rakuten UN-LIMIT VII(税込)
0〜1GB0円1,078円
1GB〜3GB1,078円1,078円
3GB〜20GB2,178円2,178円
20GB〜3,278円3,278円

大きく変わったのは、データ使用量0〜1GBの料金です。旧プランでは無料で利用できましたが、Rakuten UN-LIMIT VIIでは月額1,078円(税込)かかります

楽天ポイント還元

楽天モバイルを利用していると、楽天市場でのショッピングで通常の楽天ポイントに加えて+1倍の楽天ポイントがもらえます。さらに、Rakuten UN-LIMIT VII開始に伴うキャンペーンが実施されています。

楽天モバイルを契約していると、楽天市場で買い物した際のポイントが最大+2倍。エントリー不要でキャンペーンに参加できるのも手軽です。

楽天モバイルの0円廃止の影響

楽天モバイル0円廃止で、すべての人が影響を受けるわけではありません。ここでは、影響を受ける人、受けない人はそれぞれどのような人か解説します。

影響を受ける人

楽天モバイル0円廃止で影響を受けるのは、月のデータ通信量が1GBを下回ることがある人です。これまでは1GBまでの月額利用料は無料でしたが、Rakuten UN-LIMIT VIIに移行すると月額1,078円の料金がかかります。

ただし、2022年8月までは移行期間として旧プランの料金で利用可能です。また、2022年9月から2022年10月までは、ポイント還元によって実質旧プランの料金で利用できます。

影響を受けない人

楽天モバイル0円廃止で影響を受けないのは、データ通信量が毎月1GBを超えていた人です。1GBを超える部分の料金に変更はないため、毎月1GBを超える通信をしていたのであれば影響はありません。

例えば、楽天モバイルの魅力の1つがデータ使用量無制限な点です。これを目的に楽天モバイルを利用しているのであれば、0円廃止で慌てる必要はないでしょう。

楽天モバイル0円廃止後も0円運用は可能?

楽天モバイルの旧プランは、1GBまでのデータ使用量であれば月額使用量が無料でした。そのため、0円運用をしていた人も多いかと思います。

楽天モバイル0円が廃止されてしまうと、0円運用が不可能になってしまうと考える人も多いでしょう。しかし実は、2022年10月までは0円運用が可能です。

2022年8月までは、旧プランの料金で利用できます。また、2022年9月・10月はデータ使用量が1GBまでの場合、後日料金相当分のポイントが還元されるため、実質無料で利用可能です。

楽天モバイルを0円で運用する方法について詳しく知りたい人は、楽天モバイルの0円運用について解説した記事を参考にしてください。

楽天モバイル0円廃止後も利用するメリット

楽天モバイル0円が廃止されても、楽天モバイルを利用するメリットはあります。具体的には、次の4つです。

  • データ使用量が無制限
  • 通話料金が無料
  • 実店舗を利用できる
  • 楽天ポイントが貯まりやすい

それぞれの項目について、詳しく解説します。

注目!
注目!
格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?
現在、月々のスマホ代が だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
3GBプランの安値上位10社の平均値
をもとに算出
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

メリット1.データ使用量が無制限

楽天モバイルは、楽天エリア内であればデータ使用量が無制限です。月間のデータ使用量が多くても、速度制限はかかりません。

申し込み不要で、テザリングも利用できます。スマホのデータ使用量が多い人や、外出時にテザリングを利用する機会が多い人でも使いやすいキャリアと言えます。

メリット2.通話料金が無料

楽天モバイルでは、Rakuten Linkアプリを使うと通話料金が無料です。Rakuten Link同士での通話はもちろん、日本国内の電話番号に電話した場合も時間制限なしのかけ放題です。

通話の機会が多い人なら、それだけでも毎月のスマホ利用料金を減らせるかもしれません。

メリット3.実店舗を利用できる

楽天モバイルは、全国各地にショップを設置しています。困った時はネット上から問い合わせるのではなく、実店舗でサポートを受けたい人にぴったりです。

ただし、楽天モバイルへの申し込みは、店舗で行うとキャンペーンを利用できない場合があります。そのため、申し込みはネットから行うのがお得です。

家や職場近くの店舗を調べておくと、いざという時に役立つでしょう。

メリット4.楽天ポイントが貯まりやすい

楽天モバイルを使っていると、楽天市場で買い物した際のポイントが+1倍となります。現在は、キャンペーンでさらに最大+2倍なので、楽天市場で買い物する機会が多い人なら非常にお得です。

普段から楽天経済圏を意識して生活しているなら、楽天モバイルを使うメリットがあります。

楽天モバイル0円廃止でも新規契約 or 継続はおすすめ?

楽天モバイルが0円廃止された今から新規契約をしたいと考えている人や、継続するか乗り換えるか迷っているという人もいるでしょう。

新規契約や継続でお得になるか、それとも解約して乗り換えた方がよいかは使い方によって異なります。ここでは、契約・継続がおすすめな人と解約して乗り換えがおすすめな人をそれぞれ紹介します。

契約 or 継続がおすすめな人

契約 or 継続がおすすめなのは次のような人です。

  • データ通信量が多い人
  • 音声通話をよく使う人
  • 実店舗を利用できるキャリアを選びたい人
  • 楽天市場で買い物する機会が多い人

楽天モバイルは、楽天エリア内であればデータ使用量無制限で利用できます。そのため、毎月のデータ使用量が多い人におすすめです。

Rakuten Linkアプリを利用すると無料で通話が可能なのも楽天モバイルの特徴です。音声通話をよく使う人なら、楽天モバイルをおすすめできます。

楽天モバイルには、店舗型のショップがあります。ドコモやau・ソフトバンクなどもショップを用意しています。

しかし、楽天モバイルはそれらのキャリアと比べて月額利用料金が安いのが特徴です。

楽天市場で買い物をする際、楽天モバイルを使っていると通常のお買い物ポイントの他に+1倍のポイントがつきます。楽天市場でよく買い物をする人なら、買い物の金額とスマホの使い方によってはお得になる可能性があります。

解約して乗り換えがおすすめな人

解約して乗り換えがおすすめな人は、データ通信量が少ない人です。具体的には、データ通信量が月1GBを下回ることがある人は、楽天モバイルを使い続けると損をする可能性があります。

解約して、乗り換えを検討した方がよいでしょう。

おすすめの楽天モバイルからの乗り換え先

楽天モバイルを解約したら、どこに乗り換えたらお得に利用できるのでしょうか。おすすめは、次の5つです。

  • povo
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • IIJmio
  • HISモバイル

それぞれの特徴を紹介します。

povo

povo2.0出典:povo

容量日数価格(税込)
基本料-0円
1GB7日390円
3GB30日990円
20GB30日2,700円
60GB90日6,490円
150GB180日12,980円
無制限1日330円

povoは、auが提供している格安プランです。最大の特徴は、基本料金が0円なことです。

データの利用は、トッピングを使って必要な分だけ購入します。180日以内に有料トッピングを購入すれば、それ以外のタイミングは0円でも運用可能です。

24時間データ使い放題で330円(税込)や、データ追加1GB390円(税込)など利用しやすい価格のトッピングもあります。普段は0円で運用し、旅行に行く時だけデータ使い放題を契約するなど、サブ回線としても活用しやすいプランです。

LINEMO

LINEMO出典:LINEMO

(税込) LINEMO
データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
制限時速度 300kbps 1Mbps

LINEMOは、ソフトバンクが提供している格安プランです。3GBのミニプランは、月額990円(税込)で利用できます

LINEをデータフリーで使えるのが特徴です。メッセージの送信だけでなく、音声通話やビデオ電話でもデータを消費しません。

LINEはたくさん使っているけれど、その他のデータ通信はあまり使わないという人に適しています。

UQモバイル

UQモバイルキャンペーン出典:UQモバイル

プラン名容量料金(税込)
くりこしプランS+5G3GB1,628円
くりこしプランM+5G15GB2,728円
くりこしプランL+5G25GB3,828円

UQモバイルは、au系列のサブブランドです。3種類のデータ通信プランがあり、容量が余った場合は翌月に繰越できます。

さらに、節約モードを使うと回線速度は落ちますが、データ消費がゼロに。スピードが必要ない作業の時には節約モードを使うなどの工夫で、容量を長持ちさせられます。

月によってデータ消費量にムラがある人におすすめのブランドです。

IIJmio

出典:IIJmio

容量音声プラン(税込)SMSプラン(税込)データプラン(税込)eSIMプラン(税込)
2GB850円820円740円440円
4GB990円970円900円660円
8GB1,500円1,470円1,400円1,100円
15GB1,800円1,780円1,730円1,430円
20GB2,000円1,980円1,950円1,650円

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブが提供している格安SIMです。音声やSMSが利用できるSIM、データだけ利用可能なSIMなど、種類が豊富です。

データだけが使えるeSIMなら、4GBが月額660円(税込)、8GBが月額1,100円(税込)で利用できます。音声通話が不要で、データ通信だけ利用したい人に適した格安SIMです。

HISモバイル

HISモバイル出典:HISモバイル

容量自由自在290
プラン
(通話+データ)
データ定額440
プラン
(データのみ)
ビタッ!
プラン
(データのみ)
100MB290円440円198円
1GB550円770円
2GB770円580円
3GB1,320円
5GB990円880円
7GB2,310円
10GB2,190円2,080円
15GB3,300円
20GB5,775円
30GB5,990円5,880円
50GB

HISモバイルとは、旅行会社として有名な株式会社エイチ・アイ・エスが提供している格安SIMです。料金プランが非常に細かく分かれているのが特徴で、自分にぴったりのプランを選べます

月100MB未満なら月額290円で利用できるので、基本的にはWiFiを利用しているという人にもおすすめ。1GB200円でデータ追加も可能です。

【HISモバイル】詳細はこちら

楽天モバイル0円廃止に関するQ&A

楽天モバイル0円廃止に関するQ&Aをまとめました。楽天モバイルの0円廃止が気になっている人は参考にしてください。

Q.いつから0円廃止?

2022年6月30日で0円プランは廃止され、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が7月1日より開始しました。

Q.0円廃止後も0円運用は可能?

2022年10月までは0円運用できます。0円プランが廃止されても、8月までは旧料金プランと同じ料金で利用可能です。また、9月・10月は1GBまでのデータ使用量の場合ポイントが還元され実質無料で利用できます

Q.0円廃止後は他社に乗り換えた方がいい?

0円が廃止されても、楽天モバイルを使い続けるメリットはあります。上記で紹介した契約 or 継続がおすすめな人のような条件に該当する場合、すぐに乗り換える必要はありません。

楽天モバイル0円廃止まとめ

今回は、楽天モバイル0円廃止について解説しました。楽天モバイル0円廃止のポイントは、次の通りです。

記事のまとめ

  • 2022年6月末で楽天モバイルの0円プランが廃止
  • 毎月1GB以上使っていたユーザーは影響を受けない
  • 2022年10月までは実質0円で運用可能

すでに楽天モバイルの0円プランは廃止されていますが、2022年10月までは実質0円で運用できます。今回料金が変更されるのは0〜1GBまでの部分だけなので、毎月1GB以上使っていたユーザーは影響を受けません。

この記事を参考に、楽天モバイルを使用するか、解約して乗り換えるか検討してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい