1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルと楽天モバイルはどちらがおすすめ?サービスを徹底比較!

ワイモバイルと楽天モバイルはどちらがおすすめ?サービスを徹底比較!

更新日:2021.10.10

ワイモバイルと楽天モバイルは、どちらがおすすめなのでしょうか?ワイモバイルと楽天モバイルのどちらに乗り換えようか、迷っている方もいるかと思います。そこでこの記事では、ワイモバイルと楽天モバイルのサービスや特徴を徹底比較するとともに、お得なキャンペーン情報も紹介します。

携帯電話会社の乗り換えを考えているけれど、ワイモバイルと楽天モバイルは、どちらがおすすめなのでしょうか?

ワイモバイルと楽天モバイルのどちらに乗り換えようか、迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ワイモバイルと楽天モバイルのサービスや特徴を徹底比較するとともに、お得なキャンペーン情報も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルと楽天モバイルの料金プランを比較

ワイモバイル 楽天モバイル

ワイモバイルも楽天モバイルも、ソフトバンク・ドコモ・auの三大キャリアと比べると、月額料金を大きく下回る金額で利用することができます。

大きな違いとしては、ワイモバイルは利用可能なデータ通信量の上限が決まっている「定額制」、楽天モバイルはデータ通信量に応じて金額が変わっていく「段階制」を採用しているという点です。

電話のかけ放題やファミリー割引にも違いがありますので、それぞれ見ていきましょう。

ワイモバイル楽天モバイル
月額料金(税込)S 2,178円
M 3,278円
L 4,158円
1GBまで0円
3GBまで1,078円
20GBまで2,178円
20GB以上3,278円
利用可能なデータ通信量S 3GB
M 15GB
L 25GB
楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB
電話のかけ放題追加有料オプション
1,870円(税込)でかけ放題
Rakuten Link使用で
国内通話かけ放題
ファミリー割引2回線目以降
S 2,178円→990円
M 3,278円→2,090円
L 4,158円→2,970円
なし

ワイモバイルは家族割引が魅力

データ消費量に対する単価としては、楽天モバイルよりワイモバイルの方が高いように見えます。

しかし、ワイモバイルは家族割引が魅力。家族で入ると、2回線目以降は月々の料金が1,188円ずつ安くなる特典があります。

この家族割引を使えば、上限3GBのSプランの場合、月額料金は990円(税込)。

楽天モバイルの3GBプランの1,078円(税込)よりも安くなります。

【ワイモバイル】詳細はこちら

楽天モバイルはアプリ使用でかけ放題

通話を多く利用する方にとっては、データ通信量に加えて、電話料金も気になるところ。

ワイモバイルは月額追加料金1,870円(税込)を支払うことで電話がかけ放題になるのに対し、楽天モバイルは「Rakuten Link」アプリを使用することで、追加料金なしで、国内通話がかけ放題になります。

たとえば、ワイモバイルで家族割引を受けて月額料金が安くなったとしても、電話のかけ放題(1,870円)を追加すると、Sプランでも2,860円になってしまいます。

そのため、通話の回数、特に発信の回数が多い方は、月額料金を抑えることができる楽天モバイルがおすすめです。

【楽天モバイル】詳細はこちら

ワイモバイル・楽天モバイルとも光回線とのセットがお得

ワイモバイル・楽天モバイルともに、光回線とのセットがお得になります。

ワイモバイルには、「おうち割光セット」というサービスがあり、自宅のネット環境にソフトバンク光・ソフトバンクAirを申し込み、ワイモバイルとセットで利用することで、毎月1,188円の割引を受けることができます。

家族割引が2回線目から1,188円割引であるのに対し、光回線とのセット割は1回線目も1,188円の割引が適用されます。

2回線目以降については、家族割引と併用にはならず、最大1,188円の割引となるのでその点は注意が必要です。

一方、楽天モバイルには、光回線とのセット割というサービスはありません。

しかし、楽天モバイルと楽天ひかりを一緒に利用すれば、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるというキャンペーンを実施しています。

楽天ひかりの月額料金は、集合住宅の場合4,180円(税込)、一戸建ての場合5,280円(税込)ですので、1年間無料キャンペーンを利用すれば、大きなメリットになります。

ワイモバイルと楽天モバイルの通信速度を比較

ワイモバイル 楽天モバイル

毎日使うスマホは月額料金はもちろんのこと、通信速度も大切ですね。

通信速度が遅くては、かなりのストレスになることも。

格安SIMの通信速度を測定し、その結果をもとにランキングを作成しているサイトを参照すると、ワイモバイルの平均ダウンロード速度は56.55Mbps、楽天モバイルの平均ダウンロード速度は8.53Mbpsとなっています。

数字的には大きく違うように見えますが、ストレスを感じない通信速度はスマホでは5Mbpsと言われていますので、ワイモバイル、楽天モバイルともに問題なく使用することができます。

楽天モバイルのサービスエリアを要確認!

楽天モバイルには、自社回線である楽天エリアとパートナーエリアという2つのエリアが存在します。

2020年4月、楽天モバイルは第4のキャリアとして参入しましたが、まだ基地局が少ないため自社回線で接続できる楽天エリアは限られた地域となっているのが現状です。

楽天エリア外でパートナーエリア内の場合は、パートナー回線であるau回線に直接繋がり通信を行います。

楽天エリア内では、データは使い放題ですが、パートナー回線の場合は毎月5GBと上限のデータ消費量が決まっています。

そのため、気をつけて使用しないと、すぐに上限に達してしまう可能性も。

楽天モバイル契約前に、自宅や職場など自分がよくいる場所が楽天モバイルのサービスエリアであるかを確認することをおすすめします。

楽天モバイルの速度制限を解説した記事がありますので、併せてご覧ください。

ワイモバイルの低速通信の最大通信速度はプランによって変わる

ワイモバイルの場合、プランごとにデータ消費量の上限が決まっており、その上限を超えた場合、請求月末までデータ通信速度が低速化されます。

低速化したあとの通信速度は一定ではなく、プランSでは最大300Kbps、プランM・Lでは最大1Mbpsと変わってくるので、注意しましょう。

300Kbpsと言われてもピンと来ないという人は多いと思いますが、LINEなどのSNSアプリではメッセージや通話、YouTubeも低画質であれば閲覧に問題がないくらいの速度です。

プランSにしていて毎月データ通信が低速化されてしまうという人は、プラン自体を見直す必要もあるかもしれません。

通信の速度と安定重視はワイモバイル・データ量無制限で利用したいなら楽天モバイル

ワイモバイル 楽天モバイル

ワイモバイルと楽天モバイルのプランや割引、通信速度などについて見てきましたが、それぞれどのような人におすすめなのでしょうか。

ワイモバイルは安定した通信速度を求める人におすすめ

ワイモバイルは、キャリアの回線を借り受けて通信サービスを提供しているのではなく、ソフトバンクの回線そのものを利用しているため、全国どこでも安定した高速通信を楽しめます。

仮にそれぞれのプランで決められているデータ通信量の上限を超えてしまった場合でも、0.5GBごと550円の追加料金で、通常の速度に戻すことも可能です。

【ワイモバイル】詳細はこちら

楽天モバイルはデータ量を無制限で利用したい人におすすめ

ワイモバイルは、一番利用可能なデータ通信量が多いプランLであっても、25GBと上限が決まっています。

25GB以上、データ量を無制限に利用したいという人は、楽天モバイルがおすすめです。

1GBまで、3GBまで、20GBまで、20GB以上と段階的に月額料金は上がっていきますが、20GB以上であればいくら使っても3,278円のため、安心して使用することができます。

【楽天モバイル】詳細はこちら

ワイモバイルと楽天モバイルのキャンペーンを比較

ワイモバイル 楽天モバイル

ワイモバイルと楽天モバイル、それぞれのキャンペーンを比較してみましょう。条件がそろえばお得に契約できるチャンスです。

ワイモバイルのキャンペーン

ワイモバイルで実施されているキャンペーンをご紹介します。

PayPayボーナスプレゼント

出典:ワイモバイル
  • 期間:2021年6月1日~
  • 特典:プラン申し込みでPayPayボーナス進呈
    (シンプルS:500円相当 / シンプルM/L:3,000円相当)

ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」に申し込むと、もれなくPayPayボーナスが受け取れるキャンペーンを実施中です。申し込むプランによって、PayPayボーナスをもらえる額が異なるので確認しましょう。

特典の適用は1回線につき1回限りとなっています。特典を受け取るまでの流れは、以下を参考にしてください。

特典がもらえるまでの流れ

  1. キャンペーンページからエントリーをする
  2. エントリー日の翌月末までに店舗またはWebからシンプルS/M/Lを契約する
  3. 申し込み日の翌月末までに、エントリーしたYahoo!JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を完了する

PayPayボーナスは、申し込み日の翌々月の月末に付与される予定です。付与時期までに、エントリーしたYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントの連携を完了してください。

該当プランに申し込めば最大3,000円相当のPayPayボーナスが貰えるチャンス。ぜひこの機会に申し込んでみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

端末割引キャンペーン

出典:ワイモバイル

ワイモバイルでは、端末代金から最大21,600円(税込)値引きされるキャンペーンを実施しています。また、オンラインストアで購入した場合事務手数料が無料です。

値引きの対象端末は時期によって異なります。以下の情報は2021年8月現在のものなので、詳しくはワイモバイルの公式サイトを確認してください。

対象端末割引後端末代金(税込)
iPhone SE(第2世代)
64GB
57,600円
36,000円
iPhone SE(第2世代)
128GB
64,080円
42,480円
OPPO Reno5 A39,600円
18,000円
Android One S726,640円
5,040円

人気の機種をお得に購入できるチャンスなので、希望の端末がある場合は早めに申し込みましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

データ増量無料キャンペーン2

出典:ワイモバイル
  • 期間:2019年11月29日~
  • 特典:データ増量オプション月額料550円(税込)が1年間無料
  • 条件:データ増量オプションに初めて加入する方

ワイモバイルの「データ増量オプション」とは、月額550円(税込)でデータ容量を増やせるオプションです。このデータ増量オプションに初めて申し込むと、加入翌月から1年間オプション月額料が無料で利用できます。

初めてワイモバイルを契約する方はもちろん、現在ワイモバイルに契約しており、データ増量オプションを初めて申し込む場合にも対象です。

対象料金プランは、シンプルS/M/L、スマホプラン、スマホベーシックプランの3種類となっています。新しいプランに変更していなくても利用可能です。

  • シンプルS:3GB→5GB(+2GB)
  • シンプルM:15GB→20GB(+5GB)
  • シンプルL:25GB→30GB(+5GB)
  • スマホプランS:2GB→3GB(+1GB)
  • スマホプランM:6GB→9GB(+3GB)
  • スマホプランR:10GB→13GB(+3GB)
  • スマホプランL:14GB→21GB(+7GB)
  • スマホベーシックプランL:14GB→21GB(+7GB)

【ワイモバイル】詳細はこちら

下取りプログラム

出典:ワイモバイル
  • 期間:2016年11月1日~
  • 特典:PayPayボーナス or 購入機種代金値引き
  • 条件:ワイモバイルへの新規契約・MNP・契約変更・機種変更

ワイモバイルでは、それまで使っていた端末を下取りして購入機種代金値引き、またはPayPayボーナスとして受け取れるプログラムを実施中です。

新規・MNP・番号移行と機種変更とで対象スマホやボーナス金額が異なるため、サイトでチェックしてみましょう。

今使っているスマホを使って、お得にスマホを買い替えるチャンスです。

【ワイモバイル】詳細はこちら

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルで実施されているキャンペーンをご紹介します。

iPhone超トクのりかえ最大20,000円相当還元

出典:楽天モバイル

対象のiPhone購入で15,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

楽天モバイルでは2021年4月からiPhoneの取り扱いをスタートしました。

キャンペーン名iPhone超トクのりかえ
期間2021年4月23日(金)~終了日未定
特典15,000円相当のポイントプレゼント
条件Rakuten UN-LIMIT Ⅵに新規、他社からの乗り換え、旧楽天モバイルから申込

対象のiPhoneは、iPhone 12 Pro MAX、iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)の5つです。

iPhoneが実質20,000円ほど安く購入できる機会でもあります。楽天モバイルで最新のiPhoneを使いたい方はぜひお申し込みください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

他社からの乗り換え限定最大20,000ポイントプレゼント

  • 期間:2021年6月18日~
  • 特典:楽天ポイント15,000ポイント還元

利用中のスマホそのままで楽天モバイルに他社から乗り換え(MNP)申し込みをすると、楽天ポイント15,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

こちらは、Rakuten UN-LIMIT VIに申し込んだ際にもらえる特典と併用できるため、乗り換えるだけで20,000ポイント受け取れます。特典の適用条件は、以下の通りです。

適用条件

  • Rakuten UN-LIMIT VIへ他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
  • 楽天回線対応製品を利用してRakuten UN-LIMIT VIプラン利用開始
  • 楽天回線対応製品を利用してRakuten Linkを利用する

ポイントは、Rakuten UN-LIMIT VIのプラン利用開始およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日ごとに付与されます。付与されるポイントは、付与日を含めて6か月の有効期限があるので注意してください。

楽天モバイルに乗り換え(MNP)申し込みをするだけで普段のお買物にも使える楽天ポイントがもらえるので、乗り換えを検討している方は必見です。

【楽天モバイル】詳細はこちら

スマホ本体を同時購入で最大25,000円相当分ポイント還元

出典:楽天モバイル
  • 期間:2021年1月7日~
  • 特典:楽天ポイント20,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みと同時に楽天モバイルで販売中の端末を購入すると、楽天ポイントが20,000ポイント還元されるキャンペーンです。

こちらも先ほどの紹介したキャンペーン同様、Rakuten UN-LIMIT VIを申し込んだ際に適用されるキャンペーンと併用できます。そのため、購入機種によっては計25,000ポイントがもらえます。

対象機種およびポイント還元額は、以下の通りです。なお、時期によって端末が在庫切れになっている場合があるので、詳しくは楽天モバイル公式サイトを確認してください。

ポイント還元額対象機種
20,000ポイントRakuten BIG
OPPO A73
OPPO Reno3 A
AQUOS sense4 lite
15,000ポイントXperia Ace
Galaxy S10
AQUOS R5G

セットで申し込むと人気の機種がお得に購入できるので、機種変更を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

Rakuten UN-LIMITプラン料金3ヵ月間無料キャンペーン

出典:楽天モバイル
  • 2021年4月8日~終了日未定

Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーンでは、新規契約・他社MNP・楽天モバイルからのプラン変更で、月額料金が3ヶ月無料になります。

最大で3,278円×3ヵ月で9,834円お得になるチャンスです(※)。なお、2021年4月7日まで行われていた「1年間無料キャンペーン」を利用していた方は適用不可となっているのでご注意ください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

月20GB以上利用時の料金。

▼他にも楽天モバイルではたくさんのお得なキャンペーンが実施中です。以下記事で詳しく解説しています!

ワイモバイル・楽天モバイルのその他の特典

ワイモバイル 楽天モバイル

ワイモバイルと楽天モバイルのその他のお得な特典をご紹介します。

それぞれ独自の特典ですので、これらの内容についても比較すると選びやすいです。

ワイモバイルはヤフープレミアムが無料

通常月額料金がかかってくる、Yahoo!の会員向けサービス、「ヤフープレミアム」。

ワイモバイルを利用することで、追加料金なしで、ヤフープレミアムのサービスを利用することができます。

PayPayモールやYahoo!ショッピングでの買い物でもらえるポイントが増量されたり、もしものときのトラブルに備えるサポートを受けられたりするお得な特典があるので、利用しましょう。

楽天モバイルは楽天ポイントが貯まる

大手通販サイト「楽天市場」や、電子決済サービス楽天ペイなどでも1ポイント1円で利用できる楽天ポイント。

楽天モバイルを利用すれば、利用料金100円につき、1ポイントが付与されます。貯めたポイントを月々の支払いに利用することもできるので、使い勝手良く利用できます。

開催中のキャンペーンの中にも、申込みすることで楽天ポイントがもらえるものがありますので、楽天ポイントを貯めているユーザーにとっては、大きなメリットになります。

【楽天モバイル】詳細はこちら

まとめ

ワイモバイルと楽天モバイルについて、料金プランやサービス内容を徹底比較してご紹介しました。

それぞれの回線は、利用中に確認する点も多いですが、乗り換えることでメリットがたくさんあります。

常時色々なキャンペーンも行っていますので、自分に合った回線にお得に加入できるよう、ぜひチェックしてみてくださいね。

SHARE!!

あわせて読みたい