1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. おすすめの人気防水スマホケース10選|お風呂・海・プールで役立つ!

おすすめの人気防水スマホケース10選|お風呂・海・プールで役立つ!

防水性能に優れたスマホケースを紹介します。防水機能にこだわりたい方は、しっかりと規格を確認しましょう。用途別に厳選したおすすめのスマホケースなので、自分に合ったものを選んでください。

防水機能付きのスマホが増えたとはいえ、お風呂や海、プールで使うときは不安になりませんか。

いくら防水でも、スマホは精密機械なので内部に水が入ってしまっては故障の原因になるはず。

そこでこの記事では、さらに防水性を高めるためにもおすすめの防水スマホケースを紹介します。

多くの種類がありますが、選び方からシーン別のおすすめ商品まで紹介するのであなたにぴったりのものが見つかるはずです。

ぜひお気に入りのケースを見つけて、安心して水場でもスマホを使えるようになってください。

▼SIMチェンジではおすすめの格安スマホ・格安SIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

防水対応のスマホでも防水ケースは必要?

防水対応しているスマホは多くなりましたが、そもそも本当に防水ケースは必要なのでしょうか。

今やスマホの防水機能も発達して、以前にも増して安全性は高まっています。

最新のiPhoneはIP68等級という規格に適合しており、「最大水深4メートルで最大30分間」耐えることが可能です。

ただし、購入した直後は安全でも、落下させて傷ついていたり劣化したりしていれば耐性は落ちるでしょう。

実際公式サイトにも「防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります」と記載されています。

スマホの水没はいつ起こるかわからないので、ケースで防水性を高めておく必要がありそうです。

防水・防塵対応のおすすめスマホについては以下記事でご紹介しています!

防水スマホケースの選び方

実際の防水スマホケースの選び方を確認しておきましょう。

購入する前にチェックしておくことで、より自分に合ったものを選べるはずです。

JCOMモバイル

防水性能レベルで選ぶ

防水レベルが低すぎるとあまり意味をなさないので、はじめに確認すべきところです。

防水性能レベルは、製品のIP規格を見ることでわかります。

製品の詳細情報として、IPX8やIP68などのようにIPのあとに数字やXマークが付いているはずです。

IP□8が最高レベルで、水面下での使用が可能です。

IP□7でも「水中に没しても水が侵入しない」とされているのでIP□7以上が理想でしょう。

防水等級一覧

防水等級は1~6までが本体にあたる水に対する防水性能を、7~8が本体が水に浸かった際の防水性能を指します。

IECが定める防水等級と、それぞれの保護の程度

等級保護の程度
IP✕0水の浸入に対してとくに保護されていない
IP✕1垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない
IP✕2垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IP✕3垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IP✕4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
IP✕5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
IP✕6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
IP✕7規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない
IP✕8水面下での使用が可能

お風呂・アウトドアなどシーンに合わせて選ぶ

海の深いところへ沈む場合があるのか、シャワーの水が掛かる程度なのかでは必要な耐水性が異なります。

キッチンやお風呂など日常で使う程度であれば、最高規格のIP□8にこだわる必要はないでしょう。

それよりも操作性を重視した方がよいです。

ケースのタイプで選ぶ

  • ソフトタイプ:日常向け
  • ハードタイプ:アウトドア向け

ソフトタイプは操作性に優れているので、日常で使う場合におすすめです。

一方ハードタイプは耐水性や耐久性に優れているので、アウトドアによく行く方・よく落としてしまう方にもおすすめします。

ポーチになっていて持ち運びが楽になるものもあるので、首にさげたい方にはよいかもしれません。

ボタンが押しやすく操作しやすい

いくら耐久性が高まっても、使いづらくストレスがたまるようなケースは避けたいでしょう。

せっかく海に入って写真を撮りたいのに、ボタンが押せずにシャッターチャンスを逃してしまうということも考えらえれます。

機種専用のケースを選べば、ボタンの位置などの操作性が配慮されているのでよいでしょう。

顔認証・指紋認証ができるか

普段、顔認証・指紋認証を行なっているのにできなくなると面倒です。

顔認証や指紋認証をする部分がケースで塞がれないかは注意したいところです。

カメラで水中撮影ができるか

アクティビティで使う場合、カメラで水中撮影ができるかどうかも確認しておきましょう。

防水スマホケースすべてが水中撮影に対応しているわけではありません。

水中撮影などをする場合は、できるだけ最高規格のIP□8を選ぶと安心です。

防水ケースのロックが簡単か

防水ケースの取り付けや取り外しが、スムーズにできるかも重視したいポイントです。

いざ防水ケースを取り付けようという時には、手が水に濡れていて滑りやすいなんてことも。

そんな時に防水ケースのロックがしづらいものだと不便です。

左右の止め具をロックするだけのものだと簡単なのでおすすめできます。

小銭入れやカードホルダー付きは便利に使える

機能性に優れたケースもおすすめです。

財布とスマホの両方を持ち歩かなければいけなかったのが、スマホだけで済むことが多くなります。

アクティビティーに出かける際などは、とくにできるだけ荷物は少なくしたいはず。

カードホルダーなどの機能があると、いろいろ場面で役に立ちそうです。

【日常で使える】おすすめ防水スマホケース

日常使いにぴったりの防水スマホケースを見ていきましょう。

お風呂やキッチンでスマホを使う方を想定しています。

無印良品|スマートフォン用防水ケース

日常使いでとくにおすすめなのが、無印良品のスマートフォン用防水ケースです。シンプルでスタイリッシュな白色で、無印良品らしさがあります。

普段から無印良品の製品を愛用している方などは、すぐに気にいるのではないでしょうか。それ以外の方でも、シンプルなので飽きがこない魅力があります。

機能面もIPX7と日常使いでの防水性能としては充分です。

さらに濡れた手でタッチしても反応し、カメラも問題なく使えます

キッチンやお風呂でもっとスマホを活用したい方は、1つ持っておくとよさそうです。

ALCHEMITY|iPhone/Android スマートフォン防水ケース

ALCHEMITYのスマホケースは、防水・防塵機能に優れています。

IP68防水は最高基準、さらには防塵にまで強いのが魅力です。

高い性能を誇りながら、指紋認証も正常なまま作動するなど機能性を落とすこともありません。

カラーバリエーションも豊富なので、ぜひ自分の好きな色のケースを選んでください。

ダイソー|スタンド防水ケース

ダイソーのスタンド防水ケースも便利な製品です。

防水してくれるだけでなく、スタンドが付いているのでお風呂やキッチンに立てて置いておけます。

動画視聴やレシピを見るときに便利です。

ただし、防水性能などはそこまで高くないので誤ってお風呂に落として放置することは避けましょう。

セリア|防水ケース

セリアでも安価でかわいいケースがあるのでおすすめです。

首から掛けられるものもあり、持ち運びにぴったりでしょう。

動物が描かれているものなど、かわいいデザインのものがあるのでおしゃれを気にしたい方には嬉しいはず。

ただし、国際的な規格で認められているほどの防水機能はないので、水に浸かり過ぎないように気をつけてください。

フロスマ|スマホ防水スピーカー

フロスマは、お風呂でスマホを使いたい方におすすめのケースです。

後ろについているフックで縦置きや、横置きができて快適に動画を視聴できます。

防水性能はIPX4なので、水滴くらいなら充分に耐えることが可能。濡れた手で操作しても問題ありません

スピーカーなので、普段のスマホでの動画再生より良い音で聴けるのも魅力です。

【アウトドアにおすすめ】おすすめ防水スマホケース

家の中ではなく、アウトドアに最適なスマホケースを紹介します。

1つ用意しておくことで、急にアクティビティーに出かけることになったときも安心です。

Anker|Waterproof Case

Anker Waterproof Caseは、高い防水性能がありながら1,000円程度で購入できるコストパフォーマンスに優れたケースです。

防水規格はIPX8と最高レベル。

最大6インチまでのあらゆるスマホに対応しているのも嬉しいところです。

シンプルでどなたでも使いやすいデザインなので、1つ持っておくと重宝するでしょう。

LESGO|防水ケース

LESGOの防水ケースも、1,000円程度とリーズナブルにもかかわらず高い機能性が魅力です。

防水はIPX8と最高基準をクリアしていて、防雪・防塵機能まで付いています。

それでいて指紋認証も問題なくでき、タッチ操作も不自由しません

ぜひ、アウトドアに出かける前に用意しておきたいグッズの1つです。

aihua|潜水用スマホ防水ケース

aihuaの潜水用スマホ防水ケースは、耐水性や耐衝撃性に優れた頑丈なケースです。

IPX8の基準をクリアしていて、15メートル以内の潜水に耐えられます。

防塵性や凍結防止性もあるので、あらゆる過酷な状況にも対応できるはずです。

ぜひハードなアクティビティーをするのであれば、揃えたい製品です。

Auwet|アームバンド・フロートエアー付き防水ケース

Auwetのケースは防水性・機能性ともに優れています。

防水は最高基準のIPX8と認められていますし、アームバンドが付いているので腕に付けられたり首から下げられたりと便利です。

アクティビティーにもお風呂にも適した製品と言えるでしょう。

KINDAGO|ワイヤレス充電対応防水ケース

KINDAGOはIP68を誇り、防塵・耐水に優れたスマホケースです。

衝撃にも強いので、アクティビティーにぴったり。

赤色のゴツめのデザインなので、男性で好きな方が多そうなデザインです。

まとめ

防水スマホケースの選び方や、おすすめケースを紹介しました。

防水性にこだわりたい方は、IPX8など基準をクリアしたものがおすすめです。

ぜひ用途に合ったものを選んで、後悔しないようにしてください。

▼お風呂などでスマホを使いたいと考えている場合は、ぜひスマホだけでなく防水のタブレットもご検討ください。以下記事では防水性能の高いおすすめタブレットをご紹介しています

SHARE!!

あわせて読みたい