1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモから楽天モバイルへMNP乗り換えする方法|メリット・デメリットを紹介

ドコモから楽天モバイルへMNP乗り換えする方法|メリット・デメリットを紹介

更新日:2021.04.16

ドコモから楽天モバイルへのMNP予約番号を使った乗り換えの方法を手順別に解説します。また、ドコモから楽天モバイルへ乗り換えるメリットや乗り換え時に確認または注意しておきたいこと、乗り換え時によくある質問とその答えもまとめています。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを考えているけれど、「乗り換えの手続きは難しい?」「電話番号をそのまま使いたいけれど、MNP予約番号ってなに?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ドコモから楽天モバイルへのMNP乗り換えの手順を解説します。

楽天モバイルへ乗り換えるメリットや乗り換え時の注意点なども併せて紹介します。ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを考えている人必見です。

ドコモから楽天モバイルへMNP乗り換えの手順を解説

ドコモから楽天モバイルへMNP予約番号を使って乗り換えるときの手順を解説します。

  1. MNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルに申し込む
  3. SIMカードが届く
  4. 初期設定を行う

MNP予約番号を取得する

ドコモで使っていた電話番号をそのまま楽天モバイルでも使いたい場合は、MNP予約番号と呼ばれる乗り換え番号のようなものが必要です。

MNP予約番号は、乗り換え先の楽天モバイルに申し込む前に取得しましょう。

受付窓口申し込み方法受付時間
パソコンドコモ公式サイトの「ドコモオンライン手続き」から9:00~21:30
電話ドコモの携帯電話からの場合:「151」へ電話
一般電話からの場合:「0120-800-000」へ電話
9:00~20:00
ドコモショップドコモ公式サイトから来店予約をし、指定した日時に来店各店舗の営業時間に準ずる

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。有効期限を過ぎた場合は、MNP予約番号の再発行が必要です。

また、MNP予約番号を取得しただけでは、ドコモの解約をしたということにはなりません。そのため、MNP予約番号を取得した後に、ドコモショップで解約の手続きも行いましょう。

MNP予約番号が取得できたら、ドコモショップで解約手続きを行います。

ドコモの解約方法を知りたい方は以下記事で詳しく解説しています。

楽天モバイルに申し込む

ドコモでMNP予約番号を取得したら、楽天モバイルへ申し込みをします。

申し込み時に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、パスポートなど)
  • 補助書類(公共料金の請求書、住民票、届出避難場所証明書)※
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • 支払いに使用するクレジットカードまたは銀行口座
  • MNP予約番号(有効期限が10日以上残っていること・他社から乗り換えをする場合のみ)

※健康保険証やパスポートなど、補助書類が必要な本人確認書類を提示した場合のみ提出します。

なお、楽天モバイルではMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることが条件になっています。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルの契約方法をより詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

SIMカードが届く

契約が完了したら、指定した住所にSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、楽天モバイルの開通受付センターに電話をして開通の手続きを行いましょう。

楽天モバイル開通受付センター0800-805-1111

なお、開通受付センターへ電話をした時間によって、開通する日にちが変わります。

開通受付センターへ連絡した時間開通するタイミング
9:00~20:39当日中
20:40~翌朝8:59翌朝9:00以降

SIMカードが届いた日に開通受付センターへ電話をしたとしても、20:40以降になると開通のタイミングは翌朝9:00以降になります。

SIMカードが届いたその日に開通手続きを完了したい場合は、20:40までに電話をしましょう。

初期設定を行う

ドコモで使っていた端末をそのまま使う、または自分で購入した端末を使う場合は、楽天モバイルのネットワークを利用し始めるためにAPN設定を行います。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  4. 楽天モバイルのAPN設定を入力

Androidの場合

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「もっと見る」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「アクセスポイント名」をタップ
  5. 「メニュー」をタップ
  6. 「新しいAPN」をタップ
  7. 楽天モバイルのAPN設定を入力

入力する楽天モバイルのAPN設定の詳細は次の通りです。

APN設定項目楽天モバイルのAPN情報
APN名rmobile.jp
ユーザ名rm
パスワード0000
認証方法PAPまたはCHAP
接続方法(PDP Type)IP接続
MCC440
MNC10

楽天モバイルのAPN設定方法については以下記事で詳細を解説しています。より詳しく設定方法・構成プロファイルのインストール方法を知りたい方はご一読ください。

乗り換える前に確認すること・注意点

ドコモから楽天モバイルへ乗り換える前に確認することや注意点を紹介します。

解約金はかかるか

ドコモを解約するときに支払う解約金は、更新月ならかかりません。

契約の更新月かどうかはMy docomoまたは電話で確認できます。

問い合わせ先問い合わせ方法受付時間
My docomo
  1. アカウントへログイン
  2. 「契約内容・手続き」を選択
  3. 「すべてのご契約内容のご確認」を選択
  4. 「契約満了月は~です」を確認
24時間
ドコモインフォメーションセンタードコモの電話からの場合:151
一般電話からの場合:0120-800-000
9:00~20:00

なお、更新月以外に解約をした場合、2019年9月以降の新プランは1,100円(税込)、それ以前に契約したプランだと10,450円(税込)の違約金がかかります。

端末代金の残額の支払い

ドコモでスマホ端末を分割で購入しており、解約時にその分割払いが残っていた場合は、残額を支払う必要があります。

解約時に一括で残高を支払うか、そのまま分割で支払い続けるかを選べます。しかし、解約後も分割で支払う方法を選択すると、解約後の端末代には割引サービスが適用されません。

端末購入時に端末代金が割引サービスの対象になっていた場合は、毎月支払う分割代金が高くなる可能性もあります。

楽天モバイルの事務手数料・回線エリアを確認する

楽天モバイルの事務手数料は、3,300円(税込)です。

なお、楽天モバイルでは2020年7月10日から事務手数料の3,300円相当を楽天ポイントで還元してくれるキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間2020年7月10日~未定
適用条件Rakuten UN-LIMIT Vを申し込む
Rakuten Linkを利用する(Rakuten Linkを使って10秒以上の通話および1回以上のメッセージ送信)
キャンペーン内容事務手数料3,300円相当分を全額ポイント還元

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

キャンペーン対象になれば事務手数料が実質無料になるため、楽天モバイルへの乗り換えを考えている人はチェックしてみましょう。

楽天モバイルの回線エリアは、楽天モバイルの公式サイトで確認できます。

楽天モバイルでは、独自の楽天回線とパートナー回線のau回線のエリアを提供しています。しかし、Rakuten UN-LIMIT Vプラン内で、データ容量の制限がないのは楽天回線エリアのみです。

au回線エリア内では、5GBを超えたら高速データ通信に制限がかかります。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

▼楽天モバイルでは他にもお得なキャンペーンが開催中です。楽天モバイルで実施中のキャンペーンは以下記事でまとめています。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリットを解説します。

※ここで紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

月々の通信費を節約できる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えをすると、月々の通信費を節約できます。

ドコモと楽天モバイルの月額利用料金

キャリア/プラン名ドコモ/ギガホドコモ/ギガライト楽天モバイル/Rakuten UN-LIMIT V
月額利用料初月~6ヶ月 4,378円(税込)~
7ヶ月以降 5,478円(税込)~
~1GB 2,178円(税込)~
~3GB 2,728円(税込)~
~5GB 3,278円(税込)~
~7GB 4,378円(税込)~
3,278円(税込)~
(Rakuten UN-LIMIT Vお申込みキャンペーンの対象の場合、最初の12ヶ月は無料)
最大速度1Mbps1Mbps1Mbps

※こちらで紹介した商品やサービスの価格は、編集部が独自に調査したものです。

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

ドコモは、データ使用量が7GBまでなら2,178円(税込)のギガホライトプランです。7GB以上は4,378円(税込)~のギガホプランになります。

楽天モバイルであれば、3,278円(税込)で利用できます。

ただし、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vがデータ使い放題なのは楽天回線エリアのみ、パートナー回線エリア内では5GBを超えると速度制限がかかります。

また、楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT Vお申込みキャンペーン」の対象になれば、最初の12ヶ月は実質無料で利用できます。

キャンペーン期間2020年3月3日~未定
適用条件Rakuten UN-LIMIT Vに新規申し込み
Rakuten UN-LIMIT Vに他社から乗り換えで申し込み
Rakuten UN-LIMIT V楽天モバイルの料金プランから移行手続き後に申し込み
Rakuten UN-LIMIT Vに無料サポータープログラムから変更し申し込み
キャンペーン内容プラン料金が開通日から12ヶ月無料
ユニバーサルサービス料が開通日から12ヶ月無料

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

データ無制限で使える

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでは、高速データ通信が無制限で使えます。

キャリア/プラン名ドコモ/ギガホドコモ/ギガライト楽天モバイル/Rakuten UN-LIMIT V
毎月利用可能なデータ容量30GB~7GB無制限

ドコモのギガホプランの利用可能データ量は30GBに対して、楽天回モバイルのRakuten UN-LIMIT Vは無制限です。

なおRakuten UN-LIMIT Vがデータ無制限なのは、楽天回線エリアのみです。パートナー回線のau回線エリアでは、毎月の利用可能なデータ量は5GBまでです。

また、楽天回線内の5Gエリアでは5Gも使い放題です。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え時によくある質問

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え時によくある質問について答えていきます。

現在使っているスマホは使えるか

次の場合であれば現在のスマホをそのまま使用できます。

  • 楽天モバイル対応製品であること
  • SIMフリーであること

まずは、楽天モバイルの対応製品であるかをチェックしましょう。

楽天モバイルの対応製品かどうかは、楽天モバイル公式サイトの「楽天回線対応製品」ページから確認可能です。

現在使っているスマホにSIMロックがかかっているなら、ドコモでロックを解除してもらいましょう。SIMロック解除の手続きは、ドコモの公式サイト、電話、またはドコモショップから申し込めます。

手続き先手続き方法受付時間
ドコモ公式サイト「ドコモオンライン手続き」へアクセス24時間
ドコモインフォメーションセンタードコモの電話からの場合:151
一般電話からの場合:0120-800-000
9:00~20:00
ドコモショップドコモ公式サイトから、または各店舗へ連絡をして来店予約をしてから来店各店舗の営業時間内

なお、もともとドコモでもSIMフリーの端末を使っていた場合は、SIMロック解除の手続きはなしで楽天モバイルを利用できます。

iPhoneは対応しているか

iPhone XR以降の機種に限られますが、楽天モバイルはiPhoneに対応しています。しかし、一部の機能は制限されています。

また、楽天モバイルではiPhoneは動作保証外のため、故障や不具合があった場合は自己責任になります。

楽天モバイルで取り扱っている端末は?

楽天モバイルで取り扱っている端末をまとめました。

  • Galaxy A7
  • Galaxy S10
  • Galaxy Note10+
  • Xperia Ace
  • AQUOS R5G
  • AQUOS sense3 plus
  • AQUOS sense3 lite
  • arrows RX
  • OPPO Reno3 A
  • Rakuten Mini
  • HUAWEI nova 5T
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno A 128GB

dポイントはどうなる?

楽天モバイルへ乗り換えをしてもdポイントは引き続き使えます。

dポイントを使ったスマホ料金の支払いはできなくなります。ただし、dポイントは1dポイント=1円として、ローソンやマクドナルド、マツモトキヨシなどの各店舗で使えます。

しかし、dポイントを引き続き保有するには、ドコモの契約時に継続利用手続きをする必要があります。

オンラインでの継続利用手続きは、ドコモの解約日またはMNP予約番号を使って乗り換えた日から200日以内に行いましょう。

200日を過ぎてしまうとdアカウントに利用制限がかかるため、ドコモショップで手続きをする必要がでてきます。

dポイントの継続手続きの流れ

  1. dアカウントにアクセス
  2. IDとパスワードを入力しログイン
  3. 「継続利用手続き」を選択
  4. メールアドレスを入力し「次へ進む」を選択
  5. 「ワンタイムキー」が記載されたメールが送られてくる
  6. dアカウントに戻りワンタイムキーを入力
  7. 「手続きを完了する」を選択

メールアドレスはそのまま使える?

ドコモを解約した時点で、「@docomo.ne.jp」で終わるドコモのキャリアメールは使えなくなります。

そのため、ドコモのキャリアメールをなにかの登録メールアドレスとして使っている場合は、解約前にフリーメールアドレスなどに変更しておきましょう。

乗り換え前にバックアップを取ろう

スマホにある写真や動画、アプリなどのデータを引き継ぎたい場合は、ドコモから楽天モバイルへ乗り換える前にデータのバックアップを取っておきましょう。

写真やアプリなどのデータは、キャリア間の移行時にすべて消えてしまう可能性もあります。

データのバックアップは、スマホまたはパソコンで行います。

スマホでバックアップを取るなら、iPhoneならiCloudへ、AndroidならGoogleアカウントへ写真やデータ、設定等をバックアップできます。

パソコンを使う場合は、iPhoneはiTunesへデータをバックアップします。

Androidの場合はケーブルでスマホとパソコンをつなぐとデータがフォルダで表示されるため、そこからデータをパソコンにバックアップします。

なお、ドコモが提供しているドコモアプリデータバックアップなら、dアカウントを介して、対象のアプリのデータのバックアップが可能です。

手順がわかればドコモから楽天モバイルへの乗り換えは簡単

ドコモから楽天モバイルへ電話番号はそのままで乗り換えたい場合は、楽天モバイルに申し込む前にドコモからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号さえ取得すれば、楽天モバイルでの申し込みのプロセスは新規契約のときと変わりません。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを考えている人は、今回紹介した乗り換えの手順や乗り換え時の注意点を参考にしてみてください。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

SHARE!!

あわせて読みたい