1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MNOとMVNOは何が違う?キャリアと格安SIMの特徴を比較

MNOとMVNOは何が違う?キャリアと格安SIMの特徴を比較

MNOとMVNO、MVNEの意味と役割の違いを解説します。通信速度や料金、使える端末などの観点からMNOとMVNOのサービスを比較していきます。また、主要なキャリアと格安SIMのサービスも紹介します。

最近では耳にすることが多くなった「MNO」や「MVNO」という言葉ですが、はっきりとした言葉の意味や、どっちがどっちなのか正確に把握していないという人も多いのではないでしょうか。

この記事ではMNOとMVNOについて、その意味と関係を解説した上で、それぞれの特徴を比較していきます。

▼SIMチェンジではおすすめの格安スマホ・格安SIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

MNOとは自社専用の回線を持つキャリア

MNOは「Mobile Network Operator」の略で、日本語に訳すと「移動体通信事業者」という意味です。

MNOは、自前の通信基地局と総務省から割り当てられた周波数帯を保有し、自社のモバイル用回線網で通信サービスを提供しています。

最近では、楽天モバイルが独自回線を用いたサービスを開始し、キャリアとして新規参入しました。そのため、日本ではドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4大キャリアがMNOに該当します。

MVNOはMNOの回線を借りる格安SIM業者

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で。日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」です。

自社回線を持たず、MNOから回線を借りて通信サービスを提供しています。簡単に言えば、格安SIMを提供する事業者のことです

基地局の増設やメンテナンスの費用がかからないため、その分安くサービスを提供できます。

JCOMモバイル

MVNEはMNOとMVNOをつなぐ業者

MNOとMVNOによく似た言葉としてMVNEがあります。

MVNEは「Mobile Virtual Network Enabler」の略で、日本語では「仮想移動体サービス提供者」と訳されます。

具体的には、MVNOとして新規参入しようとしている会社のために、大手キャリアと交渉して回線を借り受け、それを小分けにしてMVNOに提供する役割を果たしています。

併せて、システムの運用や端末の調達といったノウハウの提供やMVNO事業に関するその他のコンサルティング業務を請け負います。

フルMVNOとライトMVNOの違い

フルMVNOは独自にSIMカードを発行できるMVNOのことです。日本では2018年にスタートし、2020年4月からはNTT Communicationsが法人向けにフルMVNOサービスを展開し始めました。

対して、従来のMVNOは「ライトMVNO」とも呼ばれ、MNOが発行したSIMカードをユーザーに提供します。

フルMVNOがライトMVNOと決定的に異なるのは、SIM回線を管理するデータベースである加入者管理機能をキャリアの設備を利用せず、自ら運用する点です。

加入者管理機能を自前で運用することで、より柔軟なサービスの提供が可能です。

MNOとMVNOの違いを比較

具体的なMNOとMVNOの違いを「通信速度」「料金」「契約期間と違約金」「使用可能な端末」と4つの項目にわけ、それぞれ説明していきます。

※ここで紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

通信速度

MVNOはMNOの回線を借りてサービスを提供しているため、大手キャリアと比較すると使用できる帯域が限られています。

帯域とは、回線内で一度に流せるデータ量のことを指します。MVNOが借りている回線には帯域の上限が設定されているため、利用者数が集中する時間帯など通信するデータ量が増えた際には通信速度が低下します。

混雑時の通信速度は契約するMVNO業者や回線の通信状況などによって変わりますが、インターネットの閲覧やSNSの利用であれば問題なく行える場合が多いです。

料金

MMD研究所が公表した2019年3月のデータでは、毎月のスマホ代金(端末代・オプション代含む)の平均は、MNOユーザーは8,451円でした。

それに対してMVNOユーザーの平均金額は2,753円と5,000円以上の差があります。

しかし、2020年から大手キャリアに参入した楽天モバイルが、月額料金2,980円と大手キャリアの中でも安い料金プランを打ち出したことや、政府が携帯料金の値下げを要請していることから今後の動向が注目されています。

契約期間と違約金

MVNOはデータ専用プランであれば、契約期間の縛りがないケースが多いです。音声付きプランであっても6ヶ月~12ヶ月と縛りは緩めです。

また、契約の自動更新はなく、最低契約期間を過ぎればいつ解約しても違約金はかかりません。

一方、MNOの場合は今までは2年の最低契約期間があり、契約期間内に中途解約すると9,500円の解約金がかかっていました。

しかし、2019年10月1日に電気通信事業法の改正により、各社の2年縛りと解約金のルールが大きく変更されました。ドコモとauの解約金は1,000円、ソフトバンクの解約金は0円と乗り換えやすくなりました。

使用可能な端末

MVNOはSIMカードだけで契約できるため、中古端末やキャリアを通さずに自分で購入した端末をそのまま利用できます

キャリアから購入した端末でMVNOを利用する際には、そのスマートフォンがどのキャリアの通信方式に対応しているか確認しておく必要があります。

MVNO事業者の多くがドコモのネットワークを利用していることから、ドコモの端末でMVNOを契約する場合は問題なく使えることが多いです。ただし、ソフトバンクやauの端末だと、SIMロックの解除が必要になる場合があります。

MNOでも通常販売している端末を利用したくない場合には、技適マークと認証番号がある端末を持ち込めば、SIMのみ契約することも可能です。

MNO大手4キャリアの特徴

MNOの大手キャリア4社のドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルについて会社の概要や月額プランなどサービス内容について詳しく紹介します。

ドコモ・au・ソフトバンクでどのキャリアがおすすめかについては以下記事で解説しています。

ドコモ

NTTドコモは日本のキャリアの中で最も歴史が長く、総務省が発表したデータによると2019年のスマホシェア率は大手キャリアの中でトップを誇っています

「ずっとドコモ割プラス」「更新ありがとうポイント」「ずっとドコモ特典」など、長期継続利用での割引やポイント贈呈が充実していることが特徴です。

通信サービス以外にポイント事業にも力を入れており、ドコモの共通ポイント「dポイント」はドコモユーザー以外にもシェアを広げています。

ドコモの料金プランは、5G対応プランと、Xi対応プランにわけられ、それぞれ大容量の「ギガホ」と使用データ量に応じて料金が変動する「ギガライト」のシンプルな2択になっています。

【ギガホ】

ギガホ5Gギガホ
データ量/月30GB100GB
月額料金

定期契約あり:6,980円

定期契約なし:7,150円

定期契約なし:7,650円

通話料家族間通話無料
家族以外への通話 20円/30秒
家族間通話無料
家族以外への通話 20円/30秒

【ギガライト】

ギガライト5Gギガライト
月額料金ステップ1:~1GB/月定期契約あり:2,980円
定期契約なし:3,150円
定期契約なし:3,150円
ステップ2:~3GB定期契約あり:3,980円
定期契約なし:4,150円

定期契約なし:4,150円

ステップ3:~5GB定期契約あり:4,980円
定期契約なし:5,150円
定期契約なし:5,150円
ステップ4:~7GB定期契約あり:5,980円
定期契約なし:6,150円
定期契約なし:6,150円
通話料家族間通話無料
家族以外への通話 20円/30秒

ドコモオンラインショップで機種変更

ドコモで実施中のキャンペーンについては以下記事でまとめています。

au

auKDDIが運営するMNOです。「通信とライフデザインの融合」の方針に沿い、通信事業だけではなく、金融やエネルギーなど、幅広いサービス展開をしています。

キャリアの中で唯一、NetflixやYouTube Premiumなどのコンテンツ利用料とのセットになった料金プランがあります。

データ使い放題のプランは、4G LTEの場合は3つ、5Gの場合は4つ用意されています。また、使用データ量に応じて料金が変動するプランもあります。

【データMAX 4G LTE】

データ量/月無制限
月額7,480円
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

【データMAX 4G LTE Netflixパック】

データ量/月無制限
月額8,480円
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

「Netflix(ベーシックプラン)」と「TELASA」の利用料金が含まれたプランです。

【ピタットプラン 4G LTE】

データ量/月1GB~7GBまでの段階制
月額2,980円~5,980円
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+700円
定額オプション:+1,700円

【データMAX 5G】

データ量/月無制限
月額8,480円/月
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

【データMAX 5G Netflixパック】

データ量/月無制限
月額9,480円/月
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

「Netflix(ベーシックプラン)」と「TELASA」の利用料金が含まれたプランです。

【データMAX 5G テレビパック】

データ量/月無制限
月額10,180円/月
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

「TELASA」「Paravi」「FODプレミアム」の利用料金が含まれたプランです。

【データMAX 5G ALL STARパック】

データ量/月無制限
月額10,980円/月
通話料20円/30秒(「家族割」で家族間通話は無料)
5分定額オプション:+800円
定額オプション:+1,800円

「Netflix(ベーシックプラン)」「TELASA」「Apple Music(個人)」「YouTube Premium」の利用料金が含まれたプランです。

auオンラインショップで機種変更

auで実施中のキャンペーンは以下記事でまとめています。

ソフトバンク

ソフトバンク社が運営するMNOです。電気通信事業者としての前身である「日本テレコム株式会社」を買収し、ドコモ、auに次いで携帯キャリア市場に参入しました。

現在ソフトバンクはヤフー株式会社の親会社関係にあるため、ソフトバンクユーザーはYahoo!プレミアムの特典を無料で利用できます。

プランは、「データ通信」「音声通話」「ネット接続」の3つがセットになったパッケージ型になっています。

データプランは、データ使用量が多い人向けの「メリハリプラン」とライトユーザー向けの「ミニフィットプラン」が中心です。

「メリハリプラン」は、YouTubeやLINE、Twitterをはじめとする最大18の動画サービスやSNSがデータ消費0となるカウントフリーサービスを利用できます。

「ミニフィットプラン」は、使用したデータ量によって料金が3段階に変動します。

【メリハリプラン】

基本料金基本プラン(音声):980円
データ通信量2GBより多い利用:6,500円
2GB以下の利用:5,000円
合計2GBより多い利用:7,480円
2GB以下の利用:5,980円

【ミニフィットプラン】

基本料金基本プラン(音声):980円
データ通信量1GBまで:3,000円
2GBまで:5,000円
5GBまで:6,500円
合計1GBまで:3,980円~
2GBまで:5,980円~
5GBまで:7,480円~

ソフトバンクで機種変更する

ソフトバンクで実施中のキャンペーンはこちらでまとめています。

楽天モバイル

楽天モバイルはもともとドコモやauの回線を借りてサービスを提供するMVNOでしたが、2020年4月8日からは独自回線のサービス提供をスタートしました。

独自回線の提供エリアは北海道・東京・名古屋・大阪などの一部の地域となっています。現在、国内全域100%のカバーを目指し、徐々にエリアを広げています。

また、楽天回線でカバーできない地域ではau回線を利用してサービスを提供しています。なお、au回線を利用した場合、データ容量は使い放題ではなく5GBになります。

楽天モバイルのプランは月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT V」の1種類です。

「Rakuten UN-LIMIT V」は2020年9月30日より開始された新サービスで、楽天回線エリアにおける4G回線のデータ通信量無制限に加え、対応端末があれば5G回線もデータ通信量無制限で利用可能です。

月額2,980円
データ通信量

楽天回線エリア:無制限
パートナーエリア(au回線):~5GB

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルのキャンペーンは以下記事で解説しています。

代表的なMVNO

代表的なMVNOのワイモバイル、UQモバイル、BIGLOBEモバイル、QTモバイル、LINEモバイルについて、会社の概要や月額プランなど、サービス内容について紹介します。

ワイモバイル


出典:ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして格安SIMを販売しています。

ソフトバンク回線を利用しており、国内通話1回あたり10分までは無料で、10分を超えた場合は30秒につき20円の通話料がかかります。

ワイモバイルの料金プラン

プランデータ容量料金制限時速度
S3GB2680円最大128kbps
M10GB3680円最大1Mbps
R14GB4680円最大1Mbps

ワイモバイルの料金プランは、スマホベーシックプランS/M/Rの3種類です。シンプルに3つしかないので、月にどのくらいギガを使うかで選ぶことができます。

スマホベーシックプランS/M/Rで共通しているのは、(1)「新規割」が適用される点と、(2)10分通話かけ放題がついている点です。

契約から半年間は、「新規割」で月700円割引されます。プランSは月額2,680円なので、新規割を適用すると1,980円で利用可能です。

さらに、全ての料金プランに10分以内の通話かけ放題がついています。普通10分かけ放題は別料金のオプションとなっていることが多いので、無料でついているのはありがたいですね。

プランSとM/Rで異なっているのは、通信制限時の速度です。

通信制限時は最大128kbpsが一般的ですが、プランMとRのみ最大1Mbpsまで速度が出ます。最大1Mbpsあれば、YouTubeの標準画質の動画が視聴可能です。

言い換えると、ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題になるということです。最大1Mbpsまで出れば色々なことができると思うので、通信制限でイライラすることもなくなりそうですね。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル


出典:UQモバイル

UQモバイルはKDDIの子会社である「UQコミュニケーションズ株式会社」が運営しています。

「格安SIMアワード2019上半期 通信速度部門」では最優秀賞を受賞しており、安定した通信速度と通信品質に定評があります。

UQモバイルでは、2つのプランから自分に合ったものを選択でき、通話オプションも定額とそうでないものから選ぶことができます。

UQモバイルではau回線を利用しており、通信速度は下り最大150Mbpsです。

UQモバイルの料金プラン

SIMタイププラン名データ容量月額料金速度
音声通話SIMスマホプランS3GB1980円節約モード時 最大300kbps
スマホプランR10GB2980円節約モード時 最大1Mbps
データ無制限プラン無制限980円受信最大225Mbps 送信最大25Mbps
データSIMデータ高速プラン3GB1980円送受信最大500kbps

UQモバイルは音声通話SIMで3種類、データSIMで1種類の料金プランがあります。

他社格安SIMと違い、「節約モード」や送受信で最大速度が異なるのが特徴です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類です。スマホプランS・Rは、どちらも「節約モード」という機能があります。

節約モードでは、最大通信速度が制限される代わりにどれだけ使ってもデータが消費されません。つまり、節約モードの時はネット使い放題ということです。

スマホプランSは最大300kbps、スマホプランRは最大1Mbpsまで速度が出ます。最大300kbpsの場合、動画視聴や画像の多いSNSの使用は難しいですが、テキストメインのネット閲覧やメールの送受信は問題ありません。

一方最大1Mbpsまで出る場合は、YouTubeの標準画質の動画視聴も可能です。

「データ無制限プラン」は、文字通りデータ通信量無制限で使えるプランとなっています。送受信最大500kbpsという速度制限はありますが、月々1,980円で使い放題なのは格安といえるでしょう。

データSIMは、「データ高速プラン」の1種類です。月間3GBで980円という破格の料金となっています。

音声通話SIM同様、データ高速プランにも通信速度の制限があります。

月間3GBまでは、受信最大225Mbps、送信最大25Mbpsの通信速度です。3GBを超えた場合は、送受信最大200kbpsに制限されます。

一般的な通信制限は最大128kbpsなので、速度制限時よりも若干速いようです。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

BIGLOBEモバイル


出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは老舗インターネットプロバイダーのBIGLOBEが運営しています。

音声通話SIMのプランは、データ容量1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBの合計6種類があり、使い方に応じた料金プランを選べます。

また、回線はau回線とドコモ回線のどちらかが選べます。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • SIMの種類:3種類
  • データ容量:6種類
  • 回線の種類:2種類

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIM・データSIM(SMS付き)・データSIM(SMSなし)の3種類のプランがあります。

SMS付きだと、電話番号宛にくるショートメッセージの送受信が可能です。SMSはGmailやアプリの認証でよく使うので、あった方が便利です。

3つのSIMタイプから選んだら、あとはデータ容量と回線の種類を選びます。データ容量は1GB〜30GBまでの6種類、回線はau回線・ドコモ回線の2種類です。

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1400円
3GB1600円
6GB2150円
12GB3400円
20GB5200円
30GB7450円

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、月額1400円〜7450円までの6種類です。低容量プランが主流な中、20GBや30GBといった大容量プランがあるのは珍しいですね。

ネットもSNSも十分使えてコスパの高い、6GBプランが最も人気なようです。

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
1GB
3GB1020円900円
6GB1570円1450円
12GB2820円2700円
20GB4620円4500円
30GB6870円6750円

データSIMは、SM付きとSMSなしの2種類があります。SMS付きはau回線・ドコモ回線どちらも選べますが、SMSなしはドコモ回線のみです。

また、データ容量は3GB〜30GBの5種類となっています。1GBは音声通話SIM限定で、データSIMでの契約はできないので注意してください。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

QTモバイル


出典:QTモバイル

QTモバイルは九州電力グループの通信会社QTnetが運営しています。

QTモバイルではドコモ・au・ソフトバンク3つの回線が提供されており、3大キャリアのいずれから乗り換えてもSIMロック解除の必要がありません。

また、料金プランは3回線ともデータ容量1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの6つから選べます。

QTモバイルの料金プラン

データSIM(D・A・Sタイプ)〜6ヶ月目7ヶ月目〜
1GB700円800円
3GB800円900円
6GB1400円1550円
10GB2400円2550円
20GB4000円4200円
30GB6000円6200円

音声SIMDタイプ・AタイプSタイプ
〜6ヶ月目7ヶ月目〜〜6ヶ月目7ヶ月目〜
1GB890円1450円1140円1700円
3GB990円1550円1240円1800円
6GB1690円2250円1940円2500円
10GB2690円3250円2940円3500円
20GB4690円4900円4890円5100円
30GB6690円6900円6890円7100円

QTモバイルは、ドコモ回線とau回線に対応している格安SIMです。通話音声SIM・データSIMともに、1GB〜30GBまで幅広いデータ容量が用意されています。

全料金プランにおいて、利用開始〜6ヶ月目までは料金値引きがあります。音声通話SIMでは、月額料金が半分程度になるプランもあるのでお得です。

データSIMはドコモ・au・ソフトバンク回線全て同じ料金ですが、音声通話SIMはソフトバンク回線のみ若干高く設定されています。

通信回線にこだわりがない方は、ドコモかau回線を選ぶのがおすすめです。

【QTモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル


出典:LINEモバイル

LINEモバイルはメッセージアプリで知られるLINEが運営しています。

LINEモバイルの対象サービスのデータフリーオプションです。契約するオプションによって、LINE・Facebook・Twitter・Instagram・LINE MUSICのデータ使用量がカウントフリーになります。

LINEモバイルの月額料金

SIMタイプデータ容量月額料金
データSIM(SMS付き)500MB600円
3GB980円
6GB1700円
12GB2700円
音声通話SIM500MB1100円
3GB1480円
6GB2200円
12GB3200円

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、料金はどの回線でも同じです。

料金プランは、(1)SIMタイプ、(2)データ容量、(3)データフリーオプションの3段階で選んでいきます。

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

SIMタイプは、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。

データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。

どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

データSIMを選んだら次はデータ容量です。データ容量は、500MB・3GB・6GB・12GBの4種類から選びます。

データSIM(SMS付き)で最も少ない500MBを選んだ場合、月額料金はたったの600円です。(3)データフリーオプションで詳しくご紹介しますが、LINEモバイルの全料金プランにはLINE使い放題が付いています。

そのため、LINEをメインに使っている方なら500MBでも十分足りるのです。その他、SNS使い放題のオプションもあるため、データ容量はオプションと合わせて選んだ方が良いでしょう。

  • LINEデータフリー:0円
  • SNSデータフリー:+280円/月
  • SNS音楽データフリー:+480円/月

最後は、3種類の中からデータフリーオプションを決めます。

「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。

「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。

SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

MNO・MVNOの特徴を知ってどちらがよいか決めよう

MNOは自社の基地局や回線を持つキャリアのこと、MVNOはMNOから回線を借りてサービスを提供する格安SIM業者のことです。

今回の記事では、MNOとMVNOの違いを比較したことから次のようなことがわかりました。

  • 速度はMNOの方が安定しており速い
  • 料金はMVNOの方が安い(ただし楽天モバルと政府の要請により今後あまり変わらなくなる可能性も)
  • 契約期間・違約金はMVNOの方が緩いがMNOも以前よりは緩和されている

このようにMNO、MVNOにはそれぞれの特徴があるため、検討する際は、希望する速度や料金、利用期間などをあらかじめ考えておくことで後悔や失敗を少なくできます。

まずはMVNOを契約するのかMNOを契約するのかを決め、次に各キャリアや格安SIMのプランとサービスを比較することで、自分にとって最適な契約先を見つけることができるでしょう。

SHARE!!