1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. インターネットが快適に使える平均速度の目安を用途別に紹介!上り・下りとは?

インターネットが快適に使える平均速度の目安を用途別に紹介!上り・下りとは?

更新日:2020.09.24

インターネットを快適に利用できる平均速度を紹介しています。速度の単位であるbpsや、通信の上り・下りとは何を表しているのか、平均的な通信速度を説明し、用途別にどの程度の通信速度で快適に利用できるのか目安を記載し、光回線と無線サービスを紹介しています。

自宅のインターネットを選ぶとき、通信速度は気になるポイントでしょう。

それと同時に、LINEやメールの送信、動画の視聴など、自分が普段使っているインターネットはどのくらいの速さで通信しているのかがわかると、より自分にあったインターネット回線を選びやすくなります。

ここでは、インターネットの速度を表す単位や平均通信速度を説明し、快適に通信できる速度の目安を用途別に紹介しています。

また、光回線と無線サービスがそれぞれどのような人におすすめなのかも紹介します。

インターネットの通信速度を表す「bps」とは?

「bps」とは、1秒間の通信量を表したものです。bpsの前の数値が大きければ大きいほど、通信速度が速くなります。

1kbpsの1,000倍が1Mbps、1Mbpsの1,000倍が1Gbpsです。

また、スマホで使う回線のそれぞれの通信速度は、3Gが数Mbps〜14Mbps、4Gが75Mbps〜100Mbpsです。5Gは提供会社や場所によってまだ差があるものの、1Gbpsを超える速度で通信が可能です。

快適に利用できるインターネットの平均通信速度は?

「上り」と「下り」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

「上り」とは、ネット上の回線でデータをアップロードすることを言います。YouTubeの動画投稿、SNSの投稿、メールの送信などが、上りに当たります。

「下り」とは、ネットでデータを受信することを言います。動画視聴、WebページやSNSの閲覧、メールの受信などが、下りに当たります。

一般的に通信速度は、10Mbpsあれば快適に通信できると言われています。

しかし、上りを使うのか下りを使うのか、利用するコンテンツによって快適だと感じる速度は違います。通信速度の目安を知りたいときは、よく利用する用途で目安の通信速度を調べるといいでしょう。

【用途別】インターネットの通信速度の目安

通信速度の目安をよくある使用用途別にまとめました。

自分がよく利用しているコンテンツを快適と感じる速度はどのくらいなのでしょうか。

用途目安
メール・LINEの送受信下り128kbps〜1Mbps、上り1Mbps
Webサイトの閲覧下り1Mbps〜10Mbps
SNSへの投稿・閲覧閲覧やテキストのみを投稿する場合は1Mbps
写真を投稿する場合は3Mbps
動画を投稿する場合は10Mbps
YouTubeの動画視聴・アップロード画質が720pの場合は3Mbps
1080pの場合は5Mbps
4Kの場合は20Mbps
オンラインゲームスマホの場合は、下り10Mbps〜30Mbps
PCの場合は、下り30Mbps〜100Mbps

メール・LINEの送受信

下り128kbps〜1Mbps、上り1Mbpsあれば、メールやLINEを快適に送受信できます。

テキストのみであれば1Mbps以下でも快適に使えます。しかし、同時に画像や動画などを添付する場合は時間がかかる場合があります。

また、LINEのビデオ通話の場合は、上り下りともに3Mbps程度が必要です。それ以下であると、音声と映像の遅延が発生する可能性があります。

Webサイトの閲覧

下り1Mbps〜10Mbpsで快適に利用できます。

テキストが中心のWebサイトの場合は1Mbps程度で閲覧できることもあります。しかし、音楽や動画が多数掲載されているWebサイトの場合は、10〜30Mbps程度でないと読み込みに時間がかかってしまう場合があります。

SNSへの投稿・閲覧

投稿には通信の上りを使い、何を投稿するのかによって必要な通信速度が変わってきます。閲覧やテキストのみを投稿する場合は1Mbpsあれば、時間がかかることなく快適に投稿できます。

写真を投稿する場合は3Mbps、動画を投稿する場合は10Mbpsあれば、速度の遅さを気にすることなく投稿できます。

YouTubeの動画視聴・アップロード

動画視聴には通信の下りを使い、必要な通信速度は画質によって変わります。

画質が720pの場合は3Mbps、1080pの場合は5Mbps、4Kの場合は20Mbps程度で視聴できます。

動画をアップロードする場合は通信の上りを使い、10Mbpsが必要とされています。動画の画質が高ければ高いほど、アップロードには時間がかかってしまいます。

オンラインゲーム

スマホゲームの場合は、下り10Mbps〜30Mbpsが必要とされています。

複数人が同時にプレイするようなオンラインゲームの場合は、データが重くなり、通信速度がより必要になるでしょう。

PCのオンラインゲームの場合は、下り30Mbps〜100Mbps必要です。ゲームの種類にもよりますが、100Mbpsあれば問題なく快適に利用できることが多いです。

また、オンラインゲームの場合はbps値の他に、「Ping値」というインターネット反応速度も重要で、Ping値が低いほど通信速度は速くなります。

Ping値の目安は30ms以下だと速いと感じることが多くなります。それ以上の場合はゲームに遅延が出てくる可能性があるので注意しましょう。

インターネットの通信速度が必要な場合は光回線がおすすめ!

複数のデバイスで同時に作業が必要な場合や、動画のアップロード、オンラインゲームを頻繁にする場合は、通信速度が速く安定している光回線がおすすめです。

光回線の通信速度の平均は、最大で1〜2Gbpsと高く、実際の速度も10Mbps〜200Mbpsと、どの用途においても快適にインターネットを利用できる数値です。

広告などで大きく宣伝されている光回線の最大通信速度は、常にその速度でインターネットを接続できるわけではありません。実際の速度は光回線会社や計測する場所によって変化します。

しかし、最大通信速度が高いと平均通信速度も高くなる可能性があるので、最大通信速度がどのくらいなのかも光回線選びの判断材料として知っておきましょう。

長く同じ場所に住み続ける場合や、ネットを快適に利用したい場合は光回線の利用を検討してみてください。

NURO光なら速度を気にせず利用できる!

出典:NURO光

NURO光は、下りの通信速度が最大2Gbps、上り最大1Gbpsと他の光回線よりもインターネットを快適に利用できると定評があります。

NURO光はドコモ光やソフトバンク光などのフレッツ光の回線は使用せず、NTTの余っている「ダークファイバ」と呼ばれる独自の光回線を利用しています。

そのため、フレッツ光の回線を利用している場合によくみられるような回線の混雑がなく、時間帯を選ばず安定した高速通信を行えます。

NURO光の一般的な月額プラン、NURO光 G2Vプランの月額費用を以下の表にまとめました。

【NURO光 G2Vプラン】

月額基本料金割賦工事費オプション料金総額
NURO光 G2Vプラン4,743円1,333円なし6,076円
NURO 光G2 V
+
NURO 光 でんわ
(北海道・関東)
4,743円1,333円NURO光電話 基本料金:500円6,576円
NURO 光G2 V
+
NURO 光 でんわ
(東海・関西・九州)
4,743円1,333円NURO光電話 基本料金:300円6,376円

自分の住んでいる地域が提供エリアかどうかも見ておきましょう。

また、マンションの場合は一定数の利用世帯需要と、マンションのオーナーにNURO光の専用設備工事を行うことへの合意をもらう必要があります。

NURO光を詳しく見る

※通信速度は、お住いの地域や環境、または接続環境によって変動しますのであくまで参考値です。

それ以外の光回線を詳しく知りたい方はこちらをご一読ください。

無線ルーターは工事なしで使用できる

マンションで新しく配線工事が難しかったり、引越ししてすぐにネットを使いたいという人は工事なしで利用できる無線ルーターがおすすめです。

今回はカシモWiMAXとソフトバンクエアーの2つの無線サービスを紹介します。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXの機種は、ホームルータータイプとモバイルルータータイプの2種類があり、用途によって選べます。

それぞれの最大通信速度を表にまとめました。

【モバイルタイプ】

機種最大通信速度下り最大通信速度上り
WX06440Mbps75Mbps
W061.2Gbps75Mbps

【ホームルータータイプ】

機種最大通信速度下り最大通信速度上り
Home02440Mbps75Mbps
HomeL021Gbps75Mbps

モバイルタイプ、ホームルータータイプともに、十分に速度が出ることがわかります。

カシモWiMAXは料金が安いことも特徴です。無制限で利用できるギガ放題プランと7GBまで利用できるライトプランがあります。

それぞれの料金を表にまとめました。

プラン初月1ヶ月目2〜24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題プラン1,380円1,380円3,580円4,079円
ライトプラン1,380円1,380円2,980円3,379円

特に使い始めが安く、工事も不要で手軽に価格を抑えて始めたいという場合はカシモWiMAXがおすすめです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

※通信速度は、お住いの地域や環境、または接続環境によって変動しますのであくまで参考値です。

ソフトバンクエアー

出典:ソフトバンク取扱店DRM

「工事がいらない」のCMでお馴染みのソフトバンクエアーは、置き型の無線ルーターです。

機種下り最大通信速度上り最大通信速度
ソフトバンクエアー962Mbps不明

この数値は一部エリアに限られていて、地域によっては速度が1/3程度の可能性があるので注意が必要です。

しかし、ソフトバンクエアーは料金面で魅力です。25歳以下の契約者の場合、月額料金から24ヶ月間毎月2,000円割引されるキャンペーンを行なっています。

また、26歳以上の場合でも、ソフトバンクエアースタート割が適用されるので毎月の料金が安くなります。

【ソフトバンクエアーの分割払いで申し込んだ際の月額料金】

月額基本料金割引額初月2から12ヶ月目13ヶ月目14ヶ月目以降25ヶ月目以降
25歳以下4,880円

U25割引 −2,000円

2,880円の日割り2,880円2,880円2,880円4,880円

26歳以上
ソフトバンクエアーのみ

4,880円

ソフトバンクAir スタート −1,080円

3,800円の日割り3,800円4,880円4,880円4,880円

26歳以上
ソフトバンクエアー+ソフトバンクスマホ

4,880円ソフトバンクAir スタート割 −580円
一人でも家族でもネットがお得キャンペーン −1,000円
4,300円の日割り3,300円3,880円4,880円4,880円

ソフトバンクのスマホを利用している場合、スマホ代からさらに1,000円が毎月割引されるので、お得です。

ソフトバンクのスマホを利用している人はぜひ検討してみてください。

ソフトバンクエアーを契約する!

※通信速度は、お住いの地域や環境、または接続環境によって変動しますのであくまで参考値です。

使用頻度や用途に合わせてインターネット回線を選ぼう!

インターネットは用途によって、快適だと感じる速度が変わります。

SNSやウェブページの閲覧、メールやLINEの送信なら、1Mbps〜3Mbps程度でも不便なく使えます。しかし、動画をアップロードする場合は10Mbps程度、オンラインゲームをする場合は100Mbps程度が必要な場合もあります。

インターネット回線を選ぶ際は、自分がどのような用途でインターネットを使うのかを考えながら選ぶとよいでしょう。

動画のアップロードを頻繁にする人やオンラインゲームをする人で、工事ができる場所に住んでいる場合は光回線がおすすめです。安定した高速通信で、快適にインターネットが利用できます。

逆に、SNSの投稿やLINEの送信、YouTubeの閲覧程度など、そこまでインターネットを利用しない人は、工事不要で利用できる無線サービスがおすすめです。

通信速度は光回線には劣りますが、通信制限がないプランもあり、工事も不要ですぐにインターネットを始められるので便利です。

自分に最適な通信速度の目安を確認し、それにあった回線選びをしてインターネットを楽しみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい