1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. インターネットの申し込み手続きと開通までの流れ|おすすめの光回線を解説!

インターネットの申し込み手続きと開通までの流れ|おすすめの光回線を解説!

更新日:2020.11.08

インターネットの申し込みをしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという人に向けて、おすすめの光回線を紹介しています。申し込みから開通までの流れや、光回線の種類についても解説しているので、参考にしてください。

新しくインターネットの申し込みをする場合、そもそもどうすればよいのか、どんな仕組みになっているのかわからず、悩む人も多いのではないでしょうか。

光回線を扱う会社は100以上にのぼるため、自分に合った回線がどれなのか、すぐに判断するのはなかなか難しいです。

そこで、インターネットの光回線を自宅に引く方法や、エリアや用途に合わせたおすすめの光回線を紹介します。

インターネット回線は2種類に分けられる

インターネットの回線にはどんな種類があるのかから見てみましょう。大きく分けると、インターネットの回線は有線・無線の2種類が存在します。

有線は光ファイバーケーブルの工事が必要

有線は、「光ファイバーケーブル」を物理的に自宅まで引いて使う方法です。インターネットの光回線は、日本中の電柱を経由して全国に張りめぐらされています。

その電柱から自宅までさらにケーブルを引き込むことで、自宅でもインターネットが使えるようになるのです。

自宅に引き込んだケーブルは、光コンセントという光回線専用のコンセントに繋がります。そこから部屋の中に設置したONUやルーターとも繋がる仕組みです。

ONUは回線終端装置とも呼ばれ、ケーブルからの信号をパソコン向けに変換する役割を果たしています。

ルーターからはもう1本、LANケーブルが伸びており、このLANケーブルをパソコンと繋ぐことで、パソコンでもインターネットが利用できるようになります。

このように、有線形式では工事して物理的な線で繋ぐため、通信速度が安定するのが特徴です。

固定料金で通信量も気にせず使えるのが一般的なので、オンラインゲームや動画視聴をよく利用する人にもおすすめできます。

ADSLは2024年にサービス終了

インターネット回線には、光回線の他にも1999年に登場した「ADSL」と呼ばれる回線もあります。しかし、現在の主流は光回線で、ADSLはほとんど使われなくなっているのが現状です。

ADSLを提供しているNTT東日本・西日本は、2023年1月31日に撤退を決定しています。2024年3月にはNTTに引き続きソフトバンクも撤退するため、実質ADSLは2024年にサービス終了する予定です。

現在ADSLを使用しているのであれば、使用できなくなる前に光回線に乗り換えた方がよいでしょう。

無線は工事不要で使える

無線は文字通りケーブルなしで使えるため、有線と違って工事の手間がないのが特徴です。例えば、モバイルWi-Fiルーターも無線に分類されます。

無線では、インターネットに繋がった近くの基地局からとんでいる電波を拾うことで、ケーブルなしでもインターネット接続できる仕組みです。

ルーターはモバイルタイプと据え置きタイプの2種類があり、据え置きタイプであってもコンセントに挿すだけなど、工事不要で動作します。

ただし、無線の場合は通信が有線よりも安定しにくい傾向にあります。また、有線と違って、3日で10GB以上など大量の通信をすると制限がかかるケースが多いです。

そのため、オンラインゲームのような、常に安定した高速通信が必要な用途には向きません。逆に、簡単なネットサーフィンやメールなどの用途が中心であれば、問題なく使用できるでしょう。

中には有線の光回線と同等の速度を出しながらも、月額料金が安めに設定されている回線もあるので、使い方次第では無線の方がおすすめです。

光回線を契約する手順~開通までの流れ

実際に光回線を自宅に引くまでの手順を解説します。

  1. 光回線とプロバイダを選ぶ(エリア確認)
  2. Webで申し込み
  3. 回線業者から電話連絡があり、工事日を相談
  4. 工事して開通

申し込みから開通まで、工事の日程などにもよりますが約1~2ヶ月の時間を要します。それぞれの手順について見ていきましょう。

住んでいる環境が光回線に適用エリアしているか確認する

まずは、希望する光回線が自宅のあるエリアに対応しているか確認しましょう。光回線は物理的にケーブルを引き込む関係から、対応エリアが各社で決まっています。

全国対応の場合もある一方、関西など一部エリア限定のケースもあります。対応エリアは各光回線の公式ホームページから確認できます。

また、マンションに住んでいる場合、一から光回線を引かなくても、マンション側で光回線の設備を用意している場合があります。共有部分まで引き込まれていて、プロバイダは自分で好きなものを選べるケースが一般的です。

しかし、中には「インターネット無料」のマンションなど、既にマンション全体で特定の光回線と契約していて、各戸まで回線が引かれているケースもあります。

この場合は個別に回線を探さなくても、申し込むだけでそのままインターネットに接続できます。ただし、用意された回線を使うので、どの回線を使うかを自分では選べません。

その他、中にはマンション独自の割引制度があり、個人で契約するより安く使えるケースもあります。戸建ての場合は対応エリアを、マンションの場合はマンションに対応する光回線があるかをまず確認しましょう。

申し込みをする

無事、対応エリア内であることがわかったら、申し込みをします。公式ホームページや、代理店のホームページの申し込みフォームから行います。

申し込み後、光回線の会社から電話で連絡が入ります。電話で相談し、回線の工事日を決めましょう。

マンションの場合、工事にはマンション管理者の許可を取る必要があります。電話を受ける前に、マンション管理者へ連絡して工事が可能かを確認しておきましょう。

また、戸建て・マンションいずれの場合も、前に使用していた回線がある場合、工事日に合わせて解約の電話を行います。

回線の開通工事

工事日当日の動きは、戸建てかマンションかで少し異なります。また、マンションでは新たに回線を引く場合と、共有部分まで引いてある場合とで時間が変わります。

戸建ての場合

戸建ての場合、開通工事の所要時間は全部で1~2時間が目安です。まず、家の壁に穴を開けたり、エアコンのために空いている穴を利用したりして、近くの電柱から家の中に光ファイバーケーブルを引き込みます。

この屋外工事が終了したあと、屋内で回線終端装置やホームゲートウェイなどと繋げる作業を行えば、インターネットが開通します。

このように、壁に穴を開けたり自宅内での作業があったりするため、工事中の1~2時間は立ち会いが必要です。

マンションの場合

マンションの場合は、既に光回線が共有部分まで引かれている場合と、新たに引き込む場合とで所要時間が異なります。

共有部分から各戸の光コンセントまで設置してある場合は、屋内工事で接続するだけで簡単に利用開始できるので、1時間もかからずに終了するでしょう。

新たに引き込む場合は、ケーブルを通す穴を開けるなどの屋外工事と屋内工事の両方が必要です。所要時間はまちまちで、長いと2~3時間かかることもあります。

マンションの管理者の立ち会いも必要なので、工事スケジュールは管理者の都合も考慮して決めましょう。

所要時間や立ち会いの要・不要もマンションやケースによって変わってくるため、事前に一通りマンションや工事会社へ確認しておきましょう。

インターネット回線の選び方

インターネットを使用するには、物理的な回線だけでなく、インターネット接続を仲介してくれる「プロバイダ」とも契約します。

光回線を選ぶと、その光回線に対応するプロバイダがいくつか用意されているため、その中から選びましょう。複数ある場合もあれば、自社の回線を使っているためプロバイダが1種類しかない場合もあります。

また、回線とプロバイダをまとめて提供している光コラボ事業者もあります。回線とプロバイダの料金を一元化できるのが大きな特徴です。

同じ回線でも、プロバイダによって料金やサービスは異なります。実際に選ぶときのポイントは次の通りです。

契約キャリアにあわせる

光回線を選ぶとき、自分や家族の使っているスマホのキャリアと提携している光回線を選ぶのがおすすめです。光回線はスマホのキャリアと密接な関係があります。

例えばドコモユーザーなら、ドコモと提携する光回線を選ぶことでセット割が適用されます。家族全員のスマホの月額料金から、1人当たり最大1,000円の割引が受けられます。

光回線に関する割引の中では割引額が大きいため、スマホキャリアと光回線はできるだけ合わせるようにしましょう。

通信速度が安定しているか

オンラインゲームや、ZOOMの会議などでラグが起きにくい環境を求めているなら、通信速度の安定性も重要です。安定していないとインターネットがスムーズに利用できず、再び乗り換える原因にもなりかねません。

特定の時間帯に重くなるところや、通信障害が発生しやすいところなどは避けた方がよいでしょう。また、通信速度を速くする工夫をしているところを選ぶのも大切です。

光回線の速度は下り最大1Gbpsが一般的ですが、同じ最大1Gbpsでも、どのルーターを使うかで実際に出る速度が異なります。

例えば、最新のv6プラスに対応したルーターをレンタルできるところの方が、そうでない回線より速度が出やすい傾向です。

どのようなキャンペーンが行われているか

同じような条件の会社が複数あって迷っている場合、キャンペーンの内容も比較してみましょう。光回線を扱う各社は、キャッシュバックや割引などのキャンペーンを実施していることが多くあります。

例えば、乗り換えキャンペーンで解約の際に支払う違約金を負担してくれるケースや、新規契約で月額料金を割引するものなどがあるでしょう。高性能ルーターが無料でレンタルできるキャンペーンなども魅力です。

時期や、申し込み窓口となる代理店によってキャンペーン内容が異なります。比較をする際、適用条件などもしっかり確認しましょう。

光回線の対応エリア一覧表

光回線の中でも、特に人気の5社について、対応エリアをまとめました。お住まいの地域と照らし合わせ、光回線選びの参考にしてください。

光回線対応エリア
NURO光北海道、関東、東海、関西、九州
ドコモ光(東日本)北海道、東北、関東、甲信越
ドコモ光(西日本)北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄
auひかり北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海※、近畿※、中国、四国、九州、沖縄
ソフトバンク光北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄
eo光近畿(三重県を除く)、福井県

なお、対応エリアであっても、一部の住所は対応していない場合があります。

例えば、auひかりは東海・関西の一部で戸建てタイプの提供を行っていません。これは、東海や関西でKDDIと提携している電力系会社が光回線を提供していることに配慮したためです。

具体的な提供エリアは細かい建物でも異なるため、公式ホームページなどで住所を入力し確認しましょう。

スマホとセット割のあるインターネット光回線

実際にどの光回線を選べばよいのかわからない人のために、おすすめのインターネット回線を紹介します。まず、自分や家族の使っているスマホキャリアを基準に、割引の適用されるサービスを選んでみましょう。

ドコモは「ドコモ光」

出典:ドコモ光

ドコモユーザーの場合、実は「ドコモ光セット割」が適用される光回線は「ドコモ光」のみで、他に選択肢がありません。ドコモ光を契約すると、プロバイダは24種類もの中から自由に選択できます。

プロバイダ選びに迷ったら、「GMOとくとくBB」を選んでおくとよいでしょう。GMOとくとくBBは、2019年のオリコン顧客満足度調査において、プロバイダ・広域企業部門でNo.1を獲得したプロバイダです。

v6プラスに対応した高性能ルーターを無料でレンタルできるため、混雑しやすいフレッツ光回線を利用していても、快適な通信ができるでしょう。

月額料金(プロバイダ料金を含む)戸建て:5,200円/集合住宅:4,000円
最大通信速度

下り1Gbps

(実測全国平均下り速度:333.48Mbps)

スマホ割引

ドコモ光セット割

新規申し込みによるキャッシュバック20,000円
新規申し込みによるポイント還元20,000ptのdポイント
その他主な特典v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
マカフィーマルチアクセス 1年間無料
対応エリア全国
工事費戸建て19,800円/マンション16,500円

ドコモ光を詳しく見る

auは「auひかり」か「So-net光プラス」

auユーザーなら、au独自の光回線である「auひかり」か、NTTの光コラボである「So-net光プラス」がおすすめです。

どちらもauスマートバリューに対応しています。スマートバリューが適用されれば、auユーザー1人当たり毎月最大1,000円割引となります。家族4人なら、それぞれ割引されるので月額4,000円も変わります。

auひかりとSo-net光プラスの、月額料金等は次の通りです。

サービスauひかりSo-net光プラス
月額料金(プロバイダ料金を含む)戸建て:5,600円(ギガ得プラン)
集合住宅:4,300円(V16プラン)

戸建て:3080円(2年間)4,480円(3年目以降)
集合住宅:2,080円(2年間)5,580円(3年目以降)

最大通信速度下り1Gbps(5ギガ、10ギガプランもあり)下り1Gbps
スマホ割引auスマートバリューauスマートバリュー
公式サイト経由の主な割引特典auひかりホーム「ネットと電話」申し込みで37,500円割引
違約金最大30,000円還元
auひかりネット月額利用料から最大50,880円割引
同時申し込みでv6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
光テレビ・電話との同時申し込みで20,000円キャッシュバック
対応エリア全国(戸建ての場合は東海・関西の一部を除く)全国
工事費戸建て:37,500円/集合住宅:30,000円月額料金に含む

auひかり

出典:auひかり

auひかりはNTTのフレッツ光回線とは異なる、独自の回線を使用しているため、回線が混雑しにくく快適に使えるのがメリットです。

また、関東の一部エリアでは5ギガ、10ギガのコースも契約できるため、下り最大1Gbpsの回線を提供する他の会社よりも、高速な通信が期待できます。

また、auひかりでは、auスマートバリュー以外に「auでんき」との割引があるのもポイントです。

例えばauでんきの新規契約によって月額料金から1,000円を1年間割引し続ける「auでんきスタート割」や、毎月のauでんき利用料の5%をポイント還元するサービスなどがあります。

auでんきを使う予定があるなら、セットにすればよりお得に使えるでしょう。

auひかりを詳しく見る

So-net光プラス

So-net光プラスは、NTT東日本・西日本のフレッツ光回線です。

利用者の多い回線ですが、So-net光プラスではv6プラス対応の高速ルーターを無料レンタルできるため、高速な通信が期待できます。

また、3年契約のうち最初の2年間は割引があり、月額料金が相場よりも数千円安くなります。

So-net 光プラスを詳しく見る

ソフトバンクは「ソフトバンク光」

出典:Softbank光

ソフトバンクユーザーなら、光コラボの「ソフトバンク光」を利用すれば「おうち割光セット」が適用されます。

「おうち割光セット」では、ソフトバンクスマホの月額料金から、1人当たり毎月最大1,000円割引されるのが特徴です。NTTのフレッツ光回線を利用しているため、全国に対応しています。

月額料金(プロバイダ料金を含む)

戸建て:4,700円(ファミリー・ギガスピードプラン)
集合住宅:3,800円

最大通信速度下り1Gbps
スマホ割引おうち割 光セット
公式サイト経由の主な割引特典乗り換え新規で最大24,000円キャッシュバックor割引きキャンペーン
違約金・承諾番号払出手数料を満額還元
他社からスマホ・ケータイ乗り換えで違約金相当額を950円×10ヵ月還元
対応エリア全国
工事費

通常:24,000円
屋内工事のみ:9,600円
立ち会い工事なし:2,000円

ソフトバンク光を契約する!

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

状況・用途で選ぶ!おすすめのインターネット回線

速度や工事不要など、重視するポイント別におすすめの光回線を紹介します。

速度・容量重視なら「NURO光」

出典:NURO光

高速な通信をしたいのなら、下り最大2Gbpsの速度が魅力の「NURO光」がおすすめです。

容量制限は一応ありますが、1日30GBが目安なので、普通に利用する分には気になることはほとんどありません。

下り最大2Gbpsなので、下り最大1Gbpsの回線を提供する他の会社より回線が太いことから、混雑しにくく快適な通信が期待できます。独自の回線を使用しているのも、高速通信がしやすい理由です。

動画視聴やオンラインゲームなどを利用し、高速で安定した通信環境を求めている人にもおすすめできます。

ただし、対応エリアは限られているので、エリア内かどうか確認しておきましょう。NURO光の基本情報は次の通りです。

月額基本料金戸建て・集合住宅共通/4,743円
最大通信速度下り2Gbps/上り1Gbps(6Gbps、10Gbps、20Gbpsのプランもあり)
スマホ割引おうち割 光セット(ソフトバンク)
公式サイト経由の主な割引特典申し込み・開通で43,000円キャッシュバック
新規申し込みで最初の1年間月額980円
開通から最大3ヶ月間お試しで月額500円
ひかりTVとのセット申し込みで1年間月額1,500円~
その他の特典Wi-Fiルーター無料レンタル
対応エリア北海道、関東、東海、関西、九州
工事費40,000円(申し込み特典で実質無料)

NURO光を詳しく見る

工事できない・すぐにネット環境を整えたいなら「ソフトバンクエアー」

出典:ソフトバンク取扱店DRM

何らかの事情で工事ができない、あるいは今すぐにインターネットを使いたいという場合は、「ソフトバンクエアー」がおすすめです。

コンセントに据え置きルーターのプラグを挿すだけで使えるため、両方の条件にぴったり当てはまります。据え置きルーターではありますが、無線式のため家中どこにいてもインターネットが利用できるのも魅力です。

また、通信制限や速度制限も特にないため、有線と似たような感覚で使えるのもメリットといえるでしょう。

名前通り、ソフトバンクが提供しているため「おうち割光セット」も適用されます。ソフトバンクのスマホユーザーなら安く使えるため、契約する価値のある回線です。

月額料金4,880円
最大通信速度下り962Mbps
スマホ割引おうち割 光セット
主な割引特典SoftBank Airスタート割(12ヶ月間580円~1,080円月額から割引)
U-25限定 SoftBank Air 割引(24ヶ月間月額から2,000円割引)
一人でも家族でもネットがおとくキャンペーン(ソフトバンクスマホ利用で月額から11~12ヶ月間1,000円割引)
対応エリア全国

ソフトバンクエアーを契約する!

外出先でも使いたいなら「WiMAX」

外出先でも自由にインターネットを楽しみたいなら、「WiMAX」がおすすめです。WiMAXはKDDIの子会社である、UQコミュニケーションズが運営しているため、知名度も高く信頼できます。

また、通信品質もWi-Fiサービスの中では安定しているので、Wi-Fiサービスが初めてという人でも使いやすいでしょう。WiMAXの回線を提供している会社は複数ありますが、おすすめなのは「カシモWiMAX」です。

WiMAX系のサービスの中でも業界最安級のプランを用意しています。また、カシモWiMAXではモバイルルーターだけでなく、据え置きタイプがあるのもポイントです。

家でも外出先でも、自由にWi-Fiを使えるでしょう。カシモWiMAXの月額料金等は次の通りです。

月額料金初月:1,380円/~24ヶ月目:3,580円/25ヶ月目以降:4,079円(ギガ放題プラン)
契約期間3年
最大通信速度持ち運び型(W6):下り1237Mbps(東京など一部エリア)/据え置き型(L02):1000Mbps
端末の選択肢持ち運び型2種/据え置き型2種
対応エリア全国
特典端末代金無料
更新月以外の解約金最大19,000円

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

割引や通信速度を基準に光回線を契約しよう

インターネット回線は有線と無線があり、有線の場合はケーブルを経由する分、安定した通信が期待できます。無線は届いたその日から、工事不要ですぐに利用できるのが魅力です。

光回線を扱う会社は数多くありますが、スマホのキャリアとのセット割や速度、安定性などの面から考えると、おのずと数が絞られます。

ドコモユーザーならドコモ光といったように、自分の持つスマホのキャリアに合わせた光回線を選択し、その中から対応エリアや用途で絞り込んでいきましょう。

申し込みから開通までは1~2ヶ月かかりますが、実際の工事時間は有線の場合、戸建てで1~2時間、マンションでも長くて2~3時間あれば完了します。

申し込みはWebからできるので、工事期間も念頭に入れ、余裕を持って申し込みしましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい