1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXが繋がらない原因と対処法|速度が遅い・圏外になる?解約前にチェック

WiMAXが繋がらない原因と対処法|速度が遅い・圏外になる?解約前にチェック

更新日:2021.04.30

「WiMAXが繋がらない」「WiMAXの通信速度が遅い」「WiMAXが圏外になる」といったWiMAXの接続トラブルの原因とその対処法をわかりやすく解説しています。そのほか、乗り換えにおすすめのWiMAXのプロバイダも紹介します。

モバイルWi-Fiの中でも人気のあるWiMAXですが、使用中に急に繋がらなくなったり通信速度が遅くなったりすることがあるでしょう。

ここでは、そのようなWiMAXの接続トラブルの考えられる原因とその対処法を具体的にわかりやすく解説します。

また、乗り換えにおすすめのWiMAXのプロバイダも紹介しますので参考にしてください。

WiMAXが繋がらない場合にまず試してみること

WiMAXが繋がらないときは、まず「WiMAXやデバイスを再起動する」「通信モードを切り替える」といった方法を試してみましょう。

WiMAXやデバイスを再起動する

どんなデバイスでも不具合が発生した際は、再起動で改善することがよくあります。WiMAXも同様です。

一時的に動作が不安定になっている可能性が考えられるので、WiMAXの端末と接続しようとしているパソコンやスマホなどのデバイスをそれぞれ再起動してみましょう。

バッテリー(電池パック)が取り外せる機種の場合は、一度電源をオフにして電池パックを取り出し、再度装着し電源をオンにしてみましょう。

バッテリーを外せない機種は、電源を入れなおして再起動させてください。

通信モードを5Ghzに切り替える

WiMAXで使用できる電波は2種類あり、2.4Ghzと5Ghzです。

2.4Ghzは障害物があってもつながりやすいが、電波の干渉に弱いといった特徴があります。

5.0Ghzはほかの電子機器で使われていない周波数のため、電波の干渉に強いです。しかし、電波が届く距離が短く、障害物に弱いという特徴があります。

ほかの電波の干渉により不具合が発生している可能性がある場合は、初期設定の2.4Ghzを5Ghzに切り替えることで接続不良を解消できることがあります。

なお、電波法により5Ghzは基本的に屋外での利用は禁止されています。しかし、条件付きでの使用が許されており、WiMAXでは5Ghz(屋外)を選択時のみ屋外で使用できます。

外で5Ghzを使用するときは、必ず「屋外」を選択するようにしましょう。

利用端末がWシリーズの場合

  1. タッチメニューの「設定」を選択
  2. 「通信設定」を選択
  3. 「Wi-Fi設定」を選択し設定

利用端末がWXシリーズの場合

  1. 「クイック設定Web」にログイン
  2. 5Ghz帯の「使用する」にチェック
  3. 端末のディスプレイを通常表示にして「SELECTボタン」を押す
  4. メニューの「無線LAN帯域切替」を表示させ「SETボタン」を押す
  5. 「SELECTボタン」を押し「5Ghz(屋外)」または「5Ghz(屋内)」を選択し「SETボタン」を押す

WiMAXが繋がらない原因と対処法(WiMAX側)

WiMAXが繋がらない原因は、回線の問題や設定の問題、速度制限、使用可能エリアか否かなど複数考えられます。

ここでは「WiMAX側」に繋がらない原因があった場合の対処法を解説しています。

WiMAXの旧回線を利用している

WiMAXには「WiMAX回線」と「WiMAX2+回線」の2つの回線があります。

「WiMAX回線」は旧回線で、新回線の「WiMAX2+回線」と比べるとかなり速度が遅くなります。これは「WiMAX2+回線」の拡張により、「WiMAX回線」が縮小されていることが原因です。

そのため、旧回線が使用されている2015年以前に発売されたWiMAX端末を利用している場合は、繋がりにくくなることがあります。

この原因に対しては、「WiMAX2+」に移行するしかありません。旧回線の利用が原因の人は新しい端末を契約することを検討しましょう。

使い過ぎにより速度制限がかかっている

速度制限がかかると、通信速度はかなり遅くなります。

7GBプランの場合は、月に7GB以上使うと速度制限がかかります。この場合は翌月1日に制限が解除されるのを待つしか方法はありません。

ギガ放題プランは月間無制限ではありますが、完全に無制限というわけではありません。3日間で合計10GB使うと速度制限がかかってしまいます。

ただ、速度制限といっても翌日18時~翌2時の8時間のみ速度制限がかかり、その時間の利用を避ければ通常速度で使用できます。

また、WiMAXでは利用できる通信モードが2つあります。

WiMAXで利用できる通信モード

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

「ハイスピードモード」は、WiMAXの電波のみで通信します。「ハイスピードプラスエリアモード」は、WiMAXの電波に加え「au 4G LTE」の電波も利用できます。

WiMAXよりも普及エリアが広いauの電波を利用できるため、WiMAXの電波が弱い場所でも安定した通信を確保できます。

「ハイスピードプラスエリアモード」では、月に7GBを消費すると月末まで速度制限がかかってしまいます。これはギガ放題プランの人でも同じです。

ギガ放題プランであっても、ハイスピードプラスエリアモードを月に7GB消費すると、月末まで速度制限がかかります。これを解決するには制限が解除される翌月まで待てば解消されます。

端末のパフォーマンス設定が制限モードになっている

WiMAXの端末には、バッテリーの消費を抑えるために通信速度を制限するパフォーマンス設定が搭載されています。

パフォーマンス設定

  • ハイパフォーマンスモード:通信速度をMAXまで出せるが電池の消耗が激しい
  • ノーマルモード:充電消費量によって通信速度が変化し、ハイパフォーマンスモードより通信速度は落ちる
  • エコモード:通信速度が最も遅いが、一番充電の減りが少なく長く使える

パフォーマンス設定をノーマルモードやエコモードに設定していると通信速度が低下します。

この場合はハイパフォーマンスモードに設定を変更することで問題が解決できます。

利用端末がWシリーズの場合

  1. ホーム画面の「パフォーマンス設定」をタップ
  2. 「ハイパフォーマンスモード」を選択

利用端末がWXシリーズの場合

  1. ホーム画面の「メニュー」をタップ
  2. 「ECO設定」または「省電力モード」を選択
  3. 「ハイパフォーマンス」を選択

WiMAXの回線に障害が発生している

突然繋がらなくなったり接続が遅くなったりする場合は、WiMAXの回線に障害が発生していたり、メンテナンスをおこなっている可能性があります。

これらの情報は各プロバイダの公式ページや、UQコミュニケーションズの公式ページで確認できます。

障害が発生している場合は、ユーザー側では対処できないため復旧するまで待ちましょう。

利用している場所がWiMAXのエリア外

WiMAXは使用可能なエリアが設定されており、使用できないエリアもあります。WiMAXがつながらない等の問題が発生した場合、使用可能エリア外にいる可能性も考えられます。

各プロバイダの公式ページやUQコミュニケーションズの公式ページで、今使用している場所が使用可能エリアかどうかを調べることができます。自分は使用可能エリアにいるのかを調べてみましょう。

なお、エリア判定の結果「圏外」となってしまった場合はどうすることもできません。

ただし、UQコミュニケーションズにエリア拡張の要望を送ることができます。今後のために要望を送ってみるというのもひとつの手段です。

障害物の多いエリアにいる

WiMAXは障害物に弱い回線です。そのため、高層ビルの建物内や地下鉄の駅、カフェなどの電波が多く飛んでいる場所は、電波障害によって速度が遅くなったり繋がりにくくなったりすることがあります。

その場合は「ハイスピードプラスエリアモード」に変更したり、端末を置く位置を高くしたり、窓際に置いたりすることで改善することがあります。

WiMAX2+の使用できない山間部や建物の地下でも、Wi-Fiを使用することができます。

WiMAXが繋がらない原因と対処法(デバイス側)

Google検索はできるのに他のサイトやアプリには接続ができない場合は、デバイス側のセキュリティ設定に問題がある可能性が高いです。

その場合は、WiMAXのサポート窓口やパソコン・スマホの販売店、セキュリティソフトの窓口のサポートを受けるようにしましょう。

セキュリティ設定には知識が必要です。自分で設定を変更するのは危険ですので、自分ではセキュリティ設定をさわらずにサポート窓口へ相談するようにしましょう。

それでも改善しない場合は?

ここまで説明してきた対処法を試してみても状態が改善しない場合は、端末が故障していたり、端末が古いことが原因である場合があります。その際は次のような方法を試してみましょう。

プロバイダに問い合わせる

端末を再起動したり、場所を変えても改善しない場合は端末が故障している可能性があります。

その場合は、端末を購入したプロバイダのサポートセンターに問い合わせましょう。

新しい端末に変更する・プロバイダを乗り換える

長期間同じ端末でWiMAXを使用している人は、プロバイダを乗り換えたり、または一度解約して再度契約し新しい端末を使用するといった方法もあります。

今使用している端末が古い場合は、新しい端末にすることで速度改善につながります。

【業界最安級】カシモWiMAX

乗り換え先におすすめのWiMAXのプロバイダ

お得なキャンペーンや特典がある乗り換え先におすすめのWiMAXプロバイダを3つ紹介します。

乗り換えを考えている人は参考にしてみてください。

【PR】カシモWiMAX


出典:カシモWiMAX

※カシモWiMAXは当サイトを運営している株式会社マーケットエンタープライズの子会社であるMEモバイルが運営しています。

カシモWiMAXはコスパ重視の人におすすめです。初月の割引額が大きく、1,380円です。また2ヶ月目以降も月額料金の割引があるのでトータルでみてもお得です。

また、端末代金が無料というのも嬉しいポイントです。

契約期間ギガ放題プランライトプラン(7GB)
1ヶ月目1,380円/月(通常料金より3,299円割引)1,380円/月(通常料金より2,615円割引)
2ヶ月~24ヶ月目3,580円/月(通常料金より1,099円割引)2,980円/月(通常料金より1,015円割引)
25ヶ月目以降4,079円/月 (通常料金より699円割引)3,379円/月(通常料金より616円割引)

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

Broad WiMAX


出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは月額料金が安く、多くのキャンペーンを実施しています。キャンペーンを利用すると、端末代金が0円、他社からの乗り換えで違約金を負担してくれる等といった内容のサービスを受けられます。

契約期間ギガ放題プランライトプラン(7GB)
1~2ヶ月目2,726円/月2,726円/月
3~24ヶ月目3,411円/月2,726円/月
25ヶ月目以降4,011円/月3,326円/月

また、Broad WiMAXでは次のようなキャンペーンを実施しています。

【Webからの申し込み&クレジットカード払いで初期費用18,857円の割引】

キャンペーン期間2016年3月1日~終了未定
適用条件Webフォームから「月額最安プラン」を「クレジットカード」払いで申し込み、「指定オプションサービスに初回加入」した場合
内容初期費用を18,857円割引

【全機種の端末代金0円】

キャンペーン期間2016年3月1日~終了未定
適用条件新規申し込みの方
内容全端末代金無料

【他社インターネット解約時の違約金を負担】

キャンペーン期間2019年12月23日~終了未定
適用条件他社のインターネットを契約中でキャンペーン期間内にBroad WiMAXに乗り換えした場合
内容初期費用0円、違約金負担(上限19,000円)

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

Broad WiMAXのキャンペーン情報を確認する!

BIGLOBE WiMAX2+


出典:BIGLOBEWiMAX

月額料金は、使い始めは安いけれど使用年数とともに高くなるのが一般的です。

しかし、BIGLOBEWiMAX2+は月額料金がずっと変わりません。これから先、数年間使用することを考えている人にはおすすめのプロバイダです。

ギガ放題(1年)
サービス開始月(0ヶ月目)0円
サービス開始月の翌月(1ヶ月目)~3,980円

BIGLOBE WiMAX2は「ギガ放題」のプランのみの取り扱いです。

さらにキャッシュバックの特典もあります。

【データ端末同時申し込みで15,000円キャッシュバック】

対象期間2020年9月1日~2020年11月3日 23:59
対象サービス「BIGLOBE WiMAX 2+」 ギガ放題(1年)
対象者対象期間中に公式ページから「BIGLOBE WiMAX 2+」のSIMとデータ端末を同時に申し込み、2020年12月31日までにサービスを開始した方
特典内容データ端末を同時に申し込みの場合サービス開始日の翌月に15,000円をキャッシュバック

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

BIGLOBE WiMAX 2+の最新キャンペーンはこちら!

▼SIMチェンジでは他のおすすめのポケットWiFi/WiMAXを比較しご紹介しています。より詳しく比較したい場合は以下記事をご一読ください。

WiMAXが繋がらないときのまとめ

WiMAXが繋がらないときは、まずWiMAXの端末と接続しようとしているデバイスそれぞれを再起動してみます。それでも改善されなければ通信モードを5Ghzに切り替えてみましょう。

WiMAXが繋がらない原因

  • 旧回線を利用している
  • 速度制限がかかっている
  • パフォーマンス設定が制限モードになっている
  • 回線に障害が発生している
  • 使用可能エリア外で使用している
  • 障害物の多いエリアにいる
  • デバイス側のセキュリティ設定に問題がある
  • 端末が古い
  • 端末が故障している

該当する原因によって対処法も違うため、この記事を参考に改善を試みてください。

SHARE!!

あわせて読みたい