1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較!人気おすすめプロバイダ5選

ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較!人気おすすめプロバイダ5選

更新日:2020.11.02

通信速度や料金プラン・豊富なサービスで定評のある、ドコモ光のプロバイダ24社の徹底比較や、人気おすすめプロバイダ5選を紹介します。契約タイプの違いやプロバイダの特徴などドコモ光に関する基礎知識も紹介しています。ドコモユーザーの人はとくに必見です。

ドコモ光は、フレッツ光回線やケーブルテレビ設備を使用したプロバイダ一体型の光インタネットサービスです。光回線のため、速度が速く快適なインターネット環境にできます。

ドコモ光の契約タイプは5つあり、対応するプロバイダが24社と豊富なため、契約タイプやプロバイダに「一体どんな特徴や違いがあるの」と疑問を抱えている人もいるかもしれません。

ここではドコモ光回線の特徴や契約プラン、おすすめ人気プロバイダの紹介はもちろん、比較検討に役立つドコモ光のAタイプとBタイプのプロバイダ比較一覧や、ドコモ光契約時によくある質問にも答えます。

ドコモ光の回線の特徴

通信速度や契約タイプ、料金プランなど、ドコモ回線の特徴を紹介します。また、オプションの豊富さやお得な割引きなど、ドコモ光回線を利用するメリットにも注目です。

最大10Gbpsの通信が可能

ドコモ光の通信速度は、これまでのフレッツ光同様、最大1Gbpsに対応しています。高画質動画の視聴や、音楽のダウンロードも快適に行える通信速度が魅力です。

この1Gbpsはあくまで最大値です。動画が50Mbps、100Mbpsでオンラインゲームが問題なく楽しめることを考えれば十分な速度といえるでしょう。

また、2020年3日23日から最大通信速度10Gbpsのサービス「ドコモ10ギガ」も始まりました。対応エリアは東京都の一部と大阪市・名古屋市に限られているものの、順次拡大される予定です。

ドコモ光の契約タイプは5種類

ドコモ光の契約タイプには、「タイプA・タイプB・タイプC・単独タイプ・ミニタイプ」の5種類があります。契約タイプの大きな違いは、月額料金と対応するプロバイダの数です。

タイプA・Bはプロバイダ一体型で月額料金が比較的安く、タイプAの場合、選択できるプロバイダの数が多いのも特徴といえるでしょう。

プランCは、ケーブルテレビ回線を使用するプランで、ドコモ光の導入が難しい地域で利用されています。

単独タイプやミニタイプは、ドコモ光とは別に別途プロバイダと契約する必要のあるプランです。

そのため、契約者の多くはプランCや単独タイプ・ミニタイプより、プロバイダ一体型で料金が安価なタイプAとタイプBを選択する傾向があります。

【ドコモ光のプランと特徴】

プラン特徴対応プロバイダ数
プランAプロバイダ一体型の光回線18社
プランBプロバイダ一体型の光回線6社
プランCケーブルテレビ回線19のケーブルテレビ
単独タイプ別途プロバイダと契約する光回線プランA・B以外のプロバイダ
ミニタイプ別途プロバイダと契約する光回線プランA・B以外のプロバイダ

ドコモ光の料金プラン

ドコモの2年定期契約をした場合の料金プランは次の通りです。

タイプドコモ1ギガドコモ10ギガ
タイプA戸建て:5,200円
マンション:4,000円
戸建て:6,300円
タイプB戸建て:5,400円
マンション:4,200円
戸建て:6,500円
タイプC戸建て:5,200円
マンション:4,000円
単独タイプ戸建て:5,000円
マンション:3,800円
戸建て:5,900円
ミニタイプ戸建:2,700~5,700円
マンション:なし

「ドコモ1ギガ」はすべてのタイプに利用できます。一方で「ドコモ10ギガ」は、Aタイプ・Bタイプ・単独タイプの3つで戸建てのみに対応しています。

タイプAは選べるプロバイダの数が多いことに加え、タイプBと比べても月額料金が200円安いため、タイプBのプロバイダを使いたいというとき以外は、タイプAを選ぶとよいでしょう。

オプションでドコモの豊富なサービス

ドコモ光電話やあんしんパックホームなど、便利なオプションの種類が多いのも特徴の1つです。ドコモ光回線の利用料金にプラスすることで、さらに快適な生活になります。

固定電話サービスが月額500円なのは嬉しいポイントです。

【ドコモ光の主なオプションサービス】

オプション月額料金内容
ドコモ光電話500円ドコモ光回線を使用した固定電話サービス
あんしんパックホーム880円初心者や設定に自信がない人向けのサポート
ドコモnetセキュリティサービス350円ウィルススキャン・ファイヤーウォールなど5つのセキュリティがセットになっている
ドコモ光テレビオプション750円アンテナや設備費用をかけることなく地デジ・BS・CSが視聴できる
dTB(ネット動画サービス)500円映画・アニメ・ドラマ・音楽など約12万作品が視聴できる動画配信サービス
無線LAN(Wi-Fi)ルーター無償無料ドコモ光対応のルーターを無料レンタルできる

ドコモ光セット割で月額料金が割引

ドコモのスマホとドコモ光をセットで契約することで、ケータイ回線の基本使用料、またはパケットパック定額料が割引になるお得なサービスです。

ドコモの「ギガプラン」とドコモ光のセット契約で、1回線ごとに月額500円から1,000円割引になります。適用台数は最大20回線までです。

たとえばギガホを契約している4人家族の場合は、月々4,000円も節約できます。そのため、ドコモユーザーの人は、ほかのユーザーよりお得に利用できます。

【ギガプラン ドコモ光セット割り適用後の月額料金】

料金プランドコモ光セット割りドコモ光セット割り適用前ドコモ光セット割り適用後
5Gギガホ1,000円7,480円6,480円
ギガホ1,000円6,980円5,980円
ギガライト(~7GB)1,000円5,980円4,980円
ギガライト(~5GB)1,000円4,980円3,980円
ギガライト(~3GB)500円3,980円3,480円
ギガライト(~1GB)2,980円2,980円

ドコモ光の工事費

ドコモ光の工事費(新規契約)は、戸建ては18,000円、マンションは15,000円かかり、それぞれ3,000円の事務手数料が必要です。また、支払方法は一括払いと分割払い(12回~60回)のどちらかを選ぶことができます。

なお、元々フレッツ光を利用していてドコモ光に転用する場合は、3,000円の手数料のみで工事費や違約金は一切かかりません。これは同じ光回線を利用しており工事する必要がないためです。

【ドコモ光の工事費用(新規契約)】

住居タイプ工事費事務手数料合計額
戸建て18,000円3,000円21,000円
マンション15,000円3,000円18,000円

ドコモ光のプロバイダのAタイプとBタイプを比較

ドコモ光利用者の多くは、プロバイダ一体型のタイプA・タイプBの契約プラン(1ギガ)を選択しています。

タイプAとタイプBのどちらを選ぶかは、各プロバイダが提供する月額料金や、お得なキャッシュバック・オプションなどを比較検討して決めとよいでしょう。

速度に関しては、プロバイダの利用者数や時間帯によって左右されるため、一概にどこがいいとは言えません。

しかし、なるべく混雑を気にせず快適にドコモ光を利用したい場合は、回線の込み合いを避けた「IPv6」に対応するプロバイダを選ぶことをおすすめします。

そのほか、Wi-Fiルーター無料レンタルの有無や、契約期間・工事費・違約金なども忘れずチェックしておきましょう。

タイプAのプロバイダの比較一覧

ドコモ光のタイプAに対応するプロバイダは18社と豊富です。タイプAの月額料金は月額料金がタイプBより200円安いのが特徴といえます。

下の表は各プロバイダのV6プラス・キャッシュバック・セキュリティ無料オプション・Wi-Fiルーター無料レンタルの有無を比較したものです。

【タイプAのプロバイダ比較一覧】

プロバイダ通信速度:V6プラス対応かキャッシュバックセキュリティ無料オプションWi-Fiルーター無料レンタル契約期間違約金(契約期間内の解約)
ドコモnet×〇(12ヵ月)×
plala15,000円〇(24ヵ月)2年戸建て:13,000円集合住宅:8,000円
GMOとくとくBB20,000円〇(24ヵ月)2年9,500円
DTI20,000円〇(12ヵ月)なし0円
@nifty20,000円〇(12ヵ月)2年3,000円
BIGLOBE×〇(12ヵ月)2年5,000円
andline×〇(12ヵ月)2年12,060円
Tigers-net.com×〇(永年)×1年7,350円
ic-net×〇(36ヵ月)2年10,000円
hi-ho×〇(12ヵ月)2年10,000円
excite××〇(36ヵ月)×2年9,500円
SYNAPSE××〇(12ヵ月)×1年11,000円
SIS×〇(永年)2年または3年9,975円または5,000円
エディオンネット××△有料×2年9,500円
01光コアラ××××なし0円
@ネスク××△有料×1年以上契約期間までの月額
TikiTiki××△有料×2年9,800円
Rakutenブロードバンド××〇(12ヵ月)2年9,500円

SISは料金プランが豊富で、シンプル・スタンダード3年プランは契約期間が3年、スタンダード2年、セキュリティプラス、IPv6サービスは契約期間が2年です。

違約金はIPv6サービスのみ5,000円で、ほかのプランは9,975円です。

また、@ネスクは契約期間内に解約しても契約期間の残月分の月額利用料金が違約金として発生するので、満期まで使うほうがよいでしょう。

タイプBのプロバイダの比較一覧

タイプBに対応するプロバイダ6社の比較一覧を見てみましょう。

プロバイダV6プラス対応キャッシュバックセキュリティ無料オプションWi-Fiルーター無料レンタル契約期間違約金(契約期間内の解約)
OCN20,000円〇(12ヵ月)2年5,000円
@T COM×××2年5,000円
TNC×××1年単位

1年目途中約:4,000円
2年目途中解約:3,000円
3年目途中解約:2,000円
4年目:1,000円
5年目以降:0円

@ちゃんぷるネット××2年9,975円
AsahiNet×××1年2,000円
WAKWAK×××2年6,000円

タイプBの月額料金は、戸建てが5,400円、マンションは4,200円と、タイプAより若干高めの値段設定です。しかし、OCNは大手でキャッシュバックのキャンペーンもあるので検討してみる価値はあるでしょう。

ドコモ光のおすすめプロバイダ5選

ドコモ光に対応するプロバイダは現在24社ありますが、多すぎて「どこを選んでよいか分からない」と、迷っている人もいるかもしれません。

ここでは、通信速度やサービスに定評のある、タイプA・タイプBの人気おすすめプロバイダを5社紹介します。

なおキャシュバック等のキャンペーンについては掲載当時のものであり、内容・期間等は予告なく終了または変更される可能性があります。最新の情報は必ず公式サイトで確認してください。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのおすすめポイントは次の通りです。

  • タイプAに対応
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティやサポート面が充実

タイプAのプロバイダのため月額料金が安く、最大20,000円のキャッシュバックも実施しています。また、IPv6にも対応しているので、通信速度を気にする必要もありません。

さらに、高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるのも魅力といえるでしょう。「GMOとくとくBB」は、サポートやセキュリティ面も充実しており、アンケートでも利用者の96.8%が満足と答えています。

【キャッシュバックキャンペーンの詳細】

キャンペーン期間2020年8月1日~
適用条件Webサイトで「ひかりTV for docomo(2年割)」と「DAZN for docomo」を新規で同時申し込み
割引内容最大20,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBでドコモ光を詳しく見る

@nifty

@niftyのおすすめポイントは次の通りです。

  • タイプAに対応
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大18,000ptプレゼント
  • ブログは2GBまで利用可能

「@nifty」も、新規加入で最大20,000円のキャッシュバックを実施している、お得なドコモ光提携プロバイダーです。IPv6対応の混雑しにくい快適な通信環境も魅力で、ブログは2GBまで利用できます。

また、「@nifty生活トラブルレスキュー」や「@nifty 詐欺ウォール」など、初月無料のオプションが多数用意されているのも魅力の1つでしょう。Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。

【キャッシュバックキャンペーンの詳細】

キャンペーン期間終了日未定
適用条件ドコモ光と「スカパー!」または「光テレビfor docomo(2年割り)」新規申し込み
割引内容最大20,000円キャッシュバック(オプション加入なしの場合:18,000円)

ドコモ光を詳しく見る

ビッグローブ

おすすめポイントは次の通りです。

  • タイプAに対応
  • 高速Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」最大12ヵ月無料
  • 訪問サポート初回無料

老舗プロバイダならではの充実したセキュリティと充実したサポート体制が特徴です。また、IPv6接続対応の高速Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるので、速度面も心配いりません。

ビッグローブなら、3つの厳選されたセキュリティ対策がパックになった「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」が最大12ヵ月無料の上、訪問サポートも初回は無料で受けることができます。

【BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光の詳細】

適用期間申し込み月から12ヵ月間
適用条件ドコモ光をBIGLOBEでご利用中であること
割引内容通常月額500円が12ヵ月間(6,000円相当)無料

ドコモ光を詳しく見る

OCN

おすすめポイントは次の通りです。

  • タイプBに対応
  • 最高20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大18,000ptプレゼント
  • 総合セキュリティサービス12ヵ月間無料

「OCN」はタイプBに対応するプロバイダの中で、唯一最高20,000円のキャッシュバックを実施しています。またタイプBで、Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っているプロバイダ2社のうちの1つです。

月額200円の「ホームネットセキュリティ」と「マイセキュア」の総合セキュリティサービスが、12ヵ月間無料になる特典が付いてくるほか、OCN開通サポートも初回は無料です。

【キャッシュバックキャンペーンの詳細】

キャンペーン期間終了日未定
適用条件Webサイトで新規申し込み
割引内容最高2,000円のキャッシュバック

ドコモ光を詳しく見る

Hi-Ho

おすすめポイントは次の通りです。

  • タイプAに対応
  • 追加メルアド最大5つまで無料
  • 「マカフィーマルチアクセス」12ヵ月無料
  • Wi-Fiルーター無料レンタル

IIJグループが提供する、タイプAの「hi-ho」は、追加メールアドレスが最大5個まで無料で利用できるほか、最大6個のメールウィルスチェックが無料で利用できるのが大きな特徴です。

「マカフィーマルチアクセス」を無料で12ヵ月利用できるので、セキュリティ面も問題ありません。もちろん無料でWi-Fiルーターもレンタルできます。

ドコモ光を詳しく見る

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

ドコモ光のプロバイダ契約でよくある質問

プロバイダの変更や解約方法、また、引っ越してもプロバイダはそのまま利用できるのかなど、ドコモ光のプロバイダ契約でよくある質問を集めました。契約前に疑問点をクリアにしておくと安心です。

プロバイダの変更は可能なのか

プロバイダの変更は、最寄りのドコモショップやドコモインフォメーションセンターで手続き可能です。

手続きの際は口頭や対面で本人確認を行うため、本人確認書類は必要ありませんが、単独プランからタイプA・Bへの変更をのぞき、プロバイダの変更には3,000円の事務手数料がかかります。

【プロバイダの変更手続き先】

ドコモショップ受付時間:店舗により異なる
電話

受付時間:9時~20時
ドコモインフォメーションセンター0120-800-000

ドコモ光の解約方法とは

ドコモ光の解約は、プロバイダの変更同様、ドコモショップやドコモインフォメーションセンターで受け付けています。プロバイダ独自のオプションについては、別途プロバイダで解約手続きを行ってください。

なお、ドコモ光の2年契約期間中に解約を行うと、13,000円(戸建てタイプ)、8,000円(集合住宅タイプ)の違約金が発生します。ただ、更新月に手続きを行えば解約金を支払う必要はありません。

ドコモ光の更新月(2年定期契約の場合)は、ドコモ光を利用し始めた月から、数えて24ヵ月目・25ヵ月目・26カ月目の3ヵ月間です。

引っ越しをするとプロバイダはどうなるのか

ドコモ光自体が利用できない地域の場合、プロバイダの変更が必要になる場合があります。ただし、移転先がドコモ光の提供地域であれば、引き続きプロバイダを利用できます。

現在、Webの「ドコモ光お引っ越し受付フォーム」から引っ越し手続きを行うと、5,000円ptのdポイント(期間・用途限定)がもらえる、お得なキャンペーン実施中です。

【ドコモ光お引っ越し受付フォームの詳細】

キャンペーン期間実施中(終了期間未定)
適用条件Webサイト「ドコモ光お引っ越し受付フォーム」からの申し込み限定
割引内容dポイント5,000ptプレゼント(有効期限6ヵ月・ケータイ料金の支払いは不可)

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBから選ぶとお得

ドコモ光には契約タイプが5つありますが、タイプAとタイプBは、プロバイダ一体型で料金も比較的安いためおすすめです。

特にプランAは月額料金が一番安く、選べるプロバイダの数も多いため、選べる場合はタイプAを選ぶとよいでしょう。

プロバイダを選ぶ際は、各社が実施しているお得なキャッシュバック・オプションを比較検討することもおすすめです。

加えてセキュリティやWi-Fiルーター無料レンタルなどオプションサービスの有無なども、しっかりチェックするのがポイントです。

ドコモユーザーであればセット割でスマホの月々の利用料金が安くなるので、ぜひ検討してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい