1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【iPhone】強制初期化する方法|PCなし・初期化できない時の対処法も

【iPhone】強制初期化する方法|PCなし・初期化できない時の対処法も

更新日:2020.08.09

この記事では、iPhoneを初期化したくてもできない人に向けて、強制初期化する方法について解説しています。強制初期化にはいくつかの方法がありますが、それぞれの方法について手順も含めて解説しているのでぜひ参考にしてみてください。また、初期化ができない場合の対処方法についても取り上げています。

iPhoneを何かしらの理由により初期化したいと考えている人は意外と多いのではないでしょうか。

一方で通常の方法で初期化をしたくてもできない場合は、強制初期化をすることになります。

この記事では、iPhoneを強制初期化する方法について解説します。パソコンを持っていなくてもできる方法についても取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの初期化前にしておくこと

初期化をする前にはいくつかのことをしておく必要があります。まずは、初期化前に何をするべきなのか確認しておきましょう。

バックアップを取る

初期化をすると、それまでiPhone内に保存されていた写真や動画などのデータは消えてしまいます。

そのため、事前にデータのバックアップをしておき、初期化した後に、データを復元する必要があります

バックアップ方法については、iPhoneを使って行う方法と、パソコンを使って行う方法の2種類があります。それぞれのやり方について解説します。

iPhoneでバックアップを取る

iPhoneでデータのバックアップを取る場合、iCloudにデータを移しておく方法がシンプルでおすすめです。手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを起動する
  2. 「ユーザ名」→「iCloud」と進む
  3. 下にスクロールして「iCloudバックアップ」を開く

iPhone 初期化 強制

iCloudのバックアップがすでにオンになっている場合は、バックアップが自動的に作られています。

逆にオフになっている場合は、オンに切り替えて「今すぐバックアップを作成」を選ぶようにしてください。

PCを使ってバックアップを取る

パソコンを持っている人は、iTunesを使ってバックアップする方法がおすすめです。

データのバックアップを取る前には、必ずiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートするようにしておきましょう。また、iTunesも最新のものにアップデートしてください。

iPhoneとiTunesのアップデートが完了したら、実際にバックアップを取ります。手順は以下の通りです。

  1. iPhoneとパソコンをLightningケーブルでつなぐ
  2. iPhoneの画面上でパスコードを求められたり「このコンピュータを信頼しますか?」という画面が出たりするので対応する
  3. iTunesの画面にスマートフォンのアイコンが表示される
  4. iTunesの左にあるタブから「概要」を選択する
  5. 「バックアップ」内にある「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる
  6. 右側にある「今すぐバックアップ」を選択

これでバックアップ完了です。

iCloud・iTunesでバックアップできない時の対処法や、データ復元方法を解説している記事はこちらです。こちらも併せてご一読ください。

iPhoneを探すをオフにする

初期化する場合は、「iPhoneを探す」をオフにしておく必要があります。これは、きのうをオンにした状態のまま初期化すると「アクティベーションロック」がかかってしまうためです。

アクティベーションロックはiPhone所有者以外の人がiPhone内のデータなどを閲覧できないようにする保護システムですが、これの解除にはApple IDとパスワードを入力が必要になります。

もしIDとパスワードを忘れていると、iPhoneが開けなくなってしまうため、必ずiPhoneを探すはオフにするようにしてください。オフにする手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「ユーザ名」→「iCloud」と進みした方にある「iPhoneを探す」を選択する
  3. オフに切り替える
  4. Apple IDのパスワードを入力
  5. 完了

すぐにできる作業なので、忘れずに行うようにしましょう。

iCloudのサインアウトをする

データのバックアップが完了し、「iPhoneを探す」もオフにできたら、合わせてiCloudからサインアウトしておくようにしましょう

もしサインアウトしていないと、iCloudとiPhoneが繋がった状態のままとなり、第三者にデータを見られてしまう恐れがあります。iCloudサインアウトは以下の手順で行います。

  1. 「設定」→「ユーザ名」と進み、下の方にある「サインアウト」を選択する
  2. Apple IDのパスワードを入力したうえで「オフにする」を選択する
  3. 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」という画面がでるので、「コピーを残す」にある項目を全てオフにする
  4. 「サインアウト」を選択してサインアウトする

iPhoneを強制初期化する方法まとめ

ここまで紹介したのは、あくまでもiPhoneの初期化をする前にしておくべきことについてです。

ここから、この記事の本題でもあるiPhoneの強制初期化をする方法について解説します。

「リカバリーモード」で強制初期化する

リカバリーモードとは、iPhoneの操作が行えない際に修復するために利用する機能のことです。

このリカバリーモードではiTunesを利用することで、iPhoneの初期化をすることもできます。手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをパソコンに接続した状態でiTunesを開く
  2. iPhoneをリカバリモードにする
  3. iTunesで「復元」または「アップデート/更新」を選択し、指示に従って操作する

DFUモードで強制初期化する

DFUモードは、オフィシャルな強制初期化の方法ではありません。そのため、自己責任で行うようにしてください。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをパソコンに接続してiTunesを開く
  2. iPhoneの電源を切る
  3. 電源ボタンを3秒間押す
  4. 2つのボタン(iPhone 6s以前なら電源ボタンとホームボタン 、iPhone 7以降ならボリュームダウンキー+ボタンと電源ボタン )を10秒程度押す
  5. 電源ボタンのみ押すのをやめ、もう1つのボタンは押し続ける

これで、強制初期化が行えます。あくまでも他の方法で強制初期化ができない時の手段として覚えておくようにしてください。

iCloud.com(WEB版)を使って強制的に初期化する

パソコンやタブレットからWEB版のiCloudにアクセスして、強制初期化することもできます。

この場合、iCloudにアクセスしたうえで「iPhoneを探す」の操作画面から強制初期化の操作をすることになります。

手順は以下の通りです。

  1. WEB版のiCloudにアクセスする
  2. iPhoneでログインしているiCloudアカウントでログインする
  3. ログインしたら「iPhoneを探す」を選択
  4. 「すべてのデバイス」に管理しているApple製品一覧が表示される
  5. 初期化したいデバイスを選択

なお、この操作はAndroid端末からでも操作可能です。

「iPhoneを探す」で強制的に初期化をする

iCloudのからも使用できる「iPhoneを探す」を使用して、iPhoneの端末から離れた場所から初期化をすることができます。

これは、iPhoneの端末をなくしてしまった、盗まれてしまった時や画面ロックが解除できない時、さらに強制初期化をした時にiOSをアップデートさせたくない時になどにおすすめの方法です。

この方法をするためには、強制初期化をするiPhoneで「iPhoneを探す」をオンにしている必要がある他、iCloudのログインに必要なApple IDとパスワードも必要になります。

【PCなし】Appleストアで強制初期化する

ここまで紹介した方法は、パソコンやタブレット端末を使用できる人、「iPhoneを探す」を使える人が、選択できる方法です。

そのため、パソコンがない人、やiPhoneを探すが使えない人はApple ストアに足を運んで強制初期化してもらう必要があります。

Apple ストアは曜日や時間帯によっては混み合うため、事前に予約を取っておくことをおすすめします。

初期化後データを復元する方法

ここでは、バックアップを取ったデータを復元する方法について解説します。

リカバリーモードから復元する

リカバリーモードは、iPhoneで強制的な初期化が必要になる状態のことを指します。

リカバリーモードから復元する場合、iPhoneとパソコンをつなぎ、iTunesを利用することになります。

手順は以下の通りです。

  1. 一度iTunes を終了する
  2. iPhoneをパソコンに接続し再度 iTunes を起動する
  3. 端末に応じて以下の操作を行う

    ▼iPhone X 以降、iPhone 8、iPhone 8 Plusの場合

    ・「音量を上げるボタン」を押して離す

    ・「音量を下げるボタン」を押して離す

    ・「サイドボタン」を押し続ける(Appleマークが出るまで)

    ▼iPhone 7 / iPhone 7 Plusの場合

    ・「音量を下げるボタン」と「スリープボタン」を同時に押し続ける(Apple マーク出るまで)

    ▼iPhone 6 / iPhone 6 Plus、iPhone SE / iPhone 5sの場合の場合

    ・「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に押し続ける(Appleマークが出るまで)

  4. 「iTunes マーク」が表示されたら手を離す
  5. メッセージが表示されたら「復元」を選択する
  6. 「復元と更新」を選択する(MacOSを利用している場合は「復元とアップデート」を選択する)
  7. 「次へ」→「同意する」(Mac OS利用している場合は、「同意します」)を選択する
  8. ダウンロードが開始される
  9. 復元が開始される
  10. 「アクティベーションロック」の画面が表示された場合は、Apple ID とパスワードを入力したうえで「続ける」を選択する
  11. 「更新設定」の画面が表示された場合は「ダウンロードして更新」もしくは「更新設定」(Mac OS を利用している場合は、「ダウンロードしてアップデート」または「アップデート設定」)を選択する
  12. キャリア設定の更新ができたら「OK」を選択する
  13. 「新しいiPhoneへようこそ」が表示されたら復元完了

これで、データの復元が完了し、強制初期化前と同じ状態でiPhoneを利用することができます。

なお、復元には数十分かかる可能性があります。また、復元中もiPhoneはパソコンにつないだ状態にしておいてください。

まとめ

今回は、iPhoneを強制初期化する方法について解説しました。

強制初期化を行う場合は、データのバックアップを取ることや「iPhoneを探す」のオフ、さらにはiCloudのサインアウトなどいくつかのことをしておく必要があります。

また、強制初期化の方法は複数存在し、パソコンなどがなくてもApple ストアを利用すれば行えるので、iPhoneの調子が悪い場合などはぜひ試してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい