1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. マンションのインターネット完全攻略|選び方・申し込み方法・遅いときの対処法

マンションのインターネット完全攻略|選び方・申し込み方法・遅いときの対処法

更新日:2020.09.23

引っ越しを行う際に、引っ越し先のマンションでインターネットを利用するための申し込み方法について紹介します。インターネット完備マンションやWi-Fiの選び方など、利用環境や生活スタイルにあったインターネットの申し込み方法について、お得な情報を交えながらわかりやすく解説します。

マンションでインターネットを利用する場合に、最初に行うことはマンションのインターネット対応状況の確認をすることです。

住んでいるマンションの設備環境は、インターネットの利用に大きく影響してきます。

マンションでのインターネット対応状況において重要となるのは、大きく分けて「インターネット完備(無料)」、「フレッツ光対応/フレッツ光以外の光回線に対応」、「インターネット非対応」の3つです。

この記事では、3つの状況に応じたマンションでのインターネット申し込み方法について紹介します。

またマンションでネットが遅い、繋がらない場合の対処法についても解説していきます。

マンションのインターネット対応について確認する

マンションのインターネット対応状況は、マンションの管理会社や大家に確認します。

「転居後にマンションでインターネットが利用できなかった」とならないよう引っ越し前に確認するといいでしょう。

また、マンションの管理会社や大家からインターネットに対応していることは聞けたが、回線の種類までは確認できなかったという場合もあります。

マンションの管理会社や大家に確認してもよくわからなかったという場合には、各回線業者に確認もできます。

提供エリアの広さや、以前に使っていた回線、これから使いたい回線などの目安を元に、回線業者に確認してみるのもインターネットの対応状況を知る手段です。

インターネット完備(無料)のマンション

光回線が部屋まで開通しているので、壁にあるLAN差し込み口とパソコンをLANケーブルでつなぐことで利用できます。特別な工事や設定などは必要ありません。

あらかじめマンション自体で契約している回線業者やプロバイダを利用することなります。

無線接続を希望する場合には、自分で無線LAN(Wi-Fi)ルータを用意する必要があるケースと、あらかじめ設置されているケースがあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

ただし、インターネットを完備したマンションでは、マンション全体で1つのインターネット回線を共用するため、インターネットの利用が集中する時間帯などは通信速度の低下を招く可能性があります。

インターネットの利用頻度が高く、通信容量や速度を重視する場合には、マンションの管理会社や大家からの許可があれば個人で回線契約も可能です。

【インターネット対応】フレッツ光に対応したマンション

光回線がマンションの共有部分まで引き込まれているが、各部屋までは配線されていない状況です。この場合、配線の引き込み工事が必要です。

プロバイダ契約がされていない場合には、別途プロバイダへの契約も必要です。

フレッツ光の場合には、ドコモ光ソフトバンク光など使っているスマートフォンのキャリアに応じて「光コラボ」でお得に利用できる場合があります。

すでにプロバイダを契約しており、引っ越しによりフレッツ光に対応したマンションに入居するという場合、プロバイダの契約は不要です。

ただし、契約しているプロバイダが転居先のフレッツ光に対応していないときは、対応しているプロバイダに切り替える必要があります。

回線契約も同様で、旧居で回線契約をしていた場合、新居でインターネット回線が設置済みだからといってそのままにせず、旧居での回線契約の変更や解約は忘れずに行う必要があります。

なお、光回線でインターネット接続する方法には次の3種類があります。

光配線方式

光ファイバーのみを使用しており、戸建てで多く採用されている方式ですが、築年数の浅いマンションでは、この方式で接続する場合もあるようです。上り下りともに最大速度は1Gbpsです。

VDSL方式

「光ファイバー+電話回線」の2つのケーブルを使用します。電柱からマンションの共有スペースまでは光回線、そこから各部屋までは電話回線を経由してインターネットに接続します。

築年数の古いマンションは、このVDSL方式を採用している場合が多いようです。上り下りともに最大速度は100Mbpsです。

LAN配線方式

「光ファイバー+LANケーブル」の2つを使用します。電柱からマンションの共有スペースまでは光回線、そこから各部屋まではLANケーブルを経由してインターネットに接続します。

パソコンとご自宅のLAN差し込み口をケーブルで繋げばインターネットが利用可能です。上り下りともに最大速度は1Gbpsといわれていますが、使用するケーブルによって速度の違いがあり、LANケーブルの規格が古いと100Mbpsほどしかでないというケースも多いようです。

【速度の目安について】

CD1枚(約700MB)をダウンロードした場合にかかる時間は次の通りです。

速度時間
100Mbps約1分
1Gbps約6秒

回線速度は上り、下りと表現します。上りはアップロードの速度です。メールやSNSのメッセージの送信、画像や動画のアップロードなどが該当します。

下りはダウンロードの速度です。上記のCDのダウンロードやサイトの閲覧、画像や動画を見る、メッセージの受信などが該当します。

【インターネット対応】フレッツ光以外に対応したマンション

フレッツ光は、NTT東日本、西日本が提供する光回線を指しますが、光回線を提供しているのは、NTT東日本、西日本だけではありません。

フレッツ光以外の光回線やインターネット回線が設置されている場合には、マンション独自のプランで利用が可能です。この場合、マンション割引が適用され通常よりも安く利用できることが多いです。

また、フレッツ光のように利用者が多くないため、混雑による回線速度の低下を気にせず利用できるというメリットがあります。

ただし、提供エリアが狭いことや対応しているプロバイダの数が少ないことなどのデメリットもあります。

【フレッツ光以外のおもな光回線サービス】

インターネット非対応マンション

築年数の古いマンションの場合、インターネット回線が導入されていない場合や、導入されていても光回線ではなくADSL回線という場合もあります。

このような環境で、通信時間や容量を気にせずにインターネットの利用を希望する場合には、新たに回線やプロバイダの契約をするか、モバイルWi-Fiを利用する方法があります。

新たに回線を設置する場合、安定した接続環境でインターネットが利用できますが、設置の際に工事が必要となるケースが多く開通までに時間がかかる可能性が高いです。

モバイルWi-Fiは回線を設置してインターネットを利用する場合と比べ、通信状態が不安定になることもあります。

しかし、特別な工事や配線などが不要で、必要なルータ端末が届いた時点ですぐにインターネットを利用できます。

マンションに光回線を導入する方法

マンションに光回線を導入する場合、希望する光回線がサービス提供地域内であるかが重要です。提供地域かどうかは各回線事業者に確認するか、関連のホームページからでも郵便番号や住所で検索できます。

また、光回線を導入してインターネットを利用する場合には、別途プロバイダへの契約も必要です。プロバイダは、導入を予定する光回線に対応したものを選びます。

実際に回線工事が完了し、各部屋まで回線が引かれた後の接続環境は、基本的には自分で構築しなければいけないので、必要に応じて機器の準備をします。

なお、回線やプロバイダの契約により、各タイプや仕様、サービス内容に応じて双方から関連機器が送付される場合があります。

状況によっては機器の使用有無で使えるサービスに影響することもありますので、不明な点があったら各事業者に相談しましょう。

新規導入の場合は大家・管理会社に確認する

新たに光回線を導入する場合には工事が必要となるため、マンションの管理会社や大家に許可を得る必要があります。分譲マンションの場合には管理組合による承認も必要です。

ただし、マンションの設備状況やほかの住民に同意が得られないなどの場合には、工事ができないこともあります。

マンションに導入する光回線の選び方

光回線の選択にはサービス提供地域内であることが前提となりますが、それ以外にも自分が使っているスマホに合わせたり、回線速度を重視して選択するというのも1つの方法です。

スマホのキャリアで選ぶ

導入した光回線でインターネットを利用するためには、導入した光回線の種類やタイプなどに対応したプロバダへの契約が必要です。

2015年からは、フレッツ光回線とプロバイダが一体化した光コラボレーション(光コラボ)が開始されました。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを使っている場合、スマホと光コラボをセットで利用することで、スマホの利用料金が安くなるプランを提供している事業者もあります。

【スマホ割が受けられる光コラボ】

キャリア光コラボ
ドコモドコモ光
auビッグローブ光
So-net光プラス
@nifty光
ひかりJ
ソフトバンクソフトバンク

割引額は契約プランによって変わりますが、各キャリアとも500円~1,000円/月となっており、スマホ、携帯1台ごとに受けられます。

通信速度で選ぶ

高速でのインターネットを重視する場合、IPv6という通信方式を利用することで、実現できる場合があります。IPv6は混雑している回線を避けて通信ができます。

ただし、現在の主流がIPv4であることから、IPv6に対応していないサイトを表示できない、オンラインゲームができないなどの状況が生じることがあるようです。

また、IPv6で通信するには、利用している回線、プロバイダがv6プラスに対応していることに加え、ルータなどの接続機器についてもIPv6に対応している必要があります。

契約している回線やプロバイダでのIPv6への対応状況については、各事業者に確認しましょう。

光回線を比較する際はこちらの記事も参考にしてみてください。光回線プロバイダについて、料金やキャンペーン、通信速度を徹底比較しています。

光回線を導入の流れ

マンションに、新たに光回線を導入する場合は次のような流れで行います。

  1. マンションの管理会社や大家の許可を得る
  2. プロバイダ契約をする
  3. フレッツ光などの回線事業者に配線工事の申し込みを行い、工事の日程などを決めていきます。
  4. 配線工事が行われます。工事後、必要となる機器でインターネットに接続します。

プロバイダへの契約方法はいくつかありますが、インターネット環境がない場合には家電量販店などでの契約も可能です。

また、契約した事業者から送られる書類は、サービスの利用時に必要となる場合があるため、大切に保管してください。

一人暮らしならモバイルWi-Fiもおすすめ

光回線の工事ができない場合や引っ越しが多い、一人暮らしなどの場合にはモバイルWi-Fiを使うこともおすすめです。

モバイルWi-Fiとは、持ち運びのできるルータ端末を利用して、家でも外出先でも持ち運んでインターネットができるサービスです。配線や特別な工事などはいりません。

ただし、光回線とは異なり、無線でインターネットに接続するため使用する場所が対応エリア内であるかといったことを考慮する必要があります。

光回線を設置するよりも安く簡単にインターネット接続が可能なため、回線工事などに時間を取られたくない、月々のインターネットの利用料を抑えたいという場合におすすめです。

モバイルWi-Fiなら工事不要で外出先でも利用可能

モバイルWi-Fiを利用する場合には、サービスを対応するプロバイダへの契約を行います。料金やサービス対応エリアなど、自分の利用条件を考えてプロバイダを選択しましょう。

モバイルWi-Fiは、無線でインターネット接続を行うという性質上、障害物や人口密集地帯で干渉が起こると接続に支障をきたす場合があります。

利用するルータやプロバイダ自体を変更することで、状況を改善できる場合もありますので、プロバイダが提供しているルータの種類や、契約条件等なども確認するといいでしょう。

モバイルWi-Fiなら「WiMAX」がおすすめ

WiMAXとは、短時間で大容量のデータを高速通信することを目指した無線通信規格の一種で、最大の特徴は無制限でデータ通信ができるというところです。

これによりプロバイダごとにデータ通信量が無制限(※)のプランが提供されています。カシモWiMAXもその1つです。

カシモWiMAXでは、データ通信量が無制限の「カシモWiMAX2+ギガ放題プラン」と「カシモWiMAX2+ライトプラン(7GB)」の2つのみです。

通信規格は、WiMAXの後継サービスとして提供を開始したWiMAX 2+です。専用の回線を使用し、より高速での通信を実現しています。

また、カシモWiMAXでは初月のみですが、両プランともに月額1,380円となっていてギガ放題プランでは最安で利用できます。

※カシモWiMAXに関わらず、直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)を利用した場合、一時的に1Mbpsの速度制限がかかります。

制限時間帯は、10GBを超えた次の日の18時から深夜2時ごろまでです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXのより詳しい特徴や料金プラン、最新キャンペーンはこちらの記事で詳しく解説しています。

マンションでネットが遅い・繋がらないときの対処法

いざインターネットに接続してみると、思ったような速度が出ない、繫がりにくいという場合があります。

特にマンションなどの集合住宅においては、世帯数での回線の共有、構造によって起こりやすい可能性があります。

また、マンションでは共有部分までは光回線だが、そこから各部屋までは電話回線で接続されるVDSL方式を採用していることが多く、光回線の方式よりも通信速度が遅くなります。

インターネットの通信速度は、接続に使用しているルータやケーブルなどの機能性によって影響される可能性もありますが、利用時間や接続機器の変更をすることで問題を解決できる場合があります。

混雑時にネットを利用しない

マンションでは1つのインターネット回線を各部屋で共用しているため、利用する頻度の高い夜間帯などは、通信時間が低下したり、つながりにくくなる場合があります。

このような場合には混雑する時間帯を避けてインターネットを利用することが通信速度の低下を防ぐ方法の1つとなります。

Wi-Fiルーターを最新機種に変える

高速通信が可能な回線を利用していても、設置しているルータなどの接続機器が古い場合や、機能性によっては通信速度の低下を招く原因となります。

無線LAN(Wi-Fi)ルータなどの場合には、次のような条件を備えたルータを利用することで、通信速度の低下を防げる可能性があります。

  • IPv6接続対応
  • 無線LAN規格11ac対応
  • 周波数帯2.4GHz/5GHz対応

光回線の場合「戸建てプラン」に個別契約もあり

光回線にはいくつかのタイプがあり、住んでいる環境に応じタイプを選ぶ必要があります。「戸建てプラン」はその中の1つです。

「戸建てプラン」とは、1つの部屋に1つの光回線を専属で設置することになるため、独占して利用できます。マンションで1つの回線を世帯数で共用するよりも、安定した通信速度での利用が期待できます。

ただし、マンションで「戸建てプラン」を利用するには、回線の引き込み工事に際して壁に穴をあける工事が必要となる場合もあることから、大家やマンションの管理会社の許可を得ることが重要となります。

また、開通までに時間がかかったり、マンション向けプランより料金が高いなどのデメリットもあります。

まずはマンションのネット対応状況を確認しよう

マンションでインターネットを利用するには様々な方法があります。まずは、マンションのインターネット対応状況について、大家やマンションの管理会社に確認することが重要です。

また、フレッツ光を利用する場合でも、モバイルWi-Fiを利用する場合でもそれぞれにメリット、デメリットがあります。

それぞれの特徴を把握すれば、光コラボなどのお得なサービスやカシモWiMAXなどのように格安の料金プランでのインターネットの利用も可能です。

インターネット対応状況を確認したうえでメリット、デメリット、自分の生活スタイルや利用状況に応じた最適なインターネット利用の参考にしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい