1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. GMOとくとくBBの評判は?料金や速度を人気5社と徹底比較

GMOとくとくBBの評判は?料金や速度を人気5社と徹底比較

更新日:2020.10.18

Wi-Fiルーターを契約するときの候補の1つとしてGMOとくとくBBが挙げられます。GMOとくとくBBは高額キャッシュバックが有名ですが本当にお得になるのか、また実際の使い勝手など利用者の生の声から評判をまとめました。料金や速度についても各社と徹底比較しています。

「GMOとくとくBB」は運営するGMOインターネット株式会社は東証1部上場企業でもあり、レンタルサーバーなどの事業も展開しているため、名前だけは知っている人も多いのではないでしょうか。

そんなGMOとくとくBBの実際の評判は全体的には高評価ですが、上手に利用するためにはいくつかのコツがあります。

そこで、利用者の口コミを元に、良い評判と悪い評判をまとめ、料金なども他社と徹底比較しました。

GMOとくとくBBは【オリコン顧客満足度調査No.1】

GMOとくとくBBは、2019年のオリコン顧客満足度ランキングにおいて、「プロバイダ・広域企業」部門で第1位を獲得した実績があります。

2019年7月でサービス提供開始から10周年を迎えており、130万件以上もの契約件数があります。安定したサービスを、長く使い続けていきたい人におすすめのサービスです。

Wi-Fiルーターの中でも有名な、WiMAX系の回線を使用しており、オリコンでは「通信速度・安定性」「料金プラン」「コストパフォーマンス」「付帯サービス」の各項目でも1位を達成しています。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBの良い評判・口コミ

実際にGMOとくとくBBを利用した人の声を元に、良い評判について紹介します。

高額キャッシュバックがある

GMOとくとくBBのサービスで、特に評判がよいのは高額キャッシュバックです。新規契約すると27,000円~30,000円以上のキャッシュバックがあります。

他社だとキャッシュバックがあっても数千円~15,000円くらいのことが多く、金額的にはGMOとくとくBBが群を抜いています。ポイントサイトを経由して申し込むことでさらにお得になるケースがあるのも魅力です。

ただし、キャッシュバック金額は時期や、申し込み方法などで変わることがあります。

34,700円のキャッシュバックが27,000円に変更されるなど、1ヶ月の差で8,000円近く下がってしまった例もあるため、30,000円以上の高い時期を狙って申し込むのがおすすめです。

ルーターや端末が無料レンタルできる

Wi-Fi用の高性能端末が、無料でレンタルできる点も好評です。GMOとくとくBBでは、最新端末はもちろん、速度で定評のある人気機種も扱っています。

また、ドコモ光の回線を契約していて、プロバイダとしてGMOとくとくBBを選んだ場合、「Wi-Fiルーターレンタルサービス0円キャンペーン」を利用できます。

このキャンペーンでは、v6プラス対応の高性能ルーターを無料で使用することができます。

通信速度が速い

「GMOとくとくBBに変えたら、通信速度が速くなった」という声も多くあります。その理由としては、やはり最新機種のWi-Fiルーターを無料レンタルできることが挙げられるでしょう。

GMOとくとくBBでは、契約から20日以内であれば違約金なしで解約できるので、今の環境より速くなるかどうか、一度お試ししてみるのもおすすめです。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBの悪い評判・口コミ

実際の利用者が口にする、不便な点や不満な点についてまとめました。

キャッシュバックをもらい損ねることが多い

一番多いのが、このキャッシュバックに関する意見です。30,000円前後の高額キャッシュバックが魅力である一方、せっかくのキャッシュバックをもらい損ねる人が多くいます。

キャッシュバックをもらい損ねる2つの理由

1つは、キャッシュバックの申請を約1年後にしなければいけないことです。申請可能になる頃には、忘れてしまっているケースがよくあります。

もう1つは、キャッシュバックの申請に関するお知らせが、GMOのメールアドレス宛に届くことです。

普段使っているメールアドレスに届かないため、メールアドレスを作るだけ作って放置していた人は、お知らせに気づかないまま申請期限を迎えてしまいます。

キャッシュバックを受け取るためにも、申請時期やメールボックスを確認する癖をつけておくとよいでしょう。

違約金が高い

キャッシュバックが高額である代償か、違約金も高いと不満の声が上がっています。GMOとくとくBBでは基本的に3年縛りの契約です。

違約金が無料となる更新月は、3年縛りが経過した後から適用されるため、3年未満で解約するとかえって総費用が高くついてしまいます。

また、更新月を迎えても連絡はその月の20日までにしなければいけないなど制約があるため、月の下旬に解約しようとすると更新月を逃してしまうことがあるのも落とし穴です。

通信速度が遅い

通信速度が速くなった人がいる一方、通信速度が遅いと感じる人もいるようです。特にネトゲなど、長時間安定した通信が必要なケースでは、契約を見送った方がよい場合もあります。

通信速度はエリアによっても違います。山間部など電波の入りにくいところにお住まいの場合は、無料解約が可能な最初の20日間でしっかり通信状態を確認しておくとよいでしょう。

公式ホームページから、お住まいのエリアの電波状況を事前に確認することも可能です。

GMOとくとくBBの料金は安い?他社との料金を比較

利用者として気になるのは、やはり料金の安さではないでしょうか。ここでは実際に人気の数社と料金を比較して解説します。

GMOとくとくBBでは、高額キャッシュバックつきの通常料金プランと、キャッシュバックは3,000円と少ない代わりに月額料金が安くなるプランの2種類があります。

それぞれの無制限プランの料金を、各社と比較すると次の通りです。

なお、ネクストモバイルについては無制限プランがないため、メインとなる20GB及び30GBのプランを掲載しています。

0ヶ月目1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月~24ヶ月25ヶ月~初期事務手数料
GMOとくとくBB日割3,609円3,609円4,363円4,363円3,000円
GMOとくとくBB(月額割引)日割2,590円2,590円3,344円4,263円3,000円
カシモWiMAX1,380円1,380円3,580円3,580円4,079円3,000円
ネクストモバイル(20GB)2,400円2,400円2,400円2,400円2,400円3,000円
ネクストモバイル(30GB)2,700円2,700円2,700円2,700円2,700円3,000円
Broad WiMAX日割2,726円2,726円3411円4,011円3,000円(+18,857円)
DTI WiMAX2+0円0円2,590円3,760円3,760円3,000円
BIGLOBE WiMAX2+0円3,980円3,980円3,980円3,980円3,000円

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックが魅力

表を見てわかる通り、GMOとくとくBBの月額料金は、他社と比べてもむしろ高い部類といえます。しかし、なんといってもGMOはキャッシュバックが高額です。

キャッシュバックが仮に29,000円とすれば、3年の利用で1月あたり805円ほど表の料金から安くなります。また、端末代も0円で利用可能です。

これらを込みで考えると、6社の中では3年間の総費用が一番安くなります。他社にもキャッシュバックを実施しているところや端末代無料のところは多くありますが、GMOとくとくBBの安さには敵いません。

ひとまず3年使ってみて、総費用が安いという恩恵を十分受けてから、他社への乗り換えを考えるとよいでしょう。

各社のキャッシュバック内容

サービス名通常キャッシュバック条件つきキャッシュバック
GMOとくとくBB約27,000円~35,000円なし
GMOとくとくBB(月額プラン)3,000円なし
カシモWiMAX

なし

なし
ネクストモバイル

なし

なし
Broad WiMAXなし

乗り換えで違約金相当19,000円キャッシュバック
Web割(指定オプション加入等が条件)で初期費用18,857円が無料

DTI WiMAX2+なしNTTグループカードでの料金支払いで最大6,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAXなし19,200円の指定端末購入で15,000円キャッシュバック

意外にも、新規加入で誰でも適用されるキャッシュバックを実施しているのは、GMOとくとくBBのみです。

他の各社は違約金をキャッシュバックしたり、端末代をキャッシュバックしたりなど、支払う必要のある料金を実質無料にする内容を中心に実施しています。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受取忘れに注意

GMOとくとくBBは、月額料金の高さを高額のキャッシュバックで打ち消しています。

逆にいうと、キャッシュバックを受け取り損ねた場合一転して、どこの会社よりも料金が高くなってしまうリスクがあります。キャッシュバックだけは受け取り忘れのないよう気をつけましょう。

約1年後の申請時期をスケジュール帳に書き込んでおいたり、GMOメールアドレスへのメールを普段のメールアドレスに転送するよう設定しておくなど、工夫するのがおすすめです。

GMOとくとくBBの月額割引プランもお得

GMOとくとくBBには高額キャッシュバックつきのプラン以外に月額割引プランもあります。

例えば、高額キャッシュバックが30,000円の場合、3年間でキャッシュバックプランとの総額の差は約5,000円になります。

各社と比較しても、3年間の総額は、キャッシュバックプランに次いで月額割引プランが安いです。キャッシュバックの受け取り忘れが怖い場合など、あえて月額割引プランを選ぶのも1つの選択肢になるでしょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

月額割引プランは3年後以降の料金を抑えるのに役立つ

GMOとくとくBBでキャッシュバックがもらえるのは1回限りなので、3年縛りを終えた後は料金が他社より高くついてしまいます。そんなときに役立つのが月額割引プランです。

キャッシュバックは新規加入者しか利用できないキャンペーンですが、月額割引プランは過去に契約したことのある人でも申し込めます。

不思議なシステムですが、3年間が経過したらいったん更新月に0円で解約し、あらためて月額割引プランに申し込むと次の3年もお得に利用できます。

端末無料は5社中GMOとくとくBBを含む5社

端末無料のサービスは、GMOとくとくBB以外でもほとんどの会社が提供しています。6社の中で端末代が必要な会社は、BIGLOBEWiMAXのみです。

端末代は19,200円と高額に設定されていますが、その分端末購入を条件に15,000円のキャッシュバックが利用できるため、実質4,200円となります。

端末無料が目当てなら、BIGLOBE WiMAX以外はどこを選んでも変わりません。

GMOとくとくBBの通信速度を比較

通信速度を比較した結果を元に、各社どのような違いがあるのかを解説します。

サービス名最も速度の速い対応端末下り最大通信速度上り最大通信速度
GMOとくとくBB
カシモWiMAX
Broad WiMAX
DTI WiMAX2+
BIGLOBE WiMAX2+
W06

1.2Gbps(有線)
867Mbps(無線)
558Mbps(ハイスピードモード)

75Mbps
ネクストモバイルFS030W150Mbps50Mbps

WiMAX利用の場合は各社で速度の差はない

表を見てわかる通り、ソフトバンク回線を利用しているネクストモバイル以外の5社は、実は通信速度が変わりません。

各社ともに、回線はWiMAXの本家であるUQコミュニケーションズの、WiMAX2+のものを利用しているためです。

同じ回線を利用している以上、速度や遅延、対応エリアなど、すべての環境はどこを利用しても変わらないのです。

もし、各社で違いを感じるとしたら、最新のルーターなど、速度に優れた機器を利用しているかどうかによるでしょう。WiMAX系の5社は、どこも評判のよい最新端末「W06」や「WX06」に対応しています。

一方で、ソフトバンク回線のネクストモバイルでは、残念ながらルーターの性能が他の5社に比べて大きく劣ります。

速度を求めるのであれば、ネクストモバイルより、最大速度が優秀なWiMAX系の5社のうち、いずれかと契約するとよいでしょう。

GMOとくとくBBを含む4社では最新端末へ更新ができる

WiMAX系の5社のうち、カシモWiMAXを除く4社(GMOとくとくBB、Broad WiMAXDTI WiMAX2+、BIGLOBE WiMAX2+)は、長期間利用しているユーザーを対象に、最新機種への機種変更に対応しています。

支払いは事務手数料のみで端末代金は無料のため、安心して利用し続けられるでしょう。

ただし、GMOとくとくBBでは機種変更すると、契約月がリセットされるデメリットがあります。機種変更時から再び3年縛りが開始され、新規契約ではないために、初月割引などの特典はつきません。

例えばDTI WiMAX2+では月額300円引など、機種変更による特典をつけているため、その点ではGMOとくとくBBはお得感に欠けます。

機種変更したいときはいったん更新月に0円で解約し、今度は月額割引プランで契約すると、他社よりお得なまま使い続けられるでしょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBの契約期間・解約金を比較

各社の契約期間や解約金について比較し解説します。GMOとくとくBBの解約金はやや特殊で、キャンペーンやどこを経由して契約したかによって解約金の額も異なります。

キャンペーン名/契約期間1~12ヶ月目13~24ヶ月目25ヶ月目以降
とくとくBBホームページ24,800円24,800円9,500円
とくとくBBホームページ(増額)19,000円14,000円9,500円
価格.com24,815円24,815円9,500円
割引(鬼安)キャンペーン19,000円14,000円9,500円
機種変更19,000円14,000円9,500円

  • ※いずれも契約期間3年縛り
  • 更新月の解約は無料

次に5社の解約金を比較していきます。

契約期間初月~12ヶ月目13~24ヶ月25ヶ月目26ヶ月~
カシモWiMAX3年19,000円19,000円14,000円9,500円9,500円
ネクストモバイル2年19,000円19,000円14,000円0円9,500円
Broad WiMAX3年19,000円19,000円14,000円9,500円9,500円
DTI WiMAX2+3年19,000円19,000円14,000円9,500円9,500円
BIGLOBE WiMAX1年1,000円1,000円無料無料無料

※更新月の解約は無料

このように、単純に違約金の額では、GMOとくとくBBは他社より高くなることが多いです。

例えば、GMOとくとくBBホームページ、もしくは価格.comを通して契約した場合、13~24ヶ月目の違約金が25,000円弱と、他社と比べ約10,000円高くなっています。最初の1年間の違約金も5,000円ほど高いです。

ただし、これはキャッシュバック自体は他社よりも高額です。

GMOとくとくBBでは契約してから20日間に限り無料で解約ができるので、この期間を有効に使いましょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

解約金が安いのは1年プランのBIGLOBE WiMAX

1年単位で使いたいという場合は、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。BIGLOBE WiMAXの解約金はいつでも1,000円で、他社の追随を許さない価格です。

ただし、その分月額料金は他社に比べて高めに設定されています。使い続ければ続けるほど差が広がっていくため、長く使い続けるよりは、一時しのぎに契約するのにちょうどよいサービスです。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

3年縛りの会社は解約金が高い分月額料金が安い

解約金の値段ではBIGLOBE WiMAXに大きく劣る他の5社ですが、この5社はどこも2~3年縛りの特徴があります。

縛り期間が長い会社は、長い目で見ると1年縛り、あるいは縛りなしの会社よりも月額料金がお得になる傾向です。つまり、1年限定で使うならBIGLOBE WiMAXを、そうでないなら他の5社から選ぶのがよいでしょう。

また、GMOとくとくBBなら少なくとも3年間解約しない前提であれば、キャッシュバックが高額である分他社より最終的に安く利用できます。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBで使用できる端末

GMOとくとくBBでは、無料で利用できる端末として全4種のモバイルルーターが用意されています。それぞれの機種の違いは次の通りです。

なお、()内の数値は、ハイスピードプラスエリアモードにおける数値を記載しています。

機種名W06WX06WX05W05
メーカーHUAWEINECNECHUAWEI
カラーブラックブルー
ホワイトシルバー
ライムグリーン
クラウドホワイト
ソニックレッド
ピュアホワイト
ブラックライム
ホワイトシルバー
サイズ128×64×11.9mm111×62×13.3㎜111×62×13.3mm130×55×12.6mm
重量125g127g128g131g
上り最大通信速度30Mbps(75Mbps)75Mbps(75Mbps)75Mbps(75Mbps)30Mbps(112.5Mbps)
下り最大通信速度558Mbps(1.2Gbps)440Mbps(440Mbps)440Mbps(440Mbps)558Mbps(758Mbps)
最大接続可能台数16台16台10台10台
連続通信時間11時間40分14時間14時間10.5時間
バッテリー800時間700時間700時間850時間
電池容量3,000mAh3,200mAh3,200mAh2,750mAh
別売電池交換××
発売時期2019年1月25日2020年1月30日2018年11月8日2018年1月19日

この4機種の中でおすすめは「W06」です。発売時期こそWX06より古いのですが、下り558Mbps(1.2Gbps)など、通信速度でWX06より優れています。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBの比較・評判まとめ

GMOとくとくBBは、口コミも全体的に高評価で、料金も安く利用できます。利用するにあたっては、次のポイントを覚えておきましょう。

キャッシュバックで3年間の料金がどこよりも安くなる

GMOとくとくBBは一見月額料金が高く見えるものの、高額キャッシュバックがあるために累計の利用料金はどこよりも安くなります。少なくとも3年間は安心して利用できるでしょう。

縛り期間があるとはいえ、最初の20日間は不満があれば無料で解約ができます。速度への評価も高いので、ひとまずお試しとして申し込んでみるのがおすすめです。

3年ごとの再契約で常に快適・高速の通信ができる

GMOとくとくBBはWi-Fiルーターが無料で利用できます。高性能、かつ人気の「W06」なども利用できるのが魅力です。

現在使用している端末が古くなってしまった場合、事務手数料3,000円の支払いのみで最新機種に変更することもできます。

ただし、変更後は月額割引などが適用されません。3年経過したら一度解約し、月額割引プランを再申し込みしましょう。

このように、お得に利用するのにはコツがあるGMOとくとくBBですが、コツを踏まえればどこよりも安くWi-Fiを利用できます。GMOとくとくBBで、快適なWi-Fi通信を楽しみましょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい