1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 通信速度の速いポケットWiFi4つを徹底比較!料金や下り速度なども解説

通信速度の速いポケットWiFi4つを徹底比較!料金や下り速度なども解説

更新日:2020.08.04

せっかくポケットWiFiを買うなら、通信速度の速いものを選びたいですよね。本記事では、通信速度の速いWiFiを選ぶために必要な基礎知識や、選ぶ際に見るべきポイント、おすすめのWiFiについてまとめています。通信速度の速いポケットWiFiを選んで、快適なインターネット環境を作りましょう。

ポケットWiFiを選ぶとき、気にしたいポイントは人によってそれぞれだと思います。

この記事では、通信速度を軸におすすめのポケットWiFiの機種をご紹介します。また、いざポケットWiFiを購入するとき、どこのプロバイダで購入するのがお得なのかについても、それぞれの特徴から徹底比較します。

SIMチェンジWIFI

ポケットWiFiの基礎知識

知識

WiFiを選ぶ際、通信速度は重要な基準の一つです。WiFiに接続していないほうが快適に感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

せっかくWiFiを買って接続したのにがっかり体験はしたくないですよね。ここでは、通信速度が速いポケットWiFiを手にするために必要な基礎知識をご紹介します。

通信速度・下り速度とは

WiFiを接続している時、通信速度が遅いと使用目的によってはストレスを感じてしまいます。「通信速度の速いWiFiを選びたい」と言っても何を参考にすればよいのかわからないですよね。

ここでは通信速度の仕組みを解説し、使用目的に合ったWiFiを選ぶ方法をご紹介します。

WiFiの速度を見る時のポイントはこの2つです。

  • 「下りMbps」を見る
  • 「最大通信速度」は理論値

一点目は「下りMbps」を確認することです。「下り」という言葉は「受信」という意味です。スマホやパソコンでWiFiを使用する場合、この受信できるスピードで速度、いわゆる快適さが決まります。「Mbps」は単位で、1秒間にどれくらいのデータをやり取りできるかを表します。

したがって、「下り」の「Mbps」の値が大きいほど1秒間に受信できるデータ量が多い、ということです。

二点目は「最大通信速度」が理論値であるということです。「最大通信速度」という言葉は、WiFi本体が最大で実現可能な通信速度を表しています。普段WiFiを使用するときに理論値であるこの最大通信速度は、実現されない場合がほとんどというを頭においておきましょう。

以上、2点が我々が感じられるWiFiの通信速度を構成するものです。

利用目的と必要な下りMbpsを表にまとめました。目的にあったWiFiを選ぶときの参考にしてみてはいかがでしょう。

利用目的必要な下りMbps
SNS利用、メールの送受信
サイトの閲覧
1~10Mbps
YouTube動画鑑賞
オンラインゲーム
10~30Mbps
高画質のYouTube動画鑑賞
動画配信サービスのドラマや映画など
30~60Mbps

※この数値は、あくまでも目安です。

対応エリアとは

ポケットWiFiを使用するとき、対応エリアにも気を付けなければなりません。使用場所が対応エリア外だとWiFiを使用してデータ通信が行えません。購入の際には、ご自身の使用場所が、対応エリア内かどうかを確認した上で購入しましょう。

対応エリアとは、「ポケットWiFiがデータを受信できる地域」です。ポケットWiFiには様々な機種があります。それぞれの機種によって受信できる電波も異なっており、それによって対応エリアに差がでてきます。

これからポケットWiFiを購入予定の方は、各プロバイダのHPから対応エリアを検索することができます。すでにポケットWiFiを購入済みの方は、自分が購入したプロバイダのHPから検索するか、「(ご自身が持っているポケットWiFiの)機種名 対応エリア」などのキーワードで検索することで対応エリアを確認できます。

ここでは、業界最安級のプロバイダである「カシモWiMAX」を一例に、対応エリアの検索方法をご紹介します。

基本的に、どのプロバイダでも検索方法に差はありません。サイト内のエリア検索のページに、使用場所の住所や特徴を入力する画面があるので、そこに必要事項を入力し検索します。

カシモ 可能エリア検索

カシモWiMAXで検索すると、以下の様に判定を「〇、△、×」でわかりやすく表示されます。

東京ドーム 〇

せっかく通信速度の速いポケットWiFiを入手したのに、対応エリア外だった、といった悲しい結果にならないためにも、購入前にしっかりと使用場所が対応エリア内かどうか、を確認しましょう。

プロバイダとは

「プロバイダ」という言葉を初めて聞いた方や、よく耳にするけど何のことかわからない、という方も多いのでないでしょうか。ここでは、プロバイダについて簡単に解説します。

プロバイダとは、「ネット回線をインターネットにつなげるサービス」のことです。

わかりやすくイラストにすると、以下のようになります。

イラスト

イラストでわかる通り、プロバイダはインターネットの入口の役割を果たしています。プロバイダと契約を結ぶことで、ネット回線を通してインターネットを使用できるようになります。また実際にポケットWiFiを購入するとき、プロバイダから購入し同時に契約することがほとんどであるため、契約をし損なう心配は低いと言えます。

また、私たちはポケットWiFiを購入するときにプロバイダを選ぶことができます。先ほど例として挙げた「カシモWiMAX」などがプロバイダです。

よく、WiFi関連の検索をしたときに「最安値|WiFi月額〇〇円~」といった見出しのサイトを目にすると思います。これらがプロバイダです。私たちは自分の求めるニーズにあったプロバイダからポケットWiFiを購入することで、インターネットが利用可能になります。

おすすめのプロバイダについては記事の後半に取り上げていますので、ご購入を検討されている方は参考にしてください。

ポケットWiFiの速度制限について

スマホをお使いのみなさんなら、一度は速度制限に悩まされた経験があるのではないでしょうか。ポケットWiFiのプランの中には、無制限プランというものがあります。データ容量の制限がなく、どんなに使ってもよいプランです。

どれだけ使っても料金が変わらないと聞くと、夢のようなプランですよね。しかし、ポケットWiFiにも速度制限は存在します。ここでは、「無制限プランでの速度制限」について解説します。

ポケットWiFiの速度制限とは「3日間で10GB以上使うと翌日の18時から翌々日の午前2時までの間、通信速度が1Mbpsになる」というものです。

YouTubeで10GBを消費するためには、超高画質で約7時間、高画質で約13時間見続ける必要があります。こう考えると、3日間で10GB以上を利用することはあまりないように感じる方が多いと思います。

また、速度制限中の1Mbpsという速さがどれくらいなのかも気になりますよね。サイト閲覧の場合、画像の多いサイトでは少し読み込み時間がかかることもありますが、気になるほどではありません。LINEも動画など容量が大きいものの送受信には少し時間がかかりますが、文章や画像の送受信、通話は問題なく利用できます。

動画視聴は、高画質だと読み込みに時間がかかるものの、中画質なら問題なく視聴できます。以下に、通信制限がかかった際にできることとできないことをまとめましたので、参考にしてくださいね。

ポケットWiFiの速度制限中でもできること

  • 中画質程度の動画視聴
  • サイト閲覧(画像が多い場合は読み込みに時間がかかる)
  • 地図アプリ
  • LINEなど各種SNS(動画の投稿や送受信にはやや時間がかかる)

ポケットWiFiの速度制限中にできないこと

  • 高画質の動画視聴
  • ECサイトでの買い物
  • ゲームアプリ
  • アプリのダウンロード

ポケットWiFiのデータ容量

様々なキャリアやプロバイダからWiFiのプランが出されていますが、料金と同じくらい気になるのがデータ容量ではないでしょうか。

◯GBと書かれていても実際どれくらいなのか、なかなかイメージできませんよね。多くのプランで採用されている7GBがどれくらいの容量なのかを解説します。

1ヶ月で7GB到達までの目安

  • メールの送受信:1870万通
  • WEBの閲覧:50,600ページ
  • 動画視聴:33時間
  • 音楽ダウンロード:1,790曲

出典:ソフトバンク

動画視聴を頻繁にする方はあっという間に7GBを超えてしまいそうですね。一方で、特に動画やアプリなどを使わない方は、7GBでも十分足りるでしょう。

自分に合ったデータ容量と料金プランを選んでくださいね。

通信速度が最も速いポケットWiFiの機種を徹底解説

モバイルWiFi

ポケットWiFiの中で最も速いWiFiはいったいどの機種なのでしょうか。

ここでは、速さをポイントとしてWiFiをお探しのみなさんが知っておくべきWiFiの機種を解説します。ぜひ情報を集め、手に入れてくださいね。

SIMチェンジWIFI

ずばり通信速度が最も早い機種はこれ!

結論から言うと、2020年5月現在、最も通信速度が速いポケットWiFiは以下の機種です。

  • Speed WiFi NEXT W06
    下り最大速度:1.2Gbps(=1,200Mbps)

最大速度は、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアで可能な理論値です。

理論値ではありますが、下り最大速度は、1.2Gbps(=1,200Mbps)となっており、一般的なポケットWiFiの下り最大速度が、440Mbps程度であることからしても非常に速い通信速度のポケットWiFiであることがわかります。

ただし、注意しなくてはならないのは、上記一部エリアで可能な数値である、ということです。

最も速い機種を手に入れるために

この最速の通信速度であるポケットWiFiを購入できるプロバイダをご紹介します。それは以下の4つです。

  • カシモWiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX

他にも、このポケットWiFiの取り扱いがあるプロバイダは多数ありますが、料金プランやデータ制限の観点からおすすめできるプロバイダは以上4社です。

次の項で、これら4つのプロバイダをプランの特徴から比較します。

おすすめのポケットWiFiプロバイダ4選|特徴比較

WiFi

ここでは、実際にポケットWiFiを購入する時におすすめのプロバイダをご紹介します。各社、料金プランや取り扱い機種も異なり、比較が難しいという感覚をお持ちの方も多いと思います。

そこで、わかりやすく今回は、おすすめのプロバイダ3社を「料金プラン、解約金、取り扱い機種(ポケットWiFi)」を軸として特徴を見ていきましょう。

カシモWiMAX|業界最安級の料金プラン

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXの特徴は、以下の通りです。

  • 初月の利用料金が、1,380円と業界最安級
  • 通信速度が速いポケットWiFi「Speed WiFi NEXT W06」の機種代が無料
  • 最短当日発送
  • 送料無料

以上からカシモWiMAXは、ご購入者が優れたポケットWiFiを業界最安級で、利用を始められるプロバイダと言えます。安く、優れたポケットWiFiの利用を始めたい、といった方におすすめです。

料金プランギガ放題プラン(無制限):1,380円~/月
ライトプラン(7GB):1380円~/月
解約金0か月目~12か月目までのご解約の場合:19,000円
13か月目~24か月目までのご解約の場合:14,000円
25か月目以降のご解約の場合:9,500円
ただし、契約更新月は解約金は無料(3年自動更新)
取り扱い機種Speed WiFi NEXT W06(最大下りMbps:1,200Mbps)
Speed WiFi NEXT WX06(最大下りMbps:440Mbps)

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX|キャンペーンが豊富

出典:UQWiMAX

UQ WiMAXの特徴は、以下の通りです。

  • キャッシュバックキャンペーンを実施している
  • auのスマホを使っていればお得
  • ギガ放題プランがある

UQ WiMAXは、auユーザーのスマホを契約していれば、スマホ代が月額最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンを行っています。様々なキャッシュバックキャンペーンを行っているので、お得なタイミングで契約することをおすすめします。

料金プランギガ放題プラン(無制限):3,880円~/月
ライトプラン無し
解約金0か月目~12か月目までのご解約の場合:19,000円
13か月目~24か月目までのご解約の場合:14,000円
25か月目以降のご解約の場合:9,500円
ただし、契約更新月は解約金は無料(3年自動更新)
取り扱い機種Speed WiFi NEXT W06(最大下りMbps:1,200Mbps)
Speed WiFi NEXT WX06(最大下りMbps:440Mbps)

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX|1年程度の利用にぴったり

出典:BIGLOBEWiMAX

BIGLOBE WiMAXの特徴は、以下の通りです。

  • 解約金がとにかく安い(最初の1年は1,000円でそれ以降は無料)
  • 利用料金が一律:3,980円
  • 機種代が毎月800円必要

これらから、利用期間を1年程度で考えている方におすすめのプロバイダです。解約金については、他社では2年以内まで14,000円としているものが多く1年以内に解約すると多額の費用がかかります。

一方BIGLOBE WiMAXは、格安で解約ができる点でおすすめです。しかし、毎月の利用料金は機種代を含めて、4,780円と割高です。

料金プランギガ放題プラン(無制限):4,780円*~/月
(*機種代:800/月含む)
7GBプラン無し
解約金0か月目~12か月目までのご解約の場合:1,000円
3か月目以降のご解約の場合:無料(1年契約、自動更新無し)
取り扱い機種Speed WiFi NEXT W06 (最大下りMbps:1,200Mbps)
Speed WiFi NEXT WX06 (最大下りMbps:440Mbps)

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

GMOとくとくBB WiMAX|初期費用がお得

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの特徴は、以下の通りです。

  • 2年利用した場合の合計費用が業界最安級
  • 月額300円で、故障保証のオプションあり
  • LTEオプション・端末代金無料

これらの特徴から、利用期間を2年程度で考えている方におすすめのプロバイダです。2年目以降は、毎月の利用料金が他プロバイダに比べ割高になるので注意が必要です。

他には、オプションサービスが充実しており、安心して充実したサービスを選択できる点でおすすめです。

料金プランギガ放題プラン(無制限):2,590円~/月
ライトプラン(7GB):2,590円~/月
解約金0か月目~12か月目までのご解約の場合:19,000円
13か月目~24か月目までのご解約の場合:14,000円
25か月目以降のご解約の場合:9,500円
ただし、契約更新月は解約金は無料(3年自動更新)
取り扱い機種Speed WiFi NEXT W06 (最大下りMbps:1,200Mbps)
Speed WiFi NEXT WX06 (最大下りMbps:440Mbps)

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

SIMチェンジWIFI

まとめ

スマホを操作する女性

とても便利なポケットWiFiですが、落とし穴が多く存在するのも事実です。

この記事では、通信速度を軸におすすめ機種やプロバイダなどを紹介してきました。

ユーザーそれぞれの使用目的や使用場所、重視したい機能などをじっくり検討したうえで、お得なプロバイダで購入することをおすすめします。

SHARE!!