1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの最安プロバイダはどこ?キャッシュバックに惑わされずに選ぶポイント・料金比較

WiMAXの最安プロバイダはどこ?キャッシュバックに惑わされずに選ぶポイント・料金比較

更新日:2020.06.24

WiMAXは対応エリアが幅広いことから、自宅ではもちろん外出先でも手軽にインターネットが楽しめる通信端末です。ここでは、最安でWiMAXを利用するためにおさえておきたいポイントのほか、おすすめのプロバイダの特徴や料金比較を詳しく解説します。

WiMAXは基本的にどのプロバイダで契約しても性能自体に差はありませんが、月額料金やキャッシュバックなどの取扱いは会社ごとに異なります。

そのため、WiMAXの契約を検討しているけれども、最安でWiMAXを利用できるプロバイダについて知りたいという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、WiMAXを最安で利用するために、知っておきたいポイントについて詳しく解説するほか、料金が安い「おすすめのプロバイダ」を紹介していきます。

SIMチェンジWIFI

最安でWiMAXを使うならカシモWiMAX

最安でWiMAXを利用するなら「カシモWiMAX」がおすすめです。

カシモWiMAXではキャッシュバックキャンペーンを開催していませんが、その代りとして月額料金の安さを重視しています。

そのため、通常プランまたはギガ放題のどちらを選んでも、他のプロバイダに比べてWiMAXを安く利用できます。

さらに、「ギガMAX月割」を利用して、スマホとWiMAX2+をまとめると、最大月額500円の割引が受けられますので、上手く活用してお得にWiMAXを使いましょう

WiMAXを最安で利用する4つのポイント

WiMAXを少しでも安く利用するには「料金が安いプランを選ぶ」、または「キャッシュバックのタイミングを狙う」などの方法があります。

ここでは、WiMAXを最安で利用するために押さえておきたい、4つのポイントについて紹介しますので、参考にしてみてください。

キャンペーンやキャッシュバックを含む実質料金で比較する

WiMAXを利用するにはプロバイダと契約する必要がありますが、毎月の料金を少しでも安くおさえるためにも、月額料金が安いプロバイダを選ぶという人が多いのではないでしょうか。

実はプロバイダによっては月額料金よりも、キャンペーンやキャッシュバックに力を入れていることがあり、1年間のトータルではキャッシュバックの方が安くなる場合があります。

たとえば、GMOとくとくBB WiMAXは最大27,000円のキャッシュバックの特典が受けられます。

ただし、キャッシュバックが支払われるタイミングは契約から1年後の1ヶ月以内に申請が必要など、手続きが複雑なこともあるので、メモなどに残しておいたほうがよいでしょう。

また、月額料金が安くても「事務手数料」や「登録料」などの名目で別料金が加算され、毎月の利用料金が割高となってしまうことがあります。

これらの理由からWiMAXを最安で利用するためには、公式で紹介されている月額料金だけはなく、手数料やキャッシュバックなどを含めた金額を比較して判断するとよいでしょう。

SIMチェンジWIFI

使用するデータ容量にあったプランを選ぶ

WiMAXの料金プランにはデータ制限の上限がない「ギガ放題」と、利用制限が7GBの「通常プラン」から選択が可能です。

各プロバイダによって料金プランの名称が異なっているため、人によっては分かりにくいと思うかもしれません。

そこで各プロバイダの料金プランの名称を、以下の表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

プロバイダ名通常プラン(7GB)ギガ放題
auWiMAX2+フラットfor DATAWiMAX2+フラットfor DATA EX
UQ WiMAXなしギガ放題
Broad WiMAXライトプランギガ放題プラン
So-netFlatツープラス(7G)Flatツープラスギガ放題
カシモWiMAXカシモWiMAX2+ライトプランカシモWiMAX2+ギガ放題
BIGLOBEなしギガ放題
ヤマダ電機YAMADAギガ放題プラン
BICCAMERABICギガ放題

動画やゲームを利用する機会が多いというのであれば「ギガ放題」、インターネットをそれほど利用しないという人は「通常プラン」を選ぶのがおすすめです。

なお表でも紹介していますが、プロバイダによっては「通常プラン」の取扱いがない場合もあるので注意が必要です。

乗り換える場合は解約金がかからないタイミングを狙う

引っ越し先がWiMAXのエリア対象外で利用できない、あるいは他の通信手段に切り替えたいなどの理由でWiMAXを解約する場合、タイミングによっては解約違約金がかかってしまいます。

解約違約金にかかる料金は、タイミングや各プロバイダによって異なりますので、一部ですが各プロバイダの解約違約金の額について紹介します。

WiMAX解約違約金(2年契約の場合)
プロバイダ名1年目2年目更新月更新月から翌月以降
GMOとくとくBB WiMAX24,800円無料9,500円
UQ WiMAX19,000円
(1~13ヶ月)
14,000円
(14~24ヶ月)
無料9,500円
Broad WiMAX19,000円
(0~12ヶ月)
14,000円
(13~24ヶ月)
無料9,500円

以上のように、契約から24ヶ月以内に解約すると違約金が発生しますが、更新月に解約すれば料金はかかりません。

更新月のタイミングを逃してしまうと、ほとんどのプロバイダでは契約が自動更新されてしまい、次の更新月までに解約した場合でも、違約金が発生します。解約を検討する時は更新月の確認をしておきましょう。

最安にする条件が厳しくないかをチェック

WiMAXの利用料金を最安にするためには、ギガ放題ではなくデータ制限のある、「7GB」プランを利用するとよいでしょう。

たとえば、GMOとくとくBB WiMAXでは7GBの月額料金は3,609円、ギガ放題なら4,263円かかりますので、毎月654円安くなるという計算になります。

しかし、7GBのプランに契約して利用制限を超えてしまった場合、制限を解除するには追加料金を支払うなどの厳しい条件があるので注意が必要です。

WiMAXやスマホ端末を契約した際に期間限定の無料オプションに加入した場合、期間が過ぎてもオプションを解約せずにそのまま使っているといったケースも少なくありません。

この場合、せっかく安いプランに加入して料金が安くなっているにも関わらず、不要な料金を払い続けることで、かえって割高となってしまいます。

なお、オプションへの加入の有無は契約書また公式サイトにログインして調べることができますので、損をしないためにも確認しておきましょう。

ギガ放題プランのWiMAX最安プロバイダ5選を比較

数あるWiMAXを取り扱っているプロバイダの中でも、実質料金が安いプロバイダを5社に厳選して紹介していきます。

まずは、各プロバイダの月額料金、3年間の総額、利用できるキャンペーンについて、以下の表にまとめてみました。

プロバイダ名
(プラン名)
実質の月額料金3年間の総額キャッシュバック
キャンペーン
カシモWiMAX
(ギガ放題プラン)
初月 1,380円
2~24ヶ月 3,580円
25ヶ月目以降 4,079円
13万2,668円特になし
GMOとくとくBB
(ギガ放題プラン)
初月~2ヶ月 3,609円
3ヶ月目以降 4,263円
15万2,160円最大27,000円キャッシュバック
JP WiMAX初月~3ヶ月 2,800円
4~24ヶ月 3,500円
25ヶ月目以降 4,100円
13万1,100円Amazonギフト券
10,000円キャッシュバック
DTI WiMAX2+
(ギガ放題プラン)
初月~2ヶ月 無料
3ヶ月目 2,590円
4ヶ月目以降 3,760円
12万6,670円特になし
So-net WiMAX
(Flat ツープラス
ギガ放題)
初月~12ヶ月 3,380円
13~36か月 4,379円
14万5,696円特になし

続いて、各プロバイダの特徴や詳細について解説していきますので、プロバイダを選ぶ際の参考にしてみてください。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

「株式会社MEモバイル」が運営するプロバイダで、毎月の料金を安く提供しているのが特徴です。

料金の安さを重視しているため、キャッシュバックキャンペーンなどは行っていません。しかし、WiMAXを提供するプロバイダの中でも、とくに初月の月額料金は1,380円で業界最安クラスとなっています。

月額料金が安いだけではなく、必要がなければオプションに加入しなくてもよいので、安心して利用できます。

また、初期費用として必要な端末代金を支払う必要がないほか、8日以内に解約すれば違約金もかかりませんので、WiMAXをお試しに使ってみてはいかがでしょうか。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

GMOとくとくBB

出典:GMOWiMAX

プロバイダーとしての運営実績が20年以上ある「GMOインターネット株式会社」が提供する、インターネットサービスプロバイダです。

GMOとくとくBBの「ギガ放題」の月額料金は2ヶ月目までは3,609円と割安ですが、3ヶ月目以降は4,263円となるので、他のプロバイダと比較すると割高に感じるかもしれません。

しかし、GMOとくとくBBはキャッシュバックに力を入れており、最大で「27,000円」のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックを受けるには、以下の条件が必要となります。

  • GMOとくとくBB会員として新規契約であること
  • Webページの公式サイトを経由して申し込みを行うこと
  • 契約後、11ヵ月目に「口座情報登録メール」が届くので、1ヶ月以内に振込口座登録の返信を行うこと

以上のように、キャッシュバックキャンペーンは「新規契約者」が対象となっており、過去に契約して退会したことがある人は受け取れません。

口座情報登録メールはGMOで設定した「プロバイダメール」宛てに届きます。

そのため、普段からプロバイダメールを利用している人は、見落してしまう可能性があるので、11ヵ月目あたりから小まめにログインするようにしましょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

JP WiMAX

世界150ヶ国で約2,000万ヶ所のWi-fiスポットを保有する、FONの日本法人「フォンジャパン」が2018年からサービスを展開しているプロバイダです。

無制限でデータが使える「ギガ放題プラン」の3年間の支払い総額は、他のプロバイダと比較しても割安です。

JPWiMAXでは、契約からすぐに「Amazonギフト券10,000円分」が受け取れるキャンペーンを行っているので、とくにAmazonを利用している人にはお得です。

ただし解約違約金が他のプロバイダに比べてもっとも高く、1年未満で解約すると「30,000円」、3年未満では「25,000円」の違約金が発生します。

JPWiMAXを契約する

DTI WiMAX2+

出典:DTIWiMAX

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営しているプロバイダで、アルファベットの頭文字を取って「DTI」と名付けられました。

DTIはWiMAX2+以外にも、ADSLや光ファイバーなどを取り扱っており、比較的安い料金で提供しているのが特徴です。

DTI WiMAX2+ギガ放題プラン(3年)では2ヶ月目まで無料、3ヶ月目は2,590円、4ヶ月目以降は3,760円で、3年間の支払総額が最安です。

これまでキャッシュバックキャンペーンを行っていましたが、毎月500円×12ヶ月間=最大6,000円がクレジットカードの利用料金より割引される特典があります。

ただしNTTグループが発行しているクレジットカードに入会し、DTI WiMAX2+の利用料金を決済するのが条件です。

DTI WiMAX2+を契約する!

So-net WiMAX

出典:So-netWiMAX

So-net WiMAXは「ソニーネットワークコミュニケーションズ」というソニーの子会社の1つで、日本だけではなく台湾でも展開しているプロバイダサービスです。

UQコミュニケーションズの回線を利用しておりサポートが充実しています。

3年間の支払総額は14万5,696円で、キャッシュバックキャンペーンも行われていないため、他のプロバイダと比較してみても、金銭的なお得感はないかもしれません。

しかし、インターネットで質問できる「So-net 安心サポート」や、ウィルス対策のセキュリティサポートが、1年間無料で受けられるため初心者の人には安心です。

So-net WiMAXではルーターを2年10ヶ月利用すると、無料で機種変更してもらえるので、長期契約でも快適な通信環境を維持できるのも嬉しいポイントです。

So-net WiMAXを契約する!

通常プランでのWiMAX最安プロバイダ5選を比較

WiMAXを最安で利用するためにも、データ制限のある「通常プラン」において、おすすめのプロバイダを5社に厳選して紹介していきます。

各プロバイダの月額料金や、開催されているキャッシュバックキャンペーンの一覧は以下です。

プロバイダ名
(プラン名)
実質の月額料金3年間の総額キャッシュバック
キャンペーン
カシモWiMAX
(ライトプラン)
初月1,380円
2~24ヶ月目 2,980円
25ヶ月目以降 3,379円
11万468円特になし
Broad WiMAX
(ライトプラン)
初月~24ヶ月目 2,726円
25ヶ月目以降 3,326円
10万5,336円Webからの申し込みで
初期費用18,857円が無料
GMOとくとくBB
(7GBプラン)
初月~2ヶ月目 3,609円
(日割計算)
3ヶ月目以降 3,609円
12万9,924円最大27,000円
キャッシュバック
So-net WiMAX
Flat ツープラス (7G)
初月~12ヶ月 2,780円
13~36ヵ月 3,695円
12万2,040円特になし
DTI WiMAX2+
(モバイルプラン)
初月~36ヵ月 3,500円12万6,000円特になし

これらのプロバイダについてさらに詳しく解説していきます。

カシモWiMAX

ギガ放題はもちろん、データ利用制限がある「ライトプラン」でも、他のプロバイダと比べて3年間の支払総額が割安です。

スマホやパソコンを使ってゲームや動画を利用する機会が少ないのであれば、ギガ放題よりもライトプランにしたほうが、3年で約22,000円の節約ができるでしょう。

「料金を安く抑えたいので、ギガ放題からライトプランに変更したい」という場合でも、手数料なしでプランを変更できます。

ただしプランを変更すると一部割引が使えなくなることや、毎月15日までにカシモサービスセンターに問い合わせる必要があります。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは株式会社リンクライフが提供するプロバイダサービスで、WiMAX以外にも固定回線などの代理販売を展開しています。

初月から24ヶ月目までは2,726円、25ヶ月目以降も3,326円で、3年間の支払い総額は10万5,336円と、他のプロバイダと比べ業界最安クラスです。

他社の初期費用の平均額が約3,000円に対して、Broad WiMAXでは18,857円かかるので、実質的には割高となってしまいます。

Webサイトから申し込めば、初期費用が無料になるキャンペーンがあるため、上手く活用すれば最安料金で利用できます。

Broad WiMAXを契約する!

GMOとくとくBB

「7GBプラン」は初月から契約更新月までの期間中、月額料金は一定額の3,609円です。

パソコンやスマホでインターネットをあまり利用しないという人は、ギガ放題より料金が安い「7GBプラン」のほうが安いです。

また7GBプランを契約中に「ギガ数が足りない」と思ったら、いつでも月単位でプラン変更を行うことが可能で変更手数料もかかりません。

プランを変更するには「BBnavi」にログインし、末日の前日18時までに申し込めば、翌月からプランが切り替わります。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

So-net WiMAX

「Flatツープラスプラン(7GB)」の月額料金は、初月から12ヶ月目までは2,780円、12ヶ月以降は3,695円と契約更新月まで割引が適用されます。

キャッシュバックキャンペーンの代わりに、すでに月額料金に割引が適用されており「申請が遅れて、キャッシュバック料金を受け取れない」といった心配もありません。

So-net WiMAXを契約する!

DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+モバイルプランは更新月まで、料金一律の「3,500円」で利用できますが、他社のように初月割引がないので3年間の支払総額は割高です。

当初、高額キャッシュバックキャンペーンを実施していましたが、現在はキャッシュバックキャンペーンは行っていません。

またギガ放題の事務手数料が3,000円かかるのに対し、モバイルプランでは5,000円が必要です。

DTI WiMAX2+を契約する!

WiMAXのプロバイダと契約するときのポイント・注意点

ここでは、WiMAXのプロバイダを最安で契約するためにも、押さえておきたいポイントや注意点があります。各項目を詳しく解説していきます。

SIMチェンジWIFI

ルーターは目的に合わせて最新のものを選ぶ

基本的には最新のルーターを選べば間違いありませんが、できれば通信速度が速いルーターを選ぶのがおすすめです。

通信速度はMbps(メガビーピーエス)という単位で表示され、数値が大きいほど通信速度が速いことになります。

通信速度には「上り最大通信速度」と「下り最大通信速度」があり、上りは送信(アップロード)、下りは受信(ダウンロード)に影響します。

このうち下り最大通信速度が速いほど、快適にゲームや動画を楽しめるほか、Webページを素早く開けるなど、重要な役割を持っています。

また自宅のパソコンを使って利用する機会が多いのであれば「据え置きタイプ」、主にスマホ中心に利用するという方は「モバイルタイプ」のルーターを選ぶのがおすすめです。

ネット限定のキャンペーンを上手に利用する

WiMAXを契約するにはauショップなどの店舗のほかに、プロバイダによっては家電量販店でも申し込みが可能ですが、料金を安くするにはWebサイトからの契約がおすすめです。

店舗や家電量販店などで契約した場合、人件費や事務手数料が別途かかるのに対して、Webサイトではスタッフを配置する必要がないことから、その分料金が安くなります。

またキャッシュバックキャンペーンを受ける条件として、Webサイトからの契約に限定されることが多いので、上手く活用するためにも店頭からではなくWebサイトから申し込むことをおすすめします。

使い方によって速度制限がかかる

通常プランはもちろん、ギガ放題プランでも一定のデータ通信量を超えた場合、速度制限がかかります。

通常プランを利用中に当月のデータ通信量が7GBを超えると、月末まで通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

128Kbpsに制限された場合、動画やインターネット検索などの読み込みが遅くなり、ネット環境を快適に利用できません。

これに対しギガ放題プランにはデータ容量に制限はありませんが、3日間のデータ通信量の合計が「10GB」を超えると、ネットワークの混雑を回避するのを理由に通信速度が制限されます。

データ通信量の合計が10GBを越えた場合、翌日の18時頃~翌々日の2時頃までの時間帯で、3日間は通信速度が制限されてしまうので注意しましょう。

最安のWiMAXで快適にWiFiを使用しよう

WiMAXを最安で利用するには、キャッシュバックキャンペーンの金額だけに捉われず、月額料金や手数料などを含めた、実質金額で比較することが大切です。

また、普段からインターネットで動画やゲームをする機会が少ない人は、ギガ放題よりも通常プランを選んだほうが、月額料金を安く抑えられます。

WiMAXのプロバイダ選びに迷ったら、これまで紹介したプロバイダを参考にして検討してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい