1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ソフトバンクの料金シミュレーション|スマホ代を見直してプラン変更する方法を解説

ソフトバンクの料金シミュレーション|スマホ代を見直してプラン変更する方法を解説

更新日:2021.08.19

ソフトバンクユーザーの中で、毎月のスマホ代が高いと感じている人はいませんか。シミュレーションして料金を見直せば、スマホ代の節約に繋がる可能性が高まります。この記事では、ソフトバンクの料金をシミュレーションする方法やおすすめプランを紹介しています。

この記事の目次

通話やインターネットを頻繁に使っているつもりはないのに、ソフトバンクのスマホ代が高いと感じている人もいるのではないでしょうか。

ソフトバンクのスマホ代を抑える方法としては、シミュレーションして料金を見直しする方法がおすすめです。この記事では、ソフトバンクの料金をシミュレーションする方法やおすすめプランを紹介していきます。

利用状況別のおすすめプランもあわせて紹介しているので、自分にあうプランを見つけてスマホ代の節約を実現しましょう。

ソフトバンクの料金を見直すポイント

ソフトバンクのスマホ代が高いと感じている場合、シミュレーションの前に現在の契約内容を確認することが大切です。

契約内容を確認するとともに通話やインターネットの利用状況を把握することで、適切な料金プランやオプションサービスが見つけやすくなります。

必要のないオプションを外す

ソフトバンクで契約や機種変更する場合、ソフトバンクショップとオンラインショップのいずれかで手続きできます。

ソフトバンクショップで手続きしたなら、対象のオプションサービスに加入することで適用できるキャンペーンを利用している可能性があります。

このような場合、オプションサービスに一定期間加入後は必要に応じて解除してもよいケースがほとんどです。

しかし、解除のタイミングを逃してしまうと、毎月のスマホ代にオプションサービスの料金が上乗せされてしまいます。

使っていない不要なオプションサービスに加入している場合は、スマホ代を高くする原因になるのですぐに解約しましょう。

なお、オプションサービスの解除は、公式ホームページのチャットサービスやMy SoftBankで手続きできます。

不要なオプションを外した場合の事例

ここで、不要なオプションサービスを解除した場合の料金例を紹介します。たとえば、次のようなオプションサービスに加入していた場合、すべて解除すると毎月のスマホ代が1,639円(税込)安くなります。

  • とく放題(M):月額649円(税込)
  • ブック放題:月額550円(税込)
  • アニメ放題:月額440円(税込)

各オプションサービスの月額料金は数百円程度ですが、数が多くなるにつれてスマホ代も高くなります。利用状況から必要性の有無を検討し、必要なオプションサービスに絞ることでスマホ代の節約に繋がります。

オプションを外す場合の注意点

加入中のオプションサービスをすべて解除してしまうと、もしものときに適切なサービスが受けられなくなる場合もあるので注意しましょう。

特に次のようなオプションサービスの場合は、水没や落下による破損といったトラブルで端末が故障したときに修理代の割引が受けられなくなります。

  • AppleCare+ for iPhone:月額633~732円(税込)
  • あんしん保証パックプラス:月額715円(税込) など

たとえば、水没で端末の修理が必要になった場合、通常であれば最大44,000円の修理代があんしん保証パックプラスに加入していると5,000円になります。

端末のトラブルはいつどのようなときに起こるかわからないため、もしものときに修理代の割引を受けたい場合はオプションサービスに加入しておくと安心です。

そのため、端末保証に関するオプションサービスは、必要性の有無を十分に考慮した上で解除するようにしましょう。

通話料金が高いなら通話オプションに加入する

ソフトバンクで契約中の料金プランや割引サービスによって異なりますが、家族割引に加入中なら家族間の通話はいつでも無料です。

また、友人や職場の同僚と通話する場合は、LINEやSkyPhoneといった通話アプリを利用すれば無料になります。

通話料金が高いと感じているなら、通話に特化したオプションサービスに加入するとスマホ代の節約に繋がります

ただし、すでに加入している通話オプションの月額料金よりも通話料金が低い場合は、オプションサービスを解除した方がスマホ代を抑えられます。

通話オプションに加入した場合の事例

ソフトバンクの通話オプションは、定額オプション+と準定額オプション+の2種類です。

オプション名特徴月額料金
定額オプション+24時間いつでも無料
通話し放題
ただし、国内通話に限る
1,980円(税込)
準定額オプション+1回につき5分以内の通話が無料
ただし、国内通話に限る
880円(税込)

通話オプションを外した場合の事例

通話料金や利用状況によっては、通話オプションを解除した方が毎月のスマホ代がお得になるケースもあります。

たとえば、1回につき5分以内の国内通話が無料になる準定額オプション+に加入中で毎月の通話料金が500円の場合、解除した方が380円お得です。

課金サービスや有料コンテンツをやめる

近年は、ユーザーのニーズに応じて様々なジャンルのアプリやコンテンツが登場しています。しかし、すべてが無料で利用できるわけではありません。

ゲームアプリの場合、ゲームをより楽しむために課金できる仕組みが設けられています。課金の頻度が多いと、当然ながら毎月のスマホ代に影響を及ぼします。

スマホ代を節約したいなら、アプリ内の課金サービスをやめるのも手段の1つです。また、音楽や電子書籍といった有料コンテンツを使っていない場合、解除するとスマホ代の節約に繋がります。

なお、有料コンテンツの加入状況は、My Softbankにログインすると確認できます。

おうち割光セット割引を適用させる

ソフトバンクでは様々なキャンペーンを実施しています。毎月のスマホ代を抑えたいなら、インターネット回線とセット契約するとよいでしょう。ソフトバンクでは、モバイルサービスに加えてソフトバンク光というインターネットサービスを提供しています。

スマホとインターネット回線をセット契約すると、毎月のスマホ代から1,100円(税込)割引されるキャンペーン「おうち割光セット割引」を実施中です。

割引期間を限定したキャンペーンが多い中で、おうち割光セット割引はソフトバンクを利用している限り永年続きます。

また、割引の対象者は契約者だけでなく、家族内のソフトバンクユーザーは最大10回線まで適用されるため、家族まとめてスマホ代が節約できます。

おうち割光セット割引の適用例

ここで、おうち割光セット割引の適用例を紹介します。データプランメリハリ、またはデータプランミニフィットに加入している場合、毎月1,100円(税込)が割引されます。

2年間で26,400円(税込)の割引額になりますが、家族データシェアといった一部のキャンペーンやサービスとは併用できません。

ソフトバンクの最新キャンペーン・キャッシュバック一覧は、こちらの記事を参考にしてください。

新みんな家族割を適用させる

ソフトバンクでは、家族で契約している方を対象に、月額料金から毎月割引される「新みんな家族割」を実施中です。

新みんな家族割の「家族」には、同居している家族・親戚の他に、離れて暮らす家族・親戚や同居中のパートナー、シェアハウスの仲間なども含まれます。割引対象サービスおよび適用条件は、以下の通りです。

新みんな家族割 割引対象サービス

  • データプランメリハリ無制限
  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+
  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額 50GB

新みんな家族割 適用条件

  • 上記の割引対象サービスに加入していること
  • 「家族割引」に加入していること
  • 同一の「家族割引」グループ内で、データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット+/データプラン3GB(スマホ)/データプラン3GB(ケータイ)/データプランメリハリ/データプランミニフィット/データプラン50GB+/データプランミニ/データプラン100MB/データ定額50GBプラス/データ定額ミニモンスター/データ定額スマホデビューまたは、データ定額 50GBに加入している回線数が2回線以上あること

「データシェアプラス(子回線)」「家族データシェア」に加入している場合は割引・回線数カウントの対象外となるので注意しましょう。現在提供中の「メリハリ無制限」に加入している場合の割引額は、以下の通りです。

メリハリ無制限
人数割引額(税込)
1人0円
2人660円
3人以上1,210円

契約数が多いほど割引額が増えるので、家族みんなでソフトバンクを契約して「新みんな家族割」を利用しましょう.

旧プランから新料金プランに変更する

毎月のスマホ代を節約する方法は、不要なオプションサービスの解除や各種割引を適用させるだけではありません。契約中の料金プランが古い場合、新料金プランに変更することでスマホ代の節約に繋がる可能性があります。

ソフトバンクでは、2021年3月16日をもって旧料金プランの受付を終了し、3月17日から新料金の受付をスタートしています。

通話やインターネットの利用状況によって異なりますが、新料金プランの方がスマホ代が安くなるのであれば、料金プランを変更してみましょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

シミュレーションから見たソフトバンクの新料金プランの特徴

ソフトバンクの料金を見直す場合、公式ホームページ上の料金シミュレーターを利用するのも手段の1つです。

料金シミュレーターでは、料金プランや通話オプションといった項目を選ぶだけで毎月のスマホ代の目安が提示されます。

新料金プランへの変更を検討している場合、通話やインターネットの利用状況にあうプランを見つけることが大切です。ここでは、利用状況に応じたおすすめの料金プランを紹介していきます。

データ容量を気にせず使いたいなら「メリハリ無制限」


出典:ソフトバンク

「メリハリ無制限」は、その名の通りデータ容量が無制限の大容量プランです。5G通信の追加料金がないので、5Gスマホでもデータ容量を気にせず思う存分使用できます。

さらに、新みんな家族割とおうち割光セットが適用されるので、家族でソフトバンクを利用している方や、ソフトバンクのネットサービスを契約している方はお得です。メリハリ無制限の月額料金は、以下を参考にしてください。

メリハリ無制限
月額料金7,238円(税込)
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円(税込)
おうち割光セット-1,100円(税込)
合計額4,928円(税込)

また、データ使用量が3GB以下の月は、自動的に1,650円(税込)が割引されるので、データ容量をあまり使わない月でも安心。テザリング・データシェアは計30GBまでですが、追加料金は発生しません。

大容量の旧プランよりもお得なプランなので、データ容量を気にせずスマホを使いたい方は、メリハリ無制限へプラン変更してみましょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

注目!
注目!
格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?
現在、月々のスマホ代が だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
3GBプランの安値上位10社の平均値
をもとに算出
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

データ利用が少ないなら「ミニフィットプラン+」


出典:ソフトバンク

「ミニフィットプラン+」は、月のデータ使用量が1GB未満の方におすすめの料金プランです。こちらは、新みんな家族割は割引適用外ですが、おうち割光セットが適用されます。

ミニフィットプラン+の月額料金は、以下を参考にしてください。

ミニフィットプラン+
データ容量月額料金(税込)おうち割光セット適用時の月額料金
~1GB3,278円2,178円
~2GB4,378円3,278円
~3GB5,478円4,378円

ミニフィットプラン+は、毎月のデータ容量が決められていないプランで、使用量に応じて料金を支払う仕組みです。

スマホをWiFi環境で使用することが多い方や、あまりデータ容量を消費しない方は、ミニフィットプラン+へのプラン変更を検討してみてください。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

はじめてスマホを使うなら「スマホデビュープラン」

料金プランの見直しをきっかけとしてスマホに機種変更する場合、スマホデビュープランがおすすめです。

スマホデビュープランは、他の料金プランに比べて月額料金が安いのが特徴。加入翌月から12ヶ月間は、月額1,078円(税込)で利用できます。

月額料金には、1回5分以内の無料通話と3GBのデータ容量が含まれています。5~15歳まで、またはガラケーからスマホに機種変更する場合は、スマホデビュープランを試してみてはいかがでしょうか。

電話をよくかけるなら通話オプション

家族間の通話だけでなく、ソフトバンクユーザー以外の家族や友人と頻繁に通話する人も多いのではないでしょうか。通話の頻度が多い人には、利用状況に応じた通話オプションの加入がおすすめです。

「ソフトバンクの料金を見直す方法をシミュレーション」の「通話料金が高いなら通話オプションに加入する」ですでに紹介しましたが、通話オプションは次の2種類です。

  • 定額オプション+:月額1,980円(税込)
  • 準定額オプション+:月額880円(税込)

たとえば、1回5分以内といった短時間の通話が多く、毎月の通話料金が880円以上の場合は準定額オプション+を選ぶとよいでしょう。

一方で、通話の頻度が多く毎月の通話料が1,980円以上かかっている場合は定額オプション+がおすすめです。

タブレットも使うならデータシェアプラン

スマホと一緒にタブレットを使う場合は、スマホで契約中のデータ容量を共有できる「データシェアプラン」がおすすめです。基本料金1,078円(税込)+スマホの利用料だけで契約できるので、お得にタブレットを使えます。

タブレットだけをソフトバンクで使いたい場合は、小容量プランの「ミニフィットプラン forデータ」または大容量プランの「データ通信専用50GBプラン」を検討しましょう。

ミニフィットプラン forデータは4,378円(税込)~、データ通信専用50GBプランは5,280円(税込)で契約できます。ただし、ミニフィットプラン forデータは3G回線対応機種用のプランなので注意してください。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

ソフトバンクの料金プランを変更する方法

ソフトバンクで料金プランを変更する方法は次の4種類です。

  • My SoftBank
  • チャットや電話でオペレーターに問い合わせ
  • LINEトークサポートの利用
  • ソフトバンクショップ

ここでは、ソフトバンクの料金プランを変更する方法を順に紹介していくので、自分にあった方法で手続きしてみましょう。

My SoftBankにアクセスして手続きを行う

My SoftBankは、ソフトバンクユーザー向けの会員専用サポートサービスです。料金プランの変更だけでなく、住所変更や支払い方法の変更といった各種手続きが行えます。

My SoftBankで料金プランを変更する場合、次のような手順で進めていきます。

  1. My SoftBankにログイン
  2. 変更を希望する料金プランを選ぶ
  3. 手続き内容の確認方法を選ぶ
  4. 注意事項を確認
  5. 「変更内容を確認する」をタップ
  6. 変更内容を確認
  7. 「同意する」にチェックを入れる
  8. 「申し込み」をタップ

My SoftBankは、スマホとパソコンのどちらでも手続きできます。

チャットサポートや電話でオペレーターに問い合わせる

チャットサポートや電話でオペレーターに問い合わせて料金プランを変更する場合、次のような手順で進めていきます。

チャットサポート

  1. チャットサポートページにアクセス
  2. 「チャットで相談する」をタップ
  3. チャットウインドウが立ち上がる
  4. 画面の案内にしたがって料金プラン変更の手続き

チャット画面では、現在チャットに問い合わせている人数といった待ち状況が表示されます。なお、対応時間は9:00~20:00で年中無休です。

オペレーター

  1. ソフトバンクカスタマーサポートに連絡
  2. 音声ガイダンスに従ってメニュー番号「42」をプッシュ
  3. オペレーターに繋がる
  4. 電話番号と暗証番号を伝える
  5. オペレーターの案内にしたがって料金プラン変更の手続き

ソフトバンクカスタマーサポートの連絡先と受付時間は、次の通りです。

項目内容
連絡先ソフトバンクの携帯電話:157
一般電話:0800-919-0157
受付時間自動音声:24時間
オペレーター:10:00~19:00(年中無休)

なお、ソフトバンクカスタマーサポートへ連絡する際の通話料金は無料です。

LINEトークサポートを利用する

ソフトバンクの公式LINEアカウントでは、友だち追加すると料金プランを変更できます。手順は次の通りです。

  1. ソフトバンク公式LINEアカウントを友だち追加
  2. トーク画面で「LINEでかんたん確認」をタップ
  3. 「契約内容」をタップ
  4. 「料金プランの変更」内の「チェック」をタップ
  5. 変更を希望する料金プランを選ぶ

なお、LINEトークサポートで料金プランを変更した場合、後日変更内容を知らせる書類が送付されます。

LINEトークサポートではオプションサービスも変更できる

LINEトークサポートでは、次のような手順でオプションサービスも変更できます。

  1. ソフトバンク公式LINEアカウントを友だち追加
  2. トーク画面で「LINEでかんたん確認」をタップ
  3. 「契約内容」をタップ
  4. 「オプションサービスの変更」内の「チェック」をタップ
  5. 「サービスを探す」内の「サービス一覧をみる」をタップ
  6. 「名称で絞込み」でオプションサービスを検索
  7. 加入する場合は「加入」をタップ
  8. サービス内容を確認して「次へ」をタップ
  9. 申し込み内容を確認
  10. 「同意する」にチェックを入れる
  11. 「申込」をタップ

料金プランの変更と同様に、LINEトークサポートでオプションサービスを変更した場合、後日変更内容を知らせる書類が送付されます。

ソフトバンクショップで手続きを行う

ソフトバンクショップで料金プランを変更する場合、次のような手順で進めていきます。

  1. 公式ホームページの店舗検索で最寄りのソフトバンクショップを探す
  2. 最寄りのソフトバンクショップに行く
  3. スタッフの案内にしたがって手続き

ソフトバンクショップで料金プランを変更する際には、運転免許証やパスポートといった本人確認書類を持参する必要があります。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

ソフトバンクの料金プラン変更に関するQ&A

通話やインターネットの利用状況に応じた料金プランに変更すると、スマホ代の節約に繋がる可能性が高まります。

ここではソフトバンクの料金プラン変更に関するQ&Aを4つ紹介していくので、手続き前に少しでも疑問を解決しておきましょう。

プラン変更後はいつから適用される?

ソフトバンクで料金プランを変更した場合、適用されるのは次の請求月からになります。適用される月を知りたい場合は、My Softbankで確認できます。

ただし、料金プランを変更するタイミングには注意しなければなりません。なぜなら、請求締日の21時以降に変更すると、翌々月からの適用になってしまうからです。

そのため、変更後の料金プランをできるだけ早く適用させたい場合は、請求締日よりも前のタイミングで手続きすることをおすすめします。

キャンセルする方法は?

このような場合、一度変更した料金プランでもキャンセルできるので安心してください。キャンセル方法は、ソフトバンクショップとチャットサポートのいずれかです。

ただし、手続きのタイミングには注意しなければなりません。なぜなら、請求締日を過ぎてキャンセルする場合は翌月に変更後の料金プランが適用されるからです。

そのため、料金プランの変更をキャンセルする場合は、できるだけ請求締日までに手続きするようにしましょう。

手数料はかかる?

ソフトバンクで料金プランを変更する際には、手数料は発生しません。

手数料がかからないため、変更後の料金プランで数ヶ月試し、その後は別の料金プランに変更するといった方法で自分にあう料金プランを探すのも手段の1つです。

適用中のキャンペーンはどうなる?

変更後の料金プランがキャンペーンの条件を満たしていない場合は、プラン変更後に適用が終了します。

例えば、メリハリ無制限からミニフィットプラン+に変更する場合、新みんな家族割が適用外となるので割引されません。

そのため、ソフトバンクのキャンペーンを利用中の方は、適用条件などをしっかり確認して、割引後の料金も比較しましょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

ソフトバンクの料金が高い場合は乗り換えも検討

ソフトバンクの料金を見直しても高いと感じる方は、LINEMOや格安SIMへの乗り換えを検討してみましょう。

ここでは、ソフトバンク回線を利用しているおすすめの乗り換え先を5つ紹介するので、スマホ代を節約したい方はぜひ参考にしてください。

LINEMO|LINEをよく使う人におすすめ


出典:LINEMO

「LINEMO」は、ソフトバンクのオンライン専用料金プランです。月額料金は2,728円(税込)で、データ容量20GBのプランを提供しています。

料金プランには、「LINEギガフリー」が含まれており、LINEアプリのトークや音声通話・ビデオ通話のデータが消費されません。データ容量を使い切って速度制限にかかっても、LINEアプリの通信速度が低下せずに快適です。

また、LINEMOのプランは速度制限にかかっても最大1Mbpsで通信できるので、SNSやWebサイトの閲覧、標準画質の動画視聴などは問題なく利用できます。

LINEMOでは、5分以内の国内通話がかけ放題の「通話準定額」と、国内通話が何分でもかけ放題になる「通話定額」の2種類の通話オプションを用意しています。

今なら、どちらも550円(税込)/月割引になるキャンペーンを実施しているので、通話を楽しみたい方にもおすすめです。

【LINEMO公式】詳細はこちら

LINEMOの料金プラン

LINEMOの料金プランは、データ容量20GBで月額2,728円(税込)のプランのみ。プランが1つだけなので、プラン選びに迷うことがありません。

このプランにはLINEギガフリーが含まれているので、主な連絡手段としてLINEを使っている方におすすめです。その他、LINEMOの特徴や提供中のオプションなどは、以下を参考にしてください。

月額料金2,728円(税込)
データ容量20GB
+LINEギガフリー
データ容量超過後
通信速度
最大1Mbps
通話料22円(税込)/30秒
SMS送信料3.3円(税込)
データ追加550円(税込)/1GB
通話オプション通話準定額:550円(税込)/月
通話定額:1,650円(税込)/月
国際ローミング
フィルタリング
テザリング
キャリアメール×
ソフトバンクまとめて支払い
手数料
(契約事務手数料・契約解除料 等)
0円
申し込み・問い合わせオンライン

ソフトバンクの高品質な回線をお得な料金で利用できるので、この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【LINEMO公式】詳細はこちら

ワイモバイル|家族で契約するとさらにお得

ymobile出典:ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドという位置付けの「ワイモバイル」。ソフトバンクと比較すると基本料金が安く、家族で契約するとさらに割引されるプランを用意しています。

全国に店舗を構えているため、店舗スタッフに直接相談しながら契約することが可能です。サポート体制が充実しているので、初めて格安SIMを契約する方にも向いています

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルの料金プラン

プランデータ容量料金制限時速度
シンプルS3GB2,178円最大128kbps
シンプルM15GB3,278円最大1Mbps
シンプルL25GB4,158円最大1Mbps

ワイモバイルの料金プランは、データ容量3GBのシンプルS、15GBのシンプルM、25GBのシンプルLの3種類です。

すべてのプランで、家族割引サービスまたはおうち割光セット(A)が適用されるので、条件を満たした方は毎月1,188円(税込)割引されます。家族で乗り換えを検討している方は、お得に契約できるワイモバイルがおすすめです。

また、550円(税込)/月でデータ容量が最大3GB増量される「データ増量オプション」が、1年間無料で利用できるキャンペーンも実施しています。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

▼以下の記事では、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順を解説しています。料金・速度・サービスの比較もしているので、ぜひ参考にしてください。

mineo|格安SIMを気軽に試せる

出典:mineo

「mineo」は、ソフトバンク回線をはじめ、ドコモ回線・au回線に対応している格安SIMです。どの回線を選んでも料金は変わらないので、ソフトバンクから乗り換えた場合もお得に利用できます。

mineoでは、余ったデータ容量をmineoユーザー同士で分け合う「フリータンク」や、平日昼間の通信をゆずり合って回線の混雑を緩和する「ゆずるね。」など、独自の便利なサービスを提供しています。

また、通常の料金プランの他に、気軽にmineoを試せる「お試し200MBコース」や「mineoプリペイドパック」を用意しているため、格安SIMを初めて利用する方にもおすすめです。

【mineo公式】詳細はこちら

mineoの料金プラン

デュアルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB1,298円(税込)
5GB1,518円(税込)
10GB1,958円(税込)
20GB2,178円(税込)

シングルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB880円(税込)
5GB1,265円(税込)
10GB1,705円(税込)
20GB1,925円(税込)

mineoの料金プランは、音声通話+データ通信の「デュアルタイプ」と、データ通信のみの「シングルタイプ」の2種類から選べます。データ容量は、1GB・5GB・10GB・20GBから利用用途に合わせて自由に選択することが可能です。

5G通信も利用できますが、220円(税込)/月の「5G通信オプション」に加入する必要があるので、事前に確認しておきましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換える手順は、以下の記事を参考にしてください。

QTモバイル|最大6か月間割引

出典:QTモバイル

「QTモバイル」もmineo同様、トリプルキャリアに対応している格安SIMです。ただし、QTモバイルの場合は、音声SIMのみ選択する回線によって月額料金が異なります。

九州電力の電気を利用している方は、「九電グループまとめてあんしん割」が適用されるので、月額料金から毎月110円(税込)割引されます。

また、余ったデータ容量は翌月に繰り越せるので、データ容量をあまり使わなかった月でも安心です。

【QTモバイル公式】詳細はこちら

QTモバイルの料金プラン

データSIM(D・A・Sタイプ)〜6ヶ月目7ヶ月目〜
1GB770円880円
3GB880円990円
6GB1,540円1,705円
10GB2,640円2,805円
20GB4,400円4,620円
30GB6,600円6,820円

音声SIMDタイプAタイプSタイプ
1GB979円(~6ヵ月目まで)
1,595円(7ヵ月目以降)
-1,254円(~6ヵ月目まで)
1,870円(7ヵ月目以降)
2GB1,100円--
3GB1,540円1,089円(~6ヵ月目まで)
1,705円(7ヵ月目以降)
1,364円(~6ヵ月目まで)
1,980円(7ヵ月目以降)
6GB1,760円1,859円(~6ヵ月目まで)
2,475円(7ヵ月目以降)
2,134円(~6ヵ月目まで)
2,750円(7ヵ月目以降)
10GB1,980円2,959円(~6ヵ月目まで)
3,575円(7ヵ月目以降)
3,234円(~6ヵ月目まで)
3,850円(7ヵ月目以降)
20GB2,200円5,159円(~6ヵ月目まで)
5,390円(7ヵ月目以降)
5,379円(~6ヵ月目まで)
5,610円(7ヵ月目以降)
30GB3,300円7,359円(~6ヵ月目まで)
7,590円(7ヵ月目以降)
7,579円(~6ヵ月目まで)
7,810円(7ヵ月目以降)

QTモバイルの料金プランは、データSIMと音声SIMの2種類を用意しており、1GB~30GBまで6つのプランから選択できます。ソフトバンク回線を希望する場合は、「Sタイプ」を選んでください。

Sタイプの場合、どのデータ容量を選んでも利用開始月から6か月目までは割引されるので、お得に契約できます。

QTモバイルの公式サイトでは、スマホ代の料金シミュレーションもできるので、ソフトバンクの料金が高いと感じている方は試してみましょう。

【QTモバイル公式】詳細はこちら

▼こちらの記事では、QTモバイルの乗り換え完全ガイドを解説しているので、乗り換えを検討している方はあわせてご一読ください。

b-mobile|使った分だけ支払い

出典:b-mobile

「b-mobile」では、データ使用量に応じて月額料金が変動する従量制の料金プランを提供しています。毎月のデータ使用量にバラつきがある方や、スマホ代を安く抑えたい方におすすめです。

また、プリペイドSIMの販売も行っているので、格安SIMの速度やサービスに不安を感じている方は、ぜひ試してみてください。

【b-mobile公式】詳細はこちら

b-mobileの料金プラン

b-mobileでは様々な料金プランを用意していますが、今回紹介するおすすめの料金プランは、「990ジャストフィットSIM」です。

月額料金は、データ容量1GB分と電話機能が含まれている基本料1,089円(税込)からとなっています。2GB以降は1GBあたり220円(税込)ずつ加算され、上限は20GBまでです。

5GBからは1GB単位ずつデータ容量の上限を設定できるので、使いすぎを防止することが可能。スマホ代を節約したい月はデータ容量を抑えて、スマホをたくさん使いたい月は上限の設定を解除するなどの使い方ができます。

【b-mobile公式】詳細はこちら

▼b-mobileに乗り換えるとどれくらい安くなるのか知りたい方は、b-mobileとソフトバンクを比較しているこちらの記事を参考にしてください。

▼以下の記事では、ソフトバンク回線の格安SIMについて詳しく解説しています。スマホの料金を安く抑えたい方は、こちらもあわせてご一読ください。

シミュレーションでソフトバンクの料金を見直そう

ソフトバンクのスマホ代が高いと感じている場合、単に料金プランを変更するだけでは問題の解消に繋がらない可能性があります。

料金プランはもちろんのこと、不要なオプションサービスの解除や利用状況に応じて通話オプションに加入するといったシミュレーションが大切です。

まずはMy SoftBankで現在の契約内容を確認し、通話やインターネットの利用状況を把握しましょう。

ソフトバンクショップでも料金プランの変更手続きはできるものの、24時間いつでも手続きできるMy SoftBankがおすすめです。

その上で利用できるキャンペーンや各種割引を適用させ、自分にとって適切な料金形態を確立させましょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

SHARE!!

あわせて読みたい